どうも三國志のシーラカンスです   作:呉蘭も良い
<< 前の話 次の話 >>

56 / 91
原作突入前に作者が設定していたものを投稿します。

少し内容が変化していたりします。

本編の投稿は日曜までには投稿する予定です。


登場人物設定
原作突入前 登場人物設定


オリジナル登場人物

 

廖化 元倹 (蒼夜) 十七歳

過去に死にかけた経験により前世の知識を思い出す。

本来仕えるであろう蜀を拒み、好きに生きようとする。

結果、何故か知らぬが魏へと仕官。

武力、知力、共にそこそこでしかないのだが、何故か多方面から買い被られている。

 

楊慮 威方 (撈) 二十九歳

幼き頃の主人公を拾い、家族として、また師として主人公の成長を導く。

一度病で倒れ死にかけるが、名医華佗にその命を救われる。

その華佗に惚れるも上手くいかずに失恋。

名家の出だが仕官を嫌がり家出をする典型的な隠者。

主人公が魏に所属するのを切っ掛けに自分も仕官する。

 

馬良 季常 (霊里) 十一歳

水鏡女学院出身で、アルビノ体質のスーパースペック幼女。

自身の体質により身体が弱っている所を名医華佗に救われる。

その後に主人公と出会い、主人公の人間性や将来性に惹かれ主人公の元を訪れる。

以降主人公の妹として過ごし、主人公が魏に所属するのを切っ掛けに自分も仕官する。

 

王平 子均 (地理) 十八歳

幼少の頃より大陸の各地を巡り独自に大陸の地図を作りあげる。

乱れる世を憂い、自身の武力と地図を民の為に使ってくれる主を求めている所に主人公と出会う。

根は真面目で地頭は悪く無いのに、凄くおバカ。

主人公が魏に所属するのを切っ掛けに自分も仕官する。

 

張曼成 十九歳

モブ。

 

登場済み原作キャラ

 

主人公との相性度

○=良い ◎=非常に良い ☆=最高

△=悪い ×=非常に悪い ★=最悪

 

 

孫策 伯符 (雪蓮) 二十歳 ☆

幼き頃より主人公の親友として冥琳と共に一緒に成長していく。

成人後まもなく尊敬すべき母が亡くなり、急遽孫家当主になるが、始めは上手くいかずに苦戦する。

主人公と冥琳の助けによって母である孫 文台の官位をも超える呉郡太守となる。

だが当の主人公は別陣営に所属する事が決まり、悲しい思いをする。

 

周瑜 公瑾 (冥琳) 二十歳 ☆

雪蓮同様、幼き頃より主人公の親友として共に成長していく。

自由過ぎる雪蓮と、突拍子も無い事をしでかす主人公の尻拭いをいつもしてきた苦労人。

成人後まもなく尊敬すべき主である孫 文台が亡くなり急遽ガタガタになった孫家を支える事になる。

だが主人公の協力により孫家の土台を建て直し、雪蓮を呉郡太守へと導く。

だが当の主人公は別陣営に所属する事が決まり、悲しい思いをする。

 

孫権 仲謀 (蓮華) 十七歳 ◎

幼き頃に読んだ書物の作者が自分と同い年の男の子だと聞かされ主人公に興味を持つ。

主人公の協力で孫家が再び盛り返す事になり更に主人公を意識し、軽い嫉妬と淡い恋心を持つに至る。

主人公が別陣営に所属する事が決まったのを知った時は非常に悲しんだ。

 

孫尚香 (小蓮) 十一歳 ○

幼き孫家の末娘。

自身の姉と仲の良い主人公の事を気の良いお兄ちゃんとして接する。

自身のペットである周々の番を主人公に紹介させたりと結構なワガママっぷり。

主人公が別陣営に所属する事が決まったのを知った時は憤った。

 

甘寧 興覇 (思春) 十七歳 ○

幼き頃より長江を根城とする江賊として過ごし、若くして頭目となる。

孫家が呉郡の賊討伐を敢行してる際に主人公の噂を聞き注目する。

また孫家との面会を果たし際に主人公と模擬戦をする事となり引き分ける。

主人公が文の道にも強く、また情が厚い事から尊敬に価する人物だと認める。

主人公が別陣営に所属するのを知った時は目を瞑り一言も発しなかった。

 

黄蓋 公覆 (祭) 二十九才 ○

若き頃より孫 文台に仕え、幼き頃の雪蓮と冥琳の育ての親。

孫 文台が亡くなった際に孫家へと足を運んだ主人公に興味を持ち、一目見て主人公を気に入る。

時間がある時は警邏や調練に主人公を誘い色々な事を教える。

主人公が別陣営に所属するのを知った時は苦笑いをし酒を飲んだ。

 

陸遜 伯言 (穏) 十八歳 ★

幼き頃に主人公が雪蓮の為に書いた書物を勝手に拝読し、量産し、売りに出す。

その行動に様々な所から怒られ非常に反省し、思慮深い性格へと変化して行く。

しかし冥琳からの罰として、主人公に書物の質問の禁止、二人きりで会うのを禁止、真名の交換の禁止を言い渡される。

主人公が別陣営に所属するのを知った時は何も言えなかった。

事実、主人公が深く華琳に注目される切っ掛けを作ったのはだいたいこいつのせい。

 

周泰 幼平 (明命) 十五歳 ○

幼き頃より孫家へと仕える恋姫の忍者。

主人公と顔を会わした回数は少ないが、主である雪蓮の為に尽力した主人公への好感度は高い。

主人公が別陣営に所属するのを知った時は理解が出来なかった。

 

 

曹操 孟徳 (華琳) 十六歳 ◎

幼き頃より大陸の未来を憂い、いずれ大陸を覇で統一する野望を持つ恋姫屈指の英雄。

年少の頃より主人公の書物が好きで、元々注目していたが、名君論の存在を知り、自分に仕官させる事を決意。

その後、主人公を得る為に三顧を尽くしてようやく主人公を仕官させる事に成功させる。

 

夏候惇 元譲 (春蘭) 二十歳 ○

幼き頃より華琳に仕える脳筋。

華琳が白と言えば仮に黒でも白と言う華琳絶対マン。

主人公に対して特別何かを思う事はなく、男にしては優秀と思ってる程度。

 

夏候淵 妙才 (秋蘭) 二十歳 ☆

幼き頃より華琳に仕える文武両道の何でも出来る人。

華琳が白と言えば仮に黒でも白と言う華琳絶対マン。

主人公に対してかなり好感度が高く、魏に仕えてくれる事をかなり喜んでいる。

 

郭嘉 奉考 別名 戯志才 (稟) 十七歳 ◎

若き頃より風、星、と共に大陸を旅し、自身の主君となる人物を探している。

主人公の書物を好んで読み、意外とラブロマンス物が好きで色々と妄想をたぎらせている。

現在は未だ将来再び会う事を知らない。

 

程昱 仲徳 (風) 十四歳 ○

若き頃より稟、星、と共に大陸を旅し、自身の主君となる人物を探している。

主人公の書物を好んで読み、特に推理物が好み。

襄陽では会う事がなく、ニアミスしていた。

 

 

諸葛亮 孔明 (朱里) 十二歳 ○

水鏡女学院出身の若き天才。

雛里と共に、師である司馬徽から伏龍、鳳雛と称えられる知力百。

主人公の書物を好んで読み、雛里と共に腐った趣味を捗らせている。

主人公に会った際に旗揚げしないかと問う。

現在は主人公の助言通りに様々な人に会う旅に出てる。

 

鳳統 士元 (雛里) 十二歳 ○

水鏡女学院出身の若き天才。

朱里と共に、師である司馬徽から伏龍、鳳雛と称えられる天才戦術家。

主人公の書物を好んで読み、朱里と共に腐った趣味を捗らせている。

襄陽で将棋大会に参加した際には圧倒的な実力で優勝をかっさらい、王将の称号を得る。

現在は主人公の助言通り様々な人に会う旅に出てる。

 

趙雲 子龍 (星) 十七歳 ☆

若き頃より武術を嗜み、凄腕の実力を持つ。

稟、風、と共に大陸を旅し、自身にふさわしい主君を探す。

主人公の書いた仮面を着ける美少女戦士の書物を好み、密かに続編を待っている。

主人公の書いた書物の影響か、最近は華蝶仮面の人気がそこそこ上がり満足している。

だが決して華蝶仮面では無い。

 

その他勢力

 

袁紹 本初 (麗羽) 十八歳 ★

名門袁一族の次期当主として育てられた超お嬢様。

襄陽を訪れた際に主人公の得意な麻雀で勝負するも、圧倒的な天運により第一ツモで勝利し、主人公にトラウマを与える。

 

文醜 (猪々子) 十六歳 △

幼き頃より麗羽に仕える脳筋。

ギャンブル等の勝負事が大好きで、麻雀をする切っ掛けになったのもこいつのせい。

 

顔良 (斗詩) 十六歳 ○

幼き頃より麗羽に仕える苦労人。

いつも麗羽と猪々子の尻拭いをさせらており、麻雀の際も度々主人公に申し訳なさそうに頭を下げていた。

 

張角 張宝 張梁 (天和 地和 人和) △ × ◎ 十八歳 十七歳 十五歳

若き頃に自身等の歌と躍りで天下を獲る事を目標に旅芸人になる。

襄陽に来る事もあったが、主人公が旅芸人に興味がなく、ニアミスした。

 

未登場原作キャラ

 

名前、真名、年齢、相性のみ

 

 

呂蒙 子明 (亞莎) 十五歳 ◎

 

 

荀彧 文若 (桂花) 十六歳 △

 

許緒 仲康 (季衣) 十二歳 ◎

 

典韋 (流琉) 十二歳 ◎

 

楽進 文謙 (凪) 十六歳 ◎

 

李典 曼成 (真桜) 十六歳 ○

 

于禁 文則 (沙和) 十六歳 △

 

 

劉備 玄徳 (桃香) 十六歳 ○

 

関羽 雲長 (愛紗) 二十一歳 ★

 

張飛 翼徳 (鈴々) 十三歳 ○

 

黄忠 漢升 (紫苑) 二十五歳 ◎

 

璃々 五歳 ◎

 

馬超 孟起 (翠) 十九歳 ○

 

馬岱 伯瞻 (蒲公英) 十四歳 ◎

 

魏延 文長 (焔耶) 十五歳 ×

 

厳顔 (桔梗) 二十七歳 ◎

 

その他勢力

 

袁術 公路 (美羽) 十一歳 ×

 

張勲 (七乃) 十六歳 ★

 

董卓 仲穎 (月) 十四歳 ◎

 

賈詡(駆) 文和 (詠) 十五歳 ◎

 

張遼 文遠 (霞) 二十一歳 ◎

 

呂布 奉先 (恋) 十九歳 △

 

陳宮 公台 (音々音) 十一歳 △

 

かゆうま 二十二歳 ×

 




公孫賛 伯桂 (白蓮) 十六歳 ☆

南蛮勢力や華佗はこの先登場するかは未定ですので今回は乗せません。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。