王様のいないナザリック   作:紅絹の木

7 / 17
自作NPC

 パイン・ツリーが自作したNPCは、第5階層・氷河にいた。

 この階層は、かつて地球を襲った“氷河時代”を思い浮かべてくれれば、わかりやすいだろう。

 雪で覆われた真っ白な世界。常に激しい吹雪が吹いており、それに準ずるダメージ、スタミナの低下、移動速度の低下など。様々なバッドステータスが侵入者を襲う。

 対策をしていなければ、身動きが取れず、たちまち体力が0になってしまう階層だ。

 

 この階層には、階層守護者の住居、氷結牢獄、そして魔女の館がある。

 今回、用があるのは魔女の館だ。

 

 パイン・ツリーは玉座から、第5階層のある雪山に転移した。

 リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンで転移できて嬉しいが、それよりも眼前に広がる自然にくぎ付けになる。

 こちらのリアルでは失われた自然に、感動した。雪のサクサクという音。ゴオオオッと吠える吹雪。ずっと先に見える巨大な氷山は、自然の恐ろしさと雄大さを表しているようだ。例えデータでも、記憶の中の雪とよく似ている。この作り込み、作成担当をしたメンバーは本当にすごいと、改めてパインは感心した。

 

 そして身を縮める。

 寒冷地エリアの対策は元より、よく足を運ぶエリアなので必要なアイテムは装備している。

 しかしリアルになった第5階層は、とっても寒そうだった。

「さっむ。寒さを感じないけど、見た目が激しくて寒い」

 不思議な感じなのだが、体に吹雪が当たっても痛くなかった。綿が当たるような感覚で、決して痛覚を刺激するものではない。これがアイテムの力か!偉大だなァ!

 

 約20cm大の雪だるまを作ってから、雪山の中にある祠に入った。

 天然でできた洞窟っぽい見た目に、中央に館へ直接入れる転移門が設置されている。そして転移門を中心に円状に柱が6本置かれていた。柱には特に装飾はされていない、縦にまっすぐ何十本も筋が入れられているだけである。

 祠は観覧車一台が入れるぐらい天井が高い。その天井には、ライトブルーのクリスタルが素材にした大きなシャンデリアが下げられている。

 シャンデリアは自ら輝きを放ち、祠を淡い青色の光で照らしていた。

「(綺麗!あー、青い光のおかげで心が落ち着く…)」

 ちなみに、このシャンデリアは侵入者を撃退するアイテムである。

 シャンデリアの細かいクリスタル一つ一つが、氷属性のビームを打つ。侵入者に属性耐性があっても、凍結による動きの束縛、足元が氷り滑って動きにくくなるなど、他にもペナルティが敵を襲う。それら、すべてに耐性がなければ戦いにくくなる、ちょっと小賢しい罠だ。この罠がユグドラシルと同じく、アインズ・ウール・ゴウンのメンバーに対して作動しないことに安心した。パインはどうどうと足を進める。

 

 転移門は無人ではなく、常に2体のしもべに警備させている。

 数十体の虫系モンスターが日替わりで交代するため、アインズ・ウール・ゴウンの攻略掲示板にも記載されていないモンスターもいた。ここまで来る侵入者は少ないので、あまり情報が上がらないというのもある。

 今日は、腕が4本、足が2本のクワガタとカブトムシがいる。

 武器は装備していないので、格闘タイプかな?

 パインに気づき、顔だけをこちらに向けて凝視している。恐怖公も当てはまるけど、本当にこのタイプの異形種は、どういう体の作りになっているのだろう。

 傍に寄ると、2体は腰を低くした。

 

「これはパイン様、魔女の館入口へようこそいらっしゃいました」

 クワガタが話しかけてきた。

「こんばんは、ヘドラはいる?」

 あ、また素で喋っちゃった。ひえ、私って本当におバカ。

「はい、館にてグリーフキューブを生産されています」

「そう、ありがとう」

 お礼を言うと、ガチンと固い物同士がぶつかった音が反響した。

 クワガタが下顎を鳴らしたのだ。かわいい。

 威嚇じゃないよね?喜んで鳴らしたんだよね?

「至高の御方のご質問にお答えするのは当然でございます。ですから、そのようなお言葉は不要でございます」

 すっごい嬉しいけど、恐縮しちゃうらしい。萌える。でも、そう言われてもなー。

「教えてくれて、有り難いから。ありがとうって言いたい」

 …ハハッ!また素だよ。全然気をつけてないな、私。困ったな。

「急ぐから、またね」

 

 これ以上ボロを出さない内に、返事を待たず転移門に入った。

 一瞬、視界がすべて真っ白くなるが、すぐに終わってしまった。

 

 

 

 

 景色は変わり、パインは室内にいる。

 床は大理石、壁は木造である。室内には中央より奥に転移門を置き、対面に両扉がある。部屋の隅に一人用のソファと、傍に赤い薔薇が入った白い花瓶が置かれている。そして、壁一面ほど大きな絵画が目に入った。少女が花束を持ち、父と母と共に笑う姿が描かれていた。

「(リアルになると、この部屋はこんな感じになるのか…)」

 ゲームの時より、ちょっと薄暗い気がする。

 ゲームの世界が、現実になれば何かしら変化があるのか気になっていた。かつて仲間から“ナザリック地下大墳墓オタク”と呼ばれたパイン。今度すべての階層を見て回ろうと、心に決めた。

 それから、もう一つ決めていく。

「…ハッキリ、堂々と話すこと。言葉にしやすい丁寧語を使う」

 深く吸い込み、大きく吐き出す。浅く吸い込み、腕に力を込めた。

 

 両扉を開けると、大広間に入った。

 100体ほどなら問題なくシモベを配置できる広さがある。一番奥には結界が施された、縦3m横2mの両扉がある。2階建ての造りで、パインが立つ位置から、左右に二階へ続く階段があった。

 その階段の一番下、パインから見て左側に、館の雰囲気に合わない鉄制のゴミ箱があった。シルバーで円柱の、スタイリッシュなゴミ箱だ。実に、蹴り飛ばしたくなる。

 広間には仕事中のシモベたち―およそ20体―が、足を止め、パインを凝視している。

 すごいプレッシャーだ。あんまこっち見ないでほしい、緊張しちゃうよ。足を後ろに引きかけるが、目的を思い出してその場に踏みとどまる。

 広間にいるNPCを見渡す。ほとんどが虫系モンスター、ちらほらとメイドと男性使用人がいる。

 しかしお目当てのNPCはいない。

 まだ、奥の扉から戻ってきていないようだ。呼びに行くかと考えたところで、一体のメイドがこちらにやってきた。

 

 ナザリックにいる他のメイドと同じメイド服を着ている。エプロン部分が大きくスカート部分は長く落ち着いたもの。「メイド服は決戦兵器、メイド服は俺のすべて」と豪語した仲間が、原画を描き起こしただけあって、驚くほど精巧である。特にエプロン部分の刺繍は、舌を巻く。この細かすぎる刺繍をそのまま再現した、外装担当のメンバーは悲鳴を上げながら作ってたね…。

 まさに絶美と称賛されるべき作り込みだ。出来上がった時もそうだが、このメイド服を直に見れて嬉しい。

 そして、そのメイド服を着るメイドも、9、10階層に配置された美しいメイドたちと同じく、絶世の美女だ。

 こちらへやって来たメイドは、身長は約170cmで、華奢な印象だ。彼女は黒髪を片側にまとめ、耳の下から流している。名前は「クレンチ」。名づけ親は、餡ころもっちもちさんだ。

 ちなみに、魔女の館の食料は奥の扉にある畑ですべて作られている。なのでナザリックに悪い影響は一つもない。むしろ食料が必要な階層に、お裾分けしているぐらいだ。

 

「パイン様、ようこそいらっしゃいました」

「挨拶は、いい。ヘドラに用がある…あります。そろそろグリーフキューブ生産は終わるかしら」

 “毅然”とした態度を目指したけども上手くいかない。グッダグダやけど、やっていくことが肝心だと思うので、このまま支配者ロールやろうね。

「はい、もうすぐ終わるかと思われます。ヘドラ様の部屋でお待ちになられますか?」

「いいえ、迎えに行きます」

「かしこまりました。では、すぐに護衛の準備を致します」

 メイドの背後に、ザッと虫系モンスターが並ぶ。その数15体、この部屋にいたすべての虫系だ。今ここにいる戦闘系しもべを全員を出動させるとか、めっちゃ過保護じゃない?そんな鬼畜仕様にあの部屋を作ってないから大丈夫だよ。

「必要ない。大体…ヘドラだけでも倒せるように造ってあるもの」

「しかし、至高の御方が護衛もなく、あのような場所に行かれるのは…」

 庭に出る感覚だけど、襲ってくる敵がいるから心配なのね。心配してくれてありがとう。

 でも味方が多いと、動きづらいからねえ。

 

 再度、丁重に断ろうと口を開こうとして奥の扉が開いた。

 1体の神父姿の男が、5体の虫系モンスターを従えて現れた。

 男はある宗教の祭服にそっくりなローブを着込み、上着に付属するフードを目深く被っている。十字架が描かれているはずの場所が、アインズ・ウール・ゴウンのギルドサインに変わっていた。

 

 種族・二重の影(ドッペルゲンガー)、それがパインのNPCだ。

 名前は「ヘドラ・ファンタズマ」、髪も耳もないつるっとした卵型の頭部。顔はぽっかりと空いた空洞が3つ、目と口の位置に空いている。黒く塗りつぶした、それらしかない。眼球も鼻も唇も歯も、削ぎ落とされたようになくなっている。ドッペルゲンガーの姿そのままだ。

 数種類の外装を持ち、普段は複数の部下を連れて戦闘するため、指揮官のクラス・スキルを多数習得している。

 コマンダーやジェネラルなど指揮官クラスには軍服がよく似合う。しかし、あえて“祭服”を着せたのは私の趣味だ。聖職者の服って、きっちり隙なく着込み、信仰の尊厳さ、神聖さが滲み出て美しい。それがとても良い。

 

 趣味と性癖を混ぜて、パインにとってはリング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンと同じくらい使用頻度が高い“グリーフキューブ”の生産を任せたNPC。

 魔女の館を守護する“領域守護者”、使い魔の指揮系統を一切担う“結界の管理人”、魔女の特別な使い魔として創造されたNPCである。

 

 一歩一歩床の感触を確かめるように、ゆっくりとした動作でパインの方へ歩いてくる。

 緩やかで指先まで神経を張る所作は、非常に美しく。そして彼が着る祭服が、一連の動きをおごそかな雰囲気に昇華していた。

 

 ゲーム時でも、仲間たちが心を込めて創ってくれたヘドラはその見た目に反し、綺麗だった。

 現実では少し違う。

 綺麗で、圧倒される。

 作り物ではない、命ある動きが、何度も私を揺さぶるのだ。

 

 やがて充分な距離をとり、ヘドラはパインの眼前で頭を浅く下げた。

「ごきげんよう、我が創造主よ。ようこそ我が館へ、歓迎しよう」

 ぎゃあ!渋い声が埴輪顔と合ってないー!パンドラの高い声が記憶に刷り込まれているから、余計に違和感を感じる。ショックだ、でもカッコ良いいよ。

 ちょっと上から目線な感じなのは、そう話すように設定したからだ。

 私は全然気にならないけど、クレンチは眉を吊り上げている。何も言わないのは、ヘドラがそう創られた存在であることを、知っているからだろう。…彼女にとって、ストレスの多い職場ではないことを祈る。

 最初はびっくりしたけど、ヘドラの声は低めで深く渋い、耳に心地よく浸透していく素晴らしい声だと思う。(…正直に言おう、MGSのスネークの声だ。渋い声が好きなんだ)想像していた声の通り、ヘドラが喋っている。 

 ずっと聞きたかったNPCの声が聞けて嬉しい。胸に熱いものが、こみ上げる。あー、こっちに来てよかった。

「…まるで、はじめて出会ったころを思い出しますね。傍にはヘロヘロ様がいらっしゃったというのに、あなた様の目には、私しか存在していなかった」

 フフンと、片頬を上げている気がする。多分。こっちは胸もお腹も一杯だが、ヘドラは余裕があるらしい。

 “はじめて会った”は間違っていない。二次元と三次元の壁は大きいもの。

「そうなのかな。…これから宝物殿へ向かいます。付いてきなさい」

「御意。では、準備しよう」

 ヘドラはアイテムボックスから、毒無効など複数の効果が付与されたネックレスを取り出す。

 私もアイテムボックスを開き、モモンガさんから貰ったもう一つのリング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンをヘドラに渡す。これがないと、宝物殿に行けないんです。

 さあ行くぞ、と動く前に気になったので聞いてみよう。

「…ヘドラ。あなたがいない間、この領域は誰が守るの?」

「私の副官に配属されたレベル85以上のシモベが、指揮を執ります。そして規定通り、彼らだけでも戦えるように魔獣のレベルを下げます」

 なるほど。ゲーム時代に決めたことと、同じルールで動いているのか。

「…問題ないわね。行きましょう。じゃあね」

 皆、仕事中にお邪魔しました。またねー。

 転移するとき、その場にいたしもべたちが一斉に頭を下げたのを見た。

 重たい。

 

 

【つづく】

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。