とある海賊の奇妙な冒険記   作:解放したPNTマン
<< 前の話 次の話 >>

17 / 52
シャボンディ諸島編
二つの海賊団


「ん? なんだ?」

 

 先ほどちょっとした戦闘で傷がついたため、船――サウザンドサニー号を修理していたフランキーが、こちらに向かってくる人影に気が付いた。

 数は二十人くらいだろうか。見るからにガラの悪い恰好をしており、一目で同業者……海賊だと分かった。

 恐らく、麦わらの名を聞いて名声を取りに来たのだろう。体に仕込まれた兵器の調子を確認しながら、フランキーはこの船に残った二人の仲間に声をかけた。

 

「おい! 敵が来たぞ!」

「え!? マジかよおい!」

「聞いた通り治安が悪いんだな……ご苦労なこって」

 

 報告を聞いたウソップは震え上がってビビり、サンジは煙草の煙を吹きながら立ち上がる。ナミに頼まれて留守番していたが、まさか本当に来るとは思わなかったようで、海賊の柄の悪さと欲深さに呆れの声を出した。

 

「……」

 

 先日の傷は、もう癒えている。ゾロの献身によって。

 次にあのような強敵が来れば――そんな事を考えつつ、彼は船の上から敵の姿を確認した。

 敵は、ゾロゾロと船に近づく。しかし、何処か様子がおかしい。武器を持っておらず、顔は緊張して、そして敵意が感じられない。

 どういうことだ? 違和感に眉を潜めていると、近づいてきた海賊がこちらに向かって大きな声で次のように述べた。

 

「――此処に、狙撃の王様そげキングが居るのを確認した!! 話がある! どうか、船に上げて貰えないだろうか!!」

 

「……お呼びだぞ、そげキング」

「なんでじゃああああ!!??」

 

 お目当てはどうやらウソップなようで、指名されたウソップが卒倒しそうなほど顔を真っ青にさせて絶叫した。

 え? なにかした? ……しましたね。でも、他の奴らと比べたら可愛いもんだろうおれは!? とウソップは内心混乱しまくっていた。

 

「早く追っ払ってくれよ。船を直してーんだ」

「宝が目当てじゃないなら良いか。ナミさんも許してくれる」

「鬼か貴様ら!?」

 

「あの! お返事は!?」

「ひい!?」

 

 切迫した状況ではないからか、サンジとフランキーは素っ気ない。

 どうやら一人で切り抜けないといけないようで、急かしてくる海賊の前に嫌々ながらウソップは姿を現した。……そげキングとして。

 

「私に何か用かね、海賊の諸君!」

 

 仮面とマントを身に着け、腕を組むその姿に彼らがどよめきの声を上げる。

 口々に「手配書と同じだ」「あれが、世界政府の旗を撃った……」「なんか、貫禄あるな」と評価を口にする。その反応にウソップは、あれ? これ意外とイケるんじゃね? と思い直した。このまま堂々としていれば、彼らは逃げ出すかもしれない。

 

「あの、すみません! あなたがシロップ村のウソップですか!?」

「――」

 

 そんな楽観的な考えは吹き飛んでしまったが。

 どういうわけか、彼らはウソップの正体を見破っていた。ご丁寧に出身地を添えて。頭が真っ白になり、ウソップは体を硬直させた。そげキングとして手配書に載っていた安心感が打ち壊され、心臓がキュッとなる。

 サンジとフランキーも流石に妙だと思ったのか、眉を顰めて彼らを見た。もしかしたら、厄介な相手なのかもしれない。とりあえずウソップには相手から情報を引き出して貰おうと思い……。

 

「いや、おれはそんな男は――」

「ウソップさんですよね?」

「いや、ちが」

「ウソップさんですよね?」

「あの、だから」

「ウソップさんですよね?」

「…………はい」

「なに押し負けてんだ!?」

「だってよ~サンジ~」

 

 青を通り越して白くなった顔のまま、ウソップは口元を押さえた。もう、死ぬかもしれない。

 あっさり正体を明かした仲間にキレつつ、サンジは眼下の海賊たちに尋ねた。

 

「で、うちの狙撃手に何か用か?」

「何って。そんなもん――」

 

 ――挨拶に決まっているでしょう?

 そう言って、彼らは笑みを浮かべた。まるで、これから起きる出来事が楽しみで楽しみで堪らない……そんな笑みだった。

 ウソップは彼らの引きつった笑い声にヒュッと息を吸って気絶しそうになる。フランキーは少しだけ同情の視線を向けた。サンジは、新しい煙草に火をつけて一服。

 これは、思っていたよりも面倒な事態になった。偉大なる航路(グランドライン)前半を制覇した海賊たちは、どうやら頭のネジが飛んでいるらしい。

 いや、三人しか居ない時を狙ったと考えると用心深いと言うべきか。

 ともかく、戦闘は避けられないらしい。

 

「お、お前ら! おれに手を出してみろ! 八千人の部下が黙ってねーぞ!」

「バカ。この島まで来た海賊がその程度でビビる訳が――」

 

「え!? 八千人!?」

「そんな数相手にできねえよ!」

「せ、船長に言ったらどうにかなるかな……」

 

「信じるのかよ! このくそ海賊ども!!」

「落ち着けよサンジ。……で、お前らいったい何なんだ」

 

 何なんだこいつら。率直にサンジはそう思った。

 やりにくいったらありゃしない。

 完全に相手のペースに乱されている二人を見て、フランキーがため息を吐き、海賊たちに何者かと聞いた。

 目的を知るためにも、まず相手の素性を明らかにした方が良い。

 そう思って何気に尋ねた。

 

「あ、これは申し遅れました。俺たち、クルセイダー海賊団の一味です」

「なるほど、クルセイダー海賊団――」

 

 そこまで言って、フランキーの言葉は止まった。

 耳から入った情報が脳に辿り着き、理解するのに時間が経った。しかし、それが終わると瞬時に腕に備え付けられた銃口を相手に向け、最大限の警戒を示す。横のサンジも足を構えていつでも攻撃できるように備えた。

 

「は!? クルセイダー海賊団!?」

 

 ウソップが驚愕の声を上げる。クルセイダー海賊団と言えば、以前自分たちが手も足も出なかった青雉に傷を負わせ、ルフィの祖父であり海軍の英雄であるガープが「手を出したら死ぬぞ?」と警告して来たイカれた海賊たちだ。

 そんなやばい奴らが、何故自分たちに近づく?

 三人は、思いもよらない緊急事態に内心悪態をついた。

 こんな奴ら相手に、船を守り切れるのか?

 決死の表情を浮かべたサンジ達に、クルセイダー海賊団は……。

 

「……あれ? なんか空気やばくね?」

「実は、俺も何となーくそう思ってた」

「これ、怒られるパターンじゃん」

「……拳骨? 生き埋め? 説教?」

「フルコースですね、分かります」

 

 ようやく互いに認識の違いがある事を理解したらしい。しかも、それを解くには容易ではないくらいに。

 ちょっと兄弟との再会を楽しみにしている船長にサプライズを、と思っていたのにどうしてこうなった。このままではトップスリーに怒られてしまう。

 そこまで考えて、彼らは思いだした。此処に来る前に、誰と行動していたのかを。

 そして「問題起こしたら、分かっているよな?」と凄まれたことを。

 そして……「トイレ行くから先に行っていてくれ」と言っていった事を。

 

「――おい、お前ら。何をしているんだ?」

 

 背後から、クルセイダー海賊団にとって聞き慣れた……そして、サンジにとっては久しい声が聞こえた。

 男達は、後からやって来た彼の名前を叫んだ。

 

 ――ギン、と。

 

 

▲▽▲▽▲▽

 

 

「ん?」

「どうしたの、ナミ?」

 

 30GR(グローブ)にてショッピングを楽しんでいたナミの目に、一つの人だかりが見えた。それに気づいたロビンが尋ねると、彼女はすっと指さす。

 指の先では、どうやら女と男が揉めているらしく、言い争う声が聞こえる。

 海賊が多いと耳にしていたが、こんな所でも騒動を起こすのか。海賊の荒々しさに自分の立場を棚に上げてため息を吐くと歩き出す。それを呼び止めるのはロビンだ。

 

「ちょっとナミ。ここで騒ぎを起こしたら……」

「なに言ってんのよ。私は止める側。それに、あんなの放っておけないわ」

 

 船長であるルフィの影響か、ナミは何でもないようにそう言った。その様子にロビンは困ったような……しかし嬉しそうな笑みを浮かべて彼女に続いた。やはり彼女も麦わらの一味だということだ。

 二人が近づくと、喧騒の声の内容が聞き取れるようになって来た。周りの観光客は迷惑そうに見るものの、止めようとはしない。面倒ごとには関わりたくないなのだろう。

 

「いや、だから私知らないって」

「嘘つけ! お前がおれの弟の財布盗んだのを、この目で確かに見たぞ!」

「そうだ! そうだ! おれの財布盗んだろ!」

 

 一人は、綺麗な金髪の少女だった。同性のナミから見ても綺麗だと思うほどの女性で、そっと吐くため息は色気に満ちている。横目でチラリと見ると、ギャラリーの何人かは彼女の色香にやられて目をハートにしていた。

 対して、そんな彼女に因縁をつけているのは体が大きく、そして筋肉のついた男たち。かつて、海賊専門の泥棒として磨き上げられた観察眼が言っていた。彼らは海賊だと。小奇麗な服を着て市民に成り済ましているが一発で分かった。

 

「証拠でもあるんですか?」

「そんなもん、お前の体を調べれば分かるだろう!」

 

 そう言って、男は彼女の腕を掴んだ。

 とんだ言いがかりだ。男の欲望で淀んだ目を見れば、何を目的に彼女に絡んだのか理解した。財布を盗られた弟だという男も、浮かんだ笑みを隠し切れておらず、口元から下劣な声が出てきた。

 

 ――放っておけない。そう思って一歩踏み出そうとしたナミをロビンが止めた。仲間からの予想外な行動に思わず、振り返って何故? と非難の視線を送る。だが、それ以上にロビンの表情は険しかった。

 

「相手は、9800万ベリーの賞金首よ」

「え!?」

 

 ロビンの口から放たれた言葉に、思わず体を硬直させる。

 一歩1億に届いていないが、それでも高額の賞金首だ。少なくとも、自分一人では手に負えないだろう。

 しかし――。

 

「だったら! なおさら――」

「違うわ、ナミ。賞金首なのは……彼女の方よ」

「え?」

 

 

「ぎゃああああああ!?」

「あ、あに――う、うわああああああ!?」

 

 瞬間、どよめきと悲鳴が上がった。

 ロビンに向いていた視線を元に戻すと、そこには信じられない光景が広がっていた。

 少女に絡んでいた男たちの胸から下が地面に埋まって、そして尚も下に沈もうとしていた。それを為したのは、男たちの頭に軽く触れている――金髪の少女。

 

「な、なんだこれ? 助けてくれええええ!!」

「こわい! こわいよあにきいいいい!」

「……命乞い? 助かりたいの?」

 

 未知の恐怖に震える男たちを撫でながら、少女はゾッとするような冷たい声で囁いた。

 彼女の言葉に男たちは全力で頷き、「自分たちが悪かった」「もうしない」「嘘ついてすみませんでした!」と泣き叫ぶ。

 

「そう……でも、あなた達はそう言って命乞いする人たちは何人殺したの?」

「あ、ああ……」

「いざ自分の番になったら許してくれって頼み込むなんて――虫の良い話だと思わない?」

「ああ……あああああ……!」

「――地獄の底で、一生懺悔していなさいな」

「あああああああああ――」

 

 叫び声を最後に、男たちは完全に地中へと消えた……。

 

「――よっと」

 

 そして、すぐさま少女は今し方埋めた男二人を引き上げた。男たちは恐怖で死んだと思ったのか、酷い顔で気絶している。

 

「起きる前に、海軍に引き渡しといてください」

 

 ドサリと捨てられた二人を一瞥した彼女は、すれ違いざまに一連の出来事を見ていたギャラリーの一人に頼むとその場を後にした。

 

 彼女が居なくなると、次第に静かになっていたこの場に人の声が戻り、ざわざわと騒ぎ立つ。引き渡しを頼まれた男は他の者たちと共に気絶した男を縛っていく。

 その光景を見ながらナミが一言。

 

「何だったの、あれ……」

 

 ナミの呟きに答えたのは、ロビンだった。

 

「“邪眼”のメアリー。クルセイダー海賊団の副船長よ」

「え!? あの子が?」

「ええ。手配書では手で顔を隠しているけど……色々と噂を聞くわ」

 

 曰く、その瞳の前では海王類は首を垂れるしかない、だとか。

 曰く、邪眼で睨まれた者は寿命が削られ死に至るだとか。

 曰く、彼女の邪眼は全てを見通し、相手の思考や過去現在未来を意のままに操るだとか。

 

「それ、本気で言っている?」

「少なくとも、世界政府は“邪眼”という通り名を名付けるほどに危険視している。もっとも――」

 

 それ以上に危険視している存在が、トップにいるけどね。

 ロビンの言葉にナミは複雑そうな顔をし、悠々と歩き去る“邪眼”のメアリーの背中を見つめていた。

 

 

(やっば!! あれって絶対ナミとロビンじゃん! 私、緊張してやらかしていないよね!? 恥ずかしいことしていないよね!?)

 

 本人が何を考えているのか知らずに……。

 

 

▲▽▲▽▲▽

 

 

 ハチの案内の元、コーティング職人であるレイさん(・・・・)に会うべく、シャッキー’sぼったくりBARにやって来たルフィたちは、店主のシャクヤク……シャッキーにこのシャボンディ諸島に集った超新星達の話を聞いていた。

 

「――この中の誰かが次世代の海賊達を引っ張っていく存在に成長するかもね。いずれにしろ、これだけのルーキーが一気になだれ込めば新世界も只じゃ済まないわ。

 キャプテン・キッドがキミより賞金が高いのは、民間人に多大な被害を与えていたから。今はその辺大人しくなっているけど……」

「……う~ん?」

「あら? どうしたのモンキーちゃん。キャプテン・キッドの事。会ったことあるの?」

「いや、ソイツじゃねえ。クル……何とかの海賊のジョジョって奴の話をどっかで聞いた事あるんだ。何処だったかなー?」

 

 しかし、ルフィはあまりシャッキーの話を聞いていなかった。ライバルがたくさん居るという事は何となく分かったが、その中で出てきた名前がずっと気になっていた。

 結構最近だったような? と頭を捻って思い出そうとするルフィ。そんな彼に助け舟を出したのはチョッパーだった。

 

「ルフィ。お前のじいちゃんが言ってぞ。ウォーターセブンで」

「え? そうなんですか?」

「あ~。確かじいちゃんがそんな事言ってたな」

「ふふふ……あのガープが警告を、ね。まぁ、それも当然かもね。ジョジョくん、あのガープに加えて青雉、赤犬から逃げたんですもの」

 

 さらりとシャッキーがつい先日新聞の一面を飾った話題を口にすると、ルフィたちは目を大きく開いて驚いた。

 

「え~~~~!? じいちゃんと青キジから逃げたのか!?」

「ちょちょちょちょちょちょっと待ってください! 大将二人とルフィさんのおじいさんから逃げるって、驚きすぎて目が飛び出そうなんですけど! あ、私目が無いんですけど。ヨホホホホ!」

「やっぱ5億って凄いんだな……」

 

「――そう。彼は単純な強さであそこまで上り詰めている。超新星の中でも特別よ、彼は。それに、彼結構良い男だったし」

「にゅ? シャッキー。ジョジョの奴此処に来たのか?」

 

 シャッキーの言葉に引っかかる所があり、別の席で話を聞いていたハチが彼女に尋ねた。すると、シャッキーは頷いた。

 すると、今度はルフィがハチの言葉に反応した。

 

「なんだお前ら。そのジョジョって奴と知り合いなのか?」

「ジョジョっちんとは友達だよ!」

「そして同じスターであり、同志でもある!」

「にゅ~。此処に来る途中一緒に航海したんだ。途中で別れたんだけどな」

 

 言い忘れてすまん、とハチは謝った。トビウオライダーズや天竜人の件でドタドタし、伝える機会が無かったのだ。

 

「ナミに後で伝えねえとな」

「うん? なんでそこでナミが出てくるんだ?」

 

 ハチが零した言葉に、チョッパーが反応する。

 ブルックもルフィも首を傾げて不思議そうにしている。しかし、その反応を見てハチもまた不思議に思った。

 

「にゅ? だってジョジョとナミは昔に会った事あるって言っていたぞ」

「え――」

 

 

『えええええええ!?』

 

 ブルックとチョッパーの驚きの声が、店の外まで響き渡った。

 

 

▲▽▲▽▲▽

 

 

「おい、そこのアンタ」

「ん?」

 

 銃で撃たれて怪我をしている男を担いでいたゾロは、少し困っていた。病院に連れて行こうにも場所が分からない。道を尋ねようにも、通行人は面倒ごとはごめんなのかゾロを避けて足早に歩いていく。ゾロも、そんな気の悪い相手に頼りたくない。しかし、すぐにでも肩に担いだ男を病院に連れて行きたく、適当に近くを通った男に話しかけた。

 すると、ゾロが話しかけた男はこちらを向き……目の色を変えた。少なくとも、他の奴らよりも話が分かると思った。

 

「病院を探している。場所、教えてくれないか?」

「……そこを真っすぐ進めば直ぐに着く」

「悪いな、ありがとう」

 

 道を聞いたゾロは言われた場所に向かって歩き出そうとする。しかし、それを男が呼び止めた。

 

「待ちな」

「あん?」

「その男……出血が酷い。応急処置をするから貸せ」

「は? おい――」

 

 そう言うと、男はゾロから怪我人を引き剥がすと地面に寝かせる。

 そして体をじっくり見ると、血が出ている傷口を見る。

 

「弾丸が入ってやがるな」

 

 すっと男が手を差し伸ばすと――次の瞬間、彼の手には銃弾が現れた。

 その様子を背後から見ていたゾロは、目を細めた。

 

(青……いや、紫か? 一瞬何か見えたような――)

「終わったぞ」

「ん? そうか」

 

 思考に耽っている間に、治療が終わったようだ。

 男が体を退けると、傷口が塞がって血も止まっていた。

 ――何かの能力か?

 そう疑問に思いながらも、ゾロが再び男を担ごうとすると……。

 

「……マリィ……」

 

 呻き声と共に女の名前が呟かれた。

 それを耳にした男は、視線を遠くにやって何かを確認すると、歩き出したゾロに言った。

 

「その男に伝えてくれ」

「あ?」

「取られたもんは、取り返す、とな」

 

 用件を言うだけ言って歩き去る男を見ながら、ゾロは思う。

 

(……強いな、あいつ)

 

 肌で感じた、底知れぬ実力に。

 

 

▲▽▲▽▲▽

 

 

「――1番GRに、レイさんが居るんだな?」

『うん、そうだよ。ヒューマンショップで売られてる』

 

 電伝虫でメアリーと話しながら、ジョットは黒服を着た男の頭から手を放した。辺りには気絶した同じような恰好をした男がおり、傍には涙を流して目の前の光景に絶句している女性。

 

「分かった。近くに居るからオレが向かう」

『あ、私も行くよ。……ちなみに、いま何しているの?』

「記憶消去と……整形だな」

『なにしてんの!?』

 

 メアリーからの突っ込みを聞き流しながら、ジョットは涙を流してお礼を言う女性を解放した。女性は己の婚約者の元に走り去っていく。

 そんな彼女を見送るジョットに、メアリーが恐る恐る言った。無駄だと思いながら。

 

『言っておくけど、天竜人には手を出さないでね?』

「善処する」

『分かっていたよこんちくしょう!』

 

 ガチャッと荒々しく通信を切られながら、ジョットは1番GRに向かって歩き出した。

 そこで再会と邂逅がある事を知らずに。

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。