王子と姫と白い仔猫   作:ほしな まつり

9 / 31
王子と姫と白い仔猫・9

ガヤムマイツェン王国の王子が離宮にやって来て数日が経ったある夜……朝日が顔を出すにはまだ少し時間がかかろうかという頃、キリトは暗い部屋の中でぱちり、と目を覚ました。

寝起きと物覚えに関しては胸を張って「自信ないぞ」と言い切っている彼にしては珍しいことだ。

そのまま少しの間、何かを考えていたがむくりと起き上がって寝台を抜け出すと、物音に気づいたのか続き部屋に控えている優秀な従者がコトリ、と仕切りの扉を開けた。

キリトが起き出している事に驚いた様子で「どうかなさいましたか?」と問いかけてくる。

曖昧な笑みを浮かべたキリトが「ちょっと目が覚めた」と言った後「少し屋敷内を散歩してくる」と廊下に続くドアノブに手をかければ「お供させていただきます」と背後からキリトにガウンを羽織らせた。

特に目指していたわけでもないのだが、足は自然とアスナの私室に向く。

夜更けに熱が上がる、と聞いていたのを思い出し部屋の前で足を止めると、不意に中からカチャリ、と扉が開いた。

部屋の中から出てきた侍女は目の前の小さな存在に一瞬驚いて持っていた水盤の水をはねかせたが、すぐさま「キリトゥルムライン殿下でしたか」と安心したように肩の力を抜く。

 

「この様な時間に、どうされたのですか?」

「アスナの熱は?」

 

侍女の言葉に答えるより一番心を占めている気がかり事を尋ねると、侍女は少し困ったように笑ってから「大丈夫ですよ」と告げる。

手にしている水盤の水を替えに行くのなら熱があるのは間違いなく、侍女の答えに不満げな瞳で見返すと彼女は改めて詳細を話した。

 

「熱はありますが、以前よりはずっと軽いのです。これなら明け方には落ち着くかもしれません。少しずつですが良くなってます」

 

その言葉を疑うわけではないが、キリトは不作法と知りつつも我慢出来ずに願いを口にする。

 

「部屋に入っても……いい?」

「今は眠っておられますが」

「構わない。顔を見たいだけだから」

 

日中にキリトがアスナの部屋で過ごす事は当たり前になっていたが、深夜に部屋を訪れるのはさすがに外聞がよろしくない。

侍女が思わずキリトの後ろにいる侍従を見れば、彼も苦笑いを浮かべるだけで王子を止める気はないようだ。

 

「でしたら、少しの間だけですよ」

「うん、ありがとう」

 

侍従は侍女に対して深々と頭を下げると扉の横で直立不動の姿勢をとった。

王子が部屋から出てくるまでそこで待つつもりらしい。

侍女は再び室内へと引き返し、水盤を置くと小さな声で「どうぞ、殿下、お入り下さい」と導いた。

燭台のローソクに灯る僅かな明かりを頼りにベッドサイドまで辿り着いたキリトは、想像していたより安らかな寝顔のアスナにホッ、と息を吐く。

椅子を勧めてくる侍女を手で断ってそっとアスナの枕元に立った。

髪に額に、頬に触れたい気持ちを抑え、その分を視線に込めてジッと彼女を見つめたまま静かに言葉を落とす。

 

「オレ、アスナに嫌われたのかな?」

 

見なくとも傍にいる侍女の驚く気配を感じた。

 

「どうして……その様に思われるのですか?」

「だって、いきなり、もう国に帰った方がいいって」

 

力のない声で泣きそうな顔の王子が何を思ったのかがわかり、侍女はすぐさま「違いますよ」と優しく言った。

 

「他の侍女から聞いております。昨日、姫様にキリトゥルムライン殿下が日頃どのようにお城の中で過ごされていらっしゃるのか、お話くださったそうですね」

 

頷くだけのキリトに侍女は言葉を続ける。

 

「昨晩、姫様がおっしゃっていたそうですよ。この離宮にお引き留めしている事でガヤムマイツェン王国の国王様や王妃様、それに何より妹姫様が寂しがっておいでなのではないか、と」

 

キリトは唖然とした表情で侍女を見た。

 

「な……んで……なんでアスナが会ったこともないオレの妹のことを気にするんだよ」

「なぜだと思います?」

 

侍女ば少し悪戯を仕掛けるように笑ってキリトに問いを返す。

 

「アスナが……優しいから?」

 

それはこの数日で身に染みて感じたアスナという少女を表す言葉だった。

 

「そうですね、それもあります」

 

それだけではないのだと気づき、キリトは考え込む。

 

「なら……オレの妹が幼くて人の手ばかりアテにしてるって話したから……心配になった……とか?」

 

僅かに目を見開いた侍女が「そうなのですか?」と言ってから少し可笑しそうに目を細め、「可愛らしい方なのですね」と抱いた妹への感想をキリトはブルブルと首を振って否定した。

 

「可愛くなんてないぞ。今回の事だって、出立の時『お土産期待してるね』して言ってなかった」

 

きっと帰城した途端に「おかえりない」の前に「お土産は?」と聞いてくるに違いない。

それに人を惹きつける明るい性格と、人を振り回すので手がかかる、という理由もあって妹の周りは常に人が溢れている。

侍女はもちろんだが、遊び相手として貴族の子女がしょっちゅうやってくるのだ。

中でも同い年の子爵の令息は来る度に妹姫に泣かされて帰るくせに、なぜかよく通ってくる。

気が合っているとは思えない間柄に見えるのに妹も毎回相手をしてるのだから、あの二人は謎だ、とドングリのような顔つきにやっぱりドングリのような目をもつ子爵の息子を思い出しているキリトに侍女はそっと声をかけた。

 

「それも、あるかもしれませんね」

「だから、妹は寂しがってなんかいないって」

 

必死に否定しようとした時だ、侍女が「お忘れですか?、殿下」と僅かに声を揺らす。

 

「アスリューシナ様もユークリネ王家の中では妹姫様なのですよ」

 

その言葉でキリトは全てがわかった気がした。

どうしてアスナがキリトの家族の話を聞いて、帰りを待っているのではないか?、と思ったのか。

妹姫がいると知って、キリトの不在を寂しがっているのではないか?、と思ったのかを。

 

「アスナが……アスナが、いつも王宮で家族の帰りを待ちわびているから?、家族の不在を寂しいと感じているから?……だからオレに城に帰れって言ったのか?」

 

キリトの答えにようやく侍女が首を縦に振った。

 

「でも……そんな事、姫様はお認めになりませんけどね。『寂しくなんかないわ』『一人で大丈夫よ』ってご自分はおっしゃるくせに、私達使用人には今回の離宮同行で家族と離してしまってごめんなさいっておっしゃるんですよ」

 

侍女は頬に手を当てて、ふぅっ、と息を吐くと「本当に困った姫様です」とリズのようなセリフを口にする。

 

「私達なんて普通なら入ることも出来ない離宮に来られてちょっぴり喜んでいるくらいなのに。うちの姫様は周りを頼ってくれなさすぎです。もっとアレやって、とか、コレして、とおっしゃってくださればいいんですが……」

「リズも同じ事、言ってたな」

「そうですね、お友達のリズちゃんにもそんな感じですから、侍女の私達にお願い事などしてくれませんね」

 

寂しく笑う侍女にかける言葉が見つからず、キリトが気まずそうにしていると「でも」と侍女は仕切り直すように弾んだ声をあげた。

 

「願いを言ってくれなくても姫様が私達を大事に思って下さっているのはわかってますから。キリトゥルムライン殿下も大丈夫ですよ、嫌われてなんていません」

「うん……わかった」

「では、そろそろお休みください。明日は朝食後にご出立されるのでしょう?」

「そうだな、仕事の邪魔をして悪かった」

 

キリトの謝辞に「とんでもありません」と首を横に降る侍女から視線をアスナの寝顔に戻す。

起きている時より幾分あどけなさを纏う寝顔をキリトは笑顔で見つめてからそっと傍を離れた。




お読みいただき、有り難うございました。
ガヤムマイツェン王国の王女の元へ通ってくる子爵の令息くん……王女の事を
情けない声で「リーファちゃーん」と呼んでます(苦笑)
不敬罪に問われないのかな?

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。