汚い流派の子を拾ったので虐待することにした   作:てっちゃーん

8 / 9
本編とは無関係な世界であることを覚悟の上で ← ここ重要
被った


 

 

 

緑豊かに包まれた自然を眺めながら私は学園の屋上で黄昏る。 ここは少し北の方だから肌寒い空気が常に体へ吹き付ける。 それにいま着てる格好だけでは少しだけやはり寒さは凌げないようだ。 長袖なんだけど防寒着ではない。

 

でも一番日の当たる場所だから、何もない放課後はこの場所で過ごすのが好きだ。

 

もちろんここまで連れて来てくれた彼と過ごすのもありだが生憎今日はお仕事であり、共に過ごすことはできない。

 

別に新たな学園で友達が出来なく、一人で寂しく過ごしてる訳でもない。 でもたまには一人でボーっとしていることが何気なく楽しい。

 

でも本当は彼とコタツで引っ付いていたい。

 

 

 

「ふぁ〜」

 

 

 

私は呑気に欠伸をする。 黒森峰にいた頃とは比べものにならないほど私はこの場所でノンビリしながらポケ〜としていた。

 

この場所に連れてきた彼が言ったが、ここはのしかかるモノも、縛られるモノも、追われるモノも無いところ。 特に生徒の自由意志が尊重される学園だと聞いた。 まぁ一部の生徒がサバイバル生活をしているのはなんとも言えないが、自然豊かなこの地で解放的に生きていける不思議な場所だ。 でもこれらは良き経験となって人を育てている。 そんな私もたまに友達とサバイバルしてるけどかなり楽しい。 昔はよくお外でやんちゃしていたから外の環境に慣れているので「みほちゃん素質あるよ!」と褒められた事もある。

 

そ、そこは女性としてどうなんだろう?

 

だけど、黒森峰時代よりもたしかに私は充実していた。 生活における恵は豊富じゃ無いが、あの場所よりも私は生きていた。 使命感に追われる事なく、重圧に苦しむ事もなく、自由であった。

 

そしてココで生きる生徒たちも豊かだ。

 

最初はまだ学校に行くことに困り、怯えと恐怖を持ち込みながらここの生徒と出会ったが何も恐れることが無かった。 更に言えば西住流の西住みほが現れても「大変だったね!?」「大丈夫だったの!?」「みほちゃんは悪くないよ!」と心配される始末だった。

 

 

黒森峰とは全く持って正反対の声と視線…

 

 

心が大らかな人々に出会い私は大泣きした。

 

 

ココに連れてきた彼以外にも、私を理解してくれる者がいる世界を教えてくれた。 ココはそんな生徒さん達で溢れていた。 それから私は再び学園に通える生徒として青春時代を捨てないで生きることができた。

 

そしてあれから一年前くらいにパーキングエリアで彼に言われた事を有言実行する。 辛い記憶を塗り替えれる何かをこの場所で探し、私にとって幸せと楽しい記憶で埋めてくれる何かを探した。

 

それは今も続いている。

 

 

 

「……あ、もうこんな時間か」

 

 

 

私は入学祝いに彼から貰った腕時計を確認するともうすぐいつもの時間が始まる事を確認した。 なので私はとある武道の履修生としてグラウンドに向かう。

 

 

 

「皆さん早いですね」

 

 

 

最近やっと取り付けられた屋根のある収納庫に足を運ぶと既に仲間が沢山集まっていた。 ココの生徒は基本自由だから部活もサボる人は珍しくないが、一部の武道は盛んに活動しており、私が通うこの武道も力が込められていた。

 

 

 

「あ、みほちゃん!」

 

 

「はい、さっきぶりですね」

 

 

「おいおい、副隊長が先に来て隊長はまだかよ」

 

 

「まぁまぁ、あの方はそのうち現れますよ。 とりあえずいつも通りに始めましょう」

 

 

「「「はーい」」」

 

 

「みほちゃんの方がよっぽど隊長らしいぜ」

 

 

「もう、思ってもそんな事は言わないの」

 

 

 

赤毛の少女の呟きに付き合う少女達と共に私は収納庫に入った。 すると中には既に一人の女性が座っていた。

 

 

 

「さーて、誰が副隊長よりも遅れてるかな?」

 

 

「なんだ、いたのかよ」

 

 

 

先ほどの悪口を言った赤毛の少女は特に悪びれる事もなく女性とすれ違い、そのまま準備に取り掛かった。

 

 

 

「今日も寒いですね」

 

 

「そうかな? いつも通りだよ」

 

 

 

そのセリフを言えるのはあなたがサバイバルに慣れてるからだと思います。 正直に言うとジャージ姿は防寒着にならないから寒くて敵わないです。

 

 

 

「さて、もうすぐ大会だ。 今までココは副隊長を作らずにやって来たが今年から副隊長の地位を導入した新たな試みだ。 しっかりと連携して行くよ」

 

 

「「「はい」」」

 

 

 

エンジンが起動した音が収納庫に響き渡る。

 

苦痛なき自由な練習の始まりだ。

 

 

 

「副隊長、IV号戦車出ます」

 

 

「はい、わかりました」

 

 

 

私は黒森峰時代に名残あるドイツ戦車に乗り込み、車長のポジションに着いた。 冷たい装甲に触れながら今回の練習を開始する。 もうすぐ大会だからしっかりと練度を上げ、チームを磨いていかなければならない。

 

 

 

「じゃあ今回の模擬戦も昨日と同じようにしようぜ。 同じように元流派から飛び出した同士でな」

 

 

「それはいい案だけど、元流派をネタにして話すのは感心ならないかな。 みほもそう思わないかい?」

 

 

「え? あー、そうですね……でも私は気にしませんよ? だって西住流とはもう関係無い人間ですから。 だから世間ではそのまま死亡扱いで、どうぞ」

 

 

「おいおい、一年前とは違って逞しくなったな副隊長。 この学園に汚染されたか?」

 

 

「ふふ、柔軟になったとだけ伝えときますね」

 

 

「にっしし! そうかいそうかい!」

 

 

「さぁミッコ、お喋りはそこまでだ。 大会も近いからな」

 

 

「りょーかい」

 

 

 

赤毛の少女、またミッコと言う名の女の子に「今日も頑張ろうぜ」と肩を叩かれて。その前を横切ると愛車のBT-42に乗車した。 私もIV号戦車に乗り込もうと動き出すとタレ目で優しそうな雰囲気を持つ女の子が話しかけてきた。

 

 

 

「またミッコが変なこと言わなかった? もしなんか言われたら私が注意しとくから!」

 

 

「大丈夫ですよ、アキさん」

 

 

「本当に?」

 

 

「はい。 むしろミッコの性格があるから助かってると言うか……な?」

 

 

「そう? でもなんか行き過ぎた事されたり、厄介に思ったら遠慮無く言うんだよ! 私はみほちゃんの味方だからね!」

 

 

「ありがとうございます」

 

 

「じゃ! 模擬戦頑張ろう!」

 

 

「はい」

 

 

 

そう言うとタレ目の女の子、またアキと言う名の持つ女の子はミッコさんと同じBT-42の戦車まで乗車に向かった。

 

 

 

「……ふふ」

 

 

「どうしたんだい?」

 

 

 

私の微笑みを聞いた隊長が尋ねる。

 

 

 

 

「え? いや……ただ、気がとても楽だなって思いました」

 

 

「ああ、それはいい事だ。 息を詰められた状態では素晴らしさを忘れさせてしまう。 魅力も感じなければ有り難さも得れない。 戦車道は人生で大切な事を教えてくれる世界だ、それを周りの手によって濁されてはたまったもんじゃ無いからね」

 

 

「ええ、そう思います。 だから私は決めました、隊長」

 

 

「何をだい?」

 

 

「私の今を持って次の高校戦車道大会で優勝を目指したいです。 これは家元に言われたからじゃないです。 背負わされた使命だからじゃ無いです。 私自身が心の奥底から得たいと思ったワガママです。 私は求めます。 この継続高校と共に私は表彰台で旗を掲げたいって」

 

 

「…………君は変わったね……いや、変わりすぎた。 でも良い方向に剥けたと言うべきかな? だからその意思はここまで連れてきた彼に対する大きな恩返しとなって喜んでくれる」

 

 

「はい」

 

 

「でも少し甘いかな、みほ」

 

 

「え?」

 

 

「私はね、彼がもっともっと嬉しがる方法を知ってるんだよ」

 

 

「!?」

 

 

「今の黒森峰は半壊したけど、おそらく次の大会も出場するだろう。 もしトーナメントで戦うことになったらこう考えて臨むと良い」

 

 

「な、何をですか?」

 

 

「残酷極まりない虐待を施してやる……ってね」

 

 

「!!」

 

 

 

 

そう言うと隊長は自分が被っていたチューリップハットを私の頭に被せました。 少しあったかい。

 

 

 

「今日からそれを被ると良い。 一応、みほって事は隠す必要がある。 ……それに」

 

 

「?」

 

 

「私は来年卒業だ。 だから私の今の偽名を引き継いで欲しい、そう考えてるよ」

 

 

「え! そ、それは!?」

 

 

「この名前は私の先輩から貰い受けたんだ。 私も君と同じように、自由を得ながらこの学園で生きる先輩の存在によって変えてくれたからね。 だから先輩の私は、後輩のみほに私がいま持つこの偽名を与えるよ。 勝手にね」

 

 

「ふええ!? ほ、本当に勝手ですよ!」

 

 

「その疑問に意味があるとは思えない」

 

 

「な、何でですか!?」

 

 

「そりゃ、ここはそう言う学園だからね。 それでも首を傾げるなら君もまだまだ継続高校を理解仕切れてない様だ」

 

 

「なっ」

 

 

「でも、いつか君が『ミカ』って名前を名乗れる日が来た時、それはここの素晴らしさを本当に本当に味わった時だね……まだ少し先になりそうだけど」

 

 

「!」

 

 

 

それだけ言うと隊長はBT-42まで歩いて行った。

 

すると隊長はなにかを思ったかの様にこちらに振り向く。

 

 

 

「私も目指すなら君と同じ優勝だ。 だから皆を率いる隊長として副隊長に遅れを取りたいとは思わないよ。 こう見えて……私は負けず嫌いな人間だからね」

 

 

 

「!」

 

 

 

グラウンドに舞い込んだ風に靡く髪の毛を払いながら好戦的な笑みで私を睨む。

 

 

 

 

「かかってこい、相手になってやる」

 

 

 

 

いつもとは違う雰囲気を持って隊長は言いました。 だけどいつもの隊長はあんな感じではありません。 もしかしたらアレが本当の隊長なのでしょうか? でもこうして素顔を晒したと言う事になるなら、それは私に期待してるからだと思います。

 

 

 

「……」

 

 

 

今被っているチューリップハットはなぜかとても重く感じますが、それはまだ私が彼女に受け渡された偽名に似合う程の人間になれないからだと勝手に納得する。 とりあえず吹き付ける風が寒いので私は仲間の待つIV号戦車に乗り込みました。

 

 

 

 

 

「みなさん!」

 

 

「「「は、はい!」」」

 

 

 

 

IV号戦車の中で共に戦う仲間に一言かけると反応してくれました。 チューリップハットを被ってる私の姿に少し不思議がってますが私は言葉を続けました。

 

 

 

 

「少し前の事なんですが、私のお弁当のおかずを隊長が盗み食いしました。 彼が作った手作りをです。 許せません。 なのでこの模擬戦で捻り潰してあげましょう」

 

 

「え、えええ!?」

「ふ、副隊長??」

「あ、あのぉー?」

 

 

「………なんて、冗談ですよ、ふふふ。 いつもと同じ様に怪我なく頑張りましょう」

 

 

「は、はい」

「か、変わったねー」

「う、うん、そうだね」

 

 

「では、みなさん! パンツァー、フォー!」

 

 

 

私の掛け声を聞いた仲間は一斉に動き始める。

 

私はまたこうして戦車道の世界に戻りましたが、それはあの場所だから拒絶反応を起こしてたようなものです。 本当の楽しさと、素晴らしさと、魅力を、私に見合った形で得た時また戦車に乗りたいと思いました。

 

でもたまにあの時の事を思い出します。

 

だけどココに来て立ち向かう事を決めた私はまた鉄の塊で戦う事を選びました。 彼は反対する事もなく『頑張って』と応援してくれました。 黒森峰と対戦することになったら仕返しすると調子に乗って言ったら『素晴らしい虐待だ』と変な褒め方をしてくれました。 まぁ黒森峰には本当に色々と恨みがあります。 ボコのグッズや上靴をゴミ箱に捨てたりと虐めもあったからぶっちゃけそこまであの学園は好きじゃない。

 

結果的に私をそんな世界で苦しめてくれたことには変わりないから半壊してようが関係ありません。 完膚なきまでに叩き潰します。 今なら消炭流になれそうかな?

 

 

 

「敵の車輌を見つけました!」

 

 

「わかりました、そのまま偵察を続けてください」

 

 

 

隊長の話を聞く限り彼女も元流派に所属していた人です。 しかも西住流と強く対立してるあの流派だから油断なりません。 しっかりとあの人を理解して、私達は挑まなければなりません。

 

 

 

「……ふふ、あははは」

 

 

 

「ふ、副隊長??」

「このまま副隊長が『たのしー』とか言いだしたらどうする?」

「あれだ、ええと、消炭のフレンズだ」

「そりゃもうドッタンバッタン大騒ぎだね」

 

 

 

 

 

ここまで好戦的に笑んだのいつ以来か…

 

もしくは初めてなのか…

 

 

いや、『今の私』がどうなのかと問いかけたらこの笑みは初めてだと思う。

 

 

だってボコの新グッズを見つけた時以上に心が弾んでいるのだから。

 

 

『昔の私』からしたらもうありえない事なのかもしれない。 またこうして笑った事はあっても忘れてしまったのかもしれない。

 

 

だから新たに笑い飛ばす。

 

この戦車道で。

 

 

そして、この気持ちをまず一番にぶつける相手はやはり隊長しかありません。

 

絶対に……私は負けませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねぇ、何を話したの?」

 

 

「偽名がどうちゃらって話してたぜ」

 

 

「そうなの? でも名乗らないって言われたらどうする?」

 

 

「その時はその時さ。 でも私はね」

 

 

「「??」」

 

 

「彼女の判断を信じるよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県の母港から旅立った学園艦の上で一人の少女が戦車道の世界で再び身を投じた。

 

今は背負う使命感も無く、自分の戦車道を繰り広げることが出来る。

 

そのかわり受け渡されたチューリップハットは違う重さを感じた。

 

だがその重さは苦しくのしかかるモノではなく、背負いたい暖かみがあった。

 

 

後に名乗ることになるだろう偽名を勝手に託されながらも元流派の少女はチューリップハットを被ってこの場所で自由を育むだろう。

 

 

そして

 

 

あの彼女と同じようにこのチューリップハットと偽名を誰かに託す時が来るのか、それはまだわからない将来の話だ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ようこそ、継続高校に。 私はミカと呼ばれてるものだよ。 え? 西住みほって人物に似てるって? さて、それはどうかな? ……でも、私はこう思うよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その質問に意味があるとは思えないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜 おわり 〜

 

 

 

 

 






はい、これにて番外編によるifルートは以上です。


もし継続高校に行ったらどうなるか? ってことにしましたが、ぶっちゃけこの話は『戦車道の世界にもう一度戻ったみほ』って話です。 なのでこれは継続高校じゃなくても出来た話でしょう。 アンツィオだって、プラウダだって、サンダースだって、人々の接し方や環境が違ってももう一度戦車道をやり出せる可能性は充分にあります。

それにこの話に虐待の要素は無いのでタイトル詐欺もいい所。
蛇足ですよ、蛇足。

でも継続高校にした理由はちゃんとある。

まず細かいことは気にしなさそうな学園だから。 熊本からかなり離れてるから。 堅苦しい空気を投げ捨てた場所だから。 心荒んだみほにとって継続組は良き存在だと思ったから。IV号戦車があるから。

そしてこれは二次設定だけど島田流説あるミカと同じ流派の世界を味わった同士で戦車道で組んで欲しいから。 大学生のパーシング三輌を討てる島田流ミカと柔軟に仲間を率いる軍神の西住流みほの最強コンビ……あれ? コレって敵はいるのかな?


まぁそんな感じです。
だからこの番外編で期待と違ってガッカリ来たらごめんなさい。

でもこれ本編じゃないから割り切ってください。
本編なら静岡で幸せに虐待主と暮らしてます。
そんで寝込み襲って夜の虐待をしてます。 みほが。

とりあえずこの番外編は『こんな西住みほ』もあり得たかもしれないって事で書きました。 納得が行かなくても、たかが2次創作だからあまり気にしないでほしいです。



ちなみにタイトルの『被った』はみほがチューリップハットを受け取って【ミカ】になったからです。 ただそれだけ。



とりあえず数日後に予定してる
もう一つの話(爆弾)を置いたら終わりにします。

ではまた。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。