宇宙世紀と言う激闘の中で。   作:吹雪型
<< 前の話 次の話 >>

20 / 59
本編とは全く関係ありません。


番外編 あの名シーンを書いてみた。

あの名シーンを再現してみた。

 

夜。ホワイトベース(笑)に高速で接近する熱源を感知した。そこでガンダム風ジムが出撃して迎撃に出る。ぶっちゃけVアンテナが付いたジムである。

 

「あのさ、普通のジムで良くない?」

 

『ダメですね。やはり名シーンですから』

 

ルイス伍長は妥協を許さない。

 

「だったらさ、あのホワイトベース(笑)を何とかしろよ!ミディアにダンボールくっ付けただけじゃん」

 

然もコンテナ部分とか見えてるし。

 

『予算不足で…皆んなで頑張って作ったんですけどね』

 

「因みに何に予算使ったのさ?」

 

『Vアンテナで予算の半分以上が無くなりましたから』

 

衝撃の事実。まさかのVアンテナである。

 

「えっ!?何でそんなに高いんですか!」

 

『そのVアンテナはRX-78ガンダムと同じ物なんですよ!私凄く感激しました!』

 

ルイス伍長はちょっとテンション高くなる。ガンダム好きなん?

 

「予算不足ならVアンテナをダンボールで作れよ。だからホワイトベース(笑)になってるんだよ」

 

『皆んなで頑張って作ったんです!』

 

「それは凄く伝わってるよ!」

 

だって凄い手作り感たっぷりなんだし。

 

『敵モビルスーツ隊が待ってます。迎撃に行って下さい。御武運を』

 

「待っててくれてるんだ。もうこの時点でグダグダだよ」

 

そして、遂にあの名シーンが来る。

 

『ガイア、オルデカ、マッシュ。ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!?』

 

「一人多ーーーい!?誰だよお前ーーー!!!」

 

4機いる!黒い四連星になってるー!

 

『敢えて言わせて貰おう。グラハ○・エー○ーであると!?』

 

「お前の出演作品は別シリーズだろうが!」

 

シュウ曹長のツッコミにキレが入る。

 

『敢えて言わせて貰おう。カスであると!?』

 

「シリーズは合ってるけど今出てきちゃダメだろ!?お前総帥だろ!?」

 

どうせ前半の台詞が同じだから出てきた口だろ!しかしドム4機は容赦無く襲って来る。それをジム1機で迎え撃つ。

 

「いや、俺ニュータイプじゃねえから!無理だから!」

 

そんは悲痛?な叫びを上げた時だった。

 

『待たせたわね。真打登場よ!』

 

『やはり君では荷が重過ぎたみたいだな』フサァ

 

其処には月をバックにレイナ少尉のジムとアーヴィント少尉の量産型ガンタンクがキメポーズを取っていた。お前ら暇人か!

 

「でも相手は最新鋭機のドムですよ。3機相手でも無理なのに、変なドムが1機が増えてるし」

 

『安心しなさい。私に策が有るわ』

 

ドヤ顔になるレイナ少尉。しかし、怪しい。

 

「因みにどんな策ですか?」

 

『簡単よ。相手がジェットストリームアタックをするなら私達もジェットストリームアタックをすれば良いじゃない!』

 

「アンタはマリーアントワネットかよ!処刑されんぞ!」

 

『じゃあ行くわよ?変身!あ、シュウ曹長もそこの黒と紫色のボタンを押してね』

 

ボタン?と思いながら探す。すると確かに黒と紫色のボタンが有った。

 

「これで何とかなります?」

 

『安心しなさい。ちゃんと保証するわよ』

 

チラリとドム4機を見る。律儀に待っててくれてるし。このまま待たせるのも悪いしな。意を決してボタンを押す。すると…

 

ウィーンガチャンガチャガチャガガガギュイーンガギゴキメキメキメキブチブチブチブチ

 

「ちょっとおおお!?俺のジムから出てはいけない音が!て、うわ……二人の機体もトンデモナイ事になってるーーー!?」

 

最早ジムの原型は無い状態になってる。もう、見せられないよのテロップが出てるし。て言うか、俺のジムもあんな感じなんか?

 

「レイナ少尉!アーヴィント少尉!生きてますかー!」

 

『平気よ平気。問題無いわ』

 

『大丈夫だ。問題ない』

 

問題有り過ぎだよ!そして、遂に変形が終わる。其処に現れた機体は。

 

『これぞ連邦製の熱核ジェットエンジン搭載型の……ドムよ!!!』

 

変形が終わって現れたのはMS-09ドムであった。

 

「連邦製関係無ーーーい!?唯のドムだよ!ジオン公国軍が作り上げた傑作機の一つMS-09ドムだよーーー!?」

 

大体こんな風にやる必要性は無いだろうに。

 

「予算不足の一番の原因は絶対にこのドムだろ!」

 

『違うわよ。一番予算掛かったのはシュウの機体に付いてるVアンテナよ』

 

ここに来てもまだVアンテナの方が高いのか!然もドムに変形してもVアンテナは健在だし。

 

『それに変形もジオンと連邦の変態技術者達にお願いしたら、二つ返事でOKしてくれたわ!』

 

パチンとウィンクするレイナ少尉。この、魔性の女め!

 

『じゃあ、そろそろ行くわよ。シュウ、アーヴィント、ジェットストリームアタックを仕掛けるわよ!』

 

「あ、このまま話を進めちゃうんだ」

 

もう、滅茶苦茶だよ。そしてドム4機とドム3機が互いに接近する。しかし悲劇は起きる。いや、起きて当然と言えるだろう。一人は総帥として活動してる立場。そして、もう三人はドムなんぞ操縦した事が無いど素人。

 

『『あっ』』

 

先頭に居る総帥とレイナ少尉のドムが何かに躓く。

 

「ちょっ!?待っ!!」

 

ドムの高機動は急には止まれない。

 

『ふっ、華麗に散るのもエリートたる所以さ』フサァ

 

アーヴィント少尉は諦めの境地に入ってた。そして。

 

ドンガラガッシャーン!!!

 

7機のドムが揉みくちゃになり重なる。そして、モニターの前にはドムのモノアイがどアップに見える。一体誰のドムだよ。どいつもこいつもドムだから見分けが付かなんだよ。

 

『っ!?ど、退きなさいよ!』

 

「うお!?何だ。レイナ少尉か」

 

しかし何故かレイナ少尉は頬が赤い。一体何故?

 

『うう…初めてだったのに。私の…ファーストキスが。シュウ!責任取りなさい!』

 

「ちょっと待てーーーい!ドムがくっ付いただけやん!ドムでファーストキス済ませちゃうの!?良いんですか!?」

 

この後更にグダグダになる。最早収集がつきそうになかった。

 

「畜生!これで終わりだ!もう俺は帰るからな!」

 

俺の叫び声が空に響いたのだった。

 

 

 

終わり

 




なんか妄想しちゃったんだ……後悔しか無い(キリッ)







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。