宇宙世紀と言う激闘の中で。   作:吹雪型
<< 前の話 次の話 >>

18 / 58
救出作戦2

同時刻 市街地 アーク・ローダ上等兵。

 

欧州方面軍歩兵部隊と61式戦車小隊は市街地に完全に閉じ込められてしまった。

 

「隊長、援軍は来ないのでしょうか?」

 

「来る、必ず援軍は来る。それまで堪えるんだ」

 

同期の奴が隊長に援軍を聞いてるが無駄な努力だろうに。

 

「宇宙も駄目、地上も駄目。俺達がジオンに勝てる訳が無いぜ」

 

「おいおい、噂を聞いた事無い訳じゃ無いだろ?連邦もモビルスーツを実戦投入してるってさ」

 

「噂は噂だぜ。一度も連邦のモビルスーツなんて見た事が無い。戦場に居るのはザクとグフだけだ」

 

諦め…だろうな。此処まで生き残れたのが不思議でなら無い。

 

「リジーナを家の屋根に設置するんだ。モビルスーツを此処で潰すぞ!」

 

「「「了解!」」」

 

別の場所には対MS特技兵がリジーナの設置に掛かる。あんな対戦車ミサイルをモビルスーツ様にアップグレードしただけで勝てるかよ。

 

「そう言えば、シュウの奴生きてんのかな?」

 

「シュウ、同期の奴か?」

 

「ああ、身体のG耐性が無駄に強い奴でな。生きてれば今でもセイバーフィッシュに乗ってると思うけど…」

 

「宇宙…厳しい所だよな」

 

宇宙でジオンを食い止める事が出来なかったから地球侵攻を許したのだ。生存は絶望的だろうと考える。その時だった。市街地に多数の爆発が起きる。

 

「敵襲!敵襲!ザク1機来るぞ!戦闘配置!」

 

「1機だけだと!舐めやがって、対戦車ミサイルを食らわせてやる!ジャン、ついて来い!」

 

「モビルスーツの相手は特技兵に任せれば!」

 

「その特技兵はたった今ミンチになったよ!畜生め!」

 

俺達はビルの中に入り登る。

 

『ランサー3待つんだ。歩兵と戦車を先に行かせるんだ』

 

『ふん、奴等の武器でザクは倒せるもんか。此処は自分だけでやれます!』

 

ザクは市街地に入る。しかし、反撃は無い。

 

《やはりな。連邦兵に告ぐ!今直ぐ降伏しろ!嫌なら全員死んで貰うぞ!》

 

ザクはスピーカーで連邦兵に警告を出す。

 

『此方第2分隊配置良し』

『第4分隊リジーナ設置完了』

『此方も足元に着いた。やれるぜ!』

 

通信機からザクを倒す為に配置に着く仲間の声が聞こえる。

 

「第8分隊ビルの上に来た。ザクの頭は任せろ」

 

「うへ、ザクを間近で見るとかヤバすぎだろ」

 

そして、通信機からの合図を待つ。

 

『よし、今だ!頭を潰せ!』

 

「了解!くたばれ一つ目野郎!」

 

此方に気付いたが最早手遅れだ。対戦車ミサイルは真っ直ぐに一つ目に向かって行く。そして、次々と対戦車ミサイルや対MSミサイルが飛んで行く。関節部を的確に破壊して行く。ザクはゆっくりと倒れる。

 

「よっしゃあ!ザクが何だってんだよ!」

 

「アーク!不味いぞ!歩兵と戦車が来るぞ!」

 

そして市街地戦が本格化する。61式戦車がマゼラ・アタック戦車を破壊。味方歩兵部隊が瓦礫の下敷きになる。ビルの上から敵歩兵部隊に対し手榴弾を投げ込む。

 

『モビルスーツ来るぞ!警戒!警か』

 

ビルの一角にザクマシンガンが撃ち込まれる。

 

「畜生!トーマス達が!」

 

「援軍は来ないのかよ!」

 

退路は無い。有るのは降伏か死だけだ。そして、反対側からも旧ザクとザクが来る。その時、旧ザクとザクの背後から戦闘開始の信号弾が打ち上げられる。旧ザクとザクはそちらを見る。

 

「赤い信号弾、戦闘開始?」

 

「あ、おい!見ろ!援軍だ!援軍が来たんだ!ザクじゃ無い味方のモビルスーツだ!」

 

ジャンが双眼鏡を覗きながら興奮する。俺も急いで双眼鏡を覗く。

 

「本当だ…ザクじゃ無い。シールド持ってる。連邦のマークも有る!」

 

俺は連邦のモビルスーツ2機がザク3機に突撃して行くのを見つめたのだった。

 

……

 

『もう戦闘が始まってるわ。急ぐわよ』

 

「了解」

 

ブースターを使いながら市街地に向かう。そして遂に市街地が見えた。旧ザク1機とザク2機、マゼラ・アタック戦車も市街地に入る途中だった。

 

「先ずは接近する!」

 

更にブースターを使い接近する。

 

『アレが噂の連邦のモビルスーツか!だが、突っ込むだけで勝てると思うなよ!』

 

『全機攻撃開始!』

 

ザクバズーカが最初に飛んで来る。

 

「くっ!良い狙いだ。当たったら一発で終わりだな」

 

兎に角動き続けるしか無い。行くぞ!

 

「ガルム1は援護を!」

 

『待って!一人で何て無茶よ!』

 

その間にザクマシンガンが撃ち込まれる。俺はシールドを構えながら突っ込む。

 

『撃ちまくれ!シールドを破壊してやれ!』

 

『『了解!』』

 

『シュウをやらせる訳無いでしょう!喰らいなさい!』

 

ガルム1から90㎜弾の嵐が敵に向かう。敵は動きを止める。お陰で此方も充分な距離は詰めれた。シールドの横からビームスプレーガンを出す。

 

「この距離なら行ける!」

 

先頭の旧ザクに対してビームスプレーガンを撃つ。ビームはコクピットに直撃する。そして旧ザクはゆっくりと倒れる。

 

『た、隊長!』

 

『ビ、ビーム兵器だと!』

 

更にビームスプレーガンを撃つ。ガルム1からも90㎜ガトリングガンがザクを撃ち抜いて行く。

 

『次はマゼラ・アタックよ!』

 

「了解!」

 

味方の2輌の61式戦車も此方の意図を理解してくれたのか、此方側のマゼラ・アタック戦車を攻撃開始する。挟撃の形に出来たのであっという間に敵を撃破して行く。

しかし、反対側からザクとグフが跳んで此方に来る。

 

『おのれ!よくも仲間達を!』

 

『ガルム3、準備は良い?』

 

『勿論さ。これが僕の初戦果だ!』

 

次の瞬間ザクは空中で爆散。

 

『狙撃だと!マゼラ隊はスモークを張れ!此奴らは私に任せろ!』

 

『了解です!』

 

スモークが張られる。

 

『くっ!狙撃出来ない。敵を見失った!』

 

『ガルム2下がるわよ!スモークから出ないと!』

 

急いで後退しようとする。だが、敵グフは逃がすつもりは無い。

 

『貴様ら!生きて帰れると思うな!』

 

「くっ!来るか!」

 

グフが左手のバルカンを撃ちながら接近して来る。シールドで防ぎビームスプレーガンを向ける。

 

『動きがパターンだ!撃たせんぞ!』

 

グフはシールドでビームを防ぐ。そして右腕からワイヤーが飛び出る。ワイヤーはビームスプレーガンに絡み付く。嫌な予感がしてビームスプレーガンを手放す。次の瞬間、ワイヤーから高電撃が来てビームスプレーガンが爆散する。

 

『この距離はグフの間合いなのだよ!』

 

グフはヒートサーベルを抜く。そしてシールドごとジムの左腕を斬り捨てる。

 

「くっ、強い」

 

『所詮、連邦のモビルスーツ等私の敵では無いわ!』

 

後退しようにも逃げ切る事が出来ない。俺はジムのリミッターを解除する。そしてブースターを前に向かって全力噴射させる。逃げれ無いなら突撃するのみ!

 

「うおおおお!!!」

 

『何!?このグフに接近戦を挑むか!無謀だな!』

 

グフがヒートサーベルを振り上げる。使えない左腕を前に突き出す。左腕はヒートサーベルを受け止めるのでは無く右腕を抑える。

 

『貴様!やるな!』

 

左腕のバルカンを此方に向ける。だが、それも予想済みだ。右手で抑える。そして至近距離で睨み合う。

 

「ジムのもう一つの武装を見せてやる!」

 

ジムに標準搭載されてる60㎜バルカン砲をグフの頭部に撃ちまくる。グフの頭部に次々と穴が空いて行く。そして、右手を離してコクピットに向けて拳を打ち込む。

 

『ぐおあ!?ば、馬鹿な…このグフが、連邦のモビルスーツ何ぞに!』

 

「沈めえええ!!!」

 

最後に膝蹴りでコクピットに直撃させる。そしてグフはゆっくりと倒れる。

この後は敵は撤退して行く。しかし、連邦軍は今迄の借りを返すと言わんばかりに追撃を行う。俺は追撃は味方に任せる事にする。代わりに倒したグフに近付く。そしてビームサーベルを抜く。

 

《グフのパイロット、聞こえてるなら出て来い。無駄な抵抗をするのはやめておけ。抵抗しなければ南極条約に沿った処置はしてやる》

 

《くっ…くくく、甘いな。その甘さが戦場では命取りだぞ》

 

《充分理解してる。それでも、俺は無抵抗の奴を殺す程落ちぶれてない!》

 

《精々生き残る事だな。だが、投降はしない……今、其方に行くぞ》

 

まさか、此奴!

 

《おい!止めろ!》

 

《ジオン公国に栄光あれ。ジーク・ジオン…》

 

 

 

パンッ

 

 

 

戦場に一発の銃声が響き渡る。だが、それは一瞬で他の銃声や爆発音により掻き消されるのだった。




60㎜バルカン砲が遂に火を吹いたぜ!







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。