ゴッドイーター、改め死神   作:ユウレスカ
<< 前の話 次の話 >>

3 / 26
生前
ep.0


「人間、いつ死ぬかってわからないものじゃん?」

「……ああ、そうだな。いつ死ぬか、なんて分からない」

「それでもって、どう死ぬのかも分からない」

「当たり前のことだな」

「死後の世界、ってあると思う?」

「突然だな」

「いいからいいから!これが最期なんだから、こういう時位素直に話しておくれよ」

「さぁな、死んだら分かるだろ」

「まったく、そういう夢もくそもないこと、何で言っちゃうかな」

「今がその死ぬとき(・・・・)だからな」

「……」

「……」

「……終わっちゃったねぇ」

「ああ」

「ブラッドの―—極致化技術開発局の特殊部隊の皆も、頑張っただろうにねぇ」

「そうだな」

「奇跡は2度は起きないんだねぇ」

「……」

「……シオのこと、置いてっちゃうね」

「……」

「あの子、1人で寂しくないかな。約束、破ることになっちゃったし」

「――あいつなら、うまくやっていけるさ」

「でも、独りぼっちだ」

「……そうだな」

「いやだなぁ。あの子、きっと今ないてるよ」

「もう、月も見えないけどな」

「全部、覆われちゃったからね」

「クラウディウス……だったか、いつになったら終わらせてくれるんだ」

「あれ、ソーマったら死にたがりに転向?あと、今回の特異点はヴィスコンティさんじゃなかったっけ」

「細かいのは知らん。あと死にたがりになった覚えはない」

「それもそうだね。未だに手も休めてないし」

「それをお前が言うか」

「だって人間生きてたら何とかなる、ってリンドウさんが言ってたもん」

「さっき俺が《死ぬとき》っつったら黙ったくせに、まだ戦うのか」

「ソーマ、それ君にも言えるやつ」

「……」

「いやぁ、でもさぁ?死に方くらい自分で決めたいじゃん」

「……」

「だから、さ」

 

 

「――全力で、足掻きたいのさ」

「いつも通りの馬鹿だな、お前は」

「そんなのに律儀に付き合ってるソーマも馬鹿だね。やーいやーい」

「はったおすぞ」

「だが断る」

「はぁ……」

「ま、恐らくばっかみたいな奇跡が起きない限り、ハッピーエンドは来ないだろうし……最後に1つ、賭けをしない?」

「こんな時にか」

「こんな時だからさ」

「……聞くだけ聞いてやる」

「ふふん、思い切り笑え!それは―—」

 

 

「……やっぱり馬鹿だなお前」

「何さ!死後の世界があったら、未来があるなら十二分に有りうる賭けだろ!?」

「確かにそうかもな。無かったら意味もないが」

「うっさいなーもう!んで、賭けにのるの?乗らないの?」

「どうせ返事はイェスしか受け付けてないだろ……乗った」

「待ってました!んじゃ私はソーマに賭ける」

「そこは自分じゃないのか」

「なんだかんだで私、目の前のことにしか集中できないことが多いからさ、ソーマのほうが絶対先に見つけると思う」

「……そうか」

「そうだ!」

「じゃあ、俺はお前に賭ける」

「なんでさ!」

「同じ奴に賭けても意味ないだろ」

「それもそうか」

「……」

 

 

「そろそろかなぁ」

「だろうな、だいぶ狭まってきた」

「……あの世があるなら、皆にまた会えるのかな」

「さあな」

「いつまでたってもドライだな貴様」

「うるさい……いくぞ」

「了解、賭けのこと、忘れないでよ」

「たぶん、な」

 

 

「またね、ソーマ・シックザール」

「またな、ミクイ・イツカ」

 

 

「――さて、勝敗はどっちになるんだろ」

 



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。