とある海賊の奇妙な冒険記【更新停止中】   作:解放したPNTマン
<< 前の話 次の話 >>

13 / 43
主人公日記 十ページ目

 ¥月い日

 何となく予想していたが、オレの懸賞金が上がっていた。1億上がって3億になっていた。ちなみにユースタスは5000万上がって2億1500万に。
 青雉と戦った事は新聞には載っていないが、少なくとも海軍の間では知らされていると見て良い。これから遭遇する敵のレベルも高くなる事だろう。クルー達も先日の事があったからか、喜ぶのではなく気を引き締めていた。……まぁ、今のところは好きにさせとこう。


 ¥月ろ日

 青雉と戦っていた時の事を思い出して、ふと気になった事があった。それは、ユースタスの攻撃が何故ロギアである青雉に当たったのか、だ。
 ユースタスの能力は武器……というよりも金属を引き寄せたり突き放したりする能力だ。武装色の覇気を使ったのかと思ったが、そのような気配はしなかったし、オレが使っているのを見て驚いていたようにも見えた。だから、奴が何かしらの技をしたのでは無く、オレが……オレのスタープラチナが何か影響を与えたのでは無いか。

 そう考えてメアリーに相談すると、その可能性は大いにあると言っていた。それどころか、何か掴んだのか『キッドの攻撃が当たった理由が分かったら、戦力アップに繋がるかもしれない』と言っていた。そしてその事についてはこっちが調べるから、オレはスタープラチナを自然に操作できるように練習しておけ。色んなモノに手を出すよりも、一つのことに集中してた方が良いから、とも言っていた。
 能力についてはメアリーの方が詳しいので、オレはその助言に従ってスタープラチナの訓練に勤しんでいる。ギンに手伝って貰いながら。


 ¥月は日

 オレとスタープラチナ。どちらかが動くと片方の動きが悪くなる。単純な作業……ラッシュなどは問題無いが、複雑な動きをしようとすると途端に隙が増える。これじゃあ大将クラスに通じねぇな。
 何か良い案は無いだろうか? そう思っているとメアリーからの指摘が入った。どうやら、意識する事自体良くないらしい。そう考えている時点で、スタープラチナを……オラオラの能力に振り回されている、と。

 良く意味が分からなかったので、実践してみるとメアリーが言って……すれ違いざまに下着のシャツだけを抜き取りやがった。少なくとも、以前CP9と戦った時は、こんなに自然に出来なかった筈だ。そう思って聞くと、どんな能力でも使い方次第であり得ないような事もできる。そして、その域に至るにはできて当たり前だと思う事だと言っていた。メアリーは、日常の生活の何気ない生活でも使い続けてここまで至ったらしい。それにしてもレベルの上がり方が半端ないが……。そう思って聞くと、こういう能力の使い方を考えるのは得意、というか好きだと言っていた。見本となる知識もあるとか……。

 それで、結論を言うとオレも常日頃から使って慣らすべきだ。その為の第一段階として……キャベツの千切り。新聞の書写。折り紙を命じられた。……本当に強くなれるのだろうか? 思わずそう尋ねると、基礎の戦闘能力は親父に鍛えられているから、そっちを鍛えてもあまり意味が無い。スタープラチナがオレの体と同じくらい動くように――動かす、ではなく動く、がミソらしい――精密かつスピードを鍛える為に今できるのはこれくらいだと言われた。船の上で出来るのはこれくらいだと。それと、気絶しない程度にスタープラチナを使うようにとも言われた。持続率を上げるのと、やはり慣れる為にも必要な事らしい。

 ……やれやれ。アイツも親父の娘だな。ギリギリ出来るラインを見極めてやがる。


 ¥月に日

 なんだか、介護を受けているみたいだ。
 飯も、風呂も、着替えも全部スタープラチナでやっているからか落ち着かない。メアリーはその気持ちが無くなればスタープラチナの動きも良くなると言っていた。
 ちなみにメアリーも似たような事をしていた。スカスカの身で脱ぐ服と着る服を透過させてタイミング良く解除し、まるでマジックの様な早着替えだった。クルーの奴らは、覗けないと泣いていたが……。
 だが、そんなメアリーでも通り抜ける事が出来ない物がある。それは、海水だ。岩に当たりそうになった時、透過せず回避したのは海に面している船の部分を透過する事が出来なかったから。
 便利だと思っていたが、出来る事と出来ない事もあるんだな。


 ¥月ほ日

 メアリーから、例の件がわかったと言われた。クルー達にも手伝って貰う事に。
 用意したのはただの棒切れだった。メアリーはそれをクルーに持たせて、透過した状態のメアリーの手に当ててくれと言った。
 1回目。当然ながら失敗。
 次に、オレがオーラを纏わせて当てる。結果は成功。
 その次は、オレがメアリーの肩に触れてオーラを流した状態でクルーに触れて貰う。結果は……成功。
 最後に、棒切れにオーラを纏わせたクルーに当てて貰う。結果は、成功。

 実験が終わって、メアリーが言った。ユースタスの攻撃が当たったのは、青雉の体に大量なオーラが流し込まれて残留していたから。もしくは、ユースタスが飛ばした武器にオレのオーラが纏わせてあったから。意識が朦朧だった為、詳しい事は覚えていないが……メアリーの考察は正しいと思う。オーラの塊であるスタープラチナが青雉を殴ったのは覚えているし、こっちに飛んで来た武器をオーラで纏った腕で弾いた……様な気がする。

 そして、今回の事が分かったメアリーは嬉しそうにしていた。これから先のロギアへの対抗手段が手に入った、と。それもクルー全員の。
 覇気を覚えるのが早いが、センスも時間が居る為に直ぐには無理だが、相手は待ってくれない。そこで判明したオレのオーラ付与は武器になると言っていた。
 特に、触れ続けていなければならない覇気よりも、間接的かつ半永続的に強化できるオーラなら汎用性があるとの事。覇気が使えない現状なら尚更に。

 強敵には苦しいが、無抵抗にやられる事は無い。
 唯一の欠点は、触れる事ができる様になるだけで、覇気のように硬化できる訳では無いという事だろうか。


 ¥月へ日

 昨日判明したオーラ付与の事だが、その事ですこし揉めた。

 クルー達が、オレに負担を掛けたくないと言って来たのだ。自分たちで強くなると決めたのに、オレの力で戦える様になっても意味が無いと。それくらいなら覇気を覚えて力になりたい、と。
 それに対してメアリーが、確かに覇気を使えたら強くなれる。でもそれは将来的にという意味であって今すぐでは無い。使えるようになるには才能があっても年単位で掛かるし、使えないかもしれない。だったら、今出来ることを考えてオレの力に頼るべき。

 どちらの言い分も分かるが、少し意固地になってしまった。
 クルー達は強くなりたい。それはメアリーも同じだ。
 違うのは方法で、それに納得できるかできないか、だ。
 それに、行き着く先は同じだ。メアリーもオレの力に頼り切るつもりは無いと言っていた。アイツらなら、何時か覇気を使えるようになる。

 だから、オレは強くなるという意味を考えて、もう一度お互いに考えて欲しいと伝えた。オレが船長命令で決めたらその場は何とかなるだろう。この先の危険を考えればその方が良いのかもしれない。しかし、それは一種の思考放棄なのでは無いかと思う。

 少し、他人事だとも思うかもしれない。
 だが、オレだけが強くなっても、考えるだけではダメなのは分かり切った事だ。
 今、オレ達は成長しようとしている。その機会をみすみす見逃すっていうのは違うし、奪う訳にはいかない。

 答えだけを得ても意味が無いのだ。


 ¥月と日

 偉大なる航路(グランドライン)は普通の海と違う。
 突然現れた嵐は、それを強く痛感させる程の激しさだった。全身を叩きつける豪雨。船を浮かす程の竜巻。生き物のように暴れる大波。舵を取ることもできず、皆船にしがみ付くので精一杯だった。途中で振り落とされてしまえば終わりだ。


 さて、久しぶりに漂着したが……一体此処は何処だろうか?
 やれやれ。偉大なる航路(こっち)に来てからは遭難する事が無かったんだがな……。とりあえず、何とかアイツらに連絡しねぇとな。
 それにしても、帽子がねぇっていうのも落ち着かないな。結構気に入って居たんだがな。


 ¥月ち日

 森の中に入ったが、流石は偉大なる航路(グランドライン)。奇妙な生物でいっぱいだ。なんというか、動物と植物が入り混じったような生物が多い。普通の動物もいるっちゃあいるが、この森ではヒエラルキーが低いようで、餌として捕食されている。


 ¥月り日

 森を抜けた先に国があった……のだが、どうも様子がおかしい。
 高い外壁で中が見えず、門番は銃を持っている。あの森の生物を見た後だと、警戒しているのは当然の事だと思った。そう、ここまでは良い。しかしまさか通行料が払えないと見るや否や発砲してくるとは思わなかった。
 取り敢えず気絶させて服を失敬して中に入ったが……何というか活気が無い。兵士以外は見窄らしい格好をし、首輪をして生活している。まるで奴隷だ。
 しかも空き家が多く、オレがこうして悠々と使う程度には管理されていない。電伝虫も居ないし、アイツらに連絡する事も出来ない。恐らく、この国の中央にある城にあるのだろうが……嫌な臭いがしやがる。
 嗅いだ事のない、悪意の塊の臭いだ。それも飛びっきりの。


 ¥月ぬ日

 いきなり襲撃を受けた。国の兵士かと思えば、イヤに手強い。
 特にあの鉄パイプを持った男。覇気を使っていた。メアリー曰く、偉大なる航路(グランドライン)前半で覇気を使う人間は少ないって言っていたが……何故こうも鉢合わせる?
 それに、妙な体術を使う女も居たな。空間のオーラを揺らしていやがった。
 何とか撒いたが、次に遭ったら厄介だな。特にあの鉄パイプ野郎。

 明日には城に忍び込んでみるか。
 メアリー達に連絡を取って、そしてこの国の現状を理解する為に。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。