オーバーロードは大混乱   作:紫苑01
<< 前の話 次の話 >>

12 / 47
階層守護者の人気投票をしたら誰が一位になるんだろう?
もしかしたら、既にやってるかもだけど‥( ̄▽ ̄;)


アウラ・ベラ・フィオーラ&マーレ・ベロ・フィオーレ

「マーレ嬉しいのは わかるけど ちゃんと見廻りしなきゃ」

「うん それはわかってるけど お姉ちゃんは嬉しくないの?」

何時ものように弟マーレを叱咤する姉アウラ

マーレは見廻りをしながらも ちゃんと身が入ってないようだ

それも仕方ない事である 御隠れになった創造主ぶくぶく茶釜がナザリックに帰還したからだ

「嬉しく無いわけがないじゃない ぶくぶく茶釜様が御帰還されたんだよ」

本当なら自分もマーレのように喜びの感情を爆発させたい だが今のナザリック大墳墓は警戒レベルを最大限に引き上げているのだ

「だったら お姉ちゃんもぶくぶく茶釜様に会いたいでしょ」

朝に起こす時以外は素直なマーレが珍しく反抗的だ

「そりゃ会いたいけど 今はちゃんと御仕事しなきゃぶくぶく茶釜様の面目も立たなくなっちゃうじゃない」

「そうだね…」

やっと御仕事モードに入ったマーレ

「ねぇお姉ちゃん」

「ん?何か異変があったの?」

「ううん そうじゃなくてね 他の至高の42人の方々も御帰還されるのかな?」

「あーどうなんだろう…確かにぶくぶく茶釜様が御帰還されたのは嬉しいけど他の至高の方々が御帰還されてない今あんまり喜んじゃったら 他の僕に悪いかな?」

「だよね…でもボクたちが喜ばなきゃぶくぶく茶釜様が悲しみそう…」

「マーレ それは不敬かもしれないよ ぶくぶく茶釜様の御気持ちを僕の私達が推し測るなんて…」

「だったらボクらはどうしたらいいの?」

「皆が居ない時にぶくぶく茶釜様に甘えようか?」

弟の気持ちを考えて甘える事を進めるアウラ どうしても甘えさせてしまう所がある姉である

「いいのかな?」

男の娘であるマーレは 「そうあれ」と設定されてるからか どうしても甘えたな部分がある

今回は特に その部分が出てしまっている 姉であるアウラは 姉としては甘えさせてやりたいと想うし 実際自分も甘えてしまいたい

ただ、自分達は栄光あるナザリック大墳墓の階層守護者でもあるのだ

ビースト・テイマーでもある アウラは従える者の甘えというものを押さえ込まなければいけない存在なのだが

アウラは その辺りが甘いようである まぁだからこそビースト達も従っているのだけれど

 

そんな彼等が第六階層を一巡した辺りにモモンガからのメッセージが送られた

『第六階層守護者 アウラ・ベラ・フィオーラ並びにマーレ・ベロ・フィオーラよ 円卓の間に参上せよ』

『『はっ謹んでご命令お受け致します』』

双子のダークエルフは第六階層のジャングルを後にし円卓の間に急ぐのだった




今回も難産でした
もう少しスラスラと書けると思ったんだけどなぁ

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。