オーバーロードは大混乱   作:紫苑01
<< 前の話 次の話 >>

23 / 47
遂に登場たっち・みーさん
セバス感激~


カルネ村から2

彼は この任務に付くのを始めは嫌がっていた 隊長は気に入らない奴だったし

何よりただの村民風情が相手である 手柄の立てようもないではないか

何時か出世を果たして気に食わない隊長を顎で使ってやる 其が彼の夢だった

任務を遂行するに連れて襲撃が蹂躙が彼に愉悦を感じさせ出した 無抵抗の命を刈り取り

旦那の前で嫁を 父親の前で娘を犯す 母親の前で子供を殺す 頭の中で それらは娯楽になった 今回も力弱い姉妹をいたぶるように追いかけた それが彼の最後の行動になった

 

突然構えてた剣に衝撃を受けて降り下ろそうとしてたのが弾かれる

かと思えば踞る姉妹の前方にあの世に繋がっているような暗い 黒い穴が出現した

だが彼は怯えなかった 穴から出てきたのは貴族を想わせるような少女だった

彼の頭の中では その紅い眼をあいた少女を犯す事だけでいっぱいになった

だが…地獄からの穴から出てきたのは少女だけでは無かった

 

 

今なお竜王国を攻めて居るというバードマンが続いて出てきたのだ

バードマンの姿に驚いていると貴族の娘が近づいてきた

彼はorokana頭で考えた この貴族の娘がバードマンを従えているのじゃないかと

ならばコイツを人質にしてしまえば… 彼の意識はそこで途絶えた いや見えている景色が空中になり そして地面が一面に広がったのだ 彼の頭部が地面に転がった

 

 

「露払いは終わったでありんす ペロロンチーノ様」

シャルティアがペロロンチーノに膝間付く

「お姉ちゃん達 怪我は無かったかい?」

ペロロンチーノは早速女好きを全開にして姉妹に尋ねている

「たくっしょうもない弟」

いつのまにかぶくぶく茶釜もやって来ており触手を出して弟に突っ込みを入れている

「まぁ それがペロロンチーノさんですしね」

モモンガまでやって来て その場を取り持とうとした時に…

 

 

 

 

「モモンガさん‼」

声を張り上げた人物が居た モモンガもオフ会で会った事のある人物が そこには居た

たっち・みー その人である

「なんでモモンガさんが現実に?」

たっち・みーは混乱している

「今は村民を助けるのが先です」

ハイエナが姉妹を起こそうとするが 既に両名とも気絶をしていた

二人をそのままにしておけないので 気絶している二人に向けてアンティライフ・コクーンを唱える

「シャルティアよ この二人とたっちさんを守っておくのだ」

「はっ」

姿で一番人間に見えるシャルティアを残しておく

「たっちさん 取り合えず後でお話しましょう 今は村を守るのが先決です」

そう言い捨て村に向けて進軍するモモンガ一行だった




コキュートスが涙目です‥( ̄▽ ̄;)

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。