宇宙世紀と言う激動の中で。   作:吹雪型
<< 前の話 次の話 >>

7 / 85
地球降下阻止作戦

ルナツーに着いてから約一ヶ月が過ぎようとしていた。この間に戦局は、更に大きく動こうとしていた。

ルウム戦役にレビル中将が捕虜となる。そして、ジオン公国軍は地球連邦政府に対して停戦協定を提示する。内容はジオン公国優勢の内容だ。しかし、地球連邦軍にそれを止める力は無かった。だが、事態は此処で大きく揺らぐ。

レビル中将がジオン公国から脱出したのだ。そして、条約締結を行なってる最中にルナツーより全地球規模にて演説を行う。

 

『ジオンに兵無し』

 

ジオンの内情を世界中に伝えたこの演説を皮切りに、地球連邦政府は条約の見直しを決定。そして、大量破壊兵器である核やNBC等、コロニーや小惑星の使用禁止。特定地域の攻撃禁止。捕虜の取扱いについてのみ締結したのだった。

 

宇宙世紀0079.1月31日。この日よりルナツーでは待機命令が出される。ジオン軍に動きがあると情報が有ったからだ。

宇宙世紀0079.2月7日。ジオン軍が地球降下作戦を実施する。そして、この地球降下を阻止する為に地球連邦宇宙軍はルナツーより出撃するのだった。

 

……

 

ルナツー内の連邦軍は出撃態勢を整えていた。

今回の作戦は地球に降下するジオン軍に対し攻撃を仕掛け、地球降下を阻止する。その為、味方に多数の被害が出るのが予想されていた。だが、このままジオン軍を見逃せば地球侵攻を許してしまう。黙って見過ごす程、地球連邦宇宙軍は甘くは無いのだ。

 

「これより最終ブリーフィングを行う」

 

指揮官の言葉に全員が耳を傾ける。

 

「現在ジオン軍は地球降下の為、我々の故郷である地球に向け進行中である。しかしジオン軍にとって、その間は大きな隙となる」

 

モニターにジオン軍の布陣と連邦軍の布陣が出される。

 

「敵もモビルスーツを展開している筈だ。しかし、我々の全ての戦力の足止めは不可能である」

 

連邦軍の方からジオン軍に突っ込む様に矢印が出される。

 

「先ずはミノフスキー粒子を展開。その後艦隊の持つミサイルを全力射撃。それと同時にセイバーフィッシュ、トリアーエズ隊も突入。艦隊も戦闘機隊に対して援護射撃を継続する。何か質問はあるか?」

 

理論上では降下中のジオン軍に大打撃を与えている。だが、敢えて言わせて欲しい。

 

(無理だろコレ)

 

流石に発言するのは無理だが、こんな作戦無理です。絶対無理。圧倒的戦力を持ってても大敗北した連邦軍だ。にも関わらず、この戦力で攻めに行くとは……。

チラリと周りを見る。誰もが真剣な表情で説明を聞きモニターを見ていた。そして出撃準備に入る。機体はセイバーフィッシュだ。俺が確保したザクⅡは機体解析中だそうだ。

 

「コートニー伍長、指示通り機体の出力を限界まで上げて起きました」

 

「ありがとう。コレで少しはマシになるかな」

 

整備兵にお願いしてセイバーフィッシュの出力を上げて貰ったのだ。加速と最高速度は上がったが、代わりに継戦時間は減ったが。だが、モビルスーツに対して長期戦は厳しいから丁度良いだろう。因みに二階級昇進して伍長になった。理由はザク4機撃破とザクⅡの確保だ。

 

「あの、伍長。自分は整備兵です。ですが、この機体の出力で戦闘機動を行うと身体に掛かる負荷が大き過ぎます」

 

「大丈夫さ。多少の無茶は承知の上だ。それに、これぐらいやらないとモビルスーツと戦えない」

 

「伍長……了解です。自分も最終チェックします」

 

整備兵は敬礼をして俺のセイバーフィッシュのチェックに入る。

 

「助かる」

 

俺もセイバーフィッシュに乗り込み機体チェックをする。そして、遂に出撃の時間になった。

 

『全戦闘要員は直ちに戦闘配置について下さい。繰り返します。全戦闘要員は直ちに戦闘配置に』

 

警報と同時にアナウンスから出撃命令が下される。セイバーフィッシュとトリアーエズはマゼラン級やサラミス級に無理矢理取り付けて出撃する。

 

『総員に告ぐ。私はルナツー第2艦隊指揮官、ヴェルノ・ノリマー准将である。これより我々はジオン軍に対し地球降下阻止作戦を実施する。この作戦が成功する為には、諸君達の奮戦により一層期待する。以上である!ルナツー第2艦隊、出撃!!!』

 

それと同時に艦隊は発進する。俺はマゼラン級 パラマウンに運ばれてる。そう、パラマウンは以前助けた戦艦だ。そして近くにいるサラミス級も同じだった。

 

『コートニー伍長、今大丈夫かな?』

 

「バリス艦長。何でしょうか?」

 

『何、大した事では無い。この作戦が成功するかどうか、モビルスーツに乗った事のある君の考えを聞きたくてね。

 

「そうですね。多少のダメージを与える事は出来るでしょう。ですが、甚大な被害を受けるのは間違い無いかと」

 

俺達戦闘機隊も危険だが、艦隊の方も危険だろう。それに敵も降下中に攻撃が来るのは分かってる筈だ。

 

「厳しい戦いになりますね」

 

『そうか…。貴重な意見ありがとう』

 

バリス艦長はそう言って通信を切る。もしかしたら気休めの言葉が欲しかったのかも知れない。しかし、そんな嘘を言って何になる?

 

「俺に出来る事なんて、目の前の敵を倒すぐらいだし」

 

逆に殺される可能性の方が高いけど。俺はセイバーフィッシュのコクピットを眺める。この機体が俺の全てだ。なら、これで戦うしか無いんだ。

不安を押し殺す様に操縦レバーを握り締めるのだった。

 

……

 

間も無くジオン降下部隊と遭遇する。誰もがそう思っていた。だが、上方のサラミス級が突然爆発した。何事かと思うとザクが攻撃を仕掛けてきたのだ。

 

『対空監視!何をしていた!』

 

『敵が突然現れたんです!恐らく残骸に隠れていたかと!』

 

『言い訳は要らん!兎に角迎撃だ!』

 

更にザクだけでなく、ムサイ級巡洋艦も多数待ち構えていた。艦隊から多数のメガ粒子砲が射撃される。その御返しだと言わんばかりに反撃も来る。

 

『一部の艦隊は敵の足止めを行え!残りは降下部隊に攻撃だ!急げ!』

 

ヴェルノ・ノリマー准将から命令が来る。そして、マゼラン級パラマウンは前進する。他の戦艦、巡洋艦も更に続いて行く。しかし、ジオン軍の防衛網はかなり過激だ。絶対にこれ以上来させないと言わんばかりにミサイルやメガ粒子が飛んで来る。

 

『各艦に通達。間も無く敵の降下部隊が見える筈だ。ミサイルの発射準備を開始。それと同時に戦闘機隊を発進させる』

 

しかし、事は上手くいかない。そう、あの赤いザクが連邦軍艦隊の真正面に現れたのだ。

 

「バリス艦長!このままだと全滅する!今直ぐ戦闘機隊を発進を!」

 

『駄目だ!命令に従うんだ!』

 

(このままだと死ぬ。なら、命令違反でも構うもんか!)

 

セイバーフィッシュに火を入れてワイヤーをパージする。そして、一気に赤いザクに近付く。

 

(赤より紅だな…どっちも変わらんか)

 

小型ミサイルを発射する。だが、余裕で回避される。反撃がくるが此方も宙返りで回避する。そして、俺の背後に取り付く。

 

「想定通りだよ。このヤロー!」

 

そのまま地球の重力も利用して加速させる。そして目の前に多数の光を確認する。最初に見えたのはザクだ。向こうも此方に気付きマシンガンを撃ってくる。

 

「当てれるもんなら当ててみろ!」

 

更にセイバーフィッシュを加速させる。機体アラートが鳴るが無視する。ザクが斧を持って接近して来る。そして、腕を振り上げるのと同時に回避する。他のザクも迫って来るが1機のザクにメガ粒子砲が直撃して爆散する。その間に更にメガ粒子砲が飛んで来る。

 

「俺に当てるなよ!て、うわあっ!?」

 

セイバーフィッシュの真横をメガ粒子砲が通り過ぎる。この場に居るのは危険過ぎる。俺は更に危険な場所へ向かう。そう、ジオン軍地球降下部隊だ。

そして遂に見えたのだ。ジオン軍地球降下部隊だ。だが、ジオン軍のムサイ級巡洋艦がメガ粒子やミサイルを撃って来る。それを勘だけで避けて行く。背後にはザクは付いて来ていない。流石に味方艦隊の射線に入りたくは無いだろう。周辺の敵が慌ててるのが手に取るように分かる。

 

「これでチェックだ」

 

小型ミサイルを乱射する。更に対艦ミサイルを大気圏突入カプセルに撃ち込む。そのまま一気にUターンして追い掛けて来るザクにバルカンを撃ちながら突っ込む。

 

『何だこいつ。すばしっこい!』

 

『気持ち悪い動きをする』

 

『連邦の新型か!?』

 

いえ、唯のセイバーフィッシュです。そのまま上方に向けて逃げる。その時、背後で爆発が起きる。後ろを振り向くと、先程対艦ミサイルを撃ち込んだカプセルが爆発していた。恐らく弾薬等が沢山入っていたのだろう。だが、当たりどころが悪かったのか直ぐに大気圏に落ちていった。

 

「仕方無いか。うげ、燃料が少ない」

 

急いで連邦艦隊に向けて逃げる。一部の艦隊と飛行隊が被害を無視して突撃するが、ザクとムサイによって阻まれてしまう。

それでも攻撃を行なうが、殆どの攻撃は効果が無かった。地球と言う重力がメガ粒子砲やミサイル弾道に影響してしまったのだ。

そして降下阻止作戦は失敗に終わった。しかしルナツー第2艦隊の本当の戦いは此処から始まるのだった。








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。