オーバーロードは大混乱   作:紫苑01
<< 前の話 次の話 >>

46 / 47
容姿を紹介するのって…難しい…( ̄▽ ̄;)


新規ギルメン紹介……と言うドッキリ

「まずは一人目 スレイン法国の元陽光聖典隊長ニグン・グリッド・ルーイン なんと彼は畏れ多くともナザリック大墳墓が主モモンガ様に楯突いた愚か者ではありますが 情け多き我等がモモンガ様が格別のお慈悲で其れを許し この度ナザリックの一員となりました」

パンドラズ・アクターが声高にニグンを紹介してるような見せかけ ちゃっかりモモンガを持ち上げている

これぞナザリック魂…しかし、モモンガは明滅している

『あの三人まで紹介するのか…』モモンガは この後に紹介されるであろう二人に対して哀憐する

事実ニグンも どういった顔をすれば良いのか困惑しているのだ

「続きまして悪名高きズーラーノーンの12高弟が一人カジット・デイル・バタンテール 彼はエ・ランテルにて市の螺旋を画策したのだが…ナザリック大墳墓の諸葛孔明ぷにっと萌え様に阻まれナザリック大墳墓に膝を屈しました」

やはり至高の42人上げの紹介である…ナザリック大墳墓の僕達の意識改革は長い道程のようだ…

「そしてズーラ…えっ これを…失礼しました もとい一切が謎の女クレマンティーヌ」

微笑みながら紹介を受けるクレマンティーヌ 隣のニグンが その手があったかと言う顔をしていた

ナザリックに慣れてきたのだろう

そういえばbarで一人で飲んでる姿をよく見かける 先天的に神経が図太いのだろう…

 

「後に続きますは一気にご紹介致します」

ズラリと並ぶ人影総勢七人である

マントで身体を隠して顔は嫉妬マスクのバージョン違いを装備している 余談だが全てモモンガが毎年嫌々なごらコンプリートしてしまった曰く付きの物である

 

大小様々な背丈をしており フォルムから女性だと分かるのも居るが…

「先ずは左側から仮装を外して貰いましょう」

パンドラズ・アクターの指示を受けて一番左手に居る女性らしき人物が姿を見せる

瞬間静寂が円卓の間を支配する

美し過ぎるのだ まるで神々が創成した美を凝縮させたかのような女性である

続いて左手二番目の人物が素顔を出す

理性的な光を宿す瞳が特徴的な男性 叡者とは こういう者を指すのだろう

続いて姿を現した人物を見た たった・みーが思わず

「じぃ…」

たっちが趣味で見ている暴れん坊な将軍のじぃ役にそっくりな人物だった

その次に素顔をさらしたのは二人続いてだった

双子なのであろう 双方とも まだ子供のようであり性別が分かりにくいが何れ美形に育つであろう雰囲気を醸し出している

「ざわざわ」

流石に趣旨がわかった者が居るようだ

そんな中次に姿を現した者にペロロンテーノが近寄っていく

「踊り子にはお手を触れないようにお願い致します」

パンドラズ・アクターが焦りながらも注意する

最後の一人が姿を現したが…セバスが姿を出しただけであった 但し尻尾が無いが大差ない姿であった

「モモンガさん まさか…」

流石に説明する必用が無くなったのだが

「そうです リング・オブ・アインズ・ウールは僕達を人間種にもするんです」


感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。