真・恋姫†無双 北郷警備隊副長   作:残月
<< 前の話 次の話 >>

11 / 178
第十一話

 

 

 

学生君、改め『北郷一刀』から事情を聴くと状況的には俺と同じだった。ただ俺と違う場所に居て、いきなり野盗に襲われたのを三人の女の子に助けられたらしい。真名の存在もそこで知ったらしいが迂闊にもそこで、助けてくれた三人の内の一人の真名を口にしてしまい刺され掛けたとか。

そして謝罪の後に曹操の軍に拾われて未来の事もそこで話、未来の知識を買われて今に至るとの事。今は街の警備隊の仕事をしてるらしい。

 

それに対して俺は荀彧を助けてから荀家に居候して、武術の鍛練や読み書きの教えを受けたりと一刀と比べると楽々としてたんだなぁ……

因みに俺、一刀、そして曹操は皆と少し離れた位置で話をして居た。天の国=未来の話になる訳だが流石に天の御使いが未来人と広めるのはマズいとの判断だった。

 

 

「………そう」

 

 

一通り話を終えた俺だが曹操は顎に指を這わせて何かを考える仕草をしている。美少女は悩む仕草も様になってるなぁ。

 

 

「貴方……名は?」

「秋月純一。字と真名は無い」

 

 

曹操の問いに答える俺。そして次の曹操の言葉は意外な言葉だった。

 

 

「あなた、私に仕えなさい」

「はい?」

 

 

いきなりのスカウトに俺は呆けてしまう。いや、会って数分で曹操にスカウトされるってどんな状況よ!?

 

 

「アナタは北郷一刀と同じく、天の国の住人……そんな奴が野放しになってるのは危険なのよ」

「二天は要らず……ってか?」

 

 

曹操は俺に試す様な視線をぶつけてきている。『天』を名乗るものが多く現れてはその意味が薄くなるし、争いの種にもなる。

そして曹操は俺の言葉に笑みを浮かべた。

 

 

「そう。そしてアナタが他国に行くような事になるなら私はアナタを消さなければならない」

「そりゃご勘弁」

 

 

俺は曹操の言葉に舌を出して於ける。殺されるのは嫌だし……何より同郷の一刀がいるなら断る理由はないな。

 

 

「就職先の誘いがあるならお受けしますが……一度、荀家に戻ってからでよろしいか?頼まれ事も有ったし……何より世話になった家に不義理を残したくないんで」

「礼を尽くせる人間は嫌いじゃないわ。この戦が終わったら一度、帰る事を許しましょう」

 

 

俺の言葉に曹操は許可をくれた。オマケに評価は上がった模様。

 

 

「我が名は曹操、真名は華琳よ。私の事は好きに呼びなさい」

「確かに受けとりました。……大将って呼ばせて貰いますよ」

 

 

まさか、いきなり真名を預けられるとは凄い驚いた。これが器の大きさって奴かね。さて、好きに呼べと言われたけど流石に国のトップを呼び捨てには出来ない。一応、社会人だったんでそこはケジメだな。かと言って『華琳様』と呼ぶ気にもならん。となれば『大将』と呼ぶのが妥当かね。後、一応とは言えど敬語はしなければ。

 

 

「よろしくお願いします、秋月さん」

「純一でいいよ。大将の所に仕えてるのはそっちが先なんだから色々と教えてもらうぞ?」

 

 

そして俺と一刀は握手をしながら笑った。同郷の人間が居るだけでも安心感は違うものだ。

その光景を見た大将はニコりと笑うと楽進・李典・于禁とも向き合う。

 

 

「さて、さしあたりアナタ達四人は、一刀に面倒を見させます。別段の指示がある時を除いては、彼の指揮に従うように」

「…………は?」

 

 

ほう、いきなりだなマジで。一刀なんか俺と握手したまま固まってるし。

 

 

「どうしたのよ?」

「い、いや……俺に任せるのはどうかと思うんだけど?」

 

 

一刀は握手をほどくと大将に詰め寄る。まあ、話を聞く限り、一刀は学生だから急に部下とか言われても戸惑うか。

 

 

「あら、何か問題がある?」

「いや……俺に部下が出来ても……あ、ほら年上の純一さんもいるし!」

「いくら年上でも俺は新参なんだぞ。それに大将がお前を指名したんだから心意気には答えて見せろ」

 

 

大将の言葉に踏ん切りのつかない一刀に裏拳でポンと胸を叩いてやる。大将は俺の行動に驚いた様だ、ポカンとしてる。

 

 

「うぅ……やってみます」

「なら結構。他に異論のある者は?」

「異義あり!」

 

 

一刀は観念した様に頷く。頑張れ少年。そして大将が辺りを見回して異論はないかと聞くがこの采配に異を唱えるものが一人。あ、やっぱり曹操軍に居たんだな猫耳ちゃん。

 

 

「問題大有りです!なんでこんなのに、部下をお付けになるんですか!しかも秋月まで!」

「あ、居たのか桂花」

 

 

ズカズカと乱暴に来たのは荀彧は一刀に抗議してる。つーか一刀、荀彧の真名知ってたんだな。

 

 

「ふん!あんたと違って私は有能なの!華琳様、周囲の警戒と追撃部隊の出撃、完了しました。住民達への支援物資の配給も、もうすぐ始められるかと」

「ご苦労様、桂花。で、何の話だったかしら?」

 

 

一刀を流れるように罵倒した荀彧に大将はニヤニヤと笑っている。やはりドS、弄る気満々だ。

 

 

「北郷の事です!こんな変態に華琳様の貴重な部下を預けるなど……!」

「あら、一刀なら上手く活用してみせると思うけれど?」

「俺もフォローするしな」

 

 

荀彧は一刀を嫌ってんなー。大将は一刀を評価してるけど荀彧は納得してない様子だな。あんまり我が儘言うんじゃありません。

 

 

「アンタは黙ってなさい!大体なんで此処に居るのよアンタ!」

「荀緄さんの頼まれ事でこの街に来てたんだよ。んで戦に巻き込まれて一晩戦ってた」

「嘘だ!」

 

 

荀彧の言葉に説明をしたのだが何故か嘘つき呼ばわりされたよ。しかも言い方が何処ぞのヤンデレヒロインだよ。

 

 

「アンタが戦える訳無いじゃない!」

「そうでもないぞ桂花。私は一晩、秋月の戦いを見ていたが見事なものだった」

「ありがとう夏侯淵」

 

 

そう言えば荀彧は俺がかめはめ波を撃ってから倒れてる事しか知らないんだっけ。夏侯淵が俺のフォローをしてくれる。ああ、優しさが身に染みる……

 

 

「………ふんっ!」

「痛っ!」

 

 

夏侯淵の優しさに感動したら何故か、荀彧に足を踏まれた。理不尽な。

 

 

「私は結構平気かもー。意外とカッコイイしー」

「ウチもええよ、この人達が上司なら色々学べそうやし」

「曹操様の命とあらば、従うまでだ」

 

 

于禁・李典・楽進は口々に言う。取り敢えずの納得はしてくれたみたいだな。

 

 

「どうなの一刀。三人こう言ってくれてるし、純一も納得してるのよ?」

「わかったよ、三人とも宜しく」

 

 

とうとう観念したのか一刀は彼女達と俺の上司になる事を決めた様だ。

 

 

「よろしゅうな、隊長」

「了解しました。隊長」

「はーい、隊長さーん」

 

 

それぞれが一刀に隊長としての挨拶をする。舐めきった態度だなオイ。

 

 

「そうね……純一には一刀の補佐をしてもらおうかしら」

「んじゃ副隊長か?」

 

 

大将の言葉に俺は驚く。いや、新人にいきなり副隊長に任命すんなよ。

 

 

「副隊長か……純一さんだと副長って感じですね」

「鬼の副長ってか?」

 

 

ハハハッと笑う俺と一刀。そんな光景を見て、大将はニヤッと笑った。あ、嫌な予感。

 

 

「そうね……なら純一は北郷隊の副長を正式に任命します。皆は何か異論はある?」

「特に問題はないかと」

「良かったね、四人とも!」

 

 

マジで副長に任命されたよ。俺、鬼の副長みたいに厳しくないよ?

その後、大将は残った面子に聞いて回ってる。夏侯淵や許褚は頷いてくれてる。まあ一晩、一緒に過ごしたから、ある程度信頼されてるのかな?

 

 

「春蘭はどう?一刀に問題でもある?」

「いえ、これで北郷も少しは華琳様の部下としての自覚も出るのではないかと。彼等の実力は私はまだ知りませんが秋蘭が言うなら間違いはないと思います」

 

 

今まで黙っていた夏侯惇に話しかける大将。一刀の評価は低い……のか?

 

 

「自覚……一応、あるつもりなんだけど」

「お前ほど無い奴も珍しいぞ」

「それではこの件はこれでいいわね。物資の配給の準備が終わったら、この後の方針を決めることにするわよ。各自、作業に戻りなさい」

 

 

一刀の意見もバッサリと切られる。その後、大将の方針決めで皆は作業に戻った。俺も手伝いますかね……にしても副長か








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。