王子と姫と白い仔猫   作:ほしな まつり

20 / 31
王子と姫と白い仔猫・20

夜、いつものようにユークリネ王宮内に借りている客間の寝室で仔猫と一緒に眠りについたキリトは霧の中にいることを認識した途端、待ちかねたとばかりに歩き出す。

今宵も目の前に現れたアスナは小さくなって泣いていた。

慣れた足取りでゆっくりと近づく。

アスナの隣に片膝を付いて姿勢を低くしてから、もしかして、と少し躊躇うように「アスナ」の三文字を口にした。

自分の耳にさえ届かない声、もちろん彼女に届くはずもない。

小さい頃から重ねてきたあまり多くない逢瀬の日々の中、常に自分に向けて様々な感情を見せてくれた彼女が今はただ、ひとりぼっちで背中を丸めている。

もしかしたら自分が留学していた二年間の間には、こんな光景があったのかもしれない。

いや、それよりもっと前から、自分が傍にいない時にだって王女としての責務を重く感じていた彼女にはあの綺麗なはしばみ色の瞳に涙を貯めるような事があっただろう。

それでも周囲の者達には「平気」だと、「自分は大丈夫」だと言ってきたに違いないのだ。

もう、そんな事はさせたくなくて……いや、そんな時には自分が隣にいたくて彼女を求めたはずなのに……。

 

(アスナ、なにをそんなに泣いてるんだ……)

 

自然と伸ばした手はそのまま彼女の小さな頭に届く。

彼女に触れることが出来た驚きや喜びはほんの一瞬で、何の反応も返ってこない事実に思わず表情が歪んだ。

今のアスナはキリトの声も聞こえず、触れられた手を感じることも出来ず、その存在を認めることさえ拒んでいるように思える。

それでも手を引く事や、彼女の傍から離れることはキリトの選択肢にはない。

一体何が彼女をそこまで追い込んでいるのか……。

 

(そんな時はオレを呼べって約束したのに)

 

アスナに伝わることはないとわかっていても、キリトはその艶やかな栗色の髪を優しくなで続けた。

 

 

 

 

 

いつものように目覚めて自分にくっついて寝ている真っ白い仔猫に「おはよう」と言ってから両手で抱き上げてキスをする……と、そこまでを終えてからキリトはくたり、と力の抜けている仔猫に気づき顔を強張らせる。

 

「アスナ?」

「みぅ……」

 

なんとか反応はするものの、声には全く力がなく、顔も上げようとしない。

慌てて顔を覗き込めば、幾分苦しげな表情で瞳を開ける気配は一向になかった。

 

「どうした?」

「みぃ……」

 

消え入るような声を絞り出すように落として、仔猫は全く動かなくなる。

急いで侍女を呼んで事情を説明すると、ほどなくしてサタラともう一人、幼さが残る面立ちの侍女がやって来た。

 

「姫様っ」

 

キリトの膝の上で丸くなっている仔猫を心配そうに覗きこむサタラの横で、もう一人の侍女が慣れた手つきで仔猫の顔や身体を触り始める。

普段ならばキリト以外の人間の手には警戒する仔猫だったが、その気力もないのか身体のあちらこちらを探ってくる手に構うそぶりすらない。

最後に侍女は「ちょっと舌を見せてくださいね、姫様」と言って両頬をむぎゅっ、と指で挟んで口を開かせる。

ぱくり、と開いた口から中を覗き込んだ侍女はふむ、ふむ、と頷いて仔猫を元に戻した。

その侍女の手つきを見ていたキリトが不思議そうに声をかける。

 

「随分と手慣れた感じがするけど……」

 

見知らぬ侍女のいきなりの行動に面食らった様子のキリトに気づいたサタラは一礼をしてから彼女を紹介した。

 

「あ、ご挨拶もせずに申し訳ありません、殿下。この子は姫様の身の回りのお世話係をしておりますシリカという侍女です」

「はじめまして、殿下。シリカと申します」

 

飴色の髪をツインテールに結んでいるシリカは、その髪先を揺らしながらペコリ、と頭を下げると、それからそうっ、とキリトを盗み見るように顔を上げる。

その仕草にサラタはこほんっ、と咳払いをしてから「行儀が悪いですよ、シリカ」と窘め、更に彼女について語った。

 

「シリカはあの時、姫様のお部屋で私と一緒に片付けをしていた侍女です」

 

その言葉だけで「あの時」という意味に気づいたキリトが、頷いて理解を示す。

 

「姫様の婚礼が決まってから採用した最後の侍女達なので……その、殿下のお人柄をあまり存じ上げておりません。不躾な視線をお許しください。それと、シリカもそうですが姫様を探しに出ていた者達が昨晩、無事に全員帰宮いたしました。早速にでも姫様と最後に言葉を交わした侍女と話をしていただきたいのですが……」

 

サタラの視線が仔猫に落とされると同時に隣のシリカが意見を述べた。

 

「まず姫様のご容態を落ち着かせるのが先だと思います」

「そうね」

「そうだな」

 

二人から同意を得られたことでシリカは少し笑顔になって言葉を続ける。

 

「やっぱり仔猫の姿でいる事で色々と負荷がかかってるんだと思いますが、とりあえず症状は風邪に似てますからそれを和らげましょう」

 

そう言うとはりきった様子で「蜂蜜入りのショウガ湯を作ってきますっ」と言って部屋を出て行った。

その後ろ姿を見送ってからキリトは仔猫の背中をさすりつつサタラへ問いかけるような視線を送る。

 

「ああ、シリカは動物の扱いに慣れている子なので任せて大丈夫です」

「へぇ……それにしても、具合を悪くしたアスナと付きそうサタラにオレの三人って、あの時の夜みたいだな」

「そうですね」

 

少し肩の力を抜いて微笑むサタラにキリトは眉尻を下げて告白した。

 

「オレ……また、アスナに嫌われたのかと思ったんだ……オレとの婚姻が嫌になったのかもって」

 

最初は手元に届いた書簡を見た時だった、次はアスナが仔猫に変化(へんげ)したとわかった時、そして夢の中では未だに声すらかける事が出来ずにいる。

キリトの情けない声を聞くのは二度目となるサタラが、困り笑いを零してからふと思い出したように話題を変えた。

 

「ガヤムマイツェン王国の妹姫様も随分と成長された事でしょう。あの頃は人の手ばかりをアテにしている、と殿下は評されておいででしたが……」

「うん、今もたいして変わってないな」

「それでは、変わらずに可愛らしいままのお方なのですね」

「だから、それ違うって」

 

キリトも少し笑ってから、ふうっ、と息を吐く。

 

「でも、シノンに会えて、アスナの言葉がわかって……こんな風にオレの手の中で弱っている姿を見たら、オレが何とかしてやらないと、って思った。それがアスナとの約束だから」

 

夢の中で立ち上がることすら出来ずに縮こまっているアスナの手をひっぱってやれるのは自分だけなのだと、そう心に決めてキリトがいつものように仔猫の顎の下を撫でていると再びシリカが入室してきた。

 

「お待たせ致しました、姫様。さあ、飲んでください」

 

シリカの声に反応したのか、はたまたその手元の液体の匂いに反応したのか、のろのろと仔猫が重そうに頭を上げる。

 

「み?」

「これを飲めば元気になりますよ」

「ふみっ」

 

あらん限りの力で弱々しく首を横に振る仔猫にシリカは無言の笑顔で迫った。

蜂蜜入りのショウガ湯をスプーンですくい口に付けるが頑として仔猫は口を開かない。

業を煮やしたシリカがなんとか口に流し込もうとスプーンの端をぐりぐりと押し付けてみるが、仔猫もギュッと顔全体をしかめてそれを拒んだ。

見かねたキリトがそっと声をかける。

 

「シリカ、ちょっと替わってもらっていいか?」

 

シリカからスプーンを受け取り、反対の手の指で軽く仔猫の頭を撫でながら「アスナ」と呼びかけると、仔猫が仕方なさそうな表情で細目を開けた。

 

「飲めば具合が良くなるってさ」

「みゅぅ」

「元気になったら何したい?」

「みゃぁ」

「一緒にガヤムマイツェンに行こうか」

「みゃん」

 

心なしか嬉しそうな鳴き声を上げた仔猫に優しく微笑んでからそっと口元にスプーンを持っていけば、そろり、と小さな舌が出てきてペロペロとショウガ湯を舐める。

 

「姫様ったら、やっぱり行きたいんですね、ガヤムマイツェン王国」

 

ちょっと寂しそうに、それでいて安心したように笑うシリカに見守られながらスプーン一杯分のショウガ湯を舐めきった仔猫は今度はスヤスヤと落ち着いた寝息を立ててキリトの膝の上で丸くなったのだった。




お読みいただき、有り難うございました。
やっぱり出ました「ショウガ」料理……料理かな?

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。