ONE PIECE~重力の魔人~   作:ネコガミ
<< 前の話 次の話 >>

140 / 161
本日投稿4話目です


第137話

「くっ!」

「あぁぁぁああああ!!」

 

シュウと黒ひげの意地を張った近距離戦

 

黒ひげの覇気を纏った拳はシュウに確実にダメージを与えていく

 

シュウの剣による傷はダメージ以上に黒ひげの精神を削っていく

 

互いに一歩も引かない戦いが続いていく

 

「…ぐっ、ゼハハハハ!温い温い!」

 

黒ひげは耐え難い痛みに脂汗を流しながらもシュウを殴り飛ばす

 

殴り飛ばされたシュウは一瞬膝を震えさせるが堪えて剣の一撃を返す

 

「うっ!?…がぁぁああああああ!!」

 

幾度も斬られる痛みに黒ひげの意識が遠退きかけるが、黒ひげは傷を武装色の覇気を

用いて無理矢理塞いでシュウに拳を返す

 

どれほどこの攻防を繰り返しただろうか…

 

甲板には打撃音と斬撃音が交互に響き渡る

 

そんな攻防も終わりを迎える

 

黒ひげの拳のダメージにより、シュウの反撃が一呼吸遅れたのだ

 

経験故か、はたまた本能か

 

黒ひげはシュウを掴んでいた右手を離し、両拳でシュウを打撃していく

 

シュウは黒ひげの拳により左右に何度も弾かれる

 

だが、黒ひげを見据える目には強い光が宿り続けている

 

黒ひげの拳に弾かれる中で、シュウは両手で剣を握りしめる

 

そして、幾度目かの拳に弾かれる前に、ワームホールを開いてそこに飛び込み転移をした

 

「ちっ!」

 

拳が空を切った黒ひげは、舌打ちを1つすると直ぐに構える

 

背後に転移をしてきたシュウを黒ひげが迎撃をしようとする

 

すると、シュウは能力の重力球を黒ひげに飛ばす

 

これまでの攻防でシュウは剣による攻撃のみを使用してきた

 

そして、能力は転移のみを見せてきたのだ

 

その布石が黒ひげに一瞬の硬直を作り出す

 

だが、黒ひげもこの海を生き抜いてきた猛者である

 

黒ひげは武装色の覇気を纏わせた拳で重力球を打ち消す

 

そして、黒ひげが重力球を拳で打ち消す瞬間にシュウが踏み込む

 

ザンッ!

 

黒ひげの身体に袈裟懸けの傷が走る

 

そして、傷から血が吹き出すと同時に黒ひげは後ろに倒れたのだった

 

 

 

 

勝った!

 

シュウが勝ったわ!

 

シュウがダメージにより少しふらつきながらも黒ひげに近づいていく

 

トドメを刺すつもりね

 

「…ゼハハハハ!やるじゃねぇか!」

 

うそっ!?あの傷でまだ意識があるの!?

 

どんな精神力をしているのよ!?

 

「能力への習熟度…それが貴方の敗因ですね」

「ゼハハハハ!何を勝った気でいやがる!俺様はまだ終わっちゃいねぇぜ!」

 

黒ひげはそう言うけど倒れたままでいる

 

「何か言い残す事はありますか?」

「ゼハハハハ!温いなぁ…シラカワ!」

 

黒ひげがそう言うと、シュウは舌打ちを1つして消えて見える程の速さで動き出す

 

そして…

 

パンッ!

 

わたしの耳に響いたのは乾いた銃声

 

そして、わたしの前に立って血を流すシュウの後ろ姿だった

 

 

 

 

「シュウ!?」

 

ナミの声が背中越しに聞こえる

 

よかった…どうやら無事なようですね

 

「ゼハハハハ!女を守るとは殊勝な行動だな!」

 

倒れている黒ひげの元に、黒ひげの船から出てきた者達が近づいていく

 

そして、黒ひげに肩を貸すとゆっくりと自分達の船へと戻っていく

 

「俺様にトドメを刺しにきてもいいぜ?その女が撃たれてもいいならな!ゼハハハハ!」

 

ここで黒ひげを仕止められないのは残念だが、ナミの命には変えられない

 

通常の銃弾ならば湾曲フィールドで防げるが、武装色を纏わせたあの銃弾は危うい

 

…此処までですね

 

そんな私の雰囲気を察したのか、黒ひげはダメージを感じさせない笑みを見せる

 

「勝負は預けとくぜ、シラカワ!」

 

そう言って黒ひげとその一味は、黒ひげの特徴的な笑い声と共に去っていく

 

そして黒ひげ達が去った後、私は疲労とダメージが限界に達し甲板に膝をつくのだった




次の投稿は15:00の予定です







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。