オーバーロードは大混乱   作:紫苑01
<< 前の話 次の話 >>

42 / 47
ついにモモンガさん冒険者デビューです


漆黒の鳴動

風に舞う紙屑 このアーコロジー外だと この紙屑さえもオーバーテクノロジーなのだが…

貧困層はアーコロジー外回りの有毒ガスが無くなった事で流出している

富裕層もいつの間にか姿を消した 今アーコロジーに残ってるのは中間富裕層と公務員ぐらいである

とある女教師が知己の女性と待ち合わせをしている 『ユグドラシル』で同じギルドに居た二人

やまいこ と 餡ころもっちもちである 嘗てアインズ・ウール・ゴウンの3人しか居ないと思われてた女性の二人だ

二人が顔ぶれ会わせると やはりどうしても会話は『ユグドラシル』の事になる

「結局最終日にログイン出来なかったよ」

「私も…受け持ってる子供が問題を起こしてログイン出来なかった モモンガさん怒ったかな?」

「大丈夫なんじゃないかな? 誰か他の人はログインしたでしょ」

実際の所一桁しかログインしなかったのを二人は知らない…

「アーコロジーの外もなんだかおかしな具合になってるし…これからどうなっちゃうんだろう」

「学校では外に行かないようにと注意してるけど…子供は興味本意で駆け出しちゃうからね」

「アーコロジー内の人口も激減してるらしいよ」

 

 

…まだアーコロジー内で残ってる人が居るのは確かだった…

 

 

ナザリック大墳墓では異変が起こっていた

急にギルメン数名が現れたのだ

あまのまひとつ

源次郎

ホワイトブリム

の三名だ 彼等は『ユグドラシル』がサービス終了を知らなくて偶々ログインしたら 今のナザリック大墳墓に来たとの事である

自意識を持った僕達に驚きを隠せない3人は ぷにっと萌えとモモンガに色々説明されて半信半疑で居るが 現実世界にナザリックが来てる事 そして現実世界自体も別世界と融合してる事を 遂に悟る事になる

其は捕獲したクレマンティーヌとカジットからの情報で獲たことだった

尚カジットの弟子達は 其々吸血鬼 ゾンビ スケルトン等のアンテッドにされて 今は自動ポップするスケルトン相手にレベリングを施されている アインズ・ウール・ゴウンの「使える物は何でも使う」精神の賜物だろう

 

 

「ぷにっと萌えさん そろそろ自分も冒険者をやってみていいですかね?」

モモンガはたっち達が冒険者をあいてるのが羨ましいらしい ナザリックをぷにっと萌えや 今回現れた あまのまひとつ達に任せて収集癖が騒いでるらしい…クレマンティーヌやカジットから受け取った『叡者の額冠』や『死の宝珠』を見てしまったのも拍車をかけている…

「戻ってこいと言って 直ぐに戻ってくるならいいですよ」

ぷにっと萌えも わからず屋ではないのだ 少し位の我儘なら

ナザリック大墳墓を長いこと管理してきてくれたギルド長に少し位のご褒美をあげてもいいだろう

そう彼は思っていた




新ギルメンの台詞が考えられないw
性格がわかんないんだよぉぉ

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。