魔剣物語異聞録~フラグメンツ・オブ・ラウム~   作:朝陽祭

3 / 13
魔剣物語の二次創作の為こっちに入れてますが、独立したお話です。
超重要なことなのですが、剪定事象だということを念頭に置いてください。


断章:転星者

――過去(ユメ)を観ていた。

 

それは、未だ龍が支配者たる時代の物語。

 

苦難もあった。喜びもあった。

 

色褪せることのないあの旅は、あの善き仲間と、善き龍王と共にあったことは、黄金の輝きとなって今もこの胸にある。

 

 

 

――現在(ユメ)を観ていた。

 

それは、永きに渡る闘争の続き。

 

砕け得ぬはずの【魔剣】が砕け、【災厄】が産み落とされた。

 

【魔王】を超えし【魔王】によって絶望に苛まれながらも――それでも、この輝きは消えることはない。

 

 

 

残された時間は少ない。

 

いつ、この薄氷の上にあるかのような均衡が崩れるともしれないのだから。

 

紡がれる詩篇は、『人』の時代だけではなく、『星』すらも終わりかねない、刹那に呑まれた泡沫の夢。

 

――それでも。

 

それでも私は、未来を望むのだ(ユ メ ミ テ ル)

 

 

 

『星の王の手記』

 

 

 

 

 

 

 

 

虹色に煌く空。

 

果てすら見えぬ、色とりどりの花が咲き乱れる庭園。

 

そんな庭園の中央にそびえ立つ『塔』の下で、『彼女』は詩篇を詠んでいた。

 

『彼女』の周囲に浮かぶのは、様々な詩篇。

 

 

それは、数奇な運命を辿る錬金術師の詩篇。

 

それは、流星を追い求めた者の詩篇。

 

それは、彼の地に住まう人々の、『あり得たかもしれない可能性』を綴った詩篇。

 

それら一つ一つを、『彼女』は丹念に詠み解いていく。

 

 

 

 

 

《――無駄だ。いくら詠みふけろうと、それらの詩篇は刻の楔(クォンタムロック)に刻まれた剪定事象(イフ)。お前が望む未来へと繋がる詩篇は、未だ顕現しておらぬ。》

 

 

 

ふと、『彼女』の魂にそんな『言葉』が響き渡る。『彼女』が天を見上げると、そこには雄々しき(くろがね)の鎧を纏いし巨神が、腕を組みながら『彼女』を見下ろしていた。

 

 

「確かに、その通りかもしれません。ですが私は、まだ諦めたくないのです。人類(ひと)の可能性が、終着点が、このような終わりではないと言うことを。」

 

 

《――好きにするといい。今はまだ、この地も剪定事象(イフ)であり顕現するには至らない。だが、あの【魔王】が戯れを止めた時。この星を静止させようと動くその時。それが終焉の原初と知れ。》

 

 

そう言い残し、巨神は霞へと姿を変えながら消えてゆく。その様子を見送った『彼女』は白い外套(マント)を棚引かせながら、背後の『塔』――『星の槍』と呼ばれるモノへと視線を向けた。

 

 

 

――【人類悪】と称される【魔王】が『星』の魂を己が手中に収めたあの日。『星』の寿命が定まったあの日。この地は生み出された。

 

それは、人に例えるならば悲鳴のようなものだった。【箱庭】たる『星』が、自らの終焉を否定する為に生み出した、星の最果て(アヴァロン)

 

彼の地に紡がれし理を束ね、生み出されたのは【魔王】を討滅せんとする、3つの終焉。

 

 

 

終焉の壱、邪龍を食らう【星の獣】を無限に生み出す【星獣の王】。

 

終焉の弐、邪龍に蝕まれし大地を焼き尽くす、【星の巨神】。

 

終焉の参、囚われし全ての魂を解き放ち、新たな輪廻へと導く、【星の槍】。

 

 

 

その担い手として、『龍の時代』を終わらせた『彼女』は選ばれた。自らが切り開いた『未来』を終わらせる為に。

 

だが、『彼女』の目には、その魂に宿る黄金の輝きは、未だ燻らない。

 

例え絶望という闇に飲まれようと、希望の光は残っているのだと、信じたいから。

 

 

『塔』から視線を戻すと、『彼女』は一つの詩篇を手に取る。

 

 

――それは、とある少年の物語。

 

魔剣を生み出した古龍によって彼の地に招かれ、魔剣を手に取らなかった少年の物語。

 

かつて魔王だった者と、英雄に近き少女と、古龍と、共に歩まんとする、物語。

 

その瞳に、浮かぶのはいかなる想いなのか。それを推し量ることはできない。

 

 

だが、『彼女』は。だから、『彼女』は。

 

詩篇を詠みながら、こう口ずさむのだった。

 

 

 

 

 

「願わくば、あなたが【魔剣】の物語を終わらせる、『勇者』とならんことを。」

 

 

 

 

――最果ての地で、【星王】は願い続ける。かつての理想(ユメ)を。これからの未来(ユメ)を。




魔剣物語における聖王様ネタを書きたいと思った→
大魔王様の『星の自転を止める』というパワーワードがひっかかってた→
これ人類だけの問題じゃなくなるよね?とネタが浮かぶ→
別の二次創作様のネタを見て『そ の はっ そ う は な か っ た』となる(宇宙とか自転止めるってまさか?とか)→
結果こうなった。

まぁ流れには乗っけてないのですが、今回の登場人物達が仮に魔剣物語の世界に出現する=魔王様が自転を止めようとしている=怪 獣 大 決 戦です。

どっちが勝っても人類の時代は終わる。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。