王様のいないナザリック   作:紅絹の木

3 / 17
モモンガさんとたっちさん。

 まるで円錐のような山に、俺たちは降り立った。地面からほぼ直角に繋がっている斜面は、表面がつるつるしていてほとんど凹凸がない。途中にはネズミ返しのような出っ張った部分もある。それらは侵入者を妨げ、また選別してくれるだろう。そして山の頂上付近には、二人が入っても余裕がある広さの洞窟を見つけ、そこで休むことにした。≪センス・エネミー≫に反応はない。奥行きは約5mしかないが、狭い部屋には慣れているので、むしろ落ち着く。

 

「灯りを付けなければ、誰かに見つかることはなさそうですね」

「そうですね。一応、隠蔽魔法をかけておきますけど」

「お願いします。でも私もスキルで索敵をしますので、できるだけ魔力を温存してくれますか」

「わかりました」

 モモンガは最低限の魔法を発動させる。

 たっちもスキルを発動させていた。ゲーム時代の名残で、二人ともスキル・魔法名を声に出している。仲間との連携において「誰が何をしたか」を把握する必要がある。技名を声に出すのも、そういう理由があるからだ。

 まるで昔に戻ったようだ。胸が温かくなる。俺たちは洞窟の入り口近くから外が見えるようにしつつ、対面する位置に座った。

「敵の対策はこんなものですね。…灯りがなくて不便かと思いましたが、私は種族の基本能力に“闇視(ダークヴィジョン)”があるので夜でもよく見えます。モモンガさんも取得していましたよね?」

「そうですよ。さっきまでいた森がよく見えますね。あの襲われた村も…」

 

 

 上から村周辺を見ているからわかる。

 自分たちがいる山が村をぐるっと囲み、天然の要塞と化している。山と村の間には森が生い茂っていた。(たっちが切った周辺のみ、木々が倒れているが)

 約30軒あった家屋は、6割が崩壊するか燃えていた。無事な家には、襲撃から生き残った人間が負傷者を運び入れている。

 生々しい光景だった。

「…これは、すべて現実ですよね」

 頭から漏れ出した呟きだったが、たっちさんは同意してくれた。

「信じられませんが、認めるしかありません。私たちはユグドラシルで作ったアバターの姿で、異世界にいる。森の青臭さ、この洞窟の湿った匂い…リアルでなら感動するところですが、このような状況になっては恐ろしいです」

「それにゲーム時代に取得したスキル及び魔法、種族・職業の基本的な能力も自然に使えている。この体が、まるで元から自分のものだったように馴染んでいます」

「不思議ですね。スキルの範囲・効果の調整が感覚でわかるというのは…。そういえば、モモンガさんはデスナイトと…ムーン・ウルフでしたか?召喚されていましたね。どんな感じで操っていたのですか?」

「えーとですね。まず、どちらもユグドラシルと同じエフェクトで出現しました。そして主従…のような繋がりを感じて、それを手繰り寄せて命令します。ムーン・ウルフに“大きく迂回してから接敵しろ”と命じたところ、その通りに動きました」

「敵に遭遇したんですか!モモンガさんケガは…」

 身を乗り出し、アンデッドの体に異変はないか確かめようとする。

 慌てて骨の手を激しく左右に降った。

「ありません。私は大丈夫です。レベル20のムーン・ウルフ5体で戦闘しまして、多少体力は削られましたが余裕で3体の敵を倒せました」

「そうですか……無事でよかったです」

じっとこちらを伺う視線は、本人が納得したことで外された。元の場所に座り直し、「そういえば…」と話を続ける。

「…召喚したモンスターは、ゲーム時代より自由度が上がっていますね」

「はい。AIを組み込めば、先ほどのような簡単な命令なら実行できるでしょう。だけど、ムーン・ウルフにはそんなAIを組んだとメンバーからは聞いてないし…」

「ここが現実だから、できたことでしょうか」

「そうだと思います。まだまだ不確定な案件ですけどね」

 

 

 再び視線を村に戻す。

 20人ほどの男たちが鍬や鎌を持ち、村を警備していた。さらに観察を続けて、彼らの生活レベルに驚く。まるで映画で見た中世ヨーロッパ風の生活だ。井戸から水を汲み上げ薪を集めて火をおこし、湯を沸かしている。なんて手間がかかるのだろう。

「自然がほぼ崩壊してしまったリアルでは、まずお目にかかれない光景ですね」

「ですねー。映像に残っていれば、見ることはできるでしょうけど。あれって俺たちもできるでしょうか?」

「練習すればやれそうですよね。やってみたい気もしますが、少々面倒臭いというか」

「たしかに、灯りなら≪永続光(コンティニュアル・ライト)≫が収められているランタンを使えばいいだけですし、飲み物なら永遠に水が出せるピッチャーがある…」

 村の外れに穴があけられ、死人が運び込まれている。体が繋がったものより、バラバラになった死体の方が多かった。…それにしても、家の数に対して村人の総数が少ない気がするな。

「まだ燃えている家も多いですから、死体を運び出すのは難しいでしょうね」

「…モモンガさん、少しよろしいでしょうか」

「はい、何ですか?」

「あの村を襲っていたのは狼に似たビーストマンです。あいつらは人間を食べていました」

 カン、と手の平に握った手を当てた。

「なるほど。だから村人の数が不自然に、少なかったんですね」

「―そうです。そして…私は最初、彼らを助けようとは思いませんでした」

 たっちさんはまっすぐ俺を見据えている。俺も彼の顔をまっすぐ見る。

「戦闘を恐れていたわけではないんです。村人も、彼らを襲うビーストマンたちも強く見えませんでした。むしろ余裕で勝てるだろうと感じました。」

視線が村に移る。まだ埋葬は済んでおらず、大人も子どもも穴を掘り続けている。

「…何も感じなかったんです。いえ、可哀そうだと思いました。―それだけです。私がビーストマンを倒したのは、子どもが襲われていたからだ。我が子を思えば、見過ごすことはできなかった」

 話すにつれてどんどん感情がなくなり、言葉遣いが素に戻っていく。彼は拳を握り震えていた。

 男の言いたいことは、身に覚えがあった。人が襲われていても、焦りも憤怒も悲しみすら浮かんでこない。今も、彼らに対して憐憫を感じない。

 間をあけて、モモンガは話し出す。

「…俺だって同じですよ。人が襲われていても、助けようとは思いませんでした。むしろ敵がこちらに来ないことを願うばかりで…襲われていた子に対しても同じです。まるで虫同士の殺し合いというか、テレビで弱肉強食を眺めている感覚でした。映画のワンシーンだと、感心すらしていました」

たっちさんと目が合う。

「…私たちは、人間を同族ではないと判断しているのでしょうか?」

昆虫特有の眼には何体もスケルトンが移っている。…俺だ。人間ではないが、俺がそこにいる。

「…そうかもしれません。でも、人間でなくなったわけではありませんよ」

 ぎゅっと胸元のローブを掴む。肉体がなくなり、心臓も脳もないはずなのにモモンガは苦しかった。

「アンデッドは疲労無効なのに俺は疲れています。あのまま森にいるより、こうやってたっちさんと話している方が落ち着くし、楽だと感じている」

「私たちが元人間だったから…その感覚が残っているのではないでしょうか」

「元って…死んだわけではありませんよ」

「それは少なくとも、私に当てはまりません」

 一瞬何を言われたのか分からず、たっちをぼけっと眺めてしまった。

 彼は“人間に対する精神的な変化”を吐露するより、おかしなほど平凡な声で告白する。

 

 

「私は死んでいます」

 

 

「………は?」

「ちなみにウルベルトさんも亡くなっています。私の意識がはっきりしている内に死亡を確認したので、間違いありません」

 モモンガは眩暈に襲われた。

 

 仮想現実の現実化、そして異世界にきてしまったこと。

 自らの体がゲーム時代のアバターに変わったこと。

 さっきまで傍にいたパインは消えており、数年会っていなかったたっち・みーに会えたこと。

 身体と精神の劇的な変化。

 そして本人から聞かされる、たっちとウルベルトの訃報。

 

 一度に不可思議なことがおきすぎて、頭がパンクした。プシューと間抜けな音が脳内から発された気がする。そして精神の波が平らに戻される。便利だと思うが、ちょっとうっとうしくなってきた。

「モモンガさんはどうしてここに…?」

「俺は、死んだわけじゃないんです。ユグドラシルの最終日、パインさんと強制ログアウトを待っていたら、ここにいました」

「ユグドラシル最終日?それって八ヶ月後ですよね?」

「……………ちょうど日付が変わったので昨日のことですよ」

「えっ」

 

 難問が積み上がり山となる。

 俺たちはこれ以上、山を作らないために近状を話し合った。

 

 

 

 

【つづく】

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。