宇宙世紀と言う激動の中で。   作:吹雪型
<< 前の話 次の話 >>

14 / 85
ジャブローに居るなら鉢合わせしても可笑しく無い…筈!


アグレッサー部隊

ジムを綺麗にした後、食事を取りに行く。その途中で模擬戦が行われていた。気になり様子を見に行くとザクとジムが模擬戦をしていた。ザクがジムの攻撃を避けて反撃をする。しかし、弾はあらぬ方向へ撃つ。その隙にジムがザクに接近して至近距離からペイント弾を撃つ。更にザクが倒れても撃ち続ける。

 

「やっぱりザクなんてジムに掛かれば弱いんだな!」

 

「ああ、連邦軍のモビルスーツの方が性能は良いみたいだしな」

 

「所詮スペースノイドが俺達地球連邦に反抗する事が間違いなのさ」

 

恐らく彼等は別のパイロット候補生達何だろう。彼等はザクを圧倒したジムの性能を信じているのだろう。だが、俺はジムの動きよりザクの方が気になっていた。あの流れる様な動きからの反撃。どう見てもザクの方が良かった。

 

「ジムの方が性能が劣っているのか?」

 

だが、操作した時は特に不満は無かった。なら一体何が違う?

 

「機体性能じゃ無くて…パイロットか?」

 

恐らくそうだろう。ザクのハッチが開きパイロットが出てくる。其処には若い青年がいた。正直驚きだった。だが、一番驚いたのは雰囲気だった。

 

(俺と同い年位か?なのに、何か貫禄出てるし)

 

間違い無い。あの青年はエースパイロットだ。そんな雰囲気が見て取れる。俺は近くにいる伍長の奴に話し掛ける。

 

「なあ、あのザクのパイロットは何処の部隊の人なんだ?」

 

「あ?…曹長ですか。彼はジオンからの亡命者です。確か、【アグレッサー部隊】だったかと」

 

「ジオンからの亡命者?アグレッサー部隊か…」

 

「アグレッサー部隊は基本ジオンからの亡命者で構成されてると聞いてます。まあ、好き好んで近付く奴は居ません。曹長も余り近寄らない方が良いですよ。いつ背中から撃たれるか分かりませんから」

 

伍長は声のボリュームを少し下げて忠告気味に話す。

 

「そうか。無理に聞き出して悪かったな」

 

「いえ、曹長殿の役に立てれれば良いです」

 

しかしアグレッサー部隊か。彼等は何を思って亡命したんだろうか。祖国を裏切る程の事をしたのだろか?そんな事を考えながら、俺は演習場を後にして食堂に向かうのだった。

 

……

 

食事を終えて訓練に行こうとしたら、先程のアグレッサー部隊のザクパイロットが食堂に来た。側には中年辺りの男性が居た。俺はそんな二人の側に行く。

 

「失礼、少し良いですか?」

 

「…何か我々に用ですかな曹長殿」

 

頬に傷がある軍曹が話しかけて来る。

 

「自分はシュウ・コートニー曹長です。実は伍長にお願いが有りまして」

 

「自分にですか?」

 

「単刀直入に言います。俺にモビルスーツの動かし方を教えてくれ」

 

軍曹と伍長は、その言葉を聞いた瞬間固まった。

 

「コートニー曹長、悪い事は言わない。俺達に関わらない方が良い」

 

「理解した上で言っています。貴方達がジオン軍からの亡命者である事を。アグレッサー部隊が元ジオン兵で構成されてる事も」

 

そう聞いた二人は目を合わせる。

 

「コートニー曹長。一つ聞いても宜しいですか?」

 

「構いません」

 

「コートニー曹長は自分達からモビルスーツの動かし方を教えて貰って何をするんですか?」

 

何をするか…簡単な事さ。

 

「生き残る為さ。それに、伍長の指導が有れば確実に生存率は上がると考えてます」

 

「あー、曹長。少し待ってて貰っても?」

 

「大丈夫です」

 

二人は少し離れて話し合う。そして暫く待つと戻って来た。

 

「コートニー曹長、自分達は三日後にはパトロール任務に戻ります。その間でしたら構いません」

 

「本当ですか!それは助かります!」

 

「ただ、一つだけ約束して下さい。決してジオン兵を殺すなとは言いません。ですが、戦う意思の無い者や投降者には適切な対応をお願いします。それを約束しなければ」

 

「言われるまでも無いですよ。俺は殺戮者として歴史に名を連ねたくは無いからな」

 

俺は伍長の言葉を遮る。確かにジオンは敵だ。だが、無抵抗な奴を殺す事に悦に浸り事は無いからな。暫く睨み合う形になる。

 

「…分かりました。曹長を信じます」

 

「信じて貰って損は無いさ。早速モビルスーツの操縦を教えてくれ。勿論スパルタで構わんさ」

 

「スパルタ…中尉、それで良いですか?」

 

「ん?まあ、本人が望んでるんだ。泣き始めても遠慮無くがっつりやってやれ。後、俺は中尉じゃねえ」

 

「いやいや、泣きませんよ。因みに伍長はいつ頃からモビルスーツの操縦を?」

 

「曹長、良い事教えてやるよ。このチェイス・スカルガード伍長は元ジオニックのテストパイロットさ。然もSランクだとよ」

 

………え?ジオニックのテストパイロット?Sランク……Aより上のパターンですか?

この時チェイス・スカルガード伍長の笑顔がとても怖かったのを覚えている。

そして三日間のチェイス・スカルガード伍長のスパルタ指導の結果、ギリギリ及第点を頂けました。

 

「教官殿!この三日間、御指導して頂き有難うございました!」

 

「うん。シュウ曹長も直ぐに覚えてくれたので教え甲斐が有りました」

 

「よく三日間耐えたな。ま、これならそうそう死にはしないだろう」

 

暫く談笑を交わす。

 

「チェイス伍長、ハインツ軍曹。色々御指導有難うございました。他の人達が何と言おうとも、俺は二人からの指導をして頂いた事を胸張って言います」

 

「シュウ曹長。これから厳しい戦いに行くと思います。ですか、どうか無事に帰って来て下さい」

 

「今度会ったら腕前を確認させて貰うからな」

 

そして、二人はアグレッサー部隊に戻って行く。アグレッサー部隊はそのままパトロール任務に行く。誰も見送る人は居ない。だが、俺は見送る。彼等だって理由があって連邦軍に亡命した。嘗ての仲間に銃を向ける。それはとても辛く悲しい事だと思う。

 

「チェイス伍長、ハインツ軍曹も…どうかご無事で」

 

俺はアグレッサー部隊に対して敬礼をしながら見送るのだった。

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。