真・恋姫†無双 北郷警備隊副長   作:残月
<< 前の話 次の話 >>

126 / 204
第百二十六話

 

 

 

 

 

 

「うおりゃあっ!」

「甘いっ!」

 

 

俺の持つエクスカリバーモドキと華雄の大斧が噛み合って火花を散らす。力比べでは華雄には勝てないので俺は身を引き、エクスカリバーモドキを横薙ぎに払う。

 

 

「良い反応だ……だが!」

「ごふっ!?」

 

 

華雄は大斧の柄を俺の腹に叩き込む。なんちゃってシルバースキンを着てなかったらヤられてたな。

俺は殴られた衝撃を利用して華雄と距離を取る。然り気無くなんちゃってシルバースキンに回していた気を解く。

 

 

「行くぞ……新必殺!」

「むっ!」

 

 

俺がエクスカリバーモドキを逆手に構えると華雄は大斧を構え直す。俺はそれと同時にエクスカリバーモドキに気を込めて地面に突き刺す。

 

 

「ガンフレイ……ぶはっ!?」

「……今回は地面が爆発したか」

 

 

地面に刺したエクスカリバーモドキから発せられた気は暴発して石つぶてと土埃が俺を襲う。華雄からは呆れた様な声が発せられていた。

 

 

「痛てて……失敗した」

「毎回飽きないわね、純一。それとも笑いを取るためにやってるのかしら?」

 

 

盛大に自爆した俺を笑う大将。失礼な俺は毎回本気だ。

 

 

「ふざけてる訳じゃないんだがな」

「副長、先程の技はどのような技なのですか」

 

 

やれやれと俺はなんちゃってシルバースキンに付いた土埃を落としていると凪は先程の技を訪ねてくる。真面目だねぇ。

 

 

「さっきの技はガンフレイムって言ってな。地面に剣を突き刺して火柱を出す技なんだが気を使って代用できないかと思ったんだが」

「そうですね……その説明通りの技なら気を伝達させる技術を学ぶべきかと」

 

 

凪は先程のガンフレイムを真面目に検証してくれている。ふむ、技術次第なら再現は可能か?

 

 

「しかし……純一さんが羨ましいです」

「ん、そんなに自爆したかったのか?お勧めはしないぞ痛いから」

 

 

同じく見学に来ていた一刀が呟く。俺はエクスカリバーモドキを地面から引き抜きながら答えた。

 

 

「いや、自爆したい訳じゃないですよ」

「そりゃそうか」

 

 

好きで自爆する奴は栽培戦士くらいだ。

 

 

「純一さんって『気』を使って技を色々と試してるじゃないですか。やっぱり憧れますよ」

「まあ……気持ちはわかる」

 

 

俺も初めてかめはめ波を撃った時は体が震えたよ。

 

 

「だが一刀よ。気を使うだけが全てじゃないぞ」

「え、どういう事ですか?」

 

 

俺はなんちゃってシルバースキンの帽子を脱いで華雄と向き合う。華雄は何事かと首を傾げている。

 

 

「行くぞ、13のブラボー技の一つ!」

「じゅ、純一さん!まさか……」

 

 

俺の叫びに一刀は何をする気なのか気付いたようだ。ならば刮目せよ!

 

 

「悩殺、ブラボキッス」

「はぅ!?」

 

 

俺が投げキッスをすると華雄はヘソの辺りを押さえながら声を上げた。おお、効果があった。

 

 

「な、なんだったのだ今のは……きゅんと来たぞ」

 

 

顔を赤くしながら俺を見詰める華雄。可愛いけどむしろ効いた方がビックリしてるんだが……

 

 

「華琳、凪……悩殺、カズトキッス」

「あ、あぅ…….」

「馬鹿!」

 

 

 

俺の後ろでは一刀が大将に技を試していたが効き目がなかったのか一刀が大将に殴り飛ばされていた。凪はその場にしゃがみこんでしまう。

 

 

「今度やったら、ブチ撒けるわよ」

「……ふぁい」

 

 

一刀が血溜まりに倒れ、大将の手には絶が握られていた。状況と台詞がマッチし過ぎだよ。

でもよく見りゃ大将の顔真っ赤だし凪は立ち上がれなくなってるから効果は抜群だと思う。

 

むしろ大将相手にやろうと思った心意気を評価するぞ一刀。

 

 

 

 

 

 




『ガンフレイム』
ギルティギアシリーズのキャラ『ソル=バッドガイ』の技。
地面に封炎剣を突き刺し、そこから火柱を発する飛び道具。

『悩殺ブラボキッス』
キャプテンブラボーの13の技の一つ。ただの投げキッスなのだが女の子をときめかす効果を持つ。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。