ある鎮守府のエンゲル係数   作:ねこまんま提督

96 / 219
※2017年夏イベント前段作戦のネタバレを少し含みます。


神風型と香港風焼きそば

鎮守府の桟橋に、4人の駆逐艦娘、神風、朝風、春風、松風が到着した。

バケツ(高速修復材)集めのための、長距離航海練習から帰還したのだ。

 

遠征任務の中には、達成時に本部から高速修復材が貰えるものがある。

ただし、遠征任務に成功したからといって確実に貰えるわけではなく、その審査の基準はハッキリしていない(本部にいる妖精さんがサイコロを振って決めているという説もある)。

 

ついに始まった夏の大規模作戦。

この作戦中に、彼女たちの姉妹艦である旗風を顕現させるチャンスがあるらしい。

 

少しでも鎮守府に貢献し、作戦を成功させて旗風を艦隊に迎えて欲しいと、作戦直前の最後の遠征に志願したのだ。

 

鎮守府庁舎のフロントサッシの引き戸を開けると、狭いロビーの応接ソファーで、提督が小さなドイツ艦娘たちとアイスを食べていた。

 

「司令官、艦隊帰投よ」

 

報告しながらも、提督をジト目で睨む神風。

 

ろーちゃんやレーベ、マックスの格好というのが……今回の西方再打通作戦で、欧州への里帰りのために用意した(意味不明)、露出度の高いビキニの水着なのだ。

 

「みんなも羽織袴だと暑いでしょ? みんなの水着タイプの艤装も用意してあるけど……」

 

「え、今年の夏は水着でって……嫌よ、嫌! そんなのやるわけないじゃない。私は嫌よ!」

「そ、そんな恥ずかしいの着れるわけないでしょっ!?」

「そうですね、大正の頃はそんなに肌を……いえ、そうではなくて、最近の水着はその、何と申しますか……破廉恥ではないかと」

「朝風の姉貴、110番て何番だっけ?」

 

「そっか……みんな、お腹空いたでしょ? 何か作ろうか」

 

水着タイプ艤装にヒンシュクを受けながら、ご飯を作るために台所に向かう提督。

 

「あ、ありがとう」

「ふーん、いい心がけね司令官」

「感謝いたします。司令官様」

「頼んだぜ」

 

神風たちが、提督の後をトコトコとついていく。

 

艦隊は現在、先遣の警戒隊を出して、リンガ泊地周辺の哨戒及び後方兵站線の安全確保を実施している。

リランカ港湾部に拠る敵戦力を撃滅、西方方面へ進撃開始する予定だ。

 

「横須賀の艦隊はとっくにスエズ運河を突破して、マルタ島に上陸したみたいだねぇ」

 

先を越されても焦る様子はなく、淡々と調理の準備をする提督。

 

蝦子(シャーズ)という海老の卵が練りこまれた麺を釜で茹でる。

中華鍋にゴマ油とラードをしき、しょうがと青ねぎを熱して香りを引き出す。

ニラ、もやしを加え老酒(ラオチュウ)をふって火を立たせて素早く炒める。

 

普段ののんびりした提督からは想像もつかない、手早く豪快に調理する姿に、うっとりとした視線を送る神風たち。

 

「お、朝風の姉貴まで乙女の顔してる」

「はぁ!? し、してないわよっ!」

 

茹でた麺を投入して焼き目をつけたら、オイスターソース、醤油、塩、こしょうで味付け。

オイスターソースと醤油の焦げた、香ばしい匂いが食堂に充満する。

期待を煽るように、鉄勺(ティエシャオ)(鉄のお玉)で中華鍋をカンカンと鳴らしながら、一気に4人分のお皿に盛り付ける。

 

「はい、香港風焼きそばの完成」

 

シンプルであっさりとした味付けだが、無性に何度でも食べたくなる、香港の屋台の味。

ぷつぷつとした食感と、口の中にほんのり広がる海老の香りが特徴の蝦子麺も、好き嫌いは分かれるがハマるとたまらない。

 

満足げに焼きそばを食べる神風たちを見ながら、提督は先の作戦に思いを馳せていた。

 

ワイン、ブランデー、スコッチ、チーズ、オリーブオイルにホールトマト、レンズ豆、デュラム小麦、ハーブや欧州野菜の種子……。

 

新艦娘とともに、欧州で絶対に手に入れたいものがたくさんある。

あわよくば、あちらに直通の門を設置して、いつでも買い出しに行けるようにしたい。

 

あとは、港湾夏姫や戦艦夏姫たちと地中海で遊ぶ約束もしているし……。

 

「提督ー! 潜水新棲姫に逃げられたにゃ!」

「ごめん、司令官。でも、招待状を渡したら、また別の所で来るって言ってたよ」

 

リンガ沖での作戦から戻ってきた多摩と皐月が報告してくる。

 

今回の作戦から登場した、新たな敵の幼女姫。

彼女を鎮守府に招待して、ご飯を食べさせたい。

 

「それから、特Ⅱ型駆逐艦の狭霧を顕現させる方法があるらしいよ。深海空間のここのポイント、現実世界では艦の狭霧が沈んでる海なんだけど、ここに通じる門を開ける方法が……」

 

旗艦を務めて情報収集にも当たっていた伊勢が、新艦娘に関する情報を説明してくる。

 

作戦は始まったばかりで、先は長い。

今年の夏は忙しくなりそうだ。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。