お魚海賊団に!俺は会う!(一旦完結)   作:てっちゃーん
<< 前の話 次の話 >>

36 / 46
エル end

〜 ライラの大滝 〜

 

 

 

 

「1、2、3、4……ふん、ふん……7回か」

 

 

現在、俺は綺麗な川で水切りしてるところだ。

 

別に遊びに行くつもりでココまで来たわけじゃ無いが、太陽に反射される事でキラキラと綺麗に輝く川を見るとガキ大将の頃を思い出し、少し楽しみたくなった。

 

靴を脱ぎ、ズボンを捲り上げ、川に足を浸す。

 

ひんやり冷たくて気持ち良い。 長旅で歩き回った足の痛みと疲労が拭われて行くようだった。

 

 

 

「そぉい」

 

 

 

それから平べったい石を探すと水平に投げ飛ばし、水切りで遊ぶ。

 

かなり良い形をした平石があるので結構な回数を水切ってくれた。

 

やばい、少しだけ楽しむつもりだったのに川遊びが止まらない。

 

 

 

「……ぷはぁ、ウメェ〜」

 

 

 

水も非常に美味しい。

 

人気も無いから隠れた憩いの場だな。

 

静かで水のせせらぎは心地よく感じる。

 

 

 

「お腹すいたな」

 

 

 

ある程度遊ぶと調理道具を取り出し、料理を開始する。 ヤマタイで手に入れたうどんの乾麺とカツオの粉末、そしてここの川から採取した美味しい水でうどんを湯がき、そして完成させる。 最後に乾燥させたかまぼこを乗せて、多少彩りを良くする。

 

木影に腰をかけ、割り箸を片手にたべる準備完了だ。

 

 

 

「さーて、いただきま〜…………誰だい? そこにいるのは」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の名前はエル。

 

 

お母さんがマーメイドだから私もマーメイド。

 

でもお父さんは人間だったようだけど、あまり話してくれない。 私が生まれたときはいなかったから多分死んでしまったのだと思う。 人間とモン娘は寿命に差がある。 他にも種族的強さも差がある。 だから長くは生きられないらしい。

 

お父さんが居ないのは少し寂しかったけどわたしには優しいお母さんがいるから大丈夫なんだよ!

 

でも少し過保護すぎるのかな?

あまりお外に連れ出してくれないの。

 

ジェネラルマーメイドをお供につけたら少しは外に出れるけど最近はあまり洞窟の外に出させてくれない。

 

だから私にはあまりお友達がいない。

 

同じ年くらいのマーメイドの女の子と遊ぶことあるけど、私のお母さんがクイーンマーメイドだからみんな身分の違いを気にしてあまり寄り添わない…

 

マーメイド達は私に遠慮するんだ。

 

だから『他の種族』とお友達になろうとすれば私にも遊び相手が増えるかな? もちろん身分を隠した上で友達になってくれた子とお付き合いすれば問題は解消されるかもだけど……なかなかお外に出れないから困ってる。

 

 

こんな感じに悩みを持ちながら私はマーメイドの隠れ家として使われてるライラの大滝で過ごしていた。

 

 

しかしお母さんと門番のジェネラルマーメイドの目を盗んで、私だけが知る秘密の抜け穴からこっそりと抜け出した。 お目付役をつけていないが、少しくらいは良いでしょうと甘い考えで外の空気を楽しんだ。

 

 

久しぶりに浴びる日差し。

 

 

もちろん洞窟からも日差しは浴びれるが、草原の上で浴びれる日差しは全くちがう。 綺麗に済んだ空気と小鳥の鳴き声は気持ちよく体に染み渡る。

 

 

だけどお母さんが心配してると思うと罪悪感が湧き、引き返そうと考えた時だった。

 

 

水を切る音が聞こえた。

 

 

この近くに誰かが来るのは珍しい。

 

 

いまこのライラの大滝はマーメイドの縄張りだからマーメイドよりも力劣る生き物はココに踏み込まない。

 

 

私はそのことが気になったので音のする方へ向かう。 茂みに隠れて観察すると…

 

 

 

「人間!?」

 

 

 

男の人が川に顔を突っ込んでいた。

 

そして男性は顔を上げると『うめぇ!』と叫び喜んでいた。

 

それから川の水を鍋に汲み、硬くて白い棒の束を投入すると湯がき始める。 最後に粉状のものを鍋に入れて味付けをすると、鍋ごと食べ始めようとしていた。

 

 

この時、私は仲間に人間が近くまで来てることを知らせるべきだった。 ジェネラルマーメイドを洞窟の入り口で待ち受けさせ、そして対話でお引き取り願うように配置させるべきだった。

 

しかし私は眺め続けていた。 楽しそうに自然の恵みを受ける人間の姿から目を離せずにいた。

 

だが夢中になり過ぎた体は前に乗り出すと体を支えていた枝をポキリと音を立てて折れてしまい、うつ伏せで倒れ込んでしまう。

 

 

 

「!?」

 

 

 

………見つかってしまった。

 

 

 

「誰だい? そこにいるのは?」

 

 

 

人間はこちらを睨む。

 

見つかってしまった…

 

私は好奇心に動いてしまい、そして失敗してしまったことに後悔する。 ここから逃げなければならないのに体は怖がって動かないでいた。

 

 

 

そして私にわかる。

 

あの人間はどこか強い。

 

本能が逃げることができないと言っていた。

 

 

 

 

「(お母さんっ、ごめんなさいっ)」

 

 

 

 

わたしは…

 

 

母に謝りながら覚悟を決めた…

 

 

 

 

だけどそんな覚悟は裏切ってくれた。

 

 

 

 

「……なんだ、マーメイドか。 とりあえず用があるならあとでにしてくれ、うどんが伸びる」

 

 

「え…」

 

 

 

男性は特に興味は示さず、お昼ご飯にありつき始めた。 私の心配は彼の食べる音で段々と消え失せてしまう。

 

 

 

「うん、ヤマタイの乾麺もうまいな。 職人からは試作品として貰ったけど結構いけるじゃん」

 

 

「……」

 

 

「昆布出汁も効いてるし、麺類にはピッタシだ。 さすがヤマタイと言うべきか」

 

 

 

食レポしながら鍋ごと楽しむ彼の姿はまるで子供のようだった。 でもヤマタイと言う単語から彼は色んなところを旅する冒険者だとすぐにわかった。

 

格好も冒険者が着こなすような姿だ。

 

ただ襲いかかるモン娘を倒すだけじゃなくて、この世界を楽しむような空気を感じさせる。

 

 

だから、羨ましく思った…

 

 

 

「……君はさっきからそこでジッとこちらを見てるがどうしたんだ? 食べる邪魔をしないのはありがたいが」

 

 

「え?…ええと…」

 

 

「あ、わかった。 もしかしてこれ気になるのか? ならこっちに来いよ。 出汁も余ってるし、おかわり作ろうと思ってたからさ、一緒に食べようや」

 

 

「!!」

 

 

 

男性は最初と違って柔らかな雰囲気を漂わせると私を食事に招く。 本来は警戒すべきお誘いなのだが…

 

 

「良いの?」

 

 

「ええよ、今頃一人分増えようが変わらん」

 

 

 

そう言うと彼は同じ料理を作り始めた。

 

湯がき終えるまで少し時間がいるようだ。

 

 

 

「ところで君の名前は? おれはフラッグ」

 

 

「わたしはエルだよ」

 

 

「エル…?? そうか……可愛い名前だな」

 

 

「う、うん! えへへ、ありがとう…」

 

 

 

何か考える素振りを見せるが彼は私の名前を褒めると鍋の中を長い棒二つでかき回す。

 

 

 

「ここら辺に住んでるのか?」

 

 

「うん。 今はあの洞窟に住んでる」

 

 

「そっか。 あの洞窟はマーメイドで沢山なのか?」

 

 

「うん。 しばらく前に滅茶苦茶強い女性が現れてこの洞窟に追いやられたの…」

 

 

「そりゃ災難だったな」

 

 

 

彼は野菜をハサミで切ってお鍋に投入する。

 

 

 

「ねぇ、フラッグは冒険者?」

 

 

「そうだよ。 俺はこの世界を歩き回って、色んなところを冒険する」

 

 

「一緒に冒険する仲間はいないの?」

 

 

「いないよ。 ずっと一人だ」

 

 

「……お友達も?」

 

 

「いないね。 どこかに腰が落ち着けたらお友達は作れるけど、旅してる時はお友達は作れないかな」

 

 

 

彼は少し困ったように笑う。

 

でもあまり寂しくないようだ。

 

 

 

「ところて君は知ってるかい? いまグランドノアとグランゴルドは戦争中だってこと」

 

 

「そうなの!?」

 

 

「うん。 俺はその戦争に参加したくないからここら辺まで逃げて来たんだ。 だからしばらくココで身を潜めさせてもらう」

 

 

 

フラッグはそれだけ言うと火を止め、鍋から『うどん』と言う食べ物を器に取り分け、わたしに渡してくれた。

 

 

 

「熱いぞ」

 

 

「う、うん…」

 

 

 

わたしは初めて見る食べ物にワクワクしながら一口放り込む。 熱々だけど、美味しい味が口の中に広がった。

 

 

 

「美味しい!!」

 

 

「それは良かった」

 

 

 

彼は私の反応を見て満足そうにすると彼は鍋ごと食べだした。

 

 

 

「冒険すれば、こんな風に美味しい食べ物にありつける。 エルも世界を見たいと思ったら旅すればいい。 誰かと一緒にとかな」

 

 

「旅……誰かと一緒に…」

 

 

「まぁ強くないとそれは難しいけどな」

 

 

「私はそれなりに強いよ! だってお母さんの子供だから!」

 

 

「エルはお母さんのこと大好きなんだな」

 

 

「うん!」

 

 

 

彼は熱々のお鍋にもかかわらず出汁をゴクゴクと飲み干してしまう。 そのあと『ご馳走さま』と手を合わせた。

 

 

 

「ねぇ、フラッグはまだココにいるの?」

 

 

「ああ、いるぞ。 グランドノアから身を潜めるためにな」

 

 

「それなら街に飛んだりしないの? ノア地方以外とか?」

 

 

「人間のネットワークは舐めない方がいい。 俺がもし街に行けば、グランドノアから派遣された優秀な情報屋などが俺のことを捕まえようとする。 フラッグって人間は腕が立つから戦争に加えよう……とかね? 望まない形で戦いに加えられることを考えると、こうして人気の無い場所に逃げ込むんだ」

 

 

「大変なんだね…」

 

 

「ああ。 力を持つとそりゃな」

 

 

「……じゃあしばらくココに居てくれるんだね?」

 

 

「なんだい? 俺がココにいるならまた遊びに来ようとか思ってるのかい?」

 

 

「えへへ、フラッグお兄ちゃんと居ると楽しいから」

 

 

「そうか」

 

 

「そしてね! 私がお兄ちゃんのお友達になってあげる!……ダメかな?」

 

 

「!!……そうか、ありがとな」

 

 

 

フラッグは柔らかく笑みながら私の頭に手を置くと優しく撫でました。 初めて人間に触れられたけど、それは暖かに感じられた。 人間の体温は人魚よりも熱く高いと聞かされていたが、火傷するような熱さではなく、嬉しくなる温かさを感じられた。

 

だけど段々と恥ずかしくなった私は「ごちそうさま!」と容器を置くと、逃げるように川の中へ飛び込んだ。

 

 

 

「お、お母さんが心配するから帰るね!」

 

 

「わかった。 またな、エル」

 

 

「うん! またねフラッグ! また来るから!」

 

 

 

 

川の深いところまで潜ると急いで離れました。 でもそれは怖いからじゃなくて、恥ずかしくなった顔を見られたくないからだと思っている。

 

でも、また彼に会いたいと言う気持ちで沢山でした。

その後、私だけが知る洞窟の抜け道からライラの大滝に戻り、ルンルン気分で自分の部屋に戻りました。

 

 

 

「お母さんは人間って危ない生き物だと言ってたけど、みんながみんな悪い人なんじゃないよね?」

 

 

 

撫でられた頭に触れながら、今より幼い頃に教えられた疑問と答え合わせをする。 野蛮な生き物と聞いてた人間の彼は別にそんな事はなく、優しさで接してくれた。

 

でもお母さんの言葉も信じたい。

 

 

 

「……だから、それはわたし自身で決めないとダメだよね」

 

 

 

お母さんは言っていた。

 

上に立つ者は何事も自分の目で確かめて、そしてそれを自分の中で真実に変え、答えにしなければならないと。

 

だから私はお母さんの言葉だけじゃなくて、自分でもそれが誠かを知らなければならない。

 

 

 

「また、フラッグに逢いに行こう…」

 

 

 

ウキウキ気分の私を見たお母さんには何があったのか尋ねだけど、楽しい事に巡り会えたと濁した。 深くは追求されず、ただ「良かったね」と一緒に喜んでくれた。

 

 

 

それから次の日もフラッグに会うため、私は秘密の抜け穴から抜き出し、ライラの大滝の外へ飛び出した。

 

彼と初めて出会った場所まで行けば、その近くにハンモックが作られていた。 そしてフラッグはその近くで小さなアクセサリーを沢山ばら撒き、細かく整理していた。 彼曰く大事な生命線らしい。 私はフラッグのアクセサリーに付着した汚れを落とすお手伝いをしながら、旅の話を伺った。

 

例えばヤマタイの山にいるオロチとお供え物のお団子の味を当てるゲームだとか言ってたけど、対決すれば接戦だったりと面白い話をしてくれた。 勝敗は引き分けだったが、楽しいひと時を与えてくれたオロチはお礼とばかりに軽いおまじないを掛けてくれた。 旅を続けていればそのうち種族的変化をもたらすらしい。

 

他にもグランドノアのコロシアムで開催されたエキスパートクラスの大会に出場した時、回復アイテム無しで決勝戦まで突破するとそのまま優勝した話も聞いた。 全てトランザムで完封したと言ってたけど……トランザムってなんだろう? ……トラとハム? …違うよね?

 

でもコロシアムで暴れすぎた結果、グランドノアがフラッグを軍に加えようと勧誘が激しくなったとも聞いた。 自業自得な部分はあるけど面倒だと頭を抱えていた。 その結果、戦争中は隠れるためにココまで来たらしい。

 

 

でもこれにより彼が強いことはよく分かった。

 

 

ココまで来れたのも納得いく。

 

 

腕の立つ冒険者ってこう言う人の事を言うのだろう。

 

 

だからますます彼のことが気になり、私は何度も何度も会いに行った。初めて作った人間のお友達と遊ぶため。 また、世界を見て回っている先人の話を聞くため、私は彼との時間を楽しみにしている。

 

 

だけど出会いがあれば、別れもある。

 

 

数日経過すると、彼は戦争が終わった事を知るとライラの大滝付近に作った拠点を片付け、旅立つ準備をしていた。

 

 

 

「エル、いつかまた会おう」

 

 

「うん!」

 

 

 

寂しい、行かないで………

 

 

 

 

なんて事は言わない。

 

だって私もいつしか、この世界を旅して彼に会えば良いのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、運命は残酷だ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼の前には小さなマーメイド…

 

少しだけ懐かしき幼子と出会う…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…な、なんでココに…」

 

 

「俺は冒険者だ、どこかに居ても問題ない。 それで? このサン・イリアをどうするつもりだ?」

 

 

 

 

 

 

俺はグランドノアの戦争が終わった後、サン・イリアまでやってきた。 ここはマキナの研究が進んでる大国であり、マキブも回収してるのではないかと考えた。 そのためサン・イリアに寄ったがタイミング悪く殲滅戦争が開始され、俺は巻き込まれた。

 

戦争に参加したいとは思わないが目の前で無力な人が襲われるなら助けようと思い、マーメイド兵と対立する。

 

ファングを敵の真上に飛ばして気を逸らすと何度も使い慣らしたトランザムを発動、先陣を切ったジェネラルマーメイドを斬り刻む。 最後に飛び交うファングが刺さり、無残な姿で地面に倒れる。

 

 

その光景に敵の動きが止まるとトランザムを解除。

 

 

そのため、紅く灯った体は元の色に戻り…

エルは紅く灯っていた正体を知ることになる。

 

 

 

「エル……君は、人間の敵であるのか?」

 

 

「違う!!」

 

「「「!!?」」」

 

 

 

エルの叫びは今回の作戦を全否定することになる。 そのためエルについて来た仲間は驚き目を見開いた。 でもごく一部のマーメイドは目を閉ざして反応しない。

 

 

 

「違う!! 違うの!! これは!これは!!」

 

 

「……」

 

 

「違うの…違うの……ちがう、の…」

 

 

 

エルは俺の言葉に怯えながら涙を流し始める。

 

やってる事は人間を脅かす所業だが、エルは『間違いだと理解してる』からこそ、涙を流しながら否定する。

 

 

 

「…なんか理由があるんだな?」

 

 

「!」

 

 

「俺の友達が苦しそうに喚いてるんだ、何かあるんだろう」

 

 

「っ………みんな、武器を、下ろして…」

 

 

 

エルの指示により武器を下ろすマーメイド兵達。 ごく数名はエルの指示に反発しようとする奴、戸惑ってまだ武器を下さない奴がいたりとしたが、最終的には武器を下げられる。

 

 

 

「フラッグ……ごめーー」

 

 

「違うなエル。 俺には言わなくて良い。 このサン・イリアに言うセリフだ。 ……と、言っても、この状況じゃどうもな…」

 

 

 

街中は大混乱。 まだマーメイド兵の侵略は本格的に始まっておらず、入り口にいるサン・イリアの兵しか倒されていない。 ただ一部の海賊マーメイドは先に街中へ向かっており、サン・イリア兵と攻防が続いている。

 

しかし人間よりも強い兵が大量になだれ込もうとしてるため人々が混乱に陥るのも当たり前だ。

 

 

 

「エル、何故こんな事をしたのか話が聴きたい。 いいよな?」

 

 

「うん」

 

 

「と、言ってもこのまま入り口に軍を展開するのもアレだ。 一旦下げてくれたら助かる」

 

 

「うん、わかった。 …みんな、一旦このサン・イリアから軍を引くよ」

 

 

 

素直に聞く者、不満げに言う事を聞く者で様々だ。 しかしマーメイド兵の大体は、エルと俺の関係が気になって仕方ない。 何せ次期女王となる器が、ただの人間と対等に話すからだ。

 

 

さて、サン・イリアからやや離れた場所に向かい、そこらへん湖の近くまでやってきた。 俺は切り株に座り、エルも俺の近くまでやってくる……が、やや遠慮気味な感じがする。

 

やはり人間が住まう街に攻めようとしたからだろう。 多分俺に会わせれる顔がないとか、そんな感じに考えてるだろう。

 

でも原作を知ってる俺だからエルを攻め立てようなど考えやしない。

 

 

なので…

 

 

 

「うどんでも食べながら話を聴くとしようかな〜」

 

 

「!」

 

 

「食べたいだろ?」

 

 

「う、うん!」

 

 

 

と、言って俺はうどんを湯がき始めた。

 

怒ってないアピールのためにも一緒に食事をするのだ。

 

 

「しかし久しぶりだな、エル。 いや、一週間程度だからそんなに時間は経ってないか」

 

 

「でもフラッグがいなくなって寂しかったよ」

 

 

「そうか。 でも君が旅をすればいつでも会えるようになるさ」

 

 

 

うどんを器に入れ、お互いに食べ始める。

 

しかしお目付役のマーメイド兵は毒を盛った可能性を考え、止めようとしたが同じ鍋で作った料理だ。 まず俺が食べることで無害を証明すると黙り込む。 でもまぁ次期女王を守りたいその精神は悪いことではないから責めようとは思わない。

 

 

さて、それからエルに話を聞き続けた。

 

 

やはり原作通りと言うべきか、母親に『人間はヤベーやつ』と吹き込まれたらしい。 でもエル自身は原作とは違って、人間を侵略して恐怖に陥れてしまうのは間違いだと理解していた。 それは俺と出会った事で変わったのだろう。

 

しかしエルは母親が大好きであり、母親が言うことはなんだって聞き入れたい。 そのため反発して母親を困らせる事は出来なかった。 さらに言えば次期女王としてココで軍を率いれる実績すら積まなければならない。

 

このように悩み続けたが、これらを放棄する事はできず時は流れ、遂に決行の日が来てしまう。 母親の期待に応えたい気持ちが優先されてしまい、軍を率いてサン・イリアに侵略を開始してしまった。

 

でもそのかわり、武器を持たない人間は襲わないでと命令を付け加えた。 殺傷も論外だとエルは指示を出す。 ただ敵の城を落とすだけ。 阻む敵だけは戦って退くようにしたのだ。

 

ただ、海賊マーメイドは言う事は聞かずに、エル達に便乗して街中で暴れてるが、精鋭部隊であるサン・イリア兵によって追い出された。

 

街中はあまり被害が無かったのも原作とは違う展開だな。

 

 

だが気にした方が良いのはエルがこの後どうしたいかだ。

 

 

侵略しないで去るならそれでいい。

 

だがこのまま侵略を行うなら俺は人間側としてエルたちと戦う羽目になる。

 

そうなれば俺とエルじゃなく、人間とモン娘の争いだ。

 

そこに平和や友達関係は意味をなさない…

 

 

 

「私は人々を襲いたくない……ねぇ、どうしたら良い?」

 

 

 

彼女は侵略の選択技は捨て、どうしたら良いかを尋ねた。

 

自分ではもうどうする事も出来ない…

 

そんな気持ちで押しつぶされ、まだ幼い顔立ちを持つ彼女の瞳から涙が流れ出した…

 

 

 

だから、俺はこのために鍛えてきた。

 

 

 

 

「俺がエルの母と対話しよう」

 

 

「!!」

 

 

「人間と人魚が喧嘩しなくても良いようにやってやるさ…」

 

 

 

『対話』に向いた種族に変わった俺が、敵の憎しみを根絶するとき……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラの大滝の最深部で激戦が繰り広げられた。 それは金色に眼の奥が染まった『イノベーター』と呼ばれる青年と、人間に増悪を抱く現クイーンマーメイドが『対話』を行なっていた。

 

最初は少しだけ言葉を交わしたが、途中からは声に耳を傾けなかった。 それだけ人間に憎しみを抱いていることを証明している。 だが彼も退くことは許されなかった。

 

それは人間のためか?

 

またモン娘のためか?

 

もしくは次期女王となる彼女のためか?

 

それははっきりとしない。

 

ただトランザムで体を紅く染めれば、憎しみの大滝を吐き出すクイーンマーメイドと戦うだけ。 大津波を起こせばクアンタが扱うGNソードで斬り裂いてしまい、大魔法が来ればGN粒子をレーザー光線にして打ち消すだけだ。

 

完全に人間を超越した力で戦った結果、クイーンマーメイドが地に伏せてしまう。

 

クイーンマーメイドの力が弱まってる間に、フラッグはエルの手を握るとトランザムを行い、他者と表層意識を共有する。

 

簡単に言えば、三人と心を通わせた状態だ。

 

 

 

『人は巨大な力に恐れて誤ってしまった…』

 

『だからあなたが怒りに染まるのも当たり前だ…』

 

『だがその憎しみを娘に引き継がせるべきではない…』

 

『そして娘の事をもっと知ってあげて欲しい…』

 

 

 

『エル…』

『お母さん…』

 

 

 

そしてクイーンマーメイドと『対話』を繰り広げ、シンクロによる対話が終わればクイーンマーメイドは心を落ち着かせていた。 その目はすごく穏やかで怒りは静まっており、優しい母親であった。

 

クイーンマーメイドはエルを抱きしめ、エルはお母さんに抱きしめられて喜んでいた。

 

 

 

こうして人間と人魚の関係を悪化させてしまう流れは無くなり、原作はパラドックスとなったのだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから時間がかなりの時間が経過したわ。

 

私は次期女王として玉座を得て全てのマーメイドを束ねている。

 

あ、全てと言っても海賊マーメイドは知らないわよ?

 

私が束ねているのは静かに暮らしたいマーメイドと人間と共存を強く望むマーメイドの事ね。

 

なかなか大変だったけど、わたしにはあの人が常に寄り添ってくれたからここまで来れた。

 

それまでは世間知らずな子供だったけど、あの人と世界を旅して、色んなものを見て、沢山を教えてくれた。 お陰で心も体も強くなり、女王としてふさわしい存在になれた。

 

懐かしいわね…

 

もう100年以上前の事わよね…

 

確かライラの大滝の近くで彼と出会い、うどんを食べて、友達になって、私の母を助けて、世界の広さを知ってしまうと、世界を掛けて彼は対話を重ね続けた。

 

全てが終われば彼と結婚して、子供を育んで、すごくしあわせな人生を送った。

 

 

 

 

 

「おいおい、何が『しあわせな人生を送った』だよ? 俺はまだまだ全然生きてるし、取り残されたアポトーシスと絶賛対話中だぞ? まだまだ新種も現れるし」

 

 

「かと言って体の半分以上がメタルになるなんてバカな人」

 

 

「イノベーターだから仕方ないね。 その分若いままの姿でメタルフラッグになってるし、夫がイケメンの姿のままで嬉しいんじゃないの? かれこれ100年はこの姿だからな」

 

※さらに言えばイノベーターは寿命が伸びます。

 

 

「その姿はもう慣れたけど、私はあなたがどんなにヨボヨボになっても、絶対に愛の形は変わらない」

 

 

「そうか、ありがとう」

 

 

 

バチャバチャ

 

 

 

 

「もう! お父さんとお母さんは子供の前でイチャイチャしすぎ!」

 

 

「クイーンマーメイドとしての立場に疲れてるのよ。 夫の前ではイチャイチャしたくなるわよ」

 

 

「そんな訳だ。 だから、子供はお友達と遊んで来て、どうぞ」

 

 

「う〜!! パパ大嫌い!!」

 

 

「ぐはっ(棒)」

 

 

「あら? 別に嫌いでも良いわよ? パパは私が貰うから」

 

 

「なっ! ダメ! ダメダメダメ!!! 私のお父さんは私の!!」

 

 

「いいえ、残念ながら私のよ!!」

 

 

 

 

「エル〜? 君の亡くなったお母さんは、生まれる子供とは仲良くと言ってたよな〜?」

 

 

 

 

 

 

 

海深く溶け込みあった仲の良い夫婦がいた。

 

その人間と人魚は共存の架け橋となっていた。

 

 

そして

 

 

二人から生まれた子供は、人間と人魚が愛し合ったことで育まれた平和の象徴の証となる。

 

 

 

 

 

「とりあえず二人とも、今日の夜ご飯はヤマタイのうどんだ」

 

 

「「ほんとう!!?」」

 

 

 

 

 

このうどんのように…

 

二人の幸せは…

 

どこまでも伸びる…

 

 

 

 

 

〜 おわり 〜

 

 




end route【エル】

作業BGM【 AI - story 】

一言コメント「マーメイド関連になると文字数が伸びるネ」


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。