TS賢者ハルの異世界放浪紀   作:AJITAMA5

11 / 12
超お久しぶりでござい
万年成績低空飛行な万守です

今回も短い駄文ですが何卒よろしくお願いします

それでは本編をどうぞ。


第10話『ドッキリ大成功』

 ……………ゑ?

 

「ごめんフィリア、もう一回言って?」

 

「え?…お湯が勿体無い?」

 

「その前」

 

「お風呂に行く」

 

「行き過ぎ」

 

「一緒に入る」

 

「そこ!」

 

 そう、そこだよ!駄目でしょ、一緒に入っちゃ!

 

「?…何か不味いの?」

 

 ええ、不味いですよ!(困惑)だって心は男だもん!言えないけどネ!あ、そうだ(唐突)

 

「あー、っとほら!出会ったその日にさ!一緒にお風呂ってなんか変じゃん!だから…」

 

「銭湯だって見ず知らずの他人と入るじゃん、友達と入るなんて今さらだし、ここは異世界よ?」

 

 わー、この人凄く漢らしいよ!前世の僕よりも(憎悪)

 

 だからといってなぁ…

 

 このままでは八方塞がりなので脳内会議をしてみる。

 

ハルA「えー、本日の議題は『フィリアに真実を打ち明けるか?』です。何か意見ある人」

 

ハルB「打ち明けるのが良いと思います。そうすれば諦めてくれるかもしれないので」

 

ハルC「いっそ打ち明けずに一緒に入っちまおうぜ?そうすればフィリアにあんなことやこんなこと…グヘヘ」

 

ハルD「でもそれだといつかはボロが出るよ?そう考えると、やっぱり打ち明けた方が良いと思うな」

 

ハルE「打ち明けた時どうなるかも問題じゃな。『この変態!』とか罵倒される可能性もあるしのぉ、ハァハァ」

 

ハルF「そんなことよりおうどんたべたい」

 

ハルA、B、C、D、E「「「「「黙れ」」」」」

 

ハルF「」ショボーン

 

 …やっぱ言った方が良いのかなぁ、まぁいいや。どうとでもなれぃ!

 

「ねぇフィリア、実は私…いや僕は」

 

「元男の娘の現幼女の魔法チートのts転生者でしょ?」

 

「なーんだ、知ってるのか…ってなにィィィィィィィィィィ!?」

 

アイエェェェ!?フィリアサン、フィリアサンナンデ!?

 

「なっ…何で知っていやがるのでござりましゃうか…?」

 

「言葉遣い可笑しくなってるわよ」

 

 今ツッコむ所そこ!?それより教えてよ!はりー、はりーあっぷ!

 

「…教えてもらったのよ」

 

「え、誰に」

 

「時空神コスモスに」

 

 時空神コスモス?…そんな人知(ピキィィィィン(謎の電波)

 

“やっほー☆貴女の女神、コスモスだよー☆”

 

 ってた。…アレだ。そう、アレだよ(ウルップ並感)僕にここまで来る方法とお金をくれた人!

 

 まあ人じゃなかったけど。

 

 ………。

 

 ………………。

 

 ………………………………。

 

「ちがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁう!」

 

「!?」

 

 そうじゃないよ!問題はそこじゃない!さっきまでの僕の気持ちは!?罪悪感は!?『何か騙してる感じで悪いなー』って思ってた時間は!?

 

「さっきのは一体なんだったんだぁぁぁぁぁあ痛ァ!」

 

 後頭部になにか刺さった。…紙飛行機だ。中央になにか書いてある?

 

 開いてみるとそこには、

 

 “ドッキリ大成功(キリッ

             あなたの女神☆コスモス”

 

 と書かれていた。

 

「ヴェアァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!」

 

 やばい!何て言うか、こう、ヤヴァい!(語彙消失)

 

「ちょっとハル、落ち着いて!」

 

「これが落ち着いていられますかぁぁぁぁぁぁいっ!」

 

「だから…」

 

「きしめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!」

 

「自重」

 

「あふん」

 

 フィリアにHA☆RI☆SE☆Nでぶっ叩かれて、僕は気を失った。

 

 …どっから出したのそのハリセン………。

 

 

 

 

 

 

 




次回こそは一週間以内に………!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。