IS-復讐を誓う仮面の戦士たち   作:甘々胡麻ざらし
<< 前の話 次の話 >>

7 / 19
前回一夏にやられたゲンム
さて、どうなる?


ゾンビ

「はぁ…はぁ…。」

 

一夏達がゲンムを倒したのと同時に、アリーナにISを纏った教師陣がやって来た。

 

「まさかお前達が倒したのか?」

 

ISを纏った千冬は壁に倒れているゲンムを見て、驚いた顔をした。

 

「へへっ。なんとか勝てたよ。」

 

「そうか。よし、襲撃したISとゲンムを回収しろ!」

 

「「「はい!」」」

 

千冬の言葉に教師陣は警戒しながらもゲンムに近づく。

 

「それにしてもよく倒せたものだな。」

 

「セシリアや鈴、箒の応援のお陰だよ。」

 

一夏は照れたように笑い、それにつられて千冬も顔を綻ばせた。

 

『ほう、あれで勝ったと思ったのか。おめでたい奴だな。』

 

「えっ?」

 

一夏達が一斉に振り替えると、そこにはゲンムが一人の教師の首を掴んで持ち上げていた。

 

「な、なんで!」

 

『ふん、あんなショボい技で殺られるかよ。』

 

「そ、そんな…。」

 

『さぁ、第二ラウンド行こうじゃないか。』

 

ゲンムが教師を投げ捨て、一夏達に近づくと教師陣に銃を向けられ包囲される。

 

『この我に歯向かうのか。良いだろう!』

 

《ガシャコンマグナム!》

 

ゲンムは紺色の銃《ガシャコンマグナム》を呼び出し、ベルトから白いゲームカセット《デンジャラスゾンビガシャット》を抜き、ガシャコンマグナムのスロットに挿す。

 

《ガシャット!キメワザ!》

 

すると銃口から紫色の禍々しいエネルギーがチャージされ始める。

 

「っ!撃てー!」

 

千冬は直ぐに察し、一斉射撃を命令するが、デンジャラスゾンビの力を持つゲンムの不死身の能力により、全て無力化される。

 

『散れぇ!』

 

《デンジャラスクリティカルフィニッシュ!》

 

ゲンムがトリガーを引くと、禍々しいエネルギー弾が射出され、教師陣のISを半分ほどを倒してしまった。

 

「な、なんだと…。一撃でここまでとは…。」

 

千冬は目の前で起こった光景に驚愕を露にする。誰もが圧倒的な力を前に動けずにいたが、そんな中、一人のIS操縦者がゲンムに向かう者が居た。

 

「ハァァァァァァァ!」

 

「えっ!や、山田先生!?」

 

『クッ!なんだ貴様!』

 

そう、ラファール・リヴァイブを纏った一年一組の副担、つまり一夏達の副担の山田真耶だった。いつも笑顔で温厚でドジっ子な先生だが、今の顔は怒りに満ち溢れていた。

 

「あなたみたいな人が!ゲンムを語らないでください!」

 

『グァ!』

 

真耶の剣がゲンムを切り裂き、ゲンムは少しだけ下がる。

 

『ええい!邪魔な女だ!』

 

ゲンムはガシャコンマグナムのBボタンを押し、トリガーを引くと散弾が射出され、真耶に直撃し地面を転がった。

 

「キャア!」

 

「真耶!」

 

千冬は真耶の元に行こうとするが、足元に銃弾が当たり足を止める。

 

『動くな!そう焦らなくても後でお前も葬ってやるさ。』

 

《ズ・キューン!》

 

ゲンムはガシャコンマグナムのAボタンを押し、ハンドガンからライフルへと変形し、ガシャットを再装填する。

 

《ガシャット!キメワザ!》

 

『死ねぇ!』

 

《デンジャラスクリティカルフィニッシュ!》

 

ガシャコンマグナムからエネルギー弾が射出され、真耶は思わず目をつぶった。

 

「真耶!」

 

「山田先生!」

 

しかし真耶にエネルギー弾が当たる直前、何故かエネルギー弾が爆発し、辺りを砂煙が覆った。

 

『な、なんだ!?』

 

砂煙が晴れていくとそこに居たのは…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《レベルアップ!マイティジャンプ!マイティキック!マイティ~アクショ~ンX!》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒い姿に紫のラインが入ったゲンムに似た戦士だった。




ゲンムが二人!?
これは一体…。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。