【ラブライブ μ's物語 Vol.4】オレとつばさと、ときどきμ's ~Winning wings 外伝~   作:スターダイヤモンド

66 / 173
そして誰も…

 

 

 

 

 

「…ところで、高野さん、お具合はいかがでしょうか…」

 

 

 

高野は『いいように見える?』とさっきまでなら答えていたが、訊いてきたのは園田 海未だ。

 

さすがにそうはいかない。

 

冗談を真に受けそうだ。

 

「絶好調だよ」

と答えた。

 

 

 

それを見てクスッと笑ったのはつばさ。

 

『格好つけて…』と言いたげだ。

 

 

 

「ですが、先程、元気ではないと…」

 

「ウソ、ウソ!元気、元気!だって、この病室に『あの』水野めぐみと星野はるかがいるんだぜ。それだけでも驚きなのに、そこに園田さんみたいな美人が加わってるんだから、元気にならない方がおかしいでしょ!?」

 

 

 

「ひとり忘れてない?」

 

つばさはスッと左腕を、高野の眼前に差し出す。

 

指先はデコピンの発射準備がされていた。

 

 

 

「えっ?あっ!…も、もちろんチョモ…じゃない、夢野つばさも入ってるよ」

 

高野は慌てて一言付け足した。

 

 

 

「いやぁ、暑い、暑い!」

 

「ねぇ?窓、開けようか?」

 

 

 

「えっ?」

つばさと高野が同時に声をあげた。

 

 

 

「確かにさっき『照れなくてもいいですよ』…とは言いましたけど」

 

「そんな、見せつけなくてもいいじゃないですか」

 

「な、なに言ってるのよ、ふたりとも…。そんなつもりは…」

 

「あ、あぁ…そんなつもりは…なぁ?」

 

「う、うん」

 

「はい、はい。ごちそうさまです」

 

 

 

…!!…

 

 

 

めぐみのこの一言に『鈍感な』海未は、ようやく気付いた。

 

 

 

…高野さんとつばささんは…なるほど、そういう関係だったのですね…

 

…いえ、そんなことは、わかっていたハズですが…

 

…なんでしょう…

 

…この切ない感じは…

 

 

 

海未は少しだけ、キュッと胸が締め付けられたような気がした。

 

 

 

しかし、それはすぐ、彼女たちに掻き消される。

 

 

 

「やっぱり、私たち、来なかった方が良かったですかね?お邪魔みたいですし」

 

「ちょっと、めぐみ!」

 

「帰ろっか?」

 

「はるか!」

 

「じぁあ、失礼しま~す」

 

「高野さん、お大事に!」

 

アクアスターの2人は、揃って病室を出ようとする。

 

「待って、待って!」

と小走りにあとを追うつばさ。

 

 

 

めぐみとはるかが、その声に立ち止まると、つばさは勢い余って2人を巻き込みながら…そのまま『ドン!』と音を立てて、壁にぶつかった。

 

 

 

間、髪入れず病室のドアが開く。

 

「高野さん!!…のお見舞いの方々!…いくら個室だからって騒ぎ過ぎですよ!」

 

看護師は、人指し指を立て『お静かに』と示した。

 

 

 

「す、すみません…」

 

項垂(うなだ)れるシルフィード。

 

 

 

一瞬、静寂。

 

 

 

その沈黙を破ったのは、海未だった。

 

 

 

「ぷふっ!」

 

 

 

「園田さん?」

 

 

 

「はっ!す、すみません…。なんだか、今のお三方がとても可笑しくて。皆さん、大スターなのに、子供みたいだっものですから、つい…すみません…」

 

 

 

「良かった笑顔を見せてくれて」

 

 

 

「えっ?つばささん…今、なんと?」

 

 

 

「今日、ここに来て、初めて笑ってくれた」

 

「うん、うん。園田さんって、ステージの時にはあんなにイキイキとしてるのに、普段は物凄くストイックな人だ!…とは聴いていたけど…今も変わらないんですね」

 

「そのギャップが魅力なんでしょうけど」

 

「でも…思い詰めちゃダメですよ!…って、私が言う話じゃないか」

 

「はるかさん…めぐみさん…」

 

「そうそう、2人の言う通り。この人も暗い雰囲気なんか望んでないし」

 

「だけど、看護師さんに怒られるほど騒いでいいとは言ってないぞ!」

と高野。

 

「ふふふ…それはゴメン!謝るわ」

 

 

 

「ゴメンね、ゴメンねぇ!」

 

はるかが、突然、栃木弁をネタとする漫才師のギャグを口にした。

 

 

 

「…」

 

「…」

 

「…」

 

「…」

 

 

 

「ブフッ!」

 

再び、海未の笑い声が、部屋に訪れた静寂を切り裂いた。

 

それを皮切りに、めぐみが、つばさが…そして高野が笑いだす。

 

 

 

「ちょっと、園田さん!」

 

「す、すみません!急に静かになったものですから…」

 

「今のは、はるかが悪い!」

 

「私?」

 

「このタイミングで、そのギャグやる?」

 

「逆にあそこしかできないギャグでしょ?」

 

「だからって」

 

「うふふふふ…」

 

「園田さん?大丈夫?」

 

「は、はい…皆さん、面白いですね…ふふふふふ」

 

「ツボに入っちゃった?」

 

 

 

 

 

「高野さん!!…お・し・ず・か・に!」

 

再び看護師がドアを開けて、病室を覗き込む。

 

先程より、一段、表情が厳しくなっていた。

 

 

 

「すみませ~ん…」

 

病室の5人は囁くように、謝罪した。

 

 

 

それがまた可笑しくて、今度は全員が、声を圧し殺して、クスクスと笑った。

 

 

 

 

 

海未はこの空間に、少し『居心地の良さ』のようなものを感じ始めていた。

 

 

 

それはμ'sとして活動していた頃の、騒がしくもキラキラした時間に、一瞬戻ったような気がしたからだ。

 

今ではかなり落ち着いてしまったが、当時の凛やにこ、真姫は毎日のようにからかい、からかわれ、賑やかに1日を過ごしていた。

 

今、目の前で繰り広げられたのは、まさにそんな光景。

 

 

 

…第一線で活躍されてらっしゃるだけのことはありますね…

 

…私たちとはパワーが違います…

 

 

 

海未とつばさは同い年、めぐみとはるかはひとつ下のハズなのだが、すっかり隠居した老人が如く、心の中で呟いた。

 

 

 

シルフィードの3人となんとなく打ち解けた海未は、高野を交えてしばし雑談をして時間を過ごす。

 

 

 

 

 

どれくらい経っただろうか…

 

 

 

 

 

「そうだ!このあと、園田さんも一緒に壮行会に来ません?」

 

はるかは脈絡もなく、突如、そんなことを言い出した。

 

「えっ!?」

 

「あ、それナイスアイデアかも!別に構わないですよね?」

 

めぐみがつばさに伺いを立てると

「もちろん!」

と、二つ返事でOKを出した。

 

「ですが、ご迷惑では…」

 

「大丈夫ですよ。壮行会…って言っても、そんな大袈裟な話じゃなくて、3人で食事するだけですし…」

 

「場所は抑えてあるけど、別に料理とかは頼んでないので、今からでも全然問題ないですよ!」

 

「しかし…」

 

「遠慮はいらないわ。何か特別な用があるなら別だけど…」

 

「いえ、そういうわけでは…」

 

「実は、A-RISEも呼んでるんで…」

と言い掛けて、はるかは慌てて自分の口を、手で塞いだ。

 

しかし、時すでに遅し。

 

 

 

「えっ!?」

 

驚いたのは海未だけでなく、つばさもだった。

 

めぐみは少し呆れた顔で、はるかを見ている。

 

 

 

「はるか、そんな話聴いてないんだけど…」

 

「内緒の話だったんですけど…言っちゃった…」

 

「A-RISEが来るんですか?」

海未が訊く。

 

「誘ってはいるんですけど、来られるかどうかは…。収録が押さなければ、間に合うんじゃないかな?」

 

「そうですか…」

 

「…というのとで…つばささんは、聴かなかったことにしておいてください。それでA-RISEが来たら『え~、知らなかった!ありがとう』みたいな『てい』で」

 

「いやいや、それは無理があるって。私はさくらじゃないから、そんなお芝居はできないわよ」

 

「うう…」

 

「A-RISEですか…会えるのであれば、会ってみたいですね…」

 

「そうですよね!?」

 

はるかは、自分の失言に喰い付いてきた海未に『意を得たり!』と笑みをこぼす。

 

「はい…」

 

「…じゃあ、OKということで。まだまだ話し足りないから、続きはまたあとにしましょう!」

 

「本当によろしいのでしょうか?」

 

「どうぞ」

 

「ありがとうございます。では、お言葉に甘えて、ご一緒させて頂きます」

 

 

 

「…というわけで、そろそろ行くね…」

つばさが高野に声を掛ける。

 

 

「えっ?あ、あぁ…ご自由に」

と返答したものの、彼の表情は寂しそうだ。

 

「すみません、高野さん。お見舞いにきたハズだったのですが…」

 

「構わない、構わない。滅多にない機会なんだろうから、楽しんできてね」

 

「はい。あ、あの…ご迷惑でなければ、明日もお伺いさせて頂きます」

 

「迷惑ではないけど、無理はしなくていいよ。自分の生活を優先して」

 

「はい」

 

「じゃあ、行きましょうか!!」

 

 

 

はるかはツアーガイドのように『エアー』で旗を掲げると、お大事にと言い残し、病室を出ていった。

 

めぐみが…つばさが…そして最後に海未があとに続く。

 

海未は室内を振り返ると、深々とお辞儀をして、静かにドアを閉めた。

 

 

 

 

 

…うむ…

 

…祭りのあとの静けさとは、まさにこのことだな…

 

…夢のような時間が終わってしまった…

 

…身動きの取れないオレが、4人の美女に悪戯される…という展開を期待したんだが…

 

…世の中そんなに甘くないな…

 

 

 

高野は誰もいなくなった病室の中、ひとりベッドの上で、自分のバカさ加減に呆れ返ったのだった…。

 

 

 

 

 

~つづく~

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。