今日のカルデア   作:大神 龍
<< 前の話 次の話 >>

651 / 786
久しぶりの長時間トークだったよ(全盛期の半分未満じゃないですか)

「ふはは! 指示されるというのも面白いものだな!」

「久しぶりの戦いだったが……いや、まさかやられるとは思わなかったね」

「ん~、久しぶりに王の話をしたね。いや、まさか久しぶりのトークがあんなに長くなるなんてね」

「なに言ってるんですか。まだ短い方でしょう? 最長のときの半分にも満たないじゃないですか」

 

 楽しそうに笑う始皇帝と、遠い目をするホームズ。

 マーリンは喉の調子を気にしているが、玉藻はそれを見てため息を吐いていた。

 

「いやいや、流石に突然話をしろと言われて、一年近く話してないのにずっと話続けられる程の喉はしてないよ」

「そうですか。まぁ、喉がやられても治してやりますのでずっと話続けてくださいまし」

「君もずいぶんと悪魔じみてるよね」

「いえいえ。貴方ほどではないかと」

 

 不適に微笑む玉藻と、頬を引き吊らせるマーリン。

 

「いやしかし、まだ朕の力が通用するようで良かった。もしかしたら通じないのではと思ったが、杞憂だったようだな」

「ハハハ。始皇帝の力が通じないのに私が駆り出させるわけありませんよ」

「そうか? うむ、まぁこれからも手伝うとしよう。まずはもう少し技術部の技術を手に入れないとだな」

 

 始皇帝はそう言うと、考え込む。

 そして、そんな四人を遠くから見ていたエウリュアレとマシュは、

 

「なんというか、呼ばれたは良いけどなにもしないで終わったわね……」

「ですね……というか、いつも後ろなのですが。私のアイデンティティーも始皇帝さんにほとんど取られたんですが」

「いえ、そこまでじゃないと思うのだけど……宝具打たないとターゲット集中無いし、無敵もないし」

「そうですね……チャージ減少にスタン、NP獲得が出来ますしね……あれ、私より優秀なんじゃ……?」

「まぁ、それ以上は考えちゃダメよ。少なくとも、マシュは確実に二回までは防衛できるじゃない。そこは適材適所ってやつよ」

「そ、そうですか……でも、やっぱり前の方と比べると……」

 

 マシュがそう言うと、エウリュアレはため息を吐き、

 

「それはそれ。これはこれ、よ。あまり比べるものでもないと思うの。だって、それを言うと、男性相手なら私だけど、それ以外と考えると、弓王の方が優秀じゃない?」

「まぁ、それはそうですが……」

「でしょう? だから、マシュにはマシュの出来ることが。他には他の出来ることがあって……そして、特になにも考えず編成するのが私たちのマスターよ」

「あ、そこに繋げるんですね。なるほど」

 

 結論は、やっぱりマスターは何も考えてないだろう。というところに落ち着いたのだった。




 高難易度は強かった……でも、朕が強かった……流石朕!

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。