オーバーロードは大混乱   作:紫苑01
<< 前の話 次の話 >>

3 / 47
漸くオリ主の登場
少し暗めの展開です( ̄▽ ̄;)


セバスの偵察

富裕層の男性に妾にされながら私を身籠った母

元々栄養失調だった母が妊娠した事を父が気が付いた時には

臨月が近付き もう堕胎できなくなっていた

そんな母に父が取った行動は母のお腹を蹴りあげる事だった

母は それが元で亡くなった

そんな母の死体から這い出て産まれたのが私だった

生来生命力が高かったのだろう

しかし産まれ出た赤ん坊が自ら生きていけるわけが無かったのだが

母の家族が母の妾生活で蓄えたお金が目当てで私を育ててくれた

 

そんな生活が続くわけもなく

私が3歳の時に路地裏に捨てられた

それからの私はゴミ箱を漁り

他人に媚びた

それで生きていくしか無かったのだから‥

 

7歳になった時にアーコロジーの少年に拾われて

彼にしてみたら捨て犬を拾ったような気持ちだったのだろう

昼前に姿を見せては少しばかりの食料を置いていった

父が母にしたような性的な要求が無かったのは幸いだった

そんな少年が姿を見せなくなったのは出会って1年も無かった

恐らく家が没落したか 少年が飽きたのだろう

 

それからの私は盗みや人を騙して

自分の命を繋いできた

体を切り売りする事は無かったが

 

 

流されながら生きてきた私の今は

富裕層の犬である

富裕層の世界を覆そうとするテロリストを撃退する集団

そこで生計を立てていた

幾らかの余裕が出来るようになった時に出会ったのが

DMMOーRPGユグドラシルだった

自分の生い立ちを聞いていた私が選んだ種族はフレッシュゴーレム

死体となった母から這い出た私にはピッタリの種族だった

今まで娯楽というものを経験しなかったからか

ユグドラシルにハマりまくった

そんな私をギルドに誘ってくれたのは死の象徴だった…

 

 

 

 

 

 

 

何故私が産まれてきてからの人生を振り返っているのか

それには訳があった

 

 

対テロリストの作戦決行中に私は敵に撃たれて死亡寸前だった

返す刀で相手に風穴を空けたけれども

相手も倒れ付して一言大声で叫んでいた

「ナザリックに栄光あれー」

聞き間違えなんかじゃなく

その男が言ったのは 私が何度もチャットで唱和した言葉だった

全くふざけるんじゃない

ナザリックは私の全てだ 私のナザリックを汚すんじゃない

意識が薄れていくなか

そんな事を思っていた

 

 

 

 

 

 

モモンガ様に偵察を命じられ

ナザリック大墳墓の周辺を見回っていたセバスが見つけたものは

至高の42人の魂を持った

今にも死にそうな二人であった

慌てたセバスは二人を収容しペストーニャ・ショートケーキ・ワンコが治療を施した

もう時間が押し迫っていた為に治療後生命の危機が去った二人を置いて6階層の円形闘技場に向かった




なるべく色んなサイトの情報を確認しながら話を書いてますが
決定的な間違いがあれば御指摘お願い致します
オリ主の種族のフレッシュゴーレムですが…
ユグドラシルで選べなかったとしても
そこはスルーでお願いします

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。