王様のいないナザリック   作:紅絹の木

10 / 17
ナザリック側始動。

 

さあ次はアウラとマーレにパンドラを含めて召喚で楽しませようと思ったんだけど、声をかける前に三人に囲まれてしまった。アウラが「お手伝いいたします」と言い、かぶってしまった藁を取り除いてくれたのだ。

「三人ともありがとう」

ユグドラシルの頃と同じ感覚で、藁を払うなんて考えはなかった。気をつけないとなあ。

そう考えながら双子のの頭についた藁を落としていく。パンドラは背中に回っているので藁を取ってやれないのだ。

「ありがとうございます!パイン・ツリー様」

「申し訳ありません、ありがとうございます」

「やらせてくれたら嬉しいな。あと、私のことはパインと呼ん……呼びなさい」

「かしこまりました」と三者の声がする。

 

こうして順番に互いの藁を取り除いた。おかげで空気が和やかなものになり、NPCたちに接する態度が自然体になる。

 

「そろそろみんなやってくるわね」

言葉通り、五十メートルほど離れた場所にゲートが現れた。そしてシャルティアが登場する。輝く髪、白磁を思わせる白く美しい肌、何よりも目を奪われるのはその美貌だろう。少女と女性の間、限られた時間のみ見られる移り変わる美を閉じ込めた結晶、それがシャルティアだ。

深紅のドレスを身にまといゆっくり歩く姿はまさしくお嬢様で、貢ぎたくなるぐらいかわいい。

 

パインは顔のない顔でにこりと笑う。

「(ふふ、私は何年も前から彼女に貢いでいるけどね)」

誰への当てつけなのか、得意気に胸の内側で呟いた。

 

誰にも知られずにこにことシャルティアの到着を待っているとこちらを向いた彼女の顔から表情がなくなった。

なんだろうと不思議に思う。シャルティアは距離を近づけるごとに困ったような表情を深める。すると怪訝そうな表情を浮かべたアウラ質問した。

「どうしたのよ、シャルティア。そんな顔でいつまでもパイン様を見つめるなんて不敬よ!」

「だって……だって……」

答えにくい質問なのか言い淀んでいる。私は好奇心が勝ってしまい、シャルティアに答えるようお願いした。彼女は後ろめたそうに白状する。

 

「パイン様の御胸が、ないんですもの」

 

ピシリ、と空気が固まる。至高の存在を囲むシモベたちの顔はシャルティアの不敬さに怒っていた。そして場違いな笑い声が中心でおこる。

 

「ふぶ、あっはっはっは……胸がないからね、そっかあ」

笑い転げたいくらい面白い。まさかあの迷セリフ「胸がなくなっている」が私に向けられるなんて、ファンとしては嬉しい。いつものシャルティアならば、転移による精神異常など問題はないと判断できる。なんども深呼吸をしてゆっくり話す。

「私は怒ってないよ。むしろシャルティアが無事でよかった……他の守護者には会ったかしら?」

ぽかんと薄く口を開けていたシャルティアの目に理性が戻ってくる。

「いいえ、会っておりません」

「オ待タセイタシマシタ」

闘技場の出入り口からコキュートスが歩いてきた。

「よく来てくれましたね、ナザリックの剣よ」

よく心の中で呟いた愛称をはじめて口にした。コキュートスは顎を鳴らす。

「オ呼ビトアラバ即座ニ、御方」

彼の口から漏れる冷気に反応して空気中の水分がバキバキと音を立てて凍っていく。彼が傍にいるだけで並みの人間は凍えるがここにいるメンバー、これからやってくるメンバーには冷気耐性や対抗手段を持っているため何かしら困ることはない。むしろ小さな氷の粒は灯りに反射してシャンデリアのようにキラキラと輝く。

「コキュートス、あなたも変わりありませんか?」

「ハイ、健康体デアリマス」

「それはなによりです」

話した様子からアウラたちにも異常はないだろう、残る一人も無事ならいいが。

パインの質問に疑問を抱いた双子が顔を見合わせていた。マーレがおずおずと声を上げる。

「あの、どうしてパイン様は僕たちの健康状態を知りたいのでしょうか」

しばし本当のことを言おうと口が開いて、音を発さず閉じた。今説明するよりも全員が揃ってからの方がいい。

「それは、詳細はみんなが揃ってから話しましょう」

「かしこまりました」

「パイン様、アルベド様とデミウルゴス様が来たようです」

パンドラが言うとおり、闘技場入り口から二人が歩いてくる。アルベドと、その後ろにデミウルゴスがいた。二人は十分にパインに近づくと、深くお辞儀する。

「皆さんお待たせして申し訳ありませんね」

人間の男性となんら変わらない細身で高身長の姿をしているが、銀色の滑らかな甲殻に包まれた尻尾が異形種であることを示している。なにより彼が纏うオーラが邪悪で、パインは少しだけ背筋に悪寒を感じていた。それも気のせい程度の小さなものだが。

「ここに呼ぶべき階層守護者は揃いました。これから話す件は領域守護者にも伝達しておくように、やり方は任せます」

「はっ。では皆、至高の御方に忠誠の儀を」

「(き、きたあ~~~!)」

 

一人ずつ名乗りを上げ、至高の四十一人に忠誠を誓う。

その重圧に耐えられず、私もモモンガさんと同じ道を辿った。つまり混乱から誤ってスキルを解放してしまった。闘技場にはパインが眠る結界内のように花吹雪が舞い散る。花びらは地上に落ちる前にふっと姿を消す。

 

彩られた空を眺めて改めて心に決める。

「(支配者ロールなんて人間らしさが残るこの種族では難しい。それでも私らしく最善を尽くすんだ)」

答えはもう貰っているので、あとは同じように行動するだけでいい。

パインはモモンガのように努めて冷静に、守護者たちに向き合う。

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――

 

 

 

 

「それでは、今日はこれで解散としましょう。……いつ休めるかわからないから、休息は数時間ごとに取るように。おやすみなさい」

パインはそう言って転移した。同時に花吹雪は消え、辺りは静まり返る。

 

余韻にしたり頃合いをみてアルベドが立ち上がった。続いて他の者たちも立ち上がる。各々服や羽根、尻尾についた砂を払い落とす。

「――パイン様が降らせた花吹雪、とっても美しかったわ」

「マサシク」

「ま、まるでパイン様のような慈悲深い、ボクたちを癒してくれる温かい雨のようでしたね」

「まったくその通りですね。日々鍾愛いただいているというのに、まだまだ慈しんでくださるとは……本当に慈悲深い御方です」

守護者たちは和やかな空気に包まれた。だが、広い視野をもつコキュートスだけが辺りの様子に違和感を覚えた。

「トコロデ、気ニナッテイタノダガ闘技場ハ常ニコノヨウナ姿ナノカ?」

コキュートスは計六つの眼で闘技場をぐるりと見渡す。あちこちに藁が飛び散っておりとても片付いているとは言えない。アウラが両腕を頭の後ろで組む。

「しょうがないじゃん、掃除する間なんてなかったんだもん」

パンドラズ・アクターが頷く。

「確かに、パイン様から藁を払う方が優先でしたからね」

至高の御方のお世話と聞き、セバスがいち早く反応した。

「パンドラズ・アクター様、何があったのでしょうか?」

「パンドラでけっこうですよ、セバス様。パイン様がその御力をお見せになられたのです。さも戦士のごとく斬撃を飛ばし、またマシンのビームのように魔力を圧縮させて照射、藁人形は木端微塵に爆ぜました。スキルを使わずあのような芸当ができるとは私、感服いたしました」

その場にいた者は何度も頷き、いなかった者は羨望の眼差しに少しの嫉妬をのせた。直接お世話しただけでなく、特殊で複雑と考えられる“人任せの魔女”様の、その貴重な力さえも間近で拝見する機会を得たなんて、ナザリック内にもそう多くはいない。

セバスが信じられないという風に目を大きく開ける。

「今日のパイン様の御姿のクラスはマジック・キャスターのはず、なのに斬撃を飛ばすとはさすが至高の御方」

「スキルもなく相手を爆ぜるなんて、まるでペロロンチーノ様を思い出すでありんす。わっちも拝見したかったでありんすえ」

「後学ノタメデアレバ許シテクダサルカモシレン。仕事ガ一段落シタラ願イデテミルカ?」

コキュートスの提案にすぐには応えず、守護者統括に顔を向ける。

「いいでありんすか?アルベド」

「仕事の後であれば文句はないわ。それに追々ナザリックの強化は必須になるでしょうし、パイン様もその事にはお気づきのご様子。私の方から伺ってみましょう。ところで、誰かモモンガ様を見なかった?」

守護者たちは互いの顔を見合わせる。最後にアルベドの方を向いてデミウルゴスが「誰もお姿を見なかったようですね」と言う。守護する階層に至高の御方がやってくれば姿を拝見できずともいらっしゃったことを感じられる。誰も名乗り上げないということは、どの階層にも現れなかったということだ。

アルベドは眉を下げて最後に愛する殿方の被造物に、まるで縋るように声をかける。

「パンドラズ・アクター」

「私にもわかりません。たしかな事は一つ、パイン様にご報告したとおりろぐあうとされた時と全く同じ感覚が最後だということです。魔女様の仰るように、もしかしたらナザリック同様こちらの世界に転移されている可能性はあります」

悪魔が悲し気に息を吐く。

「私も捜索チームにいれていただきたいものだわ。適任者がヘドラ・ファンタズマだと知っているけれども、やっぱり愛しい御方は自らの手で探しだして御守りしたいわ」

「仕方ありませんよ、アルベド。私たち守護者はこのナザリック地下大墳墓を守り抜くことを厳命されました。必ず帰ってくるためには家が必要だ……こう仰られては、ここから離れて探しに行くことは難しい」

「そうね……気持ちを入れ替えるわ。みんなもね」

数人がアルベドと同じように、パインに探索チームに入れてくれるよう願い出るつもりだったのか目を逸らした。

「……では、仕事に取り掛かりましょうか」

 

 

 

―――――――――――――――――――――

 

 

ナザリックに異常なし――。

その報告に安堵しつつ、一週間ほどパインは奔走した。

消費アイテムの製造をストップし、アイテムの効果が変更していないか実験をおこない、支配者らしい振舞いの参考書や映画などをピックアップし、アルベドたちからの報告書のレベルの高さに悩み、ギルドの指輪を守護者たちに渡せない事を思い出してはバタフライエフェクトにびびってモモンガさんの帰還を願い、ミラー・オブ・ビューイングでカルネ村を探し、三十以上の儀仗兵を減らし、いつでもどこへでも追ってくるメイドの人数を減らし、ギルドメンバー捜索チームを作るために自身の召喚スキルについて研究して……疲れた。支配者ロールは―実際には健康体そのものだが―腰にくる。

「(これがオーバーロードと魔法少女の違いかあ。人間に近いもの、しょうがないよね)」

今は九階層の一室で、ミラー・オブ・ビューイングを使いシモベにカルネ村を監視させている。離れたところで私はのんびりティータイムだ。けっしてサボりではない。こうやって“支配者ロールしながらここにいるだけ”も仕事になるのだ。まあ楽ではある。ちなみにシモベの横にはセバスがいて、 ビシッと立つ彼と同じ空間にいてサボれる者などいないのだ。

 

ここまでの経緯を整理しよう。

パインはアイテムボックスから手帳を取り出してこれまで自分がした行動を読み返す。手帳には日記のように一日一ページで記入できるタイプだ。最初の方のページには週間がバーチカルタイプとなっており、行動をまとめて確認しておきたいパインには見やすかった。

この数日、ニグン率いる陽光聖典に狙われる村を救うべく、奔走していた。最初はカルネ村以外を無視するつもりだったが、いざ目の前で惨劇が起こってしまうと非常に気分が悪かった。そこで村人を助ける方向へ変更した。

隠密に特化したシモベたちに村人を隠させ、そのかわり村人に変化したシモベに殺されたフリをしてもらう。暴行されてしまうことも考え、敵に幻術をみせて一人でいたしてもらった。途中、森の中にいるモンスターたちに彼らを襲ってもらい、どさぐさにまぎれて何人かを攫って拷問にもかけた。

おかげで情報収集がうまくいき、隊長クラスを手に入れられたらさらに情報を手に入れられると、デミウルゴスが約束してくれた。つまり「予習をばっちり済ませたので本番いけます」ということ、ニグンさんから傾城傾国の話を聞ける日も近いでしょう。

 

助けた村人はいつかカルネ村とも交流してもらうことを考えて、かの村から一日程度で行き来できる距離に、なおかつトプの大森林沿いに村を建設している。ナザリック地下大墳墓に近いのですぐに助けにいけるということで、多少安心して村作りに励んでもらっている。

救援チームのリーダーはヒーラーのルプスレギナ・ベータだ。村人はけっしておもちゃではない、客人のように扱うよう耳にタコができるほど言い聞かせた。私の母に「子供は五十回、大人は七回言わないと伝わらないよ」と言われて育った経験からしつこく言い聞かせた。そのためか今のところ報告が滞ることはなかった。

 

善行と悪行、両方をこなしつつカルネ村救出作戦を進める。

 

 

 

【つづく】


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。