荀シン(何故か変換できない)が恋姫的世界で奮闘するようです   作:なんやかんや

5 / 29
転生チート知識おねだんなんと100万銭

さて、袁紹の下で雑務を行うことになった友若であるが、当初全くといっていいほど仕事ができなかった。

当たり前である。

学業を途中で投げ出した上に、数年の間遊び耽っていた友若。彼の脳みそは転生チート知識でも挽回が効かないレベルで腐りきっていた。

一応、WAFUKUやKIMONOのデザインに友若はその脳細胞をフル活用していたが、そんな経験が下っ端仕事とは言え、行政に役立つわけがない。

田豊によって袁紹の下に集った元清流派達の風あたりが強くなった状況において、友若の仕事の出来なさは致命的だった。

この程度の仕事ができない様ではクビにされても文句は言えない。

服職人として雇われたはずの友若であるが、妹の名声のために彼をただの服職人として扱うことが袁紹達にはできなかったのである。

友若は妹を恨んだ。

荀彧は普通に頑張っているだけである。

血縁関係上にある友若が迷惑を被っているとはいえ、彼が妹を恨むのは筋違いもいいところだった。

というか、友若の方が妹や家族に対して非があるはずだが、友若の頭は都合の悪いことを思考の外に追いやっていた。

 

ともかく、友若は何らかの成果を上げなければならないと焦っていた。

現状のままでは給金が少なすぎたのである。

金を貯めるために友若は将来潰れると思っている袁紹の下に赴いたのである。

低賃金しかないというのなら何のために快適な洛陽を離れたのか分からなかった。

ちなみに、友若が洛陽を去る決心をした最大の理由は妹から逃れたい一心であったが。

 

幸いにして、冀州へ来てから親交のあった許攸や審配、張バクといった面々の協力によって友若はノルマを達成していた。

しかしながら、持ち前の才覚を発揮して順調に出世していく彼女たちと異なり、友若は何時までも下っ端のままだった。

彼女たちと飲みに行った際、友若は愚痴りに愚痴った。

 

「妹の所為で散々だ。何なんだよ、俺は清流派とか知らねえぞ。加わったこともない連中のメンバーにいつの間にかされているとかどうなってるんだよ。詐欺か、これは何かの詐欺なのか。畜生め」

「あっはっはっはっは。災難やなー」

「怜香、友若の事は貴方にも大分責任があると思うのだけれど」

「そうね。怜香、貴方のせいで私が友若に頼んでいた新しいMIKOFUKUの話が無期延期になったのよ。田豊に一泡食わせたいからといって、勝手に巻き込まれた友若にしてみればとんだ災難だわ」

「えー? でもあのクソジジイに一方的にやられたままなんて悔しいやんか」

「だからと言ってそこに他人を巻き込むのはどうかと思うの。少しは反省したらどうなのかしら」

「そうよ、私のMIKOFUKU、どうしてくれるのよ? 紙面上でのデザインはかなり良かったし、相当期待していたのよ!」

「そうだそうだ、子遠さんや孟卓の言う通りだ。謝罪と賠償を請求する」

「お、それはうちに体で払えっちゅうことか?」

「……仕事手伝って下さい」

「……友若、貴方もどうしてそんなに情けない有様なのかしら」

「と言うか昔は荀家には優秀な長男がいるとか聞いていたのよね。と言うか、友若は優秀だって言う噂を聞いていたのだけれど? 貴方それを否定しなかったわよね。まあ、服のセンスは認めるけど、もう少しどうにかならないの?」

「うちが言うのもなんやけど、もう少し何とかならないんか? 下っ端仕事なんて対したことないで」

「いや、まあ、日々の仕事なら何とか慣れたけど……給料を上げたいんでもう少しでかい仕事をしたいなあ、と」

「友若……」

「身の程知らずは身を滅ぼすわよ。できることからやって行きなさい。日々切磋琢磨すれば自ずと周りにも認められるようになるわ。物分かりはいいんだから地道にやるのが一番よ」

「そうそう、地道が一番や」

 

審配達が友若を諌める。

だが、友若は焦っていたのである。

下積みなど友若には興味がなかった。兎に角手っ取り早く稼ぎたかったのである。

そのためにはやはり商売だ、WAFUKUだ、と友若は思っている。

しかし、冀州で呉服屋を営むにしても準備金は必要だった。

冀州で黄巾の乱まで金を稼ぐとしても、無駄な下積みなんかに時間を欠けている暇などないと友若は考えていた。

 

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ここらへんに友若の勘違いというか、欠点がある。

友若は行動に対してすぐにでもリターンが欲しくてたまらないのだ。待つことができないのである。

例えば、実家で友若がそろばんを作った時に、それが受け入れられなかったのもその辺に理由がある。

そろばんは確かに熟練者が使えば素早く正確に計算が出来る。

しかし、逆に言えば、そろばんをまともに使うためにはランニングコストを払わなければならない。

前世ではそろばんなどやったこともなかった友若がものだけ作ったからといって、それを使いこなせるわけがなかったのである。

結果として荀彧に計算速度で負けるのも仕方のない話であった。

そもそも、友若がいくらそろばんを習熟したとしても、荀彧に計算速度で勝つことは不可能であろう。

三国志の英雄となるべく生まれた荀彧はそろばんの玉を弾くよりも暗算したほうが速いくらいなのだから。

むしろ、荀彧は道具を使ったほうが計算速度が遅くなるという稀有な能力の持ち主である。

 

だが、そろばんを使っても荀彧に計算速度で劣るというのはそろばんの持つ可能性を傷つける様な本質的な問題ではない。

そろばんや友若の持つチート知識の本質的な強みは、既存の方法と比べてより効率的に物事を進められるということなのだから。

そろばんを使ってもなお天才に勝てない、そろばんを使うと天才はむしろ効率が下がる――それは仕方のない話だ。

だが、大半の人間達はそろばんを使うことで計算をより正確且つ高速に行うことが出来るようになる。

そもそも、天才という正規分布から大幅に外れた存在にチート知識が当てはまらないのは仕方のない話だ。

三国志の逸話として、弓矢で持って岩を貫通するとか、そんな感じの胡散臭い話があるが、これを現代の自動小銃で再現することは難しいだ。

しかし、超一級の武将の使う弓矢が自動小銃を上回るという話は、銃火器に対する弓矢の優越を意味しない。

確かに、一部の天才は銃火器を上回る威力を弓矢で持って実現するかもしれない。

だが、銃火器は殆ど誰でも使うことができる。それは武将の持つ弓矢には決して持つことのできない特徴だ。

世界は大多数の人間が使うことの出来る手段を選択するのである。

そして、友若の持つ転生チート知識は、人口の殆どを占める普通の人間達が物事を行うにあたっての効率を大幅に改善することが出来る可能性を秘めているのだ。

 

もちろん、友若のチート知識をそのまま現実に当てはめる事はできない。

個人個人の家まで電気が送られ、簡単に飯を炊いたり照明を点けたりといったことが可能な世界の知識を直接実現することなど不可能だからだ。

だが、友若の持つチート知識と現実とのギャップはトライアンドエラーを繰り返し、問題点をフィードバックしていくことで十分改善することが可能であものだ。

仮に、友若が荀家でギャップのすり合わせを行なっていれば、もしかしたら彼は妹以上の天才として周囲に評価されていたかもしれない。

頭の回転速度で友若は妹に対して勝ち目がないが、その妹ですら思いつくことのできない上に画期的なアイデアを無数に生み出すことができるのである。

後はそのアイデアを現実にすり合わせていくだけで友若は大きな称賛を浴びることができただろう。

そもそも、妹である荀彧がチート知識と現実とのギャップをすり合わせる手段を提示していたのである。

 

だが、実際には友若は勉学では妹に劣り、妙なことばかりする変人と周囲に評価された。

友若がアイデアをただ口で述べ適当に作る程度で、一度たりともそれを現実に合わせて実用化するところまで持って行かなかったからである。

友若の持つ転生チート知識は恋姫的世界の一般常識から余りにも飛躍しているため、周囲の人間にはそれが役に立つのか理解できなかったのである。

そもそも、友若の転生チート知識は穴だらけであり、本人もよく分かっていないものを説明しているのだ。友若が理解されないのも当然であった。

天才である荀彧にしてみても、友若の所々間違ったチート知識に基づいたアイデアは欠点ばかりが目についてとても使えるとは思えなかった。

荀彧にしてみれば、友若の言う問題の多い方法を取るよりも今までのやり方で自身が指揮をとったほうがずっと多くの成果を出せる事が明らかだったのだ。

そして、アイデアに対して問題点を指摘しても頑なにその改善を拒否する友若に荀彧は苛立っていた。

 

何かを変えようとする際は、変革を意図する者がその正当性を周囲に示す必要がある。

変革というのは常にコストを伴うのである。

だから、変革した結果はそのコストを十分に上回る利益にならなければならない。

そして何よりも、人々が変革による利益を信じなければ新たな事というのは実現できないのである。

だからこそ、現代社会ではプレゼン能力というものが重視されるのであるし、逆説的に変革に成功した者達は周囲を説得する能力に長けているのである。

 

友若はそうした事を重視していなかった。転生チート知識は常に正しいのだから、それを理解しようとしない人間が愚鈍なのだ、というスタンスを貫いたのだ。

友若は周囲を納得させる事を考えるだけの余裕を持つことができなかった。

その最大の原因はやはり友若の妹、荀彧であった。

幼い頃から満ち溢れる才能を示した荀彧は如何なる事もただの一度で成功してみせたのだ。

例えば、荀家の所持する田畑において人々を指示して農作業に当たらせるという仕事を荀彧は初体験で何の問題もなく完璧にこなしてみせた。

その様子は明らかに、その仕事を何度か経験していた友若を遥かに上回っていた。

そうした荀彧の優秀さは、転生者であり周囲の土人どもとは違うと内心で思っていた友若のプライドを大きく傷つけた。

まだ、荀彧が幼かった頃に一生懸命面倒を見ていた友若がその妹から距離をおくようになったのはこの時期からであった。

 

日に日に成長を重ね、友若を遙か後ろに置き去りにしていく妹に友若は内心焦った。

だから友若は荀彧を越える成果を出そうとして、転生チート知識から利用できそうなものを片っ端から提案していった。

友若は妹に追いつこうと焦っていたのである。

しかし、友若は自らが出したアイデアを実用的なレベルまで昇華することを怠った。

友若はひとつのアイデアに腰を据えてとりかかるのではなく、すぐに成果が出なければすぐさまそれを何の未練も見せずに捨ておいた。

そんな変人が無数に捨ておいた戯言としか思えないアイデアを一々吟味するような物好きは友若の周りにはいなかったのである。

 

そして、いくらアイデアを提案しても成果を上げられなかった友若は遂には逃げ出した。

それは自分のアイデアが受け入れられなければすぐにそれを捨てて別のアイデアにすがりつく様とよく似ていた。

 

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

だが、ここに来て友若は逃げ出すわけにはいかなかった。

正確には逃げる場所がなかった。

友若にとって来るべき黄巾の乱に備えて金を貯める事は絶対である。

そして、そのためには割の良い稼ぎを手にしなければならない。

その日暮らしで過ごしていては、蓄財など夢のまた夢だ。

そして、何の力も持たなければ、黄巾の乱が起きた時に翻弄されるばかりになってしまう。

だが、漢帝国は絶賛大不況である。

稼ぎの良い仕事はまずないし、あったとしてもそう簡単に私学の中退者、落伍者がありつけるわけがない。

過去にやらかした事を思えば実家にすがりつくという選択肢もなかった。下手をすれば殺されるかもしれないとすら友若は思った。

金のある袁紹のもとで大金を稼ぐという選択肢は友若の今の能力では難しかった。

袁紹が日中から宴を開いていた事にぶちきれてから、田豊は袁紹の下に集った清流派達が好き勝手しないように目を光らせていた。

以前と比べると清流派達へ渡される資金も大幅に減らされていた。

そして、友若はそのとばっちりを受けた格好である。

 

「あの偏屈者のクソオヤジはうちらの価値が分かっとらん! うちらはこんなちっぽけなことをする人間やない。こんなつまらない仕事ばっかり押し付けくさって、何考えとるん!」

 

田豊嫌いの審配は酒の席でよくそんな事を言った。友若も言葉にはしないもの内心では彼女に同意していた。審配の後ろに立つ田豊を前にしてそんな事を口にする勇気はなかったが。

ともかく、袁紹の下で行政官をした所で稼げる額はたかが知れている。

もちろん、生きていくには十分以上で、嗜好品を購入することも十分可能なのだが、かつてWAFUKUデザインで得ていた賃金を思うと友若は馬鹿らしくてやっていられなかった。

人は環境の劣化に拒絶反応を示すが、プライドの高い友若は特にそれが強かったのだ。

 

かと言って、呉服屋を再会することも難しかった。

呉服屋をやって十分に稼げると期待できるのは莫大な資金を持っている袁紹の膝下か、同じく袁術の治める荊州、そして洛陽くらいである。

衣服の市場は恋姫的世界の漢帝国において巨大なものであったがそれでも限度がある。

国が乱れつつある状況下において、既存の衣服と比べ割高かつ奇抜なWAFUKUを好き好んで購入しそうな消費者が多く住む土地は限られているのだ。

だが、袁紹のお膝元での商売は妹が清流派の顔役であることから難い。

また、友若は荊州に知己を持っていなかった。

コネや知人の紹介が重視される漢帝国。流石の友若といえど見ず知らずの土地で商売をしようと思えるほどは呑気ではない。

そうすると、消去法的に呉服商売で稼げそうなのは洛陽となる。

洛陽は、以前WAFUKUの商売に成功した実績もあり、友若としては収入が期待できる土地ではあった。

だが、妹が未だに洛陽に居るという情報が友若に洛陽という選択肢を放棄させた。

 

「くそっ! 考えろ。俺はチート知識を持っているんだ。今まではあのバケモノの所為で上手くいかなかったが、ちゃんとやればなんとかなるはずだ……なんとかしなくちゃ後が無い。今までが上手くいかなかったのは問題があったからだ。それをちゃんと解決すれば上手くいかないわけがない……!」

 

友若は考えに考えた。

どうすれば楽に稼ぐことが出来るかを。

友若としては労働の対価などさして期待していなかった。

世の中真面目に働くものほど馬鹿を見るのだ、と友若は思う。

妹にあらゆる面で負け続けてきた友若は自身の能力など大したものではないと思っていた。

どうあがいたところで妹のような存在相手と競っても勝てるわけがない。

だからこそ、能力とか才能とかそういうものとは関係のない収入を得られないかと考えた。

労働を対価としない大収入。

つまるところ友若は不労所得が欲しいのだ。

 

「不労所得……そうだよ。俺には不労所得をどうすれば得られるかという知識がある。マネーゲームだ。要は金を投資してその利回りで暮らしていけば仕事ができなくてもいいわけだ。まあ、全部を利回りで賄えなくても、その他は稼げばいい」

 

どうしたら、そんなに楽観的になれるのかというレベルで友若は物事を簡単に考えた。

ある意味、友若の長所と言えるかもしれない。

大丈夫、まだ大丈夫と自分に言い聞かせて破滅まで突っ走りかねない事を考えれば容易に短所にもなるのだが。

 

「だが、普通に金を貸すと回収する手間がかかってしょうがない上に、俺は大した金を持っていない。利回りを次の投資に当てるにしても十分な資金を貯めるまでにどのくらいの時間がかかるか分かったもんじゃない。そもそも、金融で金を稼ぐならチンタラ貸して回収しているんじゃダメだ。積極的に稼がなければ……そのためには……株だ! そうだ、株をやればいいんだ!」

 

友若の愉快な脳みそはそんな感じの結論を導き出した。

もちろん、友若に株式を制度として実現するだけの能力はない。

だから、友若は彼に負い目のある審配やよく仕事を手伝ってくれた許攸や張バクに助力を頼み、拝み、頭を地面に擦り付ける勢いで拝み倒した。

 

「頼む、正南さん! 田豊のジジイに一杯食わせたいんだ」

「しゃーねーなー。いっちょ協力したるわ」

「ちょろすぎるんじゃない、怜香」

「私としてはMIKOFUKUを作ってもらえるならそれでいいわ」

 

かくして、友若は協力な助っ人の助力により株式制度の草案をまとめあげ、袁紹と田豊に提出した。

どや顔で。

ちなみに、草案を作成するにあたっての貢献度は友若3、審配3、許攸2、張バク2であった。

しかし、友若に協力した彼女たちは株式なんて上手くいくとは思えない制度の提案者になることに魅力を感じなかったため、この草案の提出者は友若単独という名目となった。

後に審配は叫んだ。

 

「どうしてあん時、うちは友若と連名にしとかなかったんやーー!!! あのクソジジイをギャフンと言わせる絶好のチャンスだったやないか!!!」

 

株式制度の草案は荒っぽいところもあるが、そのまま運用が可能なレベルの完成度を持っていた。

ある意味、この草案こそが友若がこの恋姫的世界で初めて示した転生チート知識と言えたかもしれない。

少々大規模であったが。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。