IS-赤と青の矛盾の戦士   作:甘々胡麻ざらし
次の話 >>

1 / 7
書けました!
リメイク版です!


プロローグ
ISの世界へParticipate


ん?なんだここ?

 

俺、初流 灰汰(はつる はいた)は真っ白な空間に来ていた。というかどこだここ?確か俺は…ハイパームテキガシャットを買いに行ってそのあと…。そうだ!確か車に轢かれそうだった女の子を助けたんだった!んじゃあ俺死んだのか!?女の子を守って死ぬって俺は城戸真司か!なんてな!ははははは!…笑えねぇ…。

 

「あの~?」

 

「うわぁ!」

 

「あ、ビックリさせてごめんなさい。」

 

後ろから声をかけられて驚いて振り返るとそこには白いローブを着た女性が立っていた。

 

「え~っと誰ですか?」

 

「私は転生の女神です。」

 

「女神!?てか転生って…。」

 

「はい。あなたは死にました。」

 

「やっぱりかぁ。」

 

思わずorzになりかけたがある疑問をぶつける。

 

「そうだ!あの子は?あの女の子はどうなりました!?」

 

「彼女は無事ですよ。」

 

「ほっ、よかったぁ。」

 

「本来ならあの子は死んでしまう運命でしたが、何の偶然かあなたが彼女の運命を変えたのです。」

 

「運命を変えたか…。なんか永夢みたいだな。」

 

「なのでその行いから転生させることになったのです。」

 

「元の世界に戻すことは?」

 

「残念ですがそれは無理です。」

 

「そうですか。」

 

「(残念だな。クラスの友達ともっと遊びたかったし、彼女欲しかったし、エグゼイドの結末知らないし…。あとプレバンから荷物届いてないし…。)」

 

「ちなみに転生先はISの世界です。」

 

「はぁ!?マジで!?」

 

「マジです。」

 

実は俺はISは好き嫌い半々だ。絶対原作に巻き込まれる、御都合主義の主人公、あとハーレム嫌い。もちろん俺も作る気ない。

 

「では特典を決めてください。」

 

特典かぁ。原作には関わりたくないからなぁ。あ、じゃあ!

 

「特典はISを絶対に動かせないこと!」

 

「え?それでいいんですか…?」

 

「はい!」

 

「は、はぁ…。それでは良き転生を…。」

 

女神めっちゃ顔ひきつってるなぁ。ってうお!体が透けてきた!あ、意識が遠退いてきた…。

 

転生の間 女神side

 

私は彼を転生させたあとため息をついていた。

 

「まさかISを動かせないようにと言われるとは…。見たことありませんよそんな人…。うん?なんですかこの反応は?…こ、これは不味いです!このままでは…!」

 

私は不測の事態を感知しある場所へと向かった。

 

――――――――――――――――――――――――

 

ん?知らない天井だ。ってそうか俺転生したんだ。あー、赤ん坊からなのかぁ。体動かしづらいな。

 

「見てあなた。パラドが起きたわよ。」

 

「そっか。それにしても本当に可愛いなぁ。」

 

「ええ。」

 

この人たちが俺の親なのか。優しそうな人たちだな…。ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

パラド?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラド!?

こうして灰汰の新たな人生が始まる。




基本プロローグは前回のに少しリメイクさせてます。