王様のいないナザリック   作:紅絹の木

6 / 17
ナザリック地下大墳墓側
ナザリックでは。


 プレイヤー名:パイン・ツリー。(女性)

 小説版、オーバーロードの世界に転生。

 小学校を卒業し、現在の会社に就職。

 ユグドラシルはサービス開始時からプレイしていた。異形種、スケルトンウォーリアーを軸に戦士系クラスを習得する。数年後、ギルド【アインズ・ウール・ゴウン】の前身であるクラン(集団)【ナインズ・オウン・ゴール】に加入した。

 さらに数年後、ユグドラシルにて“魔法少女イベント”が開催された際に“魔法少女”を習得、種族とクラスを変更する。

 

 ナインズ・オウン・ゴールに加入し、前世の記憶が本物であると確信する。

 それからサービス終了時まで、金貨の貯蓄と課金、アイテム収集を趣味とし、ユグドラシルをプレイ。

 前世で見た、自然をもう一度見るため。

 小説で読んだ、彼らと会うため。

 モモンガともっと遊びつくすために、パイン・ツリーは最後まで残った。

 

 そして大事件は起こった。

 

 

 

「モモンガさんがいない!?」

 ハァアンッ!?私にとって【ナザリック地下大墳墓より。ナマで魔王生活を応援する異世界生活(カオスモード)】が始まるっていうのに、魔王様が消えたってどういうこと!??

 あのね、モモンガさんは後に魔王様じゃなくて“魔導王様”と呼ばれることになるよ。原作読んだのが数十年前でもこれは覚えてるよ、やったー!

 そして、異世界にギルド拠点ごと転移した直後、魔導王様は、ここにいる黒髪サラサラ長髪美女で悪魔のアルベドさんの胸をもっみもみするよ!ウェブ版では、メイドにパンツ見せるように命令するよ!!!紳士淑女みんなが気になるネタバレすると、パンツの色は白だよ!!

 白やったー!

 

「どうなさいましたか、パイン・ツリー様」

 アルベドって綺麗な声だよね。あの時見ていたアニメと同じ声…だと思う。この日のために、NPCたちと話していた(ゲーム時代なので、人形に話しかけている状態だった)けど、聞いたのは数十年前だから、自信ないです。

「白…じゃなくて、モモンガさんがいなくなってるの…」

「モモンガ様でしたら、先ほど姿を御隠しになられました」

「姿を隠した?」

 たしか、ナザリックのNPCの間で使われる隠語だよね?なんて意味だっけ?

「はい。まるで転移を行われたように、瞬時に御姿が見えなくなられたこと。加えて、ナザリック地下大墳墓から至高の御方々に共通されます至高の輝きを感じられませんので、おそらく“姿を御隠しになられた”のだと愚考致します」

 つまり、ログアウトか。異世界の転移に合わせてログアウトは、やばくない?

 本当にいなかったら、誰がナザリックを運営していくんですかね?私ですか?そんなバカな。

 モモンガさんに電話するように、脳内で話しかける。

「(…モモンガさーん!聞こえますか?モモンガさーん!!)」

 私から見えない糸が出て、意識の中を彷徨う。どんどん先に伸びていくが、相手が見つからない。

 これ≪伝言≫(メッセージ)は発動できているけど、相手が見つからなくて繋がってないな。

 ギルマスに連絡がつかないので、現在ナザリックを動かせるのは私だけ。

 嘘だろ…?

 “モモンガさん不在でナザリックと世界征服”という可能性に背が凍った。

 ありえない、ありえない、信じたくない。

 アインズ・ウール・ゴウンの中でも“馬鹿”な私だけで、ナザリックを守れるワケがない。

 なら、ここはどうなるの?敵に攻められたら、ここにいるNPCたちはどうなるの?守れなかったら?決まってる。

 みんな、死ぬ。

 

 私の、せいで?

 奈落の底に落ちそうになったとき、大声で叫ぶ“私”がいた。

 

 ふざけるな、まだ決まったわけじゃない!!モモンガさんがいてくれたら大丈夫だもの!

「(でも、今はモモンガさんいないよ。私ひとりだよ…)」

 今はそうかもしれないけど、見つかるかもしれないでしょう!ナザリックにいなくても、こっち(異世界)側に一緒に来ているかもしれないじゃん!探さなきゃダメじゃん!

「あ、そうか」

 

 その可能性を忘れていた。そうだよ、希望はまだあります!

 ならば行動しましょう!

 とりあえず、守護者全員に“異世界に来たこと”“警備レベル上げること”“モモンガさん探索”について話し合いたいから、集まってもらおう。

「アルベド、今から各階層の守護者を集めてくれる?6階層の円形劇場(アンフィテアトルム)に集合させて欲しい。今から一時間後に来てね。アウラとマーレには私から伝えておくから、二人のことは気にしなくていいよ」

「かしこまりました、直ちに行動致します」

 恭しく膝をつく姿が、綺麗だ。私もこんな風に、魔導王様に跪拝したい。モモンガさんにとって、美しい所作の模範がデミウルゴスだった。

 ならば、私はアルベドを模範とし、恥ずかしくない自分になろう。

 パインは頷くと、次にセバスに命令した。

「セバスは、プレアデスの中から一人連れて……いや、取り消します」

 すでに、原作とは違う流れになっている。もしかしたら、セバスはナザリックの外で戦闘になるかもしれない。だったら、ユリたちじゃ戦力不足になる可能性もある。

 ―計画は用意周到であれば、確実に敵を殺せる。それはアインズ・ウール・ゴウンで学んだことだ。

 この世界のほとんどはレベルが低く、レベル30程度のザコが英雄級と人々に称された。

 もちろん例外はあり、ほとんど見かけないがレベル50以上もいる。そして、作中明確にはされていないが、レベル100と思われる強敵もいた。

 ナザリックで屈指の強さを誇るセバスでも、負ける可能性があることを考えると…ある程度強くて、レベル100同士の戦闘にも役立つ味方が必要か。…私の使い魔がちょうどいいかな。

「セバスはこの子たちと、地表部分を見てきてちょうだい」

 ぶっつけ本番、スキルはちゃんと使えるかな?

 

 私は、自らの内側に語りかけた――、

(出て来い)

 

≪使い魔召喚・上位≫

 スキルを唱える。体の中心に応える者がいた。

 それらは玉座の階段下、セバスたちがいる目の前に現れる。

 暗く淀み、心の底から恐怖を呼び起こそうとする真っ黒い沼。そこから這い上がったのは、一匹の巨大なカニだった。その胴体は、セバスの身長と同じくらいある。体は茹でられたように赤く、目は見たものの恐怖を呼び起こそうとする気配に満ちた黒だった。全身がとげとげしており、シオマネキと呼ばれる種類のように片方のハサミが異様にデカい。中肉中背の成人男性を一度に数人断ち切れそうな、凶悪な作りをしている。甲羅部分に一際目立つ、氷柱上の突起物が見えた。

 カニが完全に姿を現すと、沼は元からなかったかのように、消え失せたのだ。

 

 次に天上から物音がした。そして小さい何かが降ってくる。

 ―ネズミだ。炭のように黒い体、赤い月を連想させる目をしていた。体長10~15cmぐらいだろう、決して強くない―弱そうな―見た目をしているネズミは、カニの上に落ちようとしていた。このままでは、あの氷柱状の物で体を突き破られるだろう。しかし、そうはならなかった。ネズミは空中でくるりと体を回し、氷柱の上を“滑った”。まるで曲芸を見せられたようだ。普通ではありえない身のこなしをしながらも、その仕草はただのネズミだった。―強さを感じ取れない、妙な気味悪さが小さな生き物にはあった。

 

 そして空中に花弁が浮かび上がり、床に落ちず漂った。赤、ピンク、黄色、白、薄紫、だいだい…様々な花弁が密集し、膨らみ、弾けた。そこにいたのは、少女を模しただろう人形だった。髪は薄い桃色で、春を思わせる生命の喜びに満ちた輝く色だ。細かいフリルがあしらわれ、腹部に大きなリボンが飾られた膝丈のワンピースも桃色だ。髪を一つにまとめているリボンと、腹部の物は同じ赤い色をしている。膝下からは白いソックスを履いており、ショートブーツはプラチナの輝きを発している。それだけならば、ただの可愛らしい少女の恰好をさせた人形であった。この人形の皮膚…肌が見える顔などの部分がすべて、禍々しい闇だ。

 

 セバスはその人形の闇を目にすると、彼の創造主たっち・みーが去っていく瞬間がフラッシュバックした。固く目をつぶる。できることならば、あの日を思い出したくなかった。足元が崩れ落ちそうな危うい浮遊感が、セバスを襲う。

 他のNPCたちも同様に、困惑している。

 

 それに気づかず、パインは使い魔の召喚に成功し、軽い調子で言った。

「―うまくいった!セバス、この3体を連れて、ナザリックを中心とした半径1kmの地表部分を確認してきて欲しい。召喚した使い魔が消える前に戻って欲しいから…大体50分かな。そのぐらいで帰ってきて、私に直接報告すること。話ができる相手―知的生命体―と遭遇したら、できるだけ穏便に…ナザリックに連れてきてね。戦闘になった場合は、そこのネズミが隠密に長けてるから、そいつに情報を絶対に持ち帰らせて。あと、カニは防御が高く耐久性があるからタンク役になるよ。センパイ…女の子の人形は、回復と攻撃が得意よ。うまく連携してね」

「はっ、かしこまりました。しかし、パイン様自ら御創りいただいたしもべをお借りせずとも、ここにいるプレアデスたちでも任務をまっとうできるかと…」

 

 あー、やっぱりセバスたちNPCは、ギルドメンバーが召喚したNPCを自分たちより上に見ているのか。私としてはギルドメンバーが心を込めて創った、自分たちをもっと大事にして欲しい。

 そう考えながら喋ったため、気持ちが表面化した。

「プレアデスたちは、9階層で侵入者の警備についてほしい。それに、至高の存在が創ったシモベが尊いなら、このナザリックにおいて最も尊いシモベはセバスたちだと思うな。…お前たち、セバスがリーダーだ。従え」

 

 なんと、幸せな日だろうか。至高の御方から直接「尊い」と仰っていただけるなんて…。セバスは、視界が滲み、そっとハンカチを取り出した。隣から、押し殺せない嗚咽が聞こえてくる。アルベドは微笑みを絶やしていないが、翼がプルプルと震えていた。薄っすら頬も赤く染まっている気がする。

 皆の心が浮き上がる中、御方の声で目が覚めた。いつもより低く、威厳がある声で命令される。自分たちに下されたわけではないが、身を引き締める衝動に駆り立てられた。パイン様が御創りになられたシモベたちが、私に向かって姿勢を低くする。あの人形を見る。闇は身を潜め、ただ黒い肌がそこにはあった。力を抑えたのだろう。再び創造主との記憶が蘇ることはない。

「(これがパイン様の御力、そして御創りになられたシモベの実力…)」

 御方のシモベの能力に押された不甲斐ない我らを許し、気遣ってくれたのだ。なんと、お優しい御方だろう。至高の存在に感謝し、その恩に報いるため、より一層忠義に励むことを誓った。

 

 召喚した使い魔たちとの精神的なつながり…見えない絆を手繰り寄せる感じで、命令する。

 3体はそれぞれセバスの前に並び、姿勢を低くした。彼らにできる精一杯の敬意を表していることが、絆から伝わってくる。

「従うってさ。いいかな?」

「良いもなにも、我らは至高の御方の忠実なるシモベ。その御言葉に異議はございません。……出過ぎた真似をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。パイン様の御心遣い、心より感謝致します。その御恩に少しでも報いれるよう、このセバス、全身全霊をもって任務をまっとうさせていただきます!」

 目力すごい、やる気に満ち溢れてるよお!意気込みがすごく伝わってくる。その勢いに押されて、思わず後ろに引きかけた。

「あ、ありがとう」

 勢いあり過ぎて心配になる。でも水を差す真似はしたくないから、このまま進めちゃおうか。

「プレアデスたちはさっき言った通り、9階層で警備につくこと」

「かしこまりました、パイン様!」

 代表であるメガネ美人なユリ・アルファが返事をした。プレアデスたちもやる気に満ちている!

「では、行動開始!」

「「「承知致しました。我らが主よ!!!」」」

 

 深く頭をたれると、一斉に立ち上がり扉へと向かう。最後にアルベドが扉を閉めて、玉座の間が静まり返った。

 

 

 

 初回ながら、うまくNPCに指示できた気がするー!!

 やったー!モモンガさん、褒めてくれー!…あ、今いなかったや。

 

 束の間、達成感に包まれていたパインは、ある失態に気づいた。

 顔からあらゆる感情が削げ落ち、ガクリと崩れた。

 思い出したのだ。

 

「“素”だった」

 

 ユグドラシル時代と同じ感覚で、NPCたちと話してた。

 威厳がある支配者っぽい話し方なんて、一回もやってねえ。

 めっちゃ気さくに話してしまった…!

 

「…やってしまった!前言撤回します、モモンガさんごめんなさい!!」

 今からでもやるべき?それとも急なキャラ変更は、不信感を煽るだけだからやめとくべき?

 うんうん唸り、スポンジ脳みそをぎゅうぎゅうに絞ったが、どうすればいいかわからない。

 ただ、確信していることがある。

 例え、私が支配者らしくなくても、ナザリックは私を見捨てないだろう。

 そこまで考えたところで、ナザリックに相応しい主になろうと奮闘していたモモンガさんを思い出し、パインは自己嫌悪の航海に出た。

「見捨てられるかどうかの話じゃない。自分がどうなりたいか…ですよね。舐めたこと言って本当にごめんなさい」

 頑張らなくてはならない。

 この栄光あるナザリックのギルドメンバーの一人として。

 

「えーと、スキルは使えたから、私が使用できる能力は問題なく発揮できる。なら、守護者が集まるまでやっておくべきことは?」

 原作通り、レメトゲンの間にいる悪魔たちの動作確認?スタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウンがない私では動かせないよね?

 侵入者の警戒?それは外にいるセバスが、最も早く感知できるだろう。彼に与えたネズミは隠密もでき、索敵もそれなりにできる。音を拾うだけなら数kmの離れていても、知覚できる。大丈夫だろう。

 あとやっておきたいこと…ワールドアイテムだ!

「そうだ、外に出るメンバーにワールドアイテムを持たせたい!」

 ニグンを手に入れた後、漆黒聖典たちからアイテム奪いたい!…いや、これって今すぐに必要ではないな。

 でも、パンドラズ・アクターにモモンガさんがいないこと伝えておくべきだし。―そう、力を借りたいんですよ!アルベドに仲間として頼られる頭脳の持ち主だから、めっちゃ頭いいはず。第六階層に連れて行って、皆に紹介しよう。それで…パンドラならモモンガさんに気づくだろうし、モモンガさんも“モモン”の外装を使えばパンドラに…少なくともナザリックに気づいてくれると思うから。うん、パンドラに冒険者やらせよーっと!アルベドも行きたがるだろうけど、ナザリックの内政は君にしかできないから、残ってください…。ごめんね。お詫びに、モモンガさんの部屋に入っても何も言わないからね。モモンガさんにも内緒にしておくね。

「良い匂いがするって言ってたし…うん、ナザリックの未来は明るい。問題ない」

 結局、以前から考えていた【モモンガさんを説得して、初期からパンドラを参加させよう!】案が実行になった。…人の黒歴史を勝手に掘り出すって、ありえないよお。モモンガさんに相談したいけど、ご本人いないから仕方ないよね?…再会したら、謝ろう。そんで言い訳させてもらおう。

 あと、宝物殿をからっぽにできないから、あいつ呼んで警備させよう。

 

 …やることいっぱいだから、メモしとくか

 パインはアイテムボックスが無事に作動することを、確認した。

 

【つづく】

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。