【ラブライブ μ's物語 Vol.4】オレとつばさと、ときどきμ's ~Winning wings 外伝~   作:スターダイヤモンド

65 / 173
まさか…ね…

 

 

 

 

 

「私は、はるかがμ'sを応援するようになってから、一緒に見るようになって」

とめぐみ。

 

「ありがとうございます」

 

「中でも印象的だったのが、最終予選かな。白い世界から、パーってオレンジに染まっていく瞬間、なんだかわからないけど、泣きそうになっちゃって…」

 

「私も」

はるかが相槌を打つ。

 

「あの時は、アクアスターとして全国ライブをすることが決まった時で…」

 

「でも、私たちライブって経験がなくて、すごく不安を感じでた時期だったんだよね?」

 

「えっ?その前の年に、紅白歌合戦に出場されていたかと…。逆にあれだけのお客さんの前で歌っているのに、不安があるなど考えられないのですが」

 

「その時は3人だったし、勢いだけで歌ってた…って感じで」

 

「2人だけで単独ライブでしょ?3時間も体力もつかな…とか、お客さん飽きないかな…とか…ね?」

 

「うん。それで、μ'sのパフォーマンスを見て、ひとつヒントをもらった…っていうか」

 

「それはどういうことでしょうか?」

 

「演者が最高のパフォーマンスをするのはもちろんなんですけど、観客を満足させるのって、それだけじゃ足りないと思うんです。プラスαが必要なんです」

 

「プラスα…ですか?」

 

「生意気なことを言わせて頂くと、A-RISEもパフォーマンスは完璧だったと思います。じゃあ、勝敗を分けたものはなんだったのか…私はμ'sの方が、少しだけ観客を魅了する力が上回っていたんだと思うんです」

 

「観客を魅了する力…ですか?」

 

「上手く表現できませんけど…強いて言うな『熱さ』ですかね…。A-RISEは淡々と自分たちのパフォーマンスに終始したように見えたんです」

 

「それが悪いとは言わないですし…収録ならそれでいいと思うんですけど…」

はるかが、めぐみの言葉をフォローする。

 

「うん。でも、ライブだからね…。その点、μ'sには私たちの胸を打つ何があったと思うんです」

 

「それが、熱さ…ですか…」

 

「はい」

 

「確かに、私たちもA-RISEに勝ったという実感がなかったというか…。終わってから、穂乃果もA-RISEのツバサさんに訊かれたみたいですけど…。『何が勝敗をわけたのか。μ'sを突き動かしているのはなにか』と」

 

「なんだったんですか?」

 

「すぐには答えが出ませんでした。ですが、やがて気が付いたのです。私たちは自分たちの力だけで、ここまで来たのではないと。多くの方に助けられて、ここまでこれたのだと。それが感謝の気持ちとなり、私たちのパフォーマンスの原動力だったのです。」

 

「『みんなで叶える物語』…μ'sのキャッチフレーズですね」

 

「はい、よくご存じで」

 

「つまり、ライブで必要なこと…それは、いかに集まって頂いたファンの方々と一体になれるか…だと思うんです。それを、あの時μ'sが教えてくれたんです」

 

「私たちはただただ、夢中でしたけど…そう言って頂けるのは、嬉しいです」

 

「それから私は、μ'sの映像は全て観ましたよ。ジャンルは違っても、目指すことは一緒だと感じてましたし、何より、どの楽曲も素敵で」

 

「自分たちで、作詞作曲して、振り付けから、演出まで。同世代なのに凄いな…って。私もめぐみも、楽器は演奏できますけど、そこまで全部はこなせないですもの」

 

「だから、私たちがμ'sのファンだって言っても、全然不思議じゃないんですよ」

 

「恐れ入ります。ですが、私たちも、全部がひとりで担当していたわけではありますせん。作詞、作曲、振り付け、衣装、演出…分業制でしたので」

 

「園田さんは、作詞担当でしたよね?」

 

「はい。全ての曲ではありませんが。先程話題に出ました『愛してるばんざーい!』は、真姫が作りましたし」

 

 

 

「ね?そういう才能の塊の集まりだったんだよ、μ'sって」

 

それまで黙って話を聴いていたつばさが、高野に向かって言った。

 

「あ、この人『μ'sのミュ』の字も知らなかったらしくてね…私が『キミが助けた人は、こうこうこういう人だよ』って教えてあげても『誰?』みたいな」

 

「失礼ながら、そういうことには全く興味がなくて…。そんなに凄い人だったんだね」

 

 

 

「いえ、別に凄いなんてことは…。ただ、私個人がどうこうではなく、確かに集まったメンバーは最高の仲間でした。彼女たちに巡り逢えた私は、幸せ者だと思います」

 

この部屋に入ってから、海未は初めて力強い声で語った。

 

 

 

「あ、ごめんなさいね。2人を連れてきちゃって。迷惑だったかしら?」

 

「とんでもございません。私にそんなことを言える資格はありませんから…。ですが…何故、今日私が来ると」

 

「女の勘…ってやつ?」

 

「えっ?」

 

「冗談。この人のお母さんから聴いたの。今時、あんなに律儀な人は、珍しいって。だから、きっと今日も来る!って思ってた」

 

「律儀などでは…」

 

「それに、私も彼女たちも、園田さんと色々お話ししてみたかったの。もちろん、μ'sのファンだってこともあるんだけど、それ以外のことも…ね?」

 

つばさが、めぐみとはるかに同意を求めると、2人は『その通り』だと、二度三度と頷いた。

 

 

 

「あっ、そう言えば、私も昨日、つばささんに伝え忘れたことがありまして」

 

海未は右手を小さくあげて、発言の許可を得る。

 

「なにかしら?」

 

 

 

「μ'sの曲の中に『ユメノトビラ』という曲があるのですが…』

 

「知ってます!UTXの屋上で披露した曲ですよね?」

はるかが即答した。

 

「さ、さすがにお詳しいですね…」

 

「μ'sの中では、衣装も含めて少しタイプが違いまよね?振り付けも可愛らしくて、全体的にフェミニンな感じで」

 

「えぇ。実は私たち、一旦はラブライブの出場を諦めて、活動も休止したことがあったんです。ですが『もう一回頑張りましょう!』っていうことになり、合宿をして…その時にみんなでアイデアを出し合って作ったのが、あの曲なんです」

 

「それが凄いよね?私とはるかなんて、2人で話し合っても、何も生まれないもんね?」

 

「ね?」

 

2人はそう言ってケラケラと笑った。

 

 

 

「それでですね、作詞は私がしたのですが…最初のタイトルは『ユメノツバサ』だったんです」

 

 

 

「えっ?」

 

つばさ、はるか、めぐみがそれぞれ驚きの声をあげた。

 

 

 

「はい。無意識だったんですが…。完成して、見直している時に気付きまして、慌てて修正したんです」

 

 

 

「別に『ユメノツバサ』でも良かったんじゃない?」

 

「いえ、さすがにそういうワケには。それに『片仮名表記』で『ツバサ』としたならば『綺羅ツバサ』の名前がどうしても出てきてしまいますし」

 

「あぁ、それは確かにそうかも」

つばさはそれを聴いて笑った。

 

「ライバルですものね、A-RISEは」

 

「はい、はるかさん、その通りです。…ですから、昨日、夢野つばささんとお会いしたときは、ただならぬ『縁』のようなものを感じたのです」

 

「『縁』?」

 

「はい。先程、お二人がμ'sの事を語ってくださいましたが、当然ながら私もの皆様のことはよく存じております。特につばさんは、モデル時代から活躍されてらっしゃって」

 

「それほどでも…」

 

「一緒にモデルでコンビを組まれていた『浅倉さくら』さんが、私の友人の『南ことり』の遠縁だとのことで、まことに勝手ながら、私も身内のひとりみたいなつもりで見ておりまして」

 

「そうなんだってね。私もさくらからその話は聴いたわ。会ったことはないけど…って」

 

「そんなこともあって『AYA』さんが『夢野つばさ』さんになった時は本当にびっくりしましたし、そのインパクトが私の心の奥底にあったんだと思います。だから、無意識のうちに曲のタイトルに」

 

「うふっ…光栄ね」

 

「そんな方とまさか、こういう形でお逢いできるとは思っておりませんでした」

 

 

 

「へぇ…あるんだねぇ、そういうこと」

 

「運命っていうのかな?」

 

はるかとめぐみは、ちょっと大袈裟に騒ぎ立てた。

 

 

 

「どうなんでしょうか…。実は、もうひとつございまして…。こちらはいささか『こじつけ』ではあるのですが」

 

「はい?」

 

「私は非公式ではありますが『東條希』と『星空凛』と3人で『リリー ホワイト』というユニットを組んでいたのですが」

 

「リリーホワイト?」

 

「はい。それで高野さんのお名前が『梨里(りさと)』さん…あだ名が『リリ』と呼ばれているとお聴きしまして」

 

「『リリー』と『リリ』…。面白いわね」

 

「それはさすがに…こじつけだろ?」

と高野は笑った。

 

 

 

しかし、内心…

 

 

 

…いや、これが本当に運命で、そんな理由がオレたちを引き寄せたとしたら…

 

…親父、何者なんだ?って話だよ!…

 

 

 

…ってことは、彼女がオレの運命の人?…

 

 

 

20年間明かされていない自分の名前の由来に、常々疑問を持っていた高野。

 

そんなバカと思いつつ、もしかして…と、一瞬心が揺らいだのだった。

 

 

 

 

 

~つづく~

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。