チョイワルビッキーと一途な393   作:数多 命

97 / 141
残酷な結末

なお立ち上がろうともがく翼とクリス。

必死に足掻くその耳に、甲高い音が聞こえてくる。

 

「――――うおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!!!」

 

その中に混ざって聞こえる、勇ましい雄叫びは。

聞き覚えしかない、頼れる声。

飛び出した響は、振りかぶった拳をめいっぱい叩きつける。

上空で小型を吐き出していた大型は、重い重い一撃をもろに受けてしまい。

あわれ、赤い塵となって空に広がった。

 

「や、どーも」

 

雪崩れ込む塵をバックに、響が降り立つ。

 

「すっかり寝こけちゃったよ」

「・・・・まったくだ、寝坊助にもほどあんぞ」

「同感だ、おかげでどれほど苦労したことか」

「ごめんなさーい」

 

軽口を叩いている間に数歩進んだ響。

その立ち位置は、キャロルと向き合う形になる。

 

「状況は聞きました・・・・イグナイトでしたっけ?」

「ああ、試みて失敗して、このザマだ」

「最初にこけるほうが人間らしいじゃないですか」

「言ってくれる・・・・」

 

言葉を交わしつつ、目は敵から離さない。

現れた響を警戒するように、キャロルは両手の間にワイヤーを張っていた。

 

「ちょっと見ない間に大きくなって、とんだ成長期だねぇ?」

「は、折れた分際が怖気づいたか」

「あっはは!・・・・まさか」

 

口元を吊り上げて、徐に構えた響。

刹那、地面が少しばかり陥没して、姿が消える。

次に視認できた時、すでにキャロルへ肉薄していた。

 

「ッだあ!」

「ッ・・・・!」

 

穿たれる拳。

キャロルはワイヤーを張って受け止めるも、勢いを殺しきれずに後退する。

そこから響は、拳を軸に大回転。

首筋へ、容赦ない一撃をくらわせようとする。

だが、キャロルは間一髪のところでワイヤーを間に合わせた。

動きが止まったところへ、炎の陣を展開。

生み出した爆炎で、吹き飛ばした。

一度は熱に怯んで下がる響だったが、後退の意は見せない。

数度激しく回転することで炎を振り払うと、再び突撃。

飛び掛かってきたワイヤーを、今度はわざと腕に絡ませると。

力の限り引っ張った。

咄嗟のことで対応が遅れ、大きく体勢を崩すキャロル。

なされるがままに、響の下に引き寄せられてしまうが。

しかし、ここで簡単にやられるわけではない。

今度は手元に()()の陣。

風の陣が少量の雷を発生させれば、それらは当然ワイヤーを伝う。

 

「・・・・ッ」

 

もちろん気づいた響は手放そうとしたが、叶わない。

何事だと手元を見れば、降りた霜で固められた拳が。

その合間に、電撃が到達してしまい。

 

「ッがあああ!」

 

苦悶の声をあげながら見れば、キャロルがにやりと笑いながら手を開く。

そこには、風の陣に重なるようにして、水の陣が展開されていた。

 

「っは!!」

 

ダメ押しと言わんばかりに炎の陣を展開し、放つ。

今度はもろに火だるまとなった響が、ごろごろと仲間達の下に転がり戻った。

 

「立花!」

「おい、しっかりしろ!」

 

幸い炎の勢いはだいぶ弱まっており。

何とか立ち直った翼とクリスが、二人掛かりではたけば消火出来た。

 

「ひゃー、やっぱり太刀打ちできませんね」

「やっぱりイグナイトしかないか」

「ああ、それに・・・・」

 

立ち上がる響に手を貸しながら、翼は目を滑らせる。

依然、面白くなさそうに構えているだけのキャロルが、睨み返していた。

 

「どうやら、あちらもそれをご所望らしい」

 

追撃を放ってこない行動に、確信を持ちながら言い切った。

千変万化の錬金術に加え、無数のワイヤーを操るキャロル自身の技量。

こちらもその気にならなければならないほどの、強敵だ。

しかし、

 

「じゃあ、ご希望通りやってあげましょうかね」

「けど、あれは・・・・あの衝動は・・・・」

「一瞬でも気を抜けば、すべてを持っていかれる破壊衝動・・・・もし飲まれてしまえばどうなるか」

 

早速起動しようとする響とは違い。

一度失敗してしまったせいか、どこかためらいを見せる翼とクリス。

 

「臆病者、と笑われても、致し方ないのは分かっている・・・・」

 

響のわずかに戸惑いをはらんだ視線を受けて、翼は自嘲の笑みをこぼした。

クリスも、目に見えて顔を陰らせている。

そんな二人の様子を見た響は、ふと、嘲りのない笑みを浮かべて。

 

「――――ルナアタックのとき、翼さんは、こっちにおいでって言ってくれました」

 

『こうやって』と、手を差し出す。

 

「クリスちゃんも、フィーネさんのとこにいた頃。なんやかんや言いつつ手助けしてくれた」

 

それからクリスの手をつかむと、翼の手とまとめて握りしめる。

 

「――――嬉しかった。すごく、嬉しかったんだ」

 

そして、目を閉じた響は。

言葉の通り、幸せそうな、救われたような。

穏やかな笑みを浮かべた。

 

「だから今度は、わたしの番だって。ずっと思っていた・・・・今が、その時だ」

 

最後には、穏やかさから勇ましく変わった笑顔は。

強いまなざしで二人を見つめた。

 

「今度は一緒にやりましょう、わたしも含めた三人一緒に。もし二人になにかあったら、わたしが絶対に何とかする」

 

一気に言葉を放ったからか、ひと呼吸間をおいて。

 

「――――お願いします、わたしを、信じて」

 

まるで噛み締めるように。

一言一言を、絞り出した。

何の飾り気もないシンプルな言葉だったが、伝わるものはあったようだ。

不安げな表情から一変、雰囲気もまとめて一気に引き締まった二人は。

互いを見あって頷く。

 

「ところで聞くけど、その『何か』がお前にあった場合は、あたしらがやっていいんだよな」

「そうだな、頑丈な立花のことだ。気付けは盛大にやらねばなるまいて」

「うぇ!?ええと、お手柔らかに・・・・」

 

再び軽口を叩きあいながら、揃ってキャロルと向き合う三人。

迷いは、もうなかった。

 

「んじゃあ、ま」

「再戦と行こうではないか・・・・!」

 

揃って、胸元のギミックに手を伸ばす。

 

 

「「「――――イグナイトモジュールッ!!」」」

 

「「「――――抜剣ッ!!」」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆   ◆   ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざぶん、と。

水の中に放り出された。

いや、これ水じゃない、泥?沼?

どっちにしろ、あんまりよろしくないタイプの水だ。

何とか水面に浮かび上がれば、まとわりつくどろどろ。

うへぇ、これが『死んでる水』ってやつかぁ。

なんて考えてたら、どろどろに違和感。

いや、そんなのすぐに通り越して確認に変わる。

見れば案の定、わたしに縋る人、人、人。

もう覚えていない顔から、最近見た顔まで。

これも確かめるまでもない。

わたしが、今まで。

殺してきた人間達だ・・・・!

誰もかれもが恨んでいる。

生きているわたしを、糾弾している。

・・・・心の闇を増幅させる、ダインスレイフの欠片を使っているからだろう。

いつもなら振り払える怨嗟が、ひどく、重く、圧し掛かってくる。

あっという間に連れ戻されて、口に水が大量に流れ込んでくる。

幻、と理解していても、息苦しさをはっきり感じて仕方がない。

引き込む力は、時間が経つほどに強くなってくる。

頭が、意識が、濁ってくる。

一瞬、引きずり込まれそうになって。

 

「―――――――ッ!!!!」

 

何とか、持ち直す。

思いっきり息を吐き出して、見上げる。

濁った水面のその向こう。

ぼんやりと光が見えた。

 

「――――ッ」

 

掴みかかってくる手を踏みつけて、一気に浮かび上がる。

――――罪からは逃げられない。

分かっている、確認するまでもない。

だとしても、だからこそ。

『こんなこと』にかまっている暇はない。

未来と二人だけだったあの頃とは、独りぼっちだったあの頃とは。

もう何もかもが違うんだから。

信じてくれている人達がいる、待っている人達がいる。

だから、今は。

こんなのにかまっている暇はない・・・・!

 

「戻らなきゃ、戻るんだ・・・・!」

 

こんなわたしを、受け入れてくれた人達のところへ。

わたしが必要だって、言ってくれる人達のところへ。

一瞬でも、一秒でも早く・・・・!

追いすがってくる手を振り払う、またはもう一度踏みつけて。

もっともっと浮上する。

水面までもう少し。

あと少し・・・・!

ほら、もう一息で、指が――――

 

「――――おねえちゃん」

 

――――凍る。

背筋が、体が、思考が。

凍る。

 

「――――だいっきらい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆   ◆   ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「――――グオオオオオオオオオオオオオオオオッッッ!!!!」

 

どっと、吹き荒れる怨念。

イグナイトを今度こそ成功させた翼とクリスが見たのは、天に向かって咆哮を上げる響。

顔の左側が、まるで浸食されたように黒く染まっており。

その中で、真っ赤な目が爛々と輝いている。

纏っているギアもまた、はっきり変化の現れたイグナイトと違い。

要所要所が黒く染まっただけの、簡素なもの。

 

「失敗か!?」

「立花、聞こえるか!?立花!!」

 

すわ、危惧していた事態かと身構える二人。

一方の響は、やがて咆哮をつぼめるように唸り始めると。

踏み込んで、突撃する。

――――ばら撒かれた、アルカノイズへと。

抉るように複数体を殴り飛ばした響は、促すように振り向く。

たったそれだけで正気を悟った二人は、互いを見あって突っ込んでいく。

 

 

 

 

 

「何が起こっている!?」

 

S.O.N.G.指令室。

弦十郎は、響のみに起こった明らかな違いに困惑していた。

モニターには装者三人分の、イグナイトのタイムリミットが表示されていたが。

翼とクリスが同じく999秒から始まったのに対し、響だけが圧倒的に短い99秒からのスタートとなっていた。

 

「おそらく、イグナイトが不完全な状態で発動したのではないかと」

「いわばパンクした自転車を無理やり運転しているような状態。システムもそれを分かっているから、カウントを短く設定したんでしょう」

 

そこへエルフナインが解説を入れ、了子が補足を付け加えた。

未来も一緒に見守るモニターでは、吠えながら敵を一掃していく響の姿。

 

「敵・味方の判別ができるのが、唯一の救いね・・・・」

 

了子がぼやく間にも、戦況は変化していく。

 

 

 

 

 

 

「ッ貴様・・・・!」

 

気に食わない、と言いたげな顔を崩さないキャロル。

さらにアルカノイズの結晶を取り出して、ばら撒いていく。

 

『アルカノイズの総数、3000ッ!!!』

「ッガアアアアアアアアア!!!!」

 

『たかだか三千』と言わんばかりに雄叫びを上げる響。

攻撃の苛烈さと勇猛さを、もう一段階引き上げる。

殴って、蹴って、ちぎって、投げて。

暴力という暴力をぶつけるさまは、まさに狂戦士(バーサーカー)

 

「ア"ア"ア"ア"アアアアアアッ!!」

 

一際強く殴打すれば、有り余る衝撃が砲弾のように飛ぶ。

通り過ぎた後は、まるでモーゼのようにすっきりしていた。

 

「ガアアアアアッ!!」

 

ここで両腕を大きく引く。

籠手が激しく回転を始め、いつかの様な二つの暴風を生み出す。

 

「ゥオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!!!」

 

それを見ずに確かめた響。

キャロルまでの一本道を、猛然と爆走し始める。

 

「立花!」

「こいつも持ってけッ!!」

 

途中、翼が剣を、クリスが結晶を放ち。

暴風と混ぜ合わせて、さらに凶暴さを底上げする。

当然見ているだけのキャロルではない。

まずアルカノイズをぶつけ、次に錬金術を放ち、とどめにワイヤーで絡めとる。

しかし、ノイズは轢き潰され、錬金術では一切怯まず。

ワイヤーはさすがに一度足を止めたが、力づくで引きちぎって振りほどいた。

 

「ぐ、っくぅ・・・・!?」

 

その呆れるほどの馬鹿力に、キャロルが驚愕する間もなく。

響は、懐へ躍り出て。

 

「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッ!!!!!」

 

暴風を、キャロルの胴体へ。

力強く、叩きつけた。

一瞬の沈黙、刹那。

風と、刃と、火薬。

響が運んできたすべてが、キャロルを蹂躙しつくして。

ファウストローブを引きはがされた、小さな体を。

木の葉のように、高く、高く、吹き飛ばした。

 

「――――ぁ、はあ、あ」

 

キャロルが地面に叩きつけられるのを見送った響は、崩れるように膝をつく。

強制終了に近い形でイグナイトが解除され、負荷が疲労となって襲い掛かってきた。

 

「はあ、はあ、はあ、はあ、は、はっ・・・・!」

「おい、大丈夫か!?」

 

響の息は荒い。

頬を伝う汗が、土砂降りの雨の様に地面に零れ落ちる。

同じくイグナイトを解除したクリスが気遣うも、首を振る余裕すらなかった。

しばらく苦しそうに呼吸を続けていた響は、ふと。

徐に立ち上がると、よたよた歩きだす。

おぼつかない足取りで向かったのは、キャロルの下。

彼女も彼女でダメージが大きいようで、弱弱しくも敵意に満ちた目で、響を見上げるだけだった。

睨む視線をしばらく浴びていた響は、やがて呟くように問いかける。

 

「――――君はどうして、世界を壊そうとするの?」

「・・・・聞いて、どうする」

 

吐き捨てるような返事に、一度閉口した響は。

また口を開く。

 

「・・・・わからない、わからないけど」

 

伏せられる目。

もう一度見開けば、ほんの少し『強い』視線。

 

「理由もわからないまま戦うのは、もういやだ」

 

間髪入れずに、続ける。

 

「初めて会ったあの時、キャロルちゃん泣いてたよね?なんで?」

「・・・・ッ!!」

 

響が、そう切り出した途端。

キャロルに明らかな動揺が走った。

初めは呆然と、やがて憎らし気に睨みつけたキャロルは。

 

「――――教えるものか」

 

吐き捨てるように、拒絶を告げた。

 

「お前に告げることがあるとしたら、それは」

 

やまない敵意に肩を落とす響へ、これ見よがしに口を開いて。

 

「――――お前の手は、依然殺戮しか出来ぬということだけだ」

 

言い切るや否や、音を立てて歯を鳴らす。

いや、奥歯に仕込まれた自決用の術式を発動させる。

 

「き、キャロルちゃ・・・・!」

 

ふっつり倒れこんだ体を、響が抱き起そうとすれば。

その異常な熱さに、思わず手を離した。

困惑する目の前で、キャロルの体があっという間に炎に包まれる。

 

「・・・・もう殺さなくていいと、思っていた」

 

緑の炎の中、とっくに灰燼となったキャロルを見下ろしながら。

響が、か細い声を出す。

 

「これ以上、罪を重ねなくていいと思っていた・・・・だけど」

 

俯く。

翼とクリスが見ているその背中は、とてもか弱く頼りない。

 

「それは、思い上がりだったのかな・・・・?」

 

――――問いかけの重みが、分かっていたから。

誰も彼もが、否定も肯定もできなかった。




簡単にイグナイトさせへんで(ゲスの笑み)

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。