Attack on Titamon   作:柳之助

5 / 8
テイキング・ホリデイ

 

 

「さぁて、デートの時間だよ!」

 

「それで何買うんだよ今日は」

 

「あれ、スルー? つまりデートって認めてくれてるの?」

 

買い物(・・・)に来たんだろうが。デートなんぞ浮ついた単語を使うな」

 

「なにその古風な感性……」

 

 日曜日だ。先日学校で半強制的に約束された佐奈との買い物に拓斗は来ていた。新宿だ。数年前は戦場になっていたが既に復興は完了し、かつてと同じような賑わいを取り戻している。家族連れやカップルたちが多い。自分たちもそう見られているのかなとか思いつつ、拓斗は足を進めていた。

 

「んー最初はどこ行こうかなぁ。服か、あと水着とかもいるかな。昼ごはんも食べなきゃだし、夕ごはんはどうしよっかな」

 

「戯け、夕方には帰るぞ」

 

「えー」

 

 自分たちは中学生なのだ。基本的に夕飯時刻にまでは帰った方がいいだろう。自分でも些か固いとは思いつつ、相手は放浪癖のある佐奈だ。先週帰って来たばかりなのに、夜の闇でまた姿を消されても困る。

 

「じゃあ適当に服と水着かなぁ。タクト、ちゃんと君が選んでね?」

 

「はいはい」

 

「お代はタクトで」

 

「……物によるぞ」

 

 ただでさえ最近はオーガモンのせいで出費激しい。彼と遭遇してから一週間近くたったわけだが、これまでと変わらずあの森の中に滞在したままだ。本人曰く、普通に動く程度ならばなんとか可能になったらしいが、激しい動きは無理らしい。拓斗も甲斐甲斐しく食料を届けた成果だろう。そのせいで今の拓斗はかなりの金欠だ。一応へそくり――つまりはお年玉の残り――持ってきたが足りるか心配だ。

 拓斗は知っている。

 女というのは買い物に恐ろしく情熱を掛けるものだと。

 元ヤンの母親は言うまでもなく、モデルの叔母、目の前の佐奈もそれは変わらない。従姉は覗く。幼い頃からつき合わされて疲労を極めた回数は少なくない。ちなみに拓斗流の対処術はなるべく逆らわずに時間が過ぎるのを待つことであった。

 

「ようし、まずは服だね」

 

「はいはい」

 

 こちらの手を取って率先して進むが、普段佐奈は何時も同じような恰好をしている。ホットパンツとタンクトップにフード付きパーカー。フードにファーが付いたり、色が変わったりするが基本的に一緒だ。靴はその日の気分で変わるが今日は編み上げのブーツ。

 ボーイッシュな佐奈らしいといえばらしいのだけど。

 

「たまにはタクトの服も買わないとねぇ、いっつも同じ恰好してるしさ」

 

「……」

 

 お前に言われたくないと思いつつ、その通りだったので返す言葉がない。

 凱などは色々バリエーション豊富でアクセサリー持ちではあるが、拓斗はかなり無頓着だ。叔母たちが選んでくれたものを着るのが多いので、野暮ったいというわけではないが。アクセサリー類も持っていない。地味系男子である。というか目つきが悪いのでそういうを付ける一発で不良と視られるのだ。我ながら洒落っ気など欠片もないがそれが自分というキャラなのでいいだろう。

 なので、

 

「俺は別にいい」

 

「えー、せめてなんかアクセでも買おうよ。うんうん、そうしよう。時間は限られてるんだから、指輪か腕輪か、ネックレスかなぁ。なるべく目立つやつがいいよね、解りやすいやつ」

 

 うんうんと水色の髪を揺らしながら佐奈は一人で歩き出していた。

 

「……参ったな」

 

 ああやって自己完結した佐奈を止めるのは無理だ。長い付き合いの拓斗は知っている。あの手この手で自分の包囲網を抜け出して目的を達成するのだ。

 つまり、

 

「……なるべく大人しいのしなければなぁ」

 

 呟きつつも佐奈の後を追った。

 

 

 

 

 

 

「ぬあー」

 

 オーガモンは暇を持て余していた。リアルワールドにリアライズしてから同じ場所にい続けているのでずっと暇なのだが、特に今日は拓斗が来ない。幼馴染とかいうのとデートらしい。デートがなんなのかはオーガモンは知らない。

 

「ハンバーガー喰いてぇ」

 

 想うのはこれだ。リアライズしてからしか記憶持たないオーガモンにとって今重要なのは友達である拓斗と凱、それにハンバーガーくらいしかない。食べたいが、それを買うには金がいるらしいし、デジモンであるオーガモンでは買いに行けない。森から出るのは拓斗から止められている。勝手に行った場合、断ハンバーガーが拓斗から言われているのでオーガモンは動けない。

 未だ全身の修復が終わっていないのだからどうせ動きたくても動けないのだが。

 

「……ん?」

 

 ふとオーガモンは空を見上げた。木々で視界は遮られて、見通しはいいとは言えないが、彼は何を感じていた。

 しばらくそのまま固まって、

 

「……!」

 

 目を見開いた。 

 そして――深緑の鬼は立ち上がる。

 

 

 

 

 

 

「決まらいなぁ……」

 

 日が少しずつ落ちていく。夏だから完全な日没まで時間はあるが既に六時くらい。そろそろ家に帰りたいと思うのだが、目の前でフラフラと頭を捻る佐奈は止まる気配はない。昼前から新宿各所を回っているというのに佐奈による拓斗の装飾品探しは一向に終わらなかった。

 流石というかそういう類のものを探すのには事欠かない街ではあるが、そのせいで選択肢が多すぎて困る。

 佐奈のセンスもどうかと思うが。

 

「やっぱあの髑髏のフルフェイスが……」

 

「絶対嫌だ」

 

 悪趣味にもほどがあるだろう。他にもやたらキラキラした腕輪とか日曜朝ヒーローよろしくの変身ベルト的なのとか、トゲトゲのチョーカーとか。もうちょっと考えてほしい。

 

「やれやれ、タクトの我が儘にも困ったものだよ――アイタタタッ!? ちょ、痛いよタクト! 頭割れる、割れるから!」

 

「我が儘はお前だよ……!」

 

 拓斗渾身のアイアンクローである。

 

「……ったく、俺が付けるものとかいいんだよ。結局お前も何も買ってねぇし」

 

「何言ってるんだいタクト。だからこそ、何か成果がないと帰るに帰れないじゃないか。一日掛けて歩き続けて終わりとかいやだよボクは」

 

「はいはい。けど次で最後だ。もうそろそろ帰るぞ」

 

「まったく頭が固いねぇ……」

 

「うっせ」

 

 言い合い、変える方向へ足を向けつつ探索を進める。だがそれで簡単に見つかるのならばこうして一日彷徨ったりはしない。道なりにある大体のショップは回った。そうすると路地裏の目立たない店に行かなければならなくなるわけだが、中学生二人が顔を出せるわけがない。

 つまり選択肢はない。

 

「よし帰ろう」

 

「タクトォォッッーー!」

 

「ぐはぁ!?」

 

 脇腹に抱き付き気味に強烈なタックルを喰らった。

 

「まったく君は! 女の子がプレゼントをするって言ってるのにその態度はなんだい? もうちょっと喜ぶなり、嬉しがるなり、僕を抱きしめるなり愛をささやくなりキスするなりしたりどうだい!? 聞いてる!?」

 

「ぐ、ぁ……ちょ……痛……!」

 

 至近距離で色々叫んでいたが全く聞いていなかった。痛みでそれどころではない。いくら女子とはいえ全力で脇腹にタックル喰らえばそれは痛い。あまりの痛みに悶絶するレベル。

 痛みに絶句する少年とそれに構わず説教始める少女。

 それはもう、目立つ。

 たっぷり三分もそんな光景が繰り広げられていた。

 そしてようやく復活して、

 

「――あ?」

 

 視界の端の路地裏に緑色の影が過った。

 

 

 

 

 




なかなか難しいなぁとか思いつつ。

感想評価お願いします。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。