IS学園での物語   作:トッポの人

40 / 61
第40話

 怪我も治り、IS使用の解禁となった本日は午前中から授業で触れたのもあって、一日IS尽くしとなりそうだ。

 

「あれ、今日から訓練再開だっけ?」

「……そうなる」

「お、じゃあ放課後はアリーナに来るんだなっ」

「…………ああ」

 

 午前の授業も終わってロッカールームで着替えようとすると、人懐っこい笑みを浮かべながら一夏が話し掛けてきた。余程嬉しいのか顔だけじゃなく、声にまでそれが滲み出ている。

 

『いやぁ、イケメンは様になりますなぁ』

 

 そうかもしれないが、そういうの俺に向けられても本当に困る。箒か鈴に向けてくれ。

 

「ぼ、僕も! 僕も放課後お兄ちゃんと一緒になれて嬉しいよ!」

「ははっ。シャルルはお兄ちゃんっ子だなぁ」

 

 シャルもそんな一夏に何やら危機感を覚えたらしく、シャツを羽織っている途中で必死になって俺の左腕を引いてアピールしてくる。

 

 俺達しかいないけどそういうのやめて欲しい。あと何で一夏は微笑ましそうに見ているのか。お前適応力高過ぎるだろ。

 

「…………分かったから早く着替えるぞ」

「う、うん」

 

 言われて自分がまだシャツを羽織ったままなのに気付いたのか、少し頬を赤らめて着替えを再開。といっても、スーツの上に着ていくだけなので俺達より断然早い。

 

「あっ……」

 

 着替え終わってロッカーを閉めると同時、シャルから小さく声があがる。

 着替えているこちらを隠すつもりもなくじっと見てくるのは、見られてる側としては中々恥ずかしいものがある。しかも向こうは女子だと分かっている分、更に恥ずかしい。

 

「…………シャル、どうかしたか?」

「な、何でもないよ!? ぼ、僕外で待ってるね!」

 

 堪らず声を掛ければ脱兎の如く出ていってしまった。まぁ、男の裸なんて見せたらセクハラ言われても仕方ないからこっちの方がいいけど。

 

「なぁなぁ、前から聞きたかったんだけどさ」

「……何だ」

「お前らってホモなの?」

「ぶっ飛ばすぞ」

「えっ、戦ってる時ぐらい流暢じゃん……」

『今週のおまいうはここですか?』

 

 その一連のやり取りを見て、一夏からの一言。何かと思えばかなり心外なものだ。

 というか、お前には言われたくないという思いがあまりにも強すぎて普通に話せてしまった。

 

「じょ、冗談だよ。悪かったって」

「…………ならいい」

 

 一夏もまさかそこまで反応が来るとは思ってもいなかったのだろう。慌てて謝罪の言葉が飛び出す。

 カッとなってつい口にしたが、別に俺もそこまで引き摺るつもりもない。中断していた着替えを再開する事に。

 

「でも今日は箒もIS借りられたって言ってたし、久し振りに皆揃うな」

「……多分ボーデヴィッヒも来るぞ。いいのか?」

 

 少し気まずい空気を変えるべく、話題は放課後の訓練へ。そこへ一つ爆弾を落とした。黙っていてもいつかは分かってしまう事だ。なら先の方がいいだろう。

 そう、今日から再開するのは俺だけじゃない。セシリアもそうだが、ボーデヴィッヒもだ。

 この約二週間の付き合いであいつも悪いやつじゃないと分かり、一夏への敵対視もなくなったが、初日の事についての謝罪は未だ出来ていなかった。単純な話だがあいつなりに悩んでいるらしい。

 

「ん? いいんじゃないか? 人は多い方がいいだろ」

「…………気にしてないのか?」

 

 あれ以来揉めてはいないが、仲直りもしていない。だというのにこいつはそう言ってのけた。いつも通り明るく、あっけらかんと。

 

「まぁ、全く気にしてないと言えば嘘になるけどさ。でもおかげで強くなりたい理由をもう一度確認出来た」

「……そうか」

 

 俺も俺の家族を守る。そのために強くならなきゃ……だったか。以前、中止となったセシリア戦の前にピットで言っていた言葉だ。

 拳を握り締めて言う姿は改めて誓いを立てているようにも見える。強くなるという誓いを。

 

「……ふっ、ヒーローは大変だな」

「な、何だよ、ヒーローって……。茶化すなよ」

「……さっきのお返しだ」

「ぬぐ……」

 

 言われて自分が何を言っていたのか分かったのだろう。恥ずかしそうに顔を赤くする一夏だった。

 さて、ほぼ同時に二人とも着替え終わり、待っているであろうシャルの元へ行こうとしたところでまた一夏が話し出す。

 

「それにしてもラウラにも大した事ないって言えるとかお前って凄いよな」

「……別にボーデヴィッヒに言った訳じゃない」

「ぅん?」

 

 普通の生徒よりはISに触れているとは思うが、代表候補生の専用機持ちに向かってそんな大それた事言えるほど俺は偉くもない。

 そんな俺の言葉に目をしばたたかせながら首を傾げて、じゃあと再び訊ねてきた。

 

「じゃあ春人は何に対して大した事ないって言ってるんだ? ていうか何と比べてるんだ?」

「…………さぁな」

「えー、教えてくれよ」

「……嫌だ」

『教えなくていいのかにゃー?』

 

 いいんだよ、教えなくて。教えてもどうにもならないんだから。第一、言っても面白くないだろ。

 

 ある意味当然の質問だったが、適当に受け流すと今度はミコトからニヤニヤしたように訊いてくる。

 一夏も気になってしつこく訊いてくるし、少し軽率に答えたかもしれん。もう少し考えてから言わないと。

 

「……そんな事より早く食堂に行くぞ。人が込み合うのは好きじゃない」

「あれ? 聞いてないのか? 今日は皆で生徒会室行くって言ってたぞ」

 

 放っておけばいつまでも聞いてきそうなので、話題をこれから行く食堂に変えればそんな情報が。いつの間にか皆の間で話が決まっていたらしい。

 

「……そうか。行ってこい」

「いや、お前もだよ。皆で春人に弁当作るって息巻いてたんだから」

「…………俺に?」

 

 俺に弁当作るってどういう事?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一度教室に戻るとさっき言った通り、全員が弁当を作ってきていたらしく、それぞれ包みにくるまれた弁当箱を手に移動開始。

 そんなの知らされてなかった俺やボーデヴィッヒは何も持っていない。購買に買いにいったボーデヴィッヒはともかく、買わなくていいと言われた俺は皆とそのまま生徒会室へ。

 

「…………あの」

「何?」

「何ですか?」

 

 何も持っていない代わりに俺は左右の腕を簪とセシリアに抱えられていた。加えて背には布仏を抱えている状態。四方の内、三つ抑えられている。

 この状況をどうにかすべく、とりあえず声を掛けたものの、この上なく嬉しそうな二人に離れてくれなんて言えるはずもなかった。

 

「…………何でもないです」

「変なのっ」

「ええ、本当にっ」

 

 美少女ってのは得なもので、それが二人もの笑顔と弾む声を向けられれば、まぁこのままでもいいかと思えてくる。ただ柔らかな胸元に腕を引き寄せるのはやめて欲しい。

 

「ふふっ、何だ今の敬語は」

「……何だろう」

「お前は相変わらずだな」

 

 変に敬語だったのがおかしかったらしく、俺の斜め後方にいる箒もそう言ってにこやかに付いてくる。俺を見て何処か安心したような笑みを浮かべて。

 

 予定外の騒ぎがあったのもあって、こうして皆と行動するのも久し振りだ。謎の防衛網が敷かれていただけなのだが。

 そのおかげで協力してくれる人達とシャルを除けば基本的に一夏とボーデヴィッヒぐらいとしか会話していない。

 

「むー……!」

「まぁまぁ。皆暫く話してなかったんだから今ぐらいは譲ってやれって」

「いや、何であんたはそいつの気持ち理解してんのよ……」

 

 だが横目で見るとシャル的には何か不満なようで頬を膨らませてこっちを睨み付けてくる。そんなシャルに理解を示して宥める一夏と、二人を若干白い目で見ている鈴。何とも豪勢な面々で、何ともカオスな空間だった。

 

 途中で態々走って合流してきたボーデヴィッヒも加わると、一年生の専用機持ち全員集合である。

 

「今日はお客さんがたくさんねー」

「いらっしゃい。ほら、本音も手伝って」

「はーい」

 

 更に生徒会室に着くと更識会長と布仏先輩も加わり更なる大所帯へ。

 とりあえず用意されていた席に座るとやはり左右を簪とセシリアに固められる。

 

「……そういえばすまなかったな、セシリア」

「何がですか?」

「……謹慎期間にお前も巻き込んだだろう。本当に今更だがすまなかった」

「む、ぐっ……その、すまなかった……」

 

 俺の発言にボーデヴィッヒも苦い顔を浮かべる。何せ騒動を起こした張本人の一人だ。気まずくないはずがなかった。

 

 セシリアはそんなボーデヴィッヒと戦いはしたが、俺達の戦いに巻き込まれたから降りかかる火の粉を払ったに過ぎない。俺の中ではセシリアは被害者に位置している。

 謎の防衛網のおかげもあって中々謝るチャンスがなかったのだが、それでも遅すぎたのには変わらない。安い頭でも下げないよりはましだろう。

 

「……む」

 

 と、むにっと俺の鼻を突っついてきた。犯人は隣で柔らかく微笑むセシリアしかいない。

 

「あなたの傍にいると言いましたもの。傍にいるのにわたくしだけ罰を受けないのは不自然ではなくて?」

「…………それは」

「あまり一人で抱え込もうとしないでください。一人では辛く大変でも、二人でしたら同じ大変でも笑って出来るかもしれませんから」

「…………二人でも笑えなかったらどうする」

「それでしたら終わった後で笑いましょう。きっと楽しいですわっ」

 

 思わず口をついてでた意地悪な言葉にも、華が咲いたような笑みと共にそんな言葉を送られればもう降参するしかなかった。

 

「…………分かった。考えておく」

「はいっ。お願いします」

「はーい、それじゃあ楽しいお昼にしましょうか」

「「「はーい」」」

 

 更識会長の言葉を切っ掛けにそれぞれの包みを開いていく。包みの中には大半が二人分の弁当箱を持っていた。

 その一つを手に、まずは簪が俺へ差し出してくる。眩しい笑顔も添えて。

 

「はい、これ春人の分」

「……ありがとう」

 

 簪から貰った弁当箱は何とも女の子らしく可愛らしいもの。蓋を開ければ食欲をそそるおかずの他に、ご飯の上に桜でんぶで小さくハートマークが作られていた。

 

「「おおー」」

「その、が、頑張って作ったから……その……」

 

 そのハートマークを見て一夏と鈴から声があがる。一方、皆に見られて耳まで真っ赤にしている簪は恥ずかしさを堪えるようにスカートの裾を握り締めている。

 

「……ああ、美味しく食べるよ」

「っ、うんっ!」

「わ、わたくしも作りましたのよ!」

 

 何故か負けじとしているセシリアがバスケットを開くと、そこにはサンドイッチが綺麗に並べられているのだが……。

 

「…………甘い、匂い?」

「ええ、バニラエッセンスを入れてみましたの」

『おっと、ここで予告デッドボール』

「…………そうか。ありがとう」

 

 すまない、どう答えればいいのか分からない。だってどう見てもBLTサンドなんだ。バニラエッセンスが入る余地なんてなさそうなんだよ。

 

 周囲がドン引きする中、セシリアの致命的な弱点にどうしたものかと頭を悩ませていると次の刺客がやってきた。

 

「あ、あー、おほんおほんっ!」

「……ん?」

「ほ、ほら、私からもお弁当だ」

「…………あり、がとう?」

「何故疑問系なのだ」

 

 顔を赤らめて態とらしく咳をする箒に目を向ければまたもや弁当を渡される。想い人であるはずの一夏の前で堂々と。

 味は前回食べたのでその点に不安はない。だがこれはいいのかという思いが頭の中を駆け巡る。

 

『あー……これは皆で春人に女の子の良さを分からせる企画だから仕方ないんだよ。ちゃんと一夏には相談済みだってさ』

 

 そ、そうなのか……。いや、俺ずっと前から女の子に興味津々なんだけど……。

 でもとにかくすまん、一夏。ありがとう、箒。美味しく食べさせてもらう。

 

「僕もお兄ちゃんのために作ったんだよ!」

「…………そうか」

「む……?」

 

 ――――シャル。嬉しいんだけど、そろそろ自分が男の子だって設定を思い出そうか。

 

 事情を知っているメンバーと一夏、何かを思い出そうと頭を捻っているボーデヴィッヒを除く皆からの白い目など一切気にせず、シャルが俺に弁当箱を渡してくる。開けてみると確かに見た目からして美味しそうなのだが、状況が非常にまずい。

 

「あらあら、美しい兄妹愛ですこと」

「お嬢様……」

「…………茶化さないでください」

 

 扇子で緩んだ口元を隠しながらでも、時折聞こえてくるくすくすと小さな笑い声があっては隠してる意味がない。

 隣にいる布仏先輩もそんな更識会長に呆れて頭を抱えている状態だ。

 

「俺も作ってきたぞ!」

「「『えっ』」」

「えっ」

「むむむ……出てきそうで出てこない……」

「おーおいしそー」

 

 この中で俺以外に確定して男である一夏からも何故か弁当が渡される。

 その意外過ぎる行動はボーデヴィッヒと布仏以外の面々から変な声が出てしまうほど。更識会長に至っては動揺のあまり持っていた扇子を落としてしまった。 皆の反応に首を傾げる一夏。

 

 いやいや、何でだ。一夏、お前は何で作ってきたんだよ。俺に女の子の良さを分からせる企画じゃないのか。お前も参加してたんじゃないのか。アドバイザーとして。

 

「はっ! 分かったぞ!」

「……ん?」

「ふっふっふっ……!」

 

 その時、腕を組んでずっと頭を捻っていたボーデヴィッヒが漸く何かを思い出したらしく、得意気な顔をして薄く笑う。

 この二週間で何となく分かったが、こいつがこういう顔をする時は何か間違った事を言う前触れとして認識していた。

 

「…………何だ」

「櫻井春人、お前みたいなやつを両刀使いというのだろう?」

 

 やたら自信に満ち溢れた表情でどうだ、ときらりと瞳を輝かせて訴えかけてくるボーデヴィッヒ。

 

 いや、それは違っ……ぅん?

 

『間違ってるけどあってるね』

 

 前から知っていたが改めて突き付けられると辛い……! ていうか誰だ、ボーデヴィッヒに変な事を教えてるやつは!

 

「えっと、一夏? 何であんたも弁当作ってきたの?」

「えっ、皆で春人に作ろうって言ってたろ?」

「あー……そう……」

『あなたもそこにいるんですか?』

 

 俺以外の唯一の男子は代表して訊いてみた鈴の問い掛けに然も当然のように答える。もう俺には到底理解出来ない領域での話だった。辛うじて出た言葉から察するに鈴も同様らしい。

 

「と、ところでお兄ちゃんこんなに食べれるの?」

「……問題ない」

 

 シャルに言われて視線を落とすと、俺の前に広がるのは五つの弁当。一つを除いて女の子が作ったものだからか、サイズ的にはどれも可愛らしいもの。

 だが、それが四つもあるのに加えて一夏の弁当もある。なるほど、食いきれるかどうか不安になるのもしょうがない。

 

「……食事と休み時間は俺が一番輝く時だからな」

『ヒュー?』

「あんた、それカッコ良くないわよ」

 

 えっ、嘘やん。いっぱい食べる君が好きとかって嘘なのかよ。

 

『そんな事しなくても私は春人が好きだよ!』

 

 あ、ああ、そうなんだ……。

 

 《あなたに楽しい一時をお届け!》

 《ISがくえーん、レーイディオー!》

 

 そんなこんなを話しながら渡された弁当に舌鼓を打っていると、陽気な二人のパーソナリティによる校内放送が流れ始める。話の種とBGMにはちょうどいいかもしれない。

 

 《まずはお便りのコーナー!》

 《今日はO先生から「面倒になる前に読んでくれ」と言われた一通を最初に読もうと思います!》

「ぅん? 何か物騒な内容なのかしら?」

「さぁ……? 何でしょう?」

 

 面倒な事と言われて、俺以外の全員が放送に耳を傾ける。俺はというと、ただひたすらに弁当を貪っていた。和やかなお昼が崩れる前触れだとも知らずに。

 

 《えーと、レイディオネーム、恋するうさぎさん!》

『お?』

「っ!?」

「ほ、箒さん?」

「どうしたの?」

「い、いや、何でもないんだ。き、気にしすぎだな、うん」

 

 パーソナリティがメールに書かれていた名前を口にした瞬間、箒が勢いよくスピーカーの方へ振り向いた。

 あまりにも不審なその反応に皆の視線が箒へ。セシリアと簪が訊ねるも、何でもないと必死に自分に言い聞かせるように答える。

 

 《今まで好きな人は親友とその弟と可愛い妹ぐらいでしたが、少し前に初めて好きな人が出来ました。ちなみに最初の三人はライクで、彼はラヴです》

「っ!!?」

「ん? あれ? これって……?」

 

 ガタガタと箒が更に分かりやすく動揺する。どうやらこの投稿者に心当たりがあるらしい。

 いや、箒だけじゃなかった。一夏も心当たりがあるのか、その続きを注意深く聞くようにしている。

 まぁ、IS学園という狭いところでの話だ。匿名で分からないようにしているが、心当たりなんて幾らでも出てくるだろう。俺には検討もつかないが。

 

 《おお! 恋ばなですな!》

 《その人は大馬鹿で、優しくて、傍にいると暖かい気持ちにさせてくれる人です》

「「「…………」」」

「……んぐっ。何故俺を見る」

 

 何故かそこまで言うとほぼ全員がこっちを見てくる。その大半が白い目だ。今出されたヒントから俺に辿り着いたようだ。当たってるのなんて馬鹿ぐらいなのに。

 

「む? む?」

 

 そんな中、一人ボーデヴィッヒだけ皆に合わせているらしく、視線を俺と皆に行ったり来たり。分かっていないのは俺とこいつだけらしい。

 

 《私の都合で中々会えないので、好きになってもらおうと彼に電話するようになりました》

 《いいね、いいね!》

 《電話する前に今日はこれを話そうと決めてから電話するのですが……》

 《ですが?》

 《困った事に彼の声を聞くだけでその内容が何処かへ行ってしまうのです》

 《えぇ……》

 

 BGM代わりにこの放送を聞いているが、この投稿者は中々苦労しそうだ。

 初めて好きな人が出来たと言っている通り、恋愛面の経験値がかなり低いらしい。しかもあまり直接会えないとなればより一層苦労するだろう。だから相談しているのだろうが。

 

 《と、こんな私にアドバイスをください……だってさ!》

 《いいだろう!》

 

 少し低音で了承するパーソナリティ。さてさて、どういった答えを出すのやら。

 

 《とりあえず恋するうさぎさんには押しが足りない!》

 《あー、それ私も思いました。遠距離で片想いなんですからもっとぐいぐい行かないと!》

 《その通り! 押してダメなら押し倒すまで!》

「押してダメなら……」

「押し倒す……」

「……だから何でこっちを見る」

 

 えっ、何で皆が恋するうさぎさんへのアドバイスを呟いてるの? しかもこっちを見ながら。

 

 




本当ならおんぶされたのほほんさんが昔のドラえもんのOPを歌うとことか書こうと思ったんですがカット。

次回、やっとこさタッグトーナメントです。
それと多分次はもっと遅くなります。そろそろR指定書かないとなので。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。