オーバーロードは大混乱   作:紫苑01
<< 前の話 次の話 >>

32 / 47
アニメを見てた限りでは女性型ゴブリンなんて居なかったように思ってました…( ̄▽ ̄;)


カルネ村のゴブリン警邏隊

カルネ村のゴブリン警邏隊

 

エンリはモモンガから説明を受けて考え込んでしまった

両親を生き返らせる事が出来るかもしれないというのだ

代償としてはカルネ村を離れなければならなくなる事だ 幼い妹であるネムは亡くなった両親が戻ってくると喜ぶであろうが、やはりカルネ村を離れる事 そして村には他にも盗賊団(村民は盗賊団の仕業と思っている)の被害者達が居るのだ 姉妹だけが特別扱いをされるのはいけないと思ったのだろう モモンガの誘いを充分な御礼をして固辞したのだった

モモンガは結果としてはカルネ村に拠点を持ち尚且つエモット姉妹からの忠誠を得る事になった

 

両親の代わりの庇護という訳ではないが モモンガがエンリに渡したアイテムがある

『ゴブリン将軍の角笛』だ レアアイテムでも無く モモンガはグロス単位で持ってる為ジャラジャラと幾つも渡そうとしたが エンリに多すぎると恐縮されてしまったので万が一の為に3個と今すぐ使う為の1個の計4個を渡すことに留まった 早速エンリが使ってみた所 地中からゴブリンが生まれ出でるという異質な出来事に少し光ったモモンガではあるが…

20体のゴブリンが登場する事になった エンリとネムが一生懸命に名前を考えてた姿をモモンガが 自分も黒歴史を作成する時に一生懸命名前も考えてたなと想いながら和んでいた

その姿をアルベドが クフー物思いに耽るモモンガ様マジモモンガ等と思いながら心のシャッターを押していたのは彼等の主従関係に皹が入りそうなので触れないでおく

 

 

斯くしてカルネ村ゴブリン警邏隊、後のゴブリン軍団は創設された

専らの行動はカルネ村の警邏及び村民に事故防衛の術を教えることになった

エンリが召喚者だったからか それとも何らかのスキルがあったのか『エンリの姉御』と彼等のから呼ばれ何をするにもエンリの指示を受けて行動しているようだ

そんな彼等が村民に弓矢の練習をさせてる最中に怪しげな一団がカルネ村に近づいて来たのだった

先手こそ取れたゴブリン警邏隊だったが 危険な匂いがビンビンする一団にエンリの姉御だけではなくアルベド様も呼んだほうが良いと判断したのは慧眼だった 最もアルベドはモモンガから一団が来るのを知らされており事なきを得るが…

 

「どうしてくれるのよモモンガ様とのラブラブな時間を過ごせてたのに」

「新たに至高の方々が現れたでありんす 大口ゴリラの寝言なんて知らないでありんす」

と 毎度の論争を影で言い合ってたのも微笑ましい限りである

 

その後モモンガ邸に調査隊のリーダーである人物と補佐役 そして一般補佐役の三名が招かれた


感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。