IS-赤と青の矛盾の戦士   作:甘々胡麻ざらし
<< 前の話 次の話 >>

6 / 7
連続投稿!
主人公キレます!


Rotten girlの演説

「それではこの時間は実践で使用する各種装備の特性について説明する。」

一、二時間目とは違って今度は織斑先生が教えてくれるのか、まあ、山田先生もメモしてるし大事なところなんだな。

 

「ああ、その前に再来週行われるクラス対抗戦に出る代表者を決めないといけないな。」

 

それ今決める必要あるか?LHRの時にでもすれば良いのに。

 

「クラス代表者とはそのままの意味だ。対抗戦だけではなく、生徒会の開く会議や委員会への出席…まあ、クラス長だな。ちなみにクラス対抗戦は、入学時点での各クラスの実力推移を測るものだ。今の時点でたいした差はないが、競争は向上心を生む。一度決まると一年間変更はないからそのつもりで。」

 

さて、いよいよこのイベントか…。まあ、俺には来ないだろう。ISについては嫌いだと言ったし。

 

「はいっ。織斑くんを推薦します!」

 

「私もそれが良いと思います!」

 

「では候補者は織斑一夏…他にはいないか?自薦他薦は問わないぞ。」

 

「お、俺!?」

 

お前以外に誰がいるんだよ…。

 

「織斑。席に着け、邪魔だ。さて、他にはいないのか?いないなら無投票当選だぞ。」

 

「ちょっ、ちょっと待った!俺はそんなのやらな」

 

「自薦他薦は問わないと言った。他薦されたものに拒否権などない。選ばれた以上は覚悟をしろ。」

 

なんだこの教師?原作の記憶が最近欠落してたから忘れてたけどとんでもない暴君だな。いや、自己紹介のときにもそうだったな。人には人権ってものがあるぞ。

 

「じゃ、じゃあ俺はパラドを推薦する!」

 

「おいおい、勝手に巻き込むなよ。俺はやらねーぞ。」

 

「さっきも言ったが他薦されたものに拒否権はない。」

 

「人には人権ってものがあるぞ?」

 

「ここでは私がルールだ。」

 

どこのクロノスだよお前は。

 

「待ってください!納得がいきませんわ!」

 

まだ反論しようとしたがバンッと音がした方を見るとオルコットが机を叩いて立ち上がっていた。

 

「そのような選出は認められません!大体、男がクラス代表だなんていい恥さらしですわ!わたくしに、このセシリア・オルコットにそのような屈辱を一年間味わえとおっしゃるのですか!?」

 

だったら自薦しろよアホが。それともあれか?自分が選ばれると思っていたのか?

 

「実力から行けばわたくしがクラス代表になるのは必然。それを、物珍しいからという理由で極東の猿にされては困ります!わたくしはこのような島国までIS技術の修練に来ているのであって、サーカスをする気は毛頭ございませんわ!」

 

イギリスだって島国だろ。それに極東の猿とか差別用語使っていいのか?仮にも代表候補生なら自分の発言くらい考えろよ。ってあれ?ゲームの録画機能オンのままだ。確かにボイチャ機能もオンにしてたから…。いいこと思い付いたぜ。

 

「いいですか!?クラス代表は実力トップがなるべき、そしてそれはわたくしですわ!大体、文化としても後進的な国で暮らさなくては言えないこと自体、わたくしにとっては耐え難い苦痛で」

 

「イギリスだって大してお国自慢ないだろ。世界一まずい料理で何年覇者だよ。」

 

「なっ…!?」

 

あのバカ!言い返してどうする!って気のせいか?あいつの顔笑ってる?

 

「あっ、あっ、あなたねぇ!わたくしの祖国を侮辱しますの!?」

 

先に侮辱したのはお前だろ。

 

「決闘ですわ!」

 

「おう。いいぜ。四の五の言うよりわかりやすい。」

 

おいお前ら…。日本では決闘は禁止されてるんだぞ?

 

「言っておきますけど、わざと負けたりしたらわたくしの小間使い…いえ、奴隷にしますわよ。」

 

「侮るなよ。真剣勝負で手を抜くほど腐っちゃいない。」

 

「そう?何にせよちょうどいいですわ。イギリス代表候補生のこのわたくし、セシリア・オルコットの実力を示すまたとない機会ですわね!」

 

「ハンデはどのくらいつける?」

 

「あら、早速お願いかしら?」

 

「いや、俺がどのくらいハンデつけたらいいのかなーと。」

 

一夏の発言にクラスが大笑いしたがそりゃそうだろ。相手は代表候補生なんだぞ?ま、俺は勝てるけどな。

 

「お、織斑くん、それ本気で言ってるの?」

 

「男が女より強かったのって、大昔の話だよ?」

 

「織斑くんたちは、それは確かにISを使えるかもしれないけど、それは言い過ぎだよ。」

 

その腐った認識は今幻夢コーポレーションが計画しているプロジェクトで既に覆されているけどな。まだ、実績が示せていないから俺や明日那が示す必要があるけどさ。

 

「…じゃあ、ハンデはいい。」

 

「ええ、そうでしょうそうでしょう。むしろ、わたくしがハンデを付けなくてはいいのか迷うくらいですわ。ふふっ、男が女より強いだなんて、日本の男子はジョークセンスがあるのね。」

 

こいつ…。完全に調子に乗ってやがるな。

 

「ねー、織斑くん。今からでも遅くないよ?セシリアに言って、ハンデ付けてもらったら?」

 

「男が一度言い出したことを覆せるか。ハンデはなくていい。」

 

「えー?それは代表候補生を舐めすぎだよ。それとも、知らないの?」

 

あー!心滾るぜ!なんでこうも周りはバカばっかなんだよ!

 

「さて、話はまとまったな。それでは勝負は一週間後の月曜。放課後、第三アリーナで行う。織斑とオルコットと宝生はそれぞれ用意をしておくように。」

 

は…?

 

「ちょっと待てよ先生。なんで俺も参加なんだ?」

 

「お前も推薦されていただろ。」

 

「ふざけんな!こんな幼稚な喧嘩に巻き込まれる気はねーよ!」

 

「あら?逃げるのですの?」

 

「はぁ?」

 

「まあ、そうでしょう。なんせわたくしが相手なのですから。そういえばあなたには兄がいると言っていましたねぇ。」

 

「それがなんだよ…?」

 

「あなたのような臆病者がいるのなら、双子のお兄さんもさぞかし臆病者なのでしょうねぇ。ましてや天才ゲーマーなどと。低俗なゲームに無駄な時間を使うのなら、他のことに使えばいいのに。」

 

次の瞬間俺はオルコット …いや、腐れ女の首を持ち、壁に叩きつけていた。

 

「かはっ…!」

 

「永夢が臆病者だと…?あいつのことを何も知らないくせに好き勝手言ってんじゃねぇ!それにゲームが低俗だと…?ふざけるな!ゲームは俺たち兄弟の運命を変えてくれた存在だ!それをやったこともないくせにバカにするんじゃねぇよ!」

 

俺はポケットからゲーム機を見せて、絶望を叩き込む。

 

「言っておくが今このゲーム機にはさっきの会話が全部録音されてる。これをイギリス政府に提出したらどうなるだろうなあ!よくて代表候補生を剥奪されてイギリスの牢獄行きだろうな。それに言ってやるがISを作ったのは日本人だぞ?それすらもわからないとはイギリスも堕ちたな。」

 

腐れ女は睨んでくるが全く怖くねぇよ。

 

「それにお前らもだぞ。男が女より弱いとか言ってるが、それはISがあっての話だろ?今この瞬間この腐れ女を殺すことも出来るんだぜ?それに今は俺が所属している会社がISを越えるパワードスーツを開発している。女尊男否の世の中なんざあっという間に覆されるさ。」

 

周りの連中はポカンとした表情をしてるな。まぁいい。

 

「男が女より勝てるといういい見せしめにお前を今ここでぶっ倒してやるよ!」

 

「パラド!やめなさい!」

 

ガンッ!俺は腐れ女の顔の真横にある壁を思いきり殴った。普通に痛い。

 

「チッ!明日那に免じてこのくらいにしてやるよ。だが、

俺の心を滾らせたことを死ぬほど後悔させてやるよ。試合楽しみにしてるぜ。」

 

俺はそのまま鞄を持ちドアを開ける。

 

「あ、あの宝生くん…?どこにいくのですか…?」

 

「こんな腐ったクラスにいたら気分が悪くなるので放課後までサボります。じゃ。」

 

そして俺はそのまま廊下に出て、屋上へと向かった。

 

-IS学園屋上- パラドside

 

俺は屋上の芝生に寝そべり空を見上げていた。

 

「明日那や本音、山田先生に悪いことしちゃったかな?それより一週間後にこいつの力がついに試せるのか…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が踊るな。」

 

そう言いながら俺はポケットからある物を取りだしニヤリと笑みを浮かべた。




緊急募集!今後オリジナルガシャットを出しますのでその変身音声を皆様に考えてもらいたいです。もちろん一つも候補がなければ私が考えた音声にします!作者が気に入った音声があれば採用。二つあれば組み合わせたり、一つでも少し言葉を変えたりすることがあります。

1 プロトパーフェクトパズルガシャット(ゲーマドライバーに一本挿し、音声は日本語(ただし、少しの英語は○))

2 プロトノックアウトファイターガシャット(ゲーマドライバーに一本挿し、音声は日本語(ただし、少しの英語は○))

今回はこの二つです。いつどこで使うかは秘密ですが、必ず使います。応募方法は活動報告のガシャットアンケートに、ガシャット(両方可)、音声を記入してください。他にもこういうフォームがみたい奈土のコメントも受け付けてます。皆様からの応募待ってます。