ハチマンくんとアスナさん   作:大和昭

19 / 960
第018話 武器の魂

 次の日二人は、競うようにハチを狩っていた。何故こうなったかというと、話は少し遡る。

 

 

 

「ハチマン君、トレンブル・ショートケーキって知ってる?」

「何だそれ?」

「アルゴさんのガイドブックに書いてあったんだよね。なんか、とても美味しいんだって」

「そうか。で、それがどうしたんだ?」

「私達は、これからハチ狩りをします。そこで提案があります」

「ああ」

「どっちが多く狩れるか、勝負しましょう。

私が勝ったらハチマン君が私にケーキを奢ってくれる。

ハチマン君が勝ったら、仕方ないから自分で払います」

「俺にメリットが何も無い気がするんですけどね……」

「男の子が細かい事を気にしないの!それじゃレッツゴー!」

「はいはい」

 

 

 

 結果は、言うまでもなくアスナの圧勝だった。

甘いものがかかると、女の子は強さが増すようである。

 

「それじゃ、ハチマン君の奢りって事で」

「お、おう……」

 

 店に着き、ハチマンはメニューを見て驚愕した。

 

「なんだこれ、高っけぇ……」

 

 そして出てきたケーキを見て、さらに驚愕した。

 

「なんだこれ……ショートケーキ?ショートの意味わかってんのか?」

 

 それはとても巨大なケーキだった。

切り分けられてはいるが、どう見てもそれは、食べきれる量だとは思えなかった。

 

「これはさすがに私一人じゃ食べきれないみたい。取り分けてあげるから待っててね」

「お、おう。それでも三分の二は自分で食べるんですね……」

 

 そしてケーキを口にした二人は、顔をほころばせた。

 

「うめえ……」

「すごい美味し~い!」

「このまろやかなクリームの口当たり……」

「くどくないぎりぎりのラインを保ってる、しっかりとした甘さだね!」

「高いだけの価値はあったな」

 

 二人は時々顔を見合わせ、ケーキを心ゆくまで味わった。

 

「そういえばハチマン君って、男の子のわりに甘いもの平気だよね」

「おう、俺は甘いもの好きだぞ」

「私も好き!」

「まあ、女の子で嫌いな奴はいなさそうだけどな」

「あ、ねえ見て!幸運の値があがってるよ?そうだ!今のうちに武器強化しない?」

「リズが食べないと効果が無い気もするが、そうだな、いいかもな」

「それじゃ善は急げだね!やろう!」

 

 アスナがリズベットに連絡をし、そのまま二人はリズベットの元へと向かった。

まずはハチマンの短剣から強化を開始する事になった。

ハチマンは気付かなかったが、いざ強化を開始しようという時、

アスナはこっそりと、ちょこん、とハチマンの服の裾をつまんでいた。

 

(幸福のお裾わけ、かな。友達なんだからこれくらいはいいよね)

 

 アスナは気付いてはいなかったが、それはリズベットにしっかり見られていた。

 

(おやぁ、これはこれは……初々しいですなあ。ハチマンは気付いていないみたいだけど)

 

 リズベットは、絶対成功させようと気合を入れてハンマーを振った。

そして無事それは成功し、次はアスナのウィンドフルーレの番となった。

もちろん今回もアスナは、ハチマンの服の裾をちょこんとつまんでいた。

ハチマンは終始気付かないままであった。

その甲斐もあったのだろうか、今回も無事に成功した。

強化された剣を受け取り、アスナはそれをとても大切そうに撫でていた。

それを見ていたハチマンは、少し考えつつ、アスナに話しかけた。

 

「なあアスナ、ちょっといいか?」

「どうしたの?」

「その剣なんだけどな、その、すげー大切そうだから言いにくいんだが、

多分強さ的に、四層くらいまでしか使えないと思うんだよ。

で、だ。その時アスナはどうするのかと思ってな」

 

 アスナは、自分がこの剣を手放す姿が想像できなくて、狼狽した。

 

「すまん。俺の言い方が悪かった。

新しい武器を手に入れる方法なんだが……敵から取るか、宝箱から取るか、そしてもう一つ」

「もう一つ?」

「その武器をインゴットに戻して、他の素材と共に、新しい武器を作る」

「インゴットに……」

「アスナがとても大切にしているその武器の魂を、新しい武器に受け継がせるって感じか。

もしアスナがそうしたいなら、その、俺も何でも手伝うわ」

「武器の魂を……うん、私それがいい!大変でもそれを目指したい!」

「そうか」

 

 ぶっきらぼうに言いつつも、ハチマンの目はとても優しかった。

それを見てリズベットも、とても嬉しくなった。

 

「私もアスナのためにもっと頑張るよ!」

「ありがとうリズ!」

 

 こうして、第二層到達から数えて六日目の夜はふけていった。

 

 

 

 次の日は、エギルから聞いていたフィールドボス討伐の日だった。

二人は参加する気はなかったが、見学だけでもという話になり、現地へ向かう事となった。

途中タランの町に立ち寄った時、アスナがとある屋台を指差して、言った。

 

「ハチマン君、タラン饅頭だって。名物みたいなものなのかな?」

「聞いた事ないな……せっかくだし、買ってってボス戦見物中にでも食べてみるか」

「そうしよっか」

 

 二人はタラン饅頭を購入し、戦場予定地へと向かった。

聞いていた通りエギルはいなかった。そこには三つの集団がいた。

 

「キバオウがいるな。あっちが開放隊ってやつだな」

「もう片方の中心にいる人が、リンドって人みたいだね」

「もう一つの集団は何だろうな。ソロとかの集まりか?」

「それにしちゃまとまってるよね」

「お、始まるみたいだな」

「それじゃ始めようか。俺はリンド。みんなよろしく。

こちらの人達は、急遽参加を希望してくれた、レジェンドオブブレイブスのメンバーだ」

 

 リンドがそう紹介するのを聞いて、ハチマンとアスナは顔を見合わせた。

 

「おいアスナ、聞こえたか?」

「うん。あれが昨日聞いたレジェンドオブブレイブスの人達みたいだね……」

「とりあえず、見てみるか」

「うん」

 

 その後戦闘が始まったが、慎重に、かつ安全第一で進められたようで、

若干時間はかかったが、フィールドボスはピンチというピンチもなく無く討伐された。

レジェンドオブブレイブスのメンバーは、

レベルこそ若干足りていないようではあったが、

要所要所できっちりと大事な働きをしていたようだった。

第一層の攻略では見かけなかった者ばかりだったので、

最近急速に力を伸ばしてきたのだろうと推測された。……おそらく装備の力で。

 

「やっぱりそういう事みたいだな」

「……そうだね」

 

 討伐隊のメンバーは、そのままに町に戻るようだった。

ハチマンとアスナは、牛人タイプの敵であるトーラス族相手の経験を積むために、

そのまま迷宮区へと向かう事にした。

 

「そういや、饅頭買ったんだったな」

「あ、そうだね。歩きながら食べよっか」

 

 そして二人は、タラン饅頭を口にした。

そして、なんとも言えない表情になった。

 

「おいアスナ、これって……」

「クリームに、イチゴみたいなのが入ってる……しかも温かいね……」

「知ってた上で食べるなら、まあ悪くはないと思うが……」

「うんわかるよ。私も肉まんみたいなのだと思ってたよ……」

「……行くか」

「………うん」

 

 迷宮区に一番乗りし、トーラスと初遭遇したアスナだったが、その姿を見て絶句した。

 

「ハチマン君」

「ん、どうかしたか?」

「セクハラだよ!!!!」

「え、あ、お、おう……俺なんかしちまったか?」

「違うよ。あれだよあれ!あんなの牛じゃないよ!」

 

 アスナはトーラスを指差した。

トーラスは、言われてみれば確かに、上半身裸で腰ミノだけの姿だった。

 

「あ、あー……これはもう、慣れてくれとしか言えないわ、すまん」

「うー………」

 

 そんなこんなで狩りが開始された。

主な目的は、トーラス族の使う特殊技への対処の練習をするためである。

その技、ナミング・インパクトは、一度くらうとスタンしてしまい、

連続でくらうと麻痺してしまう範囲攻撃である。

 

「どうだアスナ、対処できそうか?」

「もう何回かでいけると思う」

「雑魚の使うやつとボスの使うのは、まあ範囲の広さが全然違うらしいんだが、

タイミングは一緒らしいからな。ここでしっかり掴んどこうぜ」

 

 その後きっちりと対処できるようになった二人は、今日の収穫を確認する事にした。

第二層迷宮区はまだ誰も入った事が無かったためか、

箱の数も多く、収穫はなかなか豊富なものとなった。

その中にハチマンは、珍しい物がいくつか入っているのを見つけた。

 

「チャクラムか……」

「何それ?」

「わかりやすく言うと、丸いブーメランだな」

「へぇー。ハチマン君は使えるの?」

「いや、体術スキルに加えて投擲スキルも持ってないと駄目だったと思う。

投擲スキルって微妙だし、取ってる奴いないと思うから、

現状は誰もこれを装備して投げられる奴はいないんじゃないか?」

「なるほどね」

「後はこれか。マイティ・ストラップ・オブ・レザー。

マジック効果つきのストラップ系鎧だな。防御が高く、筋力にボーナスがつくな」

「いい性能みたいだけど、ストラップ系って?」

「あー、上半身が、帯を巻いた半裸姿になる……んだ……が」

 

 そう言ってアスナを見たハチマンの顔が赤くそまり、それを見たアスナは、

 

「ハチマン君。今何を想像したの?」

「いえ……何も想像してないです……そ、そうだ。これ、エギルに似合うんじゃないか?」

「むぅ~。絶対ごまかしてる!エギルさんか、エギルさんね。サマにはなりそうだけどね」

 

 ハチマンは、その話題が蒸し返されないうちに、そろそろ戻ろうと提案した。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。