ザ!鉄腕/fate! YARIOは世界を救えるか?   作:パトラッシュS
<< 前の話 次の話 >>

9 / 74
魔猪会議!

 

 

 YARIOの仲間の一人、カルナと合流したクー・フーリン達。

 

 一時はスカサハが運転した『だん吉』によって、カルナが建てた屋敷が倒壊するというハプニングもあったものの、無事に再会した彼らの間には穏やかな雰囲気が漂っていた。

 

 長年にわたり、望んでいたYARIOへの復帰。

 

 それが叶うとなれば、カルナとしてはこれ以上嬉しいことはない、しかも、親愛なる仲間達がわざわざこうして迎えに来てくれた事にも感謝してもしきれないくらいだ。

 

 

「へぇ、じゃあ、ぐっさんはインドでトイレを改装しながら家建ててたんや」

「まぁねぇ、他にやる事なかったし、後は武術習ったおかげで目からビーム出せるようにはなったくらいかな?」

「なにそれ怖い」

 

 

 そう言って、カルナの目からビームという言葉に引き気味に告げるディルムッド。見知った仲間がいつの間にか目からビーム出せると聞けば誰でもそうなってしまうだろう。

 

 しかし、それはそれで鋼鉄の溶接なんかには役立ちそうだ、目からビームはこの時代ならかなり重宝する能力だろう。それに、なんだかかっこいいとクー・フーリンとディルムッドは思った。

 

 カルナから案内された木造建築の家で茶を飲みつつ、彼らは今までの出来事や師匠であるスカサハをカルナに紹介した。

 

 彼らの師匠のスカサハを前に彼らの正面に座るカルナはお茶を啜りつつ、こう話をしはじめる。

 

 

「…なるほどねぇ、じゃあ二人の師匠ってことはつまり俺の師匠になるって事かな?」

「そういう事になるか? じゃあお前も私の弟子だ」

「師匠、弟子の取り方そんなんでええの?」

「だって、面白そうじゃ無いか、お前とディルも面白いって事はこいつもそうに違いないと私の直感が告げてる」

「いやー、師匠のそういうとこは尊敬しちゃうなーほんと」

 

 

 こうして、あっさりとカルナの弟子入りを決めてしまうスカサハの言葉に笑みを浮かべて告げるディルムッド。

 

 何はともあれ、カルナはスカサハの弟子になる事になった。

 

 本来、スカサハの弟子になるにはいろんな難題を乗り越えるという前提があるはずなのだが、今の彼女は面白そうだという価値観で決めている。というより、彼女の中ではYARIOは全部弟子にしようというつもりらしい。

 

 確かにこんな建築物をインドにあちらこちら建てているカルナを見れば、彼がクー・フーリンやディルムッドの様な人物である事はスカサハには容易に想像がつく。

 

 ならば、もはや弟子にするのに彼女にはなんの迷いもなかった。

 

 

「そんで、俺ら今、仲間探しながら伝説のラーメン作りやってんだけどさ、ぐっさんの力がいるわけなんだよー」

「!? 伝説のラーメン作り! 何その面白そうな企画! 話聞かせてよ!」

「あ、そっちに食いつくんやね」

 

 

 そう言って、ディルムッドの言葉に目を輝かせるカルナに苦笑いを浮かべるクー・フーリン。

 

 ひとまず、ラーメン作りや話の経緯を一通り話し始めるディルムッドはカルナにフィニアンサイクルでの霊草や魔猪の豚骨スープについて彼に詳しく話した。

 

 ADフィンを若返らせた事、そして、深淵の海で取れたグルタミン酸たっぷりの第1の食材である霊草を手に入れた事など様々な事を掻い摘んでディルムッドはカルナに語る。

 

 それを腕を組みながら話を聞くカルナはその魔猪を倒すために何をするのかについて、クー・フーリン達にこう問いかける。

 

 

「それで? 俺の力が必要なの? 何作るつもり?」

「そうやなぁ、前に作った宮崎県都城市で作った巨大な弓矢覚えとる?」

「あー、あれねー、作った作った」

「あれと、ほら無人島で投石機作ったじゃん? あれ作ろうかって思っててさ」

「あれも作んの!? どんだけデカイのその猪!?」

「なぁ、私にも教えてくれよ、何作る気なんだ?」

「あ、師匠にはまだ話してませんでしたね、実は…」

 

 

 そう言って、クー・フーリンは服の袖を引っ張り尋ねてくるスカサハに今回、YARIOの三人で作ろうと思っている二つの対猪兵器について語りはじめた。

 

 まず、最初にクー・フーリンが挙げたのは宮崎県都城市で作った伝統的な弓矢作りを習い、100メートル先のリンゴ風船を割るという挑戦を行なった際に使用した巨大弓を作るという話であった。

 

 都城市は弓の生産量も日本一。都城を治めていた藩主島津義久が、弓作りを強く支援したことにより、その技が現代に引き継がれている。

 

 スイスの英雄ウィリアム・テルが実の息子の頭の上に置いたリンゴを、見事射抜いたという伝説を真似てこの挑戦を前回行なったわけだが、なんと作り上げたのは全長6mの巨大弓矢。

 

 今回は対猪兵器にこれの矢の先端にゲイ・ボルグを引っ付けて飛ばそうと彼らは考えていたのである。これなら、外す心配もない。

 

 

「はぁ〜、なるほどな、全長6mの弓矢を…」

「都城の力でみやこんじょう見せようぜって感じで、まぁ、場所はアイルランドなんですけども」

「リーダー、そのネタ前も使わなかったっけ?」

「気のせいやろ、多分」

 

 

 寒いオヤジギャグに突っ込みを入れるディルムッドにクー・フーリンは目をそらしながら告げる。

 

 なんと! 今回の挑戦は職人達から教わった伝統的な弓矢作りを異国の地、アイルランドで行う! 今回は復帰したADフィンに師匠であるスカサハもいる。それに、建築なら力強いカルナも仲間に加えた。

 

 そして、今回はそれだけでは無い、この都城の巨大弓矢の他にも対猪兵器を作るつもりだ。

 

 それが、無人島で作ったお手製の投石機である。YARIOお手製の自慢の破壊力を誇るこれならば、巨大弓矢に合わせてあの猪もひとたまりもないはず。

 

 今回は巨大弓矢に合わせて大きめの投石機を建設する予定だ。

 

 

「ローリングストーンズって言うんですけどね」

「ローリング…ストーンズ! おぉ! なんだかかっこいいな!」

「わかりますか、このロマンが! やっぱり師匠は最高だな!」

 

 

 そう言って、話を聞いて目を輝かせるスカサハに満面の笑みを浮かべるクー・フーリンとディルムッド。

 

 果たして、彼らは猪の為に何故ここまでのものを作ろうと考えているのか?

 

 多分、そこまで深く考えてはいないのだろうがディルムッドは自分の中で想定した展開について手を用いながら熱く皆にこう語りはじめる。

 

 

「もし猪が向かってきたら、こんな感じに石を投げれば」

「あー、そんな感じ、なるほどね」

「猪もビビって、来ない」

 

 

 そう言って、仮想猪戦をイメージしながらディルムッドは全員に投石機の役割や、どんな風に対峙するのかを淡々と語る。他のメンバーはそのディルムッドの言葉に頷きながらふとした疑問を彼に投げかけた。

 

 

「猪って何も考えず突進してくんじゃないの?」

「そんなことしたらほら、石が頭の真ん中に刺さっちゃうからさ」

「おー、上手く考えたな、確かにそうだ」

 

 

 熱く説明するディルムッドの言葉に納得したように頷くカルナ。確かに『ローリングストーンズ』という名前からしてロマンがある。その戦況分析に師匠であるスカサハも感心して言葉を溢していた。

 

 それに、攻城兵器『ローリングストーンズ』やこの都城の巨大弓矢は猪を倒した後にもアルムの砦に設置すれば無駄にはならない。

 

 

「確かに俺達には敵が多い」

「そうなんですよ」

 

 

 ーーーーーーロックバンドの宿命。

 

 師匠であるスカサハにディルムッドとカルナの二人はまっすぐに目を見つめてそう告げた。

 

 そう、YARIOとして活動していれば、いずれは敵が出てくるはずだ。とはいえ、彼らの敵は農作物を台無しにする自然災害が主な敵なのだろう。

 

 しかも、ロックバンドと言っても彼らが楽器を握ったところを見た事がない、鍬しか握っていないと思う人達が大半なのが現状である。

 

 

「とりあえず、今から移動するでー、だん吉に乗るから早くみんなのりこめー」

「おう!!」

「師匠、さりげなく運転席に座ろうとしてもダメです」

「うぐっ…! …仕方ない、今回は諦めるか」

「まぁまぁ、機会があればまた運転させてあげますから、ね?」

「あ、ちょっと待って、アルちゃんに置き手紙書いてくわ!」

 

 

 カルナはさりげなく運転席に座ろうとしたスカサハを制止しているディルムッドとクー・フーリンにそう告げると一旦、木造建築の家の家に帰り置き手紙と支度をし終える。

 

 そして、カルナは身支度を終えて、クー・フーリン達が待つだん吉へと戻ってくると荷物を全部積んでしまい、だん吉の助手席に腰を下ろす。

 

 これならば、自分が居なくなってもアルジュナなら大丈夫だ。彼には自分が今までいろんな建築学を教えてあげた。インドから自分が居なくなっても彼が引き継いでくれる筈だとカルナはそう確信している。

 

 クー・フーリンはメンバー全員が『だん吉』に座った事を確認すると再びフィニアンサイクルに戻る為に設定を定める。

 

 

「よーし! みんな戻るで! しっかりつかまっててな!」

「トイレと戦う日々もこれで終わりか、なんだかしみじみするな」

「あ、そういや、壊れた包丁あったから兄ィ後で目からビーム出して溶接手伝ってくれない?」

「おぉ! いいよ! 目からビームね!任しとけ!」

「お主らの会話を聞いてるとかなりシュールに聞こえるんだが…」

 

 

 そして、エンジンが掛かった『だん吉』はインドの整備された道にまっすぐ入るとそこからぐんぐんと加速していく。

 

 

 アクセルを力強く踏み込み加速した『だん吉』140kmに到達すると、火花を散らしながらバチン! と音を立て、眩い閃光と落雷のような音を放ち、地上に炎のタイヤ跡を残してインドの叙事詩『マハーバーラタ』の世界から英雄カルナを連れてその世界から姿を消した。

 

 魔猪の豚骨を手に入れる為に仲間を探し、なおかつ、巨大な弓矢と投石機『ローリングストーンズ』を作り上げる。

 

 遂に新たな仲間を加えたYARIO達の魔猪への挑戦が今、始まろうとしていた。

 

 果たして、YARIOは魔猪を倒し第2の伝説の食材、魔猪の豚骨スープを手に入れる事はできるのだろうか?

 

 美味しいラーメン作りはまだまだ序盤! 失われた他の仲間達もクーフーリン達を待っている!

 

 そして、この続きは…次回! 鉄腕/fateで!

 

 

 今日のYARIO。

 

 

 巨大な弓矢を作るーーーーーーーNEW!!

 

 投石機を建設するーーーーーーーNEW!!

 

 巨大な猪を狩りに出るーーーーーNEW!!

 

 なんとロックバンドだった!ーーNEW!!








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。