田中太郎 IN HUNTER×HUNTER(改訂版)   作:まめちゃたろう

1 / 8
第一話 【原作前】

 梅雨の気配が色濃く残ったある日の朝。

 何時ものように大音量の目覚まし時計に叩き起こされ、のそのそと万年床から起き上がる。

 枕元のタバコに火をつけ大きく煙を吸い込むとぼやけていた視界と意識がはっきりしてきた。

 

「もう朝か……」

 

 昨日は栄転する上司の送別会で深くまで付き合わされ、家にたどり着いて寝たのは4時を回っていた。

 現在朝8時過ぎ。たった4時間弱の睡眠では疲れはおろか、酒さえ抜けていない。正直な所、今すぐ布団になついて爆睡したい気持ちで一杯だ。

 重要な案件がなければ体調不良で休もう……そう思って、愛用の黒いスマートフォンを手に取りメールフォルダをチェックするとそんな俺の気持ちなどお見通しだと言わんばかりのメールが1件。

 

『取引先の朝倉様よりTell有。打ち合わせを本日の午前中に変更したいとのこと』

 

 合理的な同僚の性格がよくわかる簡潔すぎる文章に肩が落ちた。よりにもよって今日、それも午前中に変更したいとかイジメとしか思えない。

 重い体に鞭打ちながらシャワーを浴び、コーヒーを胃へ流し込む。

 ちらりと時計を見るともう8時半、始業時間は9時なのでギリギリだ。手早くスーツに着替えバックを掴んで玄関のドアを開けた……はずだった。

 

 

―――――目の前に広がるのは青々とした地平線まで続く草原。

 

 

 気持ちのいい風が頬を撫でた。足元を見ると、子供の頃よくみた緑のバッタがぴょんと草の間から飛び跳ねた。

 

「…………え?」

 

 何度も目を瞬かせ確認するが結果は変わらない。

 きっと疲れすぎたせいで幻覚でも見ているのだ。うん、きっとそうに決まっている。今すぐ会社に電話して休暇を取って寝なおそう。取引先には悪いがこんな状態ではまともに仕事になるはずがない。

 そう思って後ろを振り返ると開けたはずのドアはそこにはなく、同じような草原が延々続いていた。心臓が早鐘を打ち、冷汗が伝った。

 

「落ち着け、俺。深呼吸だ、深呼吸。とにかく会社に連絡……」

 

 この時頭を占めていたのは無断欠勤だけはやばいということだけだった。ぶるぶる震える手でポケットから携帯を取り出し、勤め先の部署を呼び出す。

 プップップ……コール音がいつまで経っても聞こえない。画面を見るとアンテナ本数は0。

 

「圏外か……」

 

 諦めて大の字で寝転がると嫌味なほど雲一つない真っ青な空が見えた。

 

「ここどこなんだよ」

 

 こんな広い草原は俺が住んでいた東京にはなかったはずだ。北海道か、はたまた海外のどこかの国なのか。

 夢であってほしいとは思うが、草の感触や土の匂いがそれにしてはリアルすぎた。

 

 どれくらい経っただろうか、しばらくぼーっとしているとドドドドッという地鳴りが響き、大地が大きく揺れはじめた。

 すわ、地震かと慌てて起き上がると遠い地平線の彼方に砂煙の様なものが立ち上っていた。

 スーツに付いた汚れを払いながら立ち上がり、砂煙の方へと恐る恐る近づいていく。

 

「何だ……あの集団」

 

 100人くらいだろうか? 遠目にもよく鍛えられたマッチョと呼んで差支えない男たちが我先に地面に突き立ったポールへ殺到している。ある者は上にいるものを引きずりおろし、ある者は下にいる人間を蹴落としている。阿鼻叫喚の地獄絵図。まさにその言葉がぴったりな光景だった。

 

 普段ならばこんな集団に近づこうなどど一ミリたりとも思わなかっただろうが、現在はいい年して絶賛迷子中なのである。わけのわからない状況で唯一の手がかり、逃すわけにはいかない。

 

「あの……すいません。少しお伺いしたいって! ちょっ……ええ?!」

 

声をかけると返事の代わりに半死半生の人間らしきものが吹っ飛んできた。ピクピクと痙攣を繰り返しどうみても状態が良くない。

 

「だ、大丈夫ですか! しっかりして下さい!!」

 

 慌てて駆け寄り様子をみると手足がありえない方向に折れ曲がり、しかも腹部からは血が大量にあふれ出ている。どこをどう見ても重症だ。ポケットからハンカチを取り出し傷口を抑え止血にかかる。

 

「声聞こえますか? 返事して返事!」

「……うぁ…あ」

 

 必死になって声をかけるとわずかにうめき声が聞こえた。

 

「意識ありますね! よかった」

「ちょっとあんた」

「救急車呼びますからしばらくジッとしていて下さい。おじさん携帯持ってないですか? 俺の繋がらないんですよ」

「そこのあんた! 話聞きなさいよ!!」

 

 ドンと背中を押されて始めて近くにおじさん以外の人がいたことに気付いた。目線を上げると金髪のグラマラス美女が鬼のような形相で仁王立ちしていた。

 

「え?」

「え? じゃないわよ! 全く、大事な試験の最中に何してるわけ? 許可もなく会場に侵入して受験生助けてんじゃないわよ!」

「あ……えっと……すいません。でもこの人かなりの重症ですよ」

「そんなの関係ないわ。死ぬのは本人の責任よ。ろくな修行もせずに試験を受けにくるからそういう目にあうの」

「いや……でも、もうこの人動けませんよ」

 

 何の試験かはさっぱりわからないが、どの様なものであれこのおじさんが続行不可能だということは確信できる。

 

「あのさ、私が試験官なの! 私がルールなの! 分かったらそこで正座しな!! いいっていうまで動くの禁止」

「了解しました……」

 

 この女性に逆らってはいけない。俺の本能がそう告げていた。とりあえず、おじさんの腹部に手を押し当てたままその場で正座する。おじさんは白目をむき意識を失ってしまったようだが、息はしている。

 

 視線を集団に戻すと人数は大分減っていた。周りには第2、第3のおじさん達が散らばっている。よく見るとポールの先に白い旗が何本か立っていた。

 これはあれか、小学校の時運動会でよくやっていた……。

 

「旗取り?」

「そーよ、正解」

「えらく物騒な旗取りですね……」

「ハンター試験なんだから物騒で当然よ」

「ハ……ハンター試験?」

「あんた、知らずに乱入したわけ? まあ、いいわ。後で色々聞かせてもらうから」

 

 ハンター試験、その言葉で一つの仮定が頭に浮かんだ。

 

「ネテロさんとジン・フリークスさんって知ってます?」

「その2人を知らないハンターなんていないわよ。そろそろ黙りな。うざい」

「……すいません」

 

 思わず頭を抱えたくなった。HUNTER×HUNTERの世界とかどんなイジメだよ……。

 スタート地点が流星街や東ゴルドーでなかった事には感謝しておこう。誰に対してかはわからないが。あんな所に落とされたら十中八九、1時間以内にお陀仏だ。

 現在地点は不明だが、ハンター試験会場ということは人里からは離れているのだろう。ここで人に接触出来なければおそらく野垂れ死にしていたに違いない。

 

 問題はこの後受ける予定の訊問にどう答えるか……だな。

 いきなり異世界から来ましたとか、貴方たちはマンガ中の住人です、なんて話したって信じてもらえるわけない。よくて精神病院送りだろう。俺ならそうする。

 年齢性別はともかく、出身地はどうしようか。

 ジャポン出身だといっても市民コードを検索されれば一発でばれる。流星街出身だと言えばおそらく疑われないだろうが……いや、ダメだな。家にお帰りと流星街に放り込まれるのが落ちだ。

 家を出て玄関開けたらここでした、他の事は何も覚えてない。で乗り切るしかない。

 この世界には念があるし起きたことを念のような物と思い込んでもらえれば……。

 

 ピーーーーっと甲高い笛の音が響いた。

 

 

「3次試験終了!!」

 

 

「あんた。ついてきな」

 

 正座をやめて立ち上がる。足がしびれる前に終わってよかった。

 

「はい……あの」

「なに?」

「お名前をお伺いしてもよろしいですか?」

「3次試験官のダナ・コントルマンよ。遺跡ハンターやってるわ」

「俺はタロウ・タナカです」

「タローね。私のことはダナでいいわファミリーネームは嫌いなの」

「わかりました。ダナさん」

「とりあえずあの飛行船にいくわよ。そこで話を聞かせてもらうわ。ちなみに逃げようとしたら殺すから」

「絶対逃げません!」

 

 一般人の俺がハンターから逃げれるわけもないし、逃げるつもりもないがさらっと言われた殺すという言葉に震え上がる。

 人の命が紙のように軽いHUNTER×HUNTERの世界。気を抜けばさくっと死にそうだ。

 

 

 案内された部屋には先客がいた。

 一人は黒髪の浅黒い肌をした男というより少年といった方がいいような男性と、床まで届く長い髪の吊り上がった猫目を持つ細面の女性。

 この2人も恐らくハンターなのだろう。

 ビクビクしながらドアをくぐり、ドナさんに促されるまま中央のソファに座る。

 

「ダナ、これは何かしら?」

「私の試験の最中に乱入してきたのよ。話を聞こうと思ってつれてきたのよ」

「ふーん」

 

 猫目の女性にジーッと上から下まで観察される。

 

「弱そうね」

「私もそう思う。名前はタロー・タナカ。あんた、どうやってここに来たの?」

 

 タロウであってタローではないんだけどとおもいつつ、俺はしどろもどろに説明する。

 仕事に行こうと思ってドアを開けて外に出たらあの草原にいた事。

 今まで住んでいた場所や親の名前が思い出せない事。

 たぶんなんらかの仕事についてたと思うが、それも思い出せない事。

 話終わるとダナさんが盛大な溜息をついた。

 

「すっごい怪しいわ」

「俺もそう思います」

「タロー君でしたっけ。僕はリーシャン・マートといいます。ドアを開けたら草原だったという事ですが、その時いつもと違う感じはしましたか?」

 

 よし来たとは思ったがすぐには答えない。答えを用意していたと思われては困る。頭を抑えつつ思い出すそぶりをしてから返答する。

 

「なんか……ぞわっとしたというか鳥肌が立ったというか……よく覚えてませんが」

「ふーん。アレかしら」

「アレって?」

「あなたには関係ないわ」

 

 猫目の女性に一刀両断にされる。

 

「アレだとして記憶までなくなるものでしょうか」

「どうだろうね こいつ垂れ流しだし。こいつ自身のアレではなさそう」

「とりあえず市民コードを検索したらどうかしら? 一般市民だったらお家に帰してあげればいいし、犯罪者だったら牢にぶち込めばいいわ」

 

 俺の頭上でどんどん話が進んでいく。

 

「じゃあ、リーシャン頼むわ! 私パソコンとかよくわかんないし!」

「わかりました。タロー君、やましい事がなければ何も心配しなくていいんですよ。この機械の上に人差し指を乗せて下さい。すぐ終わりますからね」

 

 女性2人とは違い、リーシャンさんは緊張と恐怖で真っ青になっている俺を安心させようと穏やかに優しく話しかけてくれる。これがいわゆる癒し系というやつだろうか。

 そんなバカな事を考えている間に調査は終わったらしい。

 パソコンから顔を上げたリーシャンさんの顔は少し曇っていた。

 

「ないですね。戸籍はおろかハンターサイトでさえ情報がひっかかりません」

「こいつ流星街のやつなの?」

 

 ダナさんのにらみつける様な眼差しを感じ血の気が一気に下がる。

 

「りゅ……流星街って何ですか……?」

「あなた嘘をついてもしょうがないのよ? 正直に答えなさいな」

「そう言われても流星街なんて知りません」

 

 ここが正念場だ。唇を噛みしめ知らないと繰り返す。

 

「あんた。私らをだまそうとしたってそうはいかないんだよ?」

 

 ダナさんに腕をつかまれギリギリと締め付けられた。

 

「わかんないんです! わからないものはわかんないんです!!」

 

 今まで感じたことのない痛みに耐えつつ繰り替えし主張する。締め付けは更にきつくなり、骨が砕ける……そう思った瞬間、リーシャンさんがダナさんの手首をつかんだ。

 

「ダナ、かわいそうです。僕の前でそういうことはやめて下さい」

 

 チッとダナさんが舌打ちし、ようやく痛みから解放された。

 つかまれていた腕は骨折まではしてないようだがヒビは入っていそうだ。

 熱を持ち、動かそうとすると激痛が走った。

 

「じゃあ、その持ってる鞄をよこしな。盗らないから」

「わかりました」

 

 素直に渡すと、開けられソファの前のテーブルに逆さにしてぶちまけられた。

 

「これは……」

 

 リーシャンさんの気を引いたのはパソコンではなく、本だった。

 俺は重度の活字中毒で、鞄の中には常に何冊も本を入れている。

 通勤の電車の中でも、食事中でも本が手放せないし活字がなければ生きていけない。

 大げさだと思われるかもしれないが同じ活字中毒の人がいればわかってくれるはずだ。

 

 俺の活字中毒は筋金入りで、小学生の頃から授業中、休憩時間、はてはお昼休みまで図書館で借りた本を読んで過ごしていた。

 授業が終わった後も司書の先生に追い出されるまで図書館にいたほどだ。

 こんな性格だったので友達なぞ出来るわけもなく、社会人になるまで家族以外と出かけたことすらなかった。

 高校を卒業し、働きだしてからは生活費以外の給料は本の購入やたまに行く漫画喫茶代に消えていった。

 

 とりあえずHUNTER×HUNTERを読んでおいてよかった……結構好きだったし何回も読み返していたから内容は結構覚えている。

 余裕ができたら調べて今がどの時期か調べよう。原作開始のハンター試験が287期だったはずだから、そこを起点にすればばっちりだろう。

 本音を言うなら原作キャラに会ってみたいが、一般市民の俺があんな化け物連中に関われば死ぬだけだ。時代が原作前ならハンター試験が終わったあたりで天空闘技場のTV中継をチェックすればゴンとキルア、ヒソカなら見るだけはできるかもしれない。

 

「タロー君はこの本が読めるんですか?」

 

 軽く脳内トリップしているとリーシャンさんから本を差し出されながら質問された。

 

「読めます」

「読んでもらってもいいですか?」

 

 開いてもらってるページを端から読んでいく。

 見開き2ページを読み終わるとリーシャンさんから質問攻めをくらった。

 いわくなんで読めるのか。

 この本はどこで手に入れたのか。

 他の本も読めるのか。

 誰かに翻訳を師事していたのか。

 など俺の身上調査そっちのけで本に関する質問ばかりだ。

 女性2人はリーシャンさんの勢いに押されてポカンとしている。

 

「タロー君は戸籍がないようですし、現時点で住むところも職もないでしょう。僕の所に来ませんか?」

「え……?」

「ちょっとリーシャン! 正気なの!?」

「僕は古書ハンターをやっています。この本は見たことがありませんし、ぜひ読みたいんですよ」

 

 リーシャンさん同類だったのか……。

 行く当てのない俺にとってこの申し出はとてつもなくありがたい。

 

「お願いします!」

「あんたも簡単に乗るんじゃないわよ!」

 

 ダナさんがギャーギャー言ってるがそんなの関係ない。

 

「ダナ、僕がちゃんと監視して教育します。争いごとはあまり好きではありませんが、もしタロー君が何か悪事に手を染めてたりしたら僕自身の手で処理します」

 

 処理……殺すって事だろうとは思うがようは悪いことをしなければいいのだ。

 俺に犯罪を犯す様な度胸はない。

 

「絶対に迷惑をかけません。お願いします」

「しょうがないわね。リーシャンたら甘いんだから」

「まったくだわ」

「手続きは僕がやります。試験前から僕が取っていた弟子で少し問題が起きたので連絡を取るために追いかけてきたという事にしましょう」

「あ、ありがとうございます!」

「では僕の部屋に行きましょう。荷物をまとめてついて来て下さい」

 

 

 リーシャンさんの個室に入ると俺をベットに座らせ、目を覗き込みながらふんわりと笑った。

 

「タロー君」

 

 穏やかな声と共に暖かい手が優しく前髪をすいていく。

 

「君が何か隠しているのは僕や他の2人にも分かりました」

 

 はっとして顔を上げる。

 しまった……反応してはいけなかったのに。

 

「僕はそれを責めません。これ以上何もタロー君が話してくれるまでは聞きません」

「リーシャンさん……」

 

 顔が目がだんだんと熱くなる。

 

「貴方は今日から僕の弟子です。過去はどうでもいいとはいいません。でもひとまず置いておいて一緒に楽しく生活しましょう」

 

 ぽろりと涙がこぼれると、次から次へと滝のようにあふれ出してくる。

 俺もういい年なのにおっさんに近いのに……そう思うが止まってくれない。

 

「師匠と呼んで下さい。弟子を取るのは初めてなのでつたない所があるかもしれませんが、少しずつやっていきましょう」

「し……師匠」

 

 俺の涙腺は決壊した。

 わんわんと泣き叫びながらただ、ありがとうございますと繰り返す俺をリーシャンさん……師匠は何も言わず、泣きつかれて眠るまでぎゅっと抱きしめてくれた。

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。