王様のいないナザリック   作:紅絹の木

12 / 17
帰ってきた!

すべては予定通りに、滞りなく進んだ。

ガゼフと知り合い、彼はニグンとしばらく戦った後に、課金アイテムによって私と位置を交換する。

ニグンと遊んでもよかったが、再びメモと向き合う方が大切なのでさっさと拘束し、アイテムボックスから手帳を取り出して記入していく。

「お前は何者なんだ……」

「魔法少女ですよ」

愕然とする相手を放置して、そのときがくるのが待つ。夜が空を支配したころ、大きく空間が割れた、まるで陶器を割ったように。異変はすぐに元どおりになり、ニグンたちは困惑していた。私は今日という日を滞りなく進める方が重要なので、その様子に気づかなかった。

「よし、用事も済んだし撤収!」

法国からの覗き見に対しパンドラが唱えた対情報系魔法の攻性防壁が起動して、それが合図となりニグンたちの傍に〈転移門〉が開いた。ゲートから僕たちが出てきて大切な情報源をナザリックに運んでくれる。

「いってらっしゃい」

「いってらっしゃいませ」

ルプスと二人で泣きわめくそれを見送ったら、今度は帰還だ。

「一応、村には声をかけておくべきですね。ルプスレギナ、先導しなさい」

「かしこまりました」

 

 

それから村に脅威は去った事を報告して、「もう夜も遅いからさっさと帰りますね」という内容を丁寧な言葉遣いで言い、別れの言葉もそこそこに村を出た。

 

帰り道の草原にて、後方でサポートしてもらっていたパンダラズ・アクターと護衛のルプスレギナを連れてナザリックへ帰路へつく。

パインはほとんどのイベントを原作通りに進められたことに満足していた。これでうまくいけば法国からワールドアイテムを二つとゴッズアイテムの装備品をいくつか手に入れられるはずだ。漆黒聖典に会うためには、冒険者のブリダを見張り、あのブレインがいる盗賊たちのアジトへ案内してもらう方法が一番いいと思った。冒険者になりンフィーレアが誘拐されるタイミングを狙うことも考えたが、モモンガさんがいつから冒険者になったのか不明なので、彼がまったく関与していないブリダの行動に注目したのだ。

いざとなれば、ナザリックによるローラー作戦で敵を見つけちゃえばいい、と思う。

 

とにかく、大仕事が一つ終わって気分良く家に帰る道中だった。そこに〈伝言〉がきた。

「ーーアルベド、どうしたの?」

何か問題でもあったのだろうか、と背中に冷や汗がつたう。

『ご報告します。至高なる御方、ウルベルト・アレイン・オードル様がご帰還されました』

「……おう」

ロールプレイも忘れて素で返事をしてしまった。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

シャルティアに慌てて〈転移門〉を開いてもらい、すぐにナザリックへと帰還した。ナザリック入り口でアルベドに預けていた指輪を返して貰いつつ、彼は自室にいるのだと教えてもらう。

「ありがとう、アルベド。皆とりあえず通常業務に戻ってください。私はウルベルトさんを訪ねます」

 

第九階層、ウルベルトさんの部屋へ近づくとすでに警備の僕がいた。そして扉の前で待機しているメイドさん。名前なんだったかな、ごめんね、まだ覚えきれてないんだ。

「お待ちしておりました、パイン様。ウルベルト様がお待ちです」

なぜ私の帰宅時間がわかるのかは知らないが、さすがナザリックのメイドさんだと思う。外用に付けていたマスクは外して、真っ黒な球体の顔を晒した。メイドは少し目を大きくしたのち、キリッと顔を凛々しくさせる。とても美しかった。

「案内しなさい」

「はっ」

メイドに続いて部屋の中に入った。第九階層のスイートは自室の中に執務室がある。客人が一番最初に足を踏み入れるのは執務室だった。

ウルベルトさんは白シャツにズボンとラフな格好で、応接用のソファに座って何かが書かれた紙を見ていた。

「ウルベルトさん、こんばんは……」

「こんばんは、パインさん。あー、彼女と二人きりで話がしたいんだが?」

「かしこまりました。ご用があればすぐに参上いたします」

そういって彼女は退出した。私はレベル百の戦士の軽やかな動きでウルベルトさんの向かい側に座る。ソファに負担をかけなかったので壊れることはなかった。

「うお、びっくりした」

「ウルベルトさん!どうしてこっちにいるんですか!もう、もう私びっくりしましたよ!!!」

「俺だってこんなことになって疑問だらけですよ」

会えて嬉しい、なぜギルメンが帰ってこられたのか驚き、色んなものが胸で混ぜこぜになり、涙が溢れ出した。と言っても球体の頭では涙なんて出ないが。

「よかった!ギルメンが帰ってきて嬉しいですよー!!!よかったー!」

「そんなに歓迎してもらえるなんて、嬉しいですね。ところで他のギルドメンバーは?」

「モモンガさんがユグドラシルのサービス終了時に残っていたはずなんですけど、なぜかここにいるのは私だけなんですよね……」

「待ってくれ、順を追って話してくれませんか。ユグドラシルのサービス終了がどうしたって?」

パインはできるだけ、これまでの事を簡潔に話した。

ユグドラシルのサービス終了と同時に転移したこと。その時、一緒にいたモモンガの姿は消え、自分はナザリックに残っていること。他のメンバーはいないこと。今は自分がナザリックの経営責任者だということ。

「そして、現在はモモンガさんを探しつつ、この未知の世界を既知に変えるべく冒険してるんですよ」

「具体的には何をしているんですか?」

「モモンガさんの捜索は、アルベドを責任者において僕たちと私が召喚した使い魔たちに任せています。私は前線に出て情報源……つまりこの世界の人々を助けたり捕まえたりして、情報を貰っています」

「助けたり捕まえたりっていうのは?」

「襲われていた村人を助けたり、襲撃者を捕縛して今は第五階層の拷問部屋に放り込んでいます」

「グッジョブ」

 

ナザリック側の話が済んだら今度はウルベルトの番だ。

「俺は、リアルで死んだ。色々あって、まあ今は話したくありません。死んだ後……ここへ転移する前に声を聞きました。ナザリックへ行きたいかって。どうやってその声を聞けたのかはわからないがとにかく俺はあの頃に戻りたくて、頷いた。そしたら円卓にこのウルベルトの姿で座っていました。その後メイドの一体に見つかって、今にいたります」

「死んだ……死んだんですか!??」

「そうです。理由は言えませんよ」

「それはいいですけど、今怪我とか、体に不調はありませんか?大丈夫ですか?」

「それはまったく問題ないな。リアルの頃より快調なぐらいだ。ここじゃ空気も美味いですからね」

「なら、よかった」

ほっと息をつく。今が無事ならそれでよかった。男の方は困惑していた。

「他にも気になりませんか?不思議な声とか」

「あ、気になります」

教えてください、と頭を下げると悪魔はやれやれといった雰囲気で「相変わらずマイペースですね」と零した。

「不思議な声は、多分女性だと思います。声色が高かったので。それ以外はわかりません」

「……神様でしょうか」

「だとしたら、あのとき殺しておけばよかった」

「おお過激ですね」

「悪魔ですからね。神様なんてクソッタレなものは殺してなんぼですよ」

ウルベルトが身を乗り出す。

「あのNPCたちの様子なんですけど」

「忠誠心MAXでしょう?ふふ、すごく重たいんですよ」

「あれは俺たちがギルドメンバーだから従っているんですか?」

「そうです。私たちが彼らにとっては王様のような、いえもっと尊い存在……神様のような存在だからですね」

「神様か、まあたしかに創ったが……神よりも親の気分なんだよな」

ウルベルトさんのため息には同意する。私だって彼らといるのは楽しいが、ロールプレイには限界がある。

そこでテーブルに広げられた紙に目が入った。

「ウルベルトさんは私がここに来るまで何をしていたんですか?」

「転移してからのナザリックの活動情報を見せてもらっていました。アルベドが色々教えてくれましてね」

「アルベドから……」

そういえば今のアルベドってどんな気持ちなんだろう。ギルメン帰ってきて殺意に燃えてたりするのだろうか?うわー!他のギルメンが帰ってくるパターンをちゃんと考えたことなかったからわかんないよ。

早急にアルベドに会う必要がある、私が彼女の表情を読み解けるなんて思えないけれど、とにかく会って話さないといけない。しかし来たばかりのギルドメンバーを放っておくこともできない。ちょっとだけ抜けようかな。

「ウルベルトさん、私ちょっとアルベドに会って留守の間の報告とか聞きにいきたいんですけど抜けてもいいですか」

「大丈夫ですよ。もう遅いですし、このまま解散しましょう」

「わかりました。……ウルベルトさんはこれから何をするんですか?」

「俺は部屋にいますよ。追加の報告書があれば持ってきてくれって言っていますし、それに自室のベッドで寝てみたい」

「そうですか。それじゃ、何かあれば呼んでくださいね。……差し出がましいかもしれませんが、よかったらメイドたちには明日の朝まで下がるように言っておきましょうか?」

「そのくらい俺が伝えますよ」

「いえ、出るついでなので」

「なら、お願いしてもいいですか?」

「いいですよ」

 

そして彼女が去った後、ウルベルトは再び書類に目を通し始めた。ギルド拠点の維持と防衛体制に関して言えば完璧な対応だと思う。

転移してすぐ、俺ならばここまでできただろうか。NPCたちがどこまで考えてやれるのかは不明だが、なんだかこのやり方はパインさんよりもモモンガさんっぽい気がする。

そんなことをぼんやり考えながら、読み進めていく。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

パイン自室。

執務室はデフォルトで用意された家具や室内の雰囲気はそのままで、数点の壺や絵画を飾っている。客人が見ない部屋はさらに家具を増やして飾っていた。特に、ドレスルームはみっちりとタンスやクローゼットを詰め込み、その中にもアイテム欄が満杯になるまで買い込んだ衣装や調度品を入れていた。

いつか守護者たちの褒美に当てようと思い、良いと感じたアイテムが中に詰め込まれている。おかげでギルドメンバーの誰よりも物を溢れされていた。

アイテム整理しないとヤバイ、そう思ってからすでに半年は経過している。

「夜遅いのに、呼び出してごめんなさいね」

「いいえ、とんでもございません。パイン様」

応接室のソファにはパインとアルベドが座っていた。それぞれの前に紅茶が入れられたカップが置かれ、良い香りを放っている。パインは一口、できるだけ優雅だと思う所作でゆっくりと飲む。そして机の上に置いた。

「アルベド、今日もナザリックを守ってくれてありがとう。あなたたちNPCがいて、家を守ってくれるから安心して帰って来られるわ」

女神が花が咲くように笑った。

「恐悦至極でございます。ですが私たちが至高の御方に仕えるのは当たり前ですので……」

「そうだとしても、いつも感謝していることを伝えたいの。本当にありがとう」

とびっきりの笑顔を向けるーことはできないので最大限に心を込めて言うーと、アルベドは目に涙を浮かべて「もったいないお言葉です」と言う。

さて、ここからだ。背筋がヒヤリとするし、何も得られないかもしれないけど、頑張ってアルベドの気持ちを確かめよう。

今日も「(表情が読み取られにくいアバターを所持していてよかった)」と思った。

「今日は特に助かったわ。だってウルベルトさんが帰って来たんだもの」

ちらりと伺う。彼女の微笑みに変化はない、と思う。

「彼がナザリック地下大墳墓に帰還できたということは、今後もギルドメンバーが帰ってくるかもしれない。モモンガさんの帰還に希望が持てたわ」

「はい、とても喜ばしいことでございます」

「アルベド、これからもナザリックとギルドメンバーを守ってね。私も一緒に守るからね」

笑みが深くなった。今度は星のように目を輝かせている。不安を感じることはないけれどなんだか違和感を感じる。

「はい、必ずやご期待に沿えるよう尽力いたします」

声色に含みはない。もしかして悪いことなんて起きないんじゃないかな?直接聞いてみてもいいんじゃないか?

「ありがとう。ところで、アルベドはギルドメンバーのことをどんな風に思っているの?私はみんなのこと大好きだけど」

「はい、このナザリック地下大墳墓のいと尊き主人であり、正当なる支配者であられます」

正当なる支配者だって!よかった、これは謀反なんて起きそうにないね!

「特にモモンガ様は私の愛する御方でありーーー」

「うんうん」

「パイン様はいつだって我等を愛してくださる慈母のような御方ですわ」

「そうかな?照れちゃうわ、ありがとう」

本当は大変恐縮なのですが、ここは支配者ロールして部下の賛辞を素直に受け入れる。

彼女の言葉を信じてギルドメンバーに危機がないと判断した私は、しばらく談笑した。

 

 

 

【つづく】


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。