とある海賊の奇妙な冒険記   作:解放したPNTマン
<< 前の話 次の話 >>

20 / 52
麦わらと星屑

 海軍を振り切った麦わらの一味とジョットたちは、シャッキーの元へと帰還し、そこで様々な話を聞いた。

 レイリーの正体。海賊王の公開処刑の真実。ポーネグリフ。

 レイリーは、海賊が……いや、世界が知りたい情報を幾つも知っていた。

 途中ウソップがひとつなぎの大宝(ワンピース)が最後の島に存在するのか聞こうとしてひと悶着あったが……レイリーからの話は一段落した。

 

 流れで話を聞いていたジョットは、今まで密かに抱いていた疑問が氷解して、ルフィへと視線を向けていた。

 

「何処かで見たと思っていたが……麦わら。お前のその帽子、シャンクスから託されたモノだったんだな」

「ん? おめぇシャンクスを知っているのか?」

「ああ。……アイツは、オレの憧れの人だ」

「……!」

「もしアイツと出会わなかったら……オレは海賊王を目指さず、海軍か賞金稼ぎにでもなっていただろう」

 

 レイリーの話と麦わら帽子を見て、ジョットは遠い記憶の日の事を思い出す。

 やりたい事が見つからず、親父に言われるまま体を鍛える何処か惰性的な日々。あの時のジョットには、人として生きる根っこの部分が無かった。

 それを変えたのがシャンクスだ。

 ジョットは普段誰にも口にしないが……ルフィの前では饒舌に語った。

 

「オレは、アイツ……いやあの人に感謝している。だから嬉しいんだ……シャンクスが己の宝物を託した海賊と、こうして会えたのが」

「……ししし! おれも嬉しいぞ! 同じようにシャンクスに憧れた奴が居てよ!」

「だが、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つけるのはオレだ。友の恩人といえど、これだけは譲れねえ」

「なんだと! ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つけるのはおれだ! ……ん? 恩人?」

 

 ジョットの言葉に憤っていたルフィだったが、言葉の隅に気になるものを見つけて首を傾げる。その言葉に反応を示したのは――ナミだった。

 ジョットの視線が彼女に向かう。

 

偉大なる航路(グランドライン)に入る前に――ベルメールさんの所に行った。そして、足を怪我しているのを見た」

「……」

「ハチからも話を聞いた。……お前らにとっては終わった事で、ナミにとっては思い出したくない事かもしれねえ。――だが、言わせてくれ」

 

 そう言って、ジョットは椅子から立ち上がって――麦わらの一味に向かって土下座をした。

 

「――ナミを、ノジコを、ベルメールさんを……ココヤシ村の皆を救ってくれてありがとう! そして、気づかなくてすまなかった、ナミ!」

「……!」

 

 ジョットは、ずっと後悔していた。

 もし、自分がもっと早く気づいていれば……ナミの苦しみを和らげる事ができたのではないか? IFの話であり得ない話だが、それと同時にあり得た話でもある。

 気づかなかったのだから仕方ない。そう思うには……ジョットは強かった。救う事ができる人間が救えなかったのだ。

 

「……ジョット、アンタがこの事を知ったらそういう顔をするって何となく分かってた。昔から真面目だしね。宝を全部置いていくくらいには」

「……」

「……正直、何度もアンタに助けを求めた事があった。……それでも来なくて、何で来てくれないの? って逆恨みした事も」

「っ! それは、当然の――」

「でも! ……ルフィが、皆が助けてくれたから」

 

 ナミは――笑っていた。

 自分はもう、笑うことができる。笑う事ができるように……そうさせてくれる仲間が居たから気に病む必要は無い。彼女はそう言っているのだ。

 ――本当に、逞しくなったな。

 幼き頃に見たナミを思い出し、そして目の前に居る強い……ベルメールのように強くなった女性へと成長したナミを見て――ジョットはもう一度深く頭を下げて「ありがとう」と言った。今度は、謝る事はなかった。

 

「良いよ別に。おれはただ仲間を助けただけだし」

「うおおおおーーん! 良い話だぜお前ら~~! オレぁお前らの事大好きだ~~!」

「水臭いぜ兄弟! おれたちは当然の事をしたまでさ!」

「ヨホホホ! ジョジョさん、見た目と違って情に厚いお人なんですね!」

 

 事件に加わった者も、直接関わっていない者も……麦わらの一味は笑顔でナミの側に居た。その光景を見たジョットは穏やかな表情を浮かべて――感謝の念を抱き続けた。

 

「良い仲間を持ったな、ナミ」

「ええ。自慢の仲間よ!」

 

 ナミは笑顔でそう言った。

 

 

 

 

 

「しかし、何故オレの事を知らなかったんだ?」

「そりゃあお前の顔が激変したからだろう」

「テメェの手配書程じゃねぇよ。サンジ」

「何だとテメェ! 卸すぞコラァ!」

 

 先ほども手配書の件で一騒動あったからか、サンジの怒り具合は相当なものだった。その時の事を思い出したのか、ブルックは過呼吸になるくらい思い出し笑いをしてサンジに蹴り飛ばされる。

 話を戻す為に、ジョットの視線はウソップに向いた。

 

「ウソップはすぐに分かったみたいだが……」

「そうだよな。ナミとサンジが気づかなかったのに、何でウソップだけ分かったんだ?」

 

 誰もが抱いた疑問を、チョッパーが口にする。うーん、と皆が首を傾げるなか、ウソップは穏やかな表情で答える。

 

「ふっ。兄弟の顔を忘れる訳が無いだろう。おれ達には切っても切れねぇ絆があるのさ」

「お〜! すげぇなウソップ!」

「なんか、腹立つわね……」

 

 しかし、ウソップが彼の名前を叫ぶまで気づかなかったナミは強く反論しなかった。それに、ジョットが嬉しそうにしているのも理由の一つだった。

 気分が良いのか、胸を張って得意げな顔をするウソップ。心なしか長い鼻が伸びているように見える。

 そんなウソップを見たロビンが彼に向かって、誰もが忘れているであろう事実を言った。

 

「でもね、ウソップ。彼、5億の賞金首よ?」

「おうよ! ああ、星屑のジョジョがジョットだと分かっていれば、お前らにもっと早く兄弟の素晴らしさを話せたのになー……」

「いえ、そうじゃなくて……。海軍や他の海賊にこの事がバレたら、あなた真っ先に狙われるわよ?」

「……ん?」

「あ、妹の私からも言っとくけどロビンさんの言う事合ってるよ。いや~、私がジョジョの妹だと知った時の赤犬の顔は怖かったなー……」

「……ん゛?」

 

 ロビンとメアリーによって突き付けられた事実によって、ウソップのテンションは急落下した。

 よくよく考えれば分かる事だった。海軍が大将を何度も派遣する程危険視されているジョジョ。その彼に兄弟が居ると知れば、一気に警戒されてしまうだろう。現に、オークション会場に居たキッドとローには既にマークされている。海軍にバレれば懸賞金は跳ね上がり、海軍の猛者たち……最悪の場合大将が出張って来るかもしれない。

 妹のメアリーの実感の籠ったセリフも後押しし、ウソップに重い現実が圧し掛かる。

 

「いや~~~~~!? 大将はいや~~~~!? 助けて~~ジョットォゥ……」

「気にするなウソップ。兄弟のお前なら大丈夫だ」

「兄弟の信頼が痛い!」

「それに、お前らはもう既に天竜人に手を出している。大将と遭遇するのも時間の問題だ」

 

 これからの航海を続けていくには、大将と遭遇する訳には行かない。その事を思い出したのか、何人かは恐怖で顔を引きつらせる。ルフィやゾロといった一味の最高戦力も楽観視していない。大将の実力は身を持って知っているからだ。

 ジョットにしても、まだ先日の怪我が治り切っていないし、メアリーやギンも同様である。一味が生き残るためには、しばらく身を隠す必要があった。

 

 ――それでも、いざとなったら戦うつもりだが。

 

「ねぇ、私から提案があるんだけど」

「ん? なんだ?」

「どうした、メアリー?」

 

 そんな中、メアリーが全員の視線を集めて口を開いた。

 

「同盟組まない?」

「同盟?」

 

 彼女のいきなりの提案に、麦わらの一味は目を丸くさせる。若干同盟の意味を理解していない者も居るが……。

 あらかじめ、相手側の反応を予想していたのか、メアリーは用意していたセリフをスラスラと口にする。

 

「そう。大将が来るっていうのもそうだけど、新世界には海軍以外にも強敵がたくさん居る。特に四皇……ビッグマム。百獣のカイドウ。赤髪のシャンクス。そして、白ひげ――海賊王を目指す以上、何れ衝突する海の皇帝たち。彼らを退けるには……私たちはまだまだ力が足りない」

 

 ごくり、と誰かが生唾を飲んだ。

 そうだ、此処は偉大なる航路(グランドライン)前半の最後の島であり、新世界の入り口でもあるのだ。今メアリーが口にした怪物達が君臨する海の。

 改めて自覚したのか、ウソップやナミは冷や汗をかいて、目には薄っすらと涙が浮かんでいる。

 そして、比較的冷静な何人かはメアリーの言葉に魅力を感じていた。

 四皇に挑むのなら、確かにこの同盟は渡りに船だ。海賊の同盟に裏切りは付き物だが、相手がジョットならその心配も必要無いだろう。そう思える程度には、麦わらの一味は彼に信頼を寄せている。

 メアリーは、各々の顔つきから手ごたえを感じて、さらに畳み掛ける。

 

「一つの海賊団で切り抜けられる程、彼らは甘くない。それに、あなた達にとって有力な情報も渡す。だから、これからは力を合わせて……」

「――断る!」

「――オレも反対だ、メアリー」

『えええ?!』

 

 しかし、予想外の方向から反対の声が上がった。

 両海賊団の船長(キャプテン)達からだ。

 途端、ルフィの元にナミとウソップが、ジョットの元にメアリーが詰め寄った。

 

「ちょっとちょっと! 何で断るのよ!」

「何が不満なんだテメエ! この話に悪いところ一つもねえじゃねえか!」

「だってよ、お前ら――」

 

「ジョジョもジョジョだよ! 何で反対とか言うかな!?」

「あのな、メアリー――」

 

 ギャースカ口を揃えて文句を言う船員(クルー)たちに向かって、彼らは答える。

 

『なんか、そういう理由で手を組むのが気に食わない』

 

 異口同音でジョットとルフィはそう答えた。

 するとお互いに視線が合い、頷き合う。

 

「だよなー? 理由がイヤだよなー?」

「ああ。海賊王を目指す人間が、そんな理由で同盟を組むなんて考えられねえ」

 

「ふざけんなお前ら!」

「そんなに気が合うなら良いじゃない!」

「新世界舐めすぎ!」

「メアリーちゃんの提案蹴ってんじゃねえよくそ野郎ども!」

 

 ウソップ、ナミ、メアリーのブーイングがバー内を飛び交う。

 何となくルフィが断る理由を察していた他の一味が苦笑し、サンジは言い出しっぺがメアリーだからか、彼女たちに味方した。

 

「ルフィ達の言い分も分かる」

「ゾロ!」

 

 ルフィ達の意見に身を寄せるゾロに、チョッパーは涙目で非難の視線を彼に送った。

 

「だが、この先俺達の敵わない敵はわんさか居るだろう……それも事実だ」

「……」

 

 ゾロの脳裏に二人の男が浮かび上がる。

 一人は、己の夢のために必ず倒さなくてはならない男――“鷹の目ミホーク”。もう一人は、以前スリラーバークで遭遇した“暴君くま”。

 それ以上のレベルの敵が居るのが新世界だ。

 もちろん、現状に満足するつもりは無い。強くなるのは当たり前だ。

 しかし、生きてそこまで行くのなら――気に入らない事の一つや二つ飲み込むべきなんじゃないのか?

 ゾロの鋭い目が、ルフィとジョットを射抜く。

 

「どうすんだ? 一味の命を預かるトップとして……!」

「……ふん。猛獣のような男かと思えば――一杯食わされたな。

 麦わら、同盟の理由は気に食わないが……オレはお前となら仲良くしたいと思っている」

「お! それも同じだな! だったらよ、こうしようぜ!」

 

 にしし、と笑みを浮かべてルフィは言った。

 

「最後の島で海賊王の座をかけて戦うまで――それまでおれ達は友達! それで行こう!」

「――はは! 友達だから同盟を組む。ああ、良いなそれ」

 

 ジョットは笑顔を浮かべて、ルフィに向かって手を差し出した。

 

「よろしくな麦わら」

「ああ! ジョジョ!」

 

 それをルフィは力強く握り締め、それを見つめる麦わらの一味とメアリーは歓声を上げた。

 

 ――此処に、麦わらの一味とクルセイダー海賊団による同盟が結成された。

 後に、彼らは新世界で数々の事件を引き起こすのだが……その話はまた何れ。

 

 

 

 

 

「メアリー、すまなかったな。お前も珍しく皆の事を考えてくれたのに」

「珍しく!? 珍しくって言った!?」

「いや、だってこういう突飛な話をする時は自分の欲望に従っている時で……」

「う゛! い、いや今回ばかりは一味を思って……」

 

 そんな兄弟のやり取りを見ていたルフィが、難しい顔をして首を傾げる。

 彼の視線はメアリーに向けられている。彼女を見ていると何かを思い出しそうなのだ。

 

「なぁ、メアリーって言ったか? お前、おれと何処かで会った事あるか?」

「――っ! さぁ……私は覚えていないよ。ジョジョみたいに小さい頃に()()会ったかもしれないね」

「そっか」

「……」

 

 ジョットは、メアリーが一瞬表情を険しくするのを見逃さなかった。

 あの顔は、以前に見たことがある。エースと夜中話していた時だ。

 しかし、ジョットは問いただす事無く見送った。

 

 メアリーは、そんなジョットの内心を知らず、早速同盟を組んだルフィ達に向かって情報を明け渡した。

 

「今回、派遣されると思われる大将は黄猿。ピカピカの実を食べた光人間。自然系悪魔の実の能力者だから、普通の攻撃は効かない」

「ロギア? 青キジやケムリンみたいな奴らか」

「そう。実体を捉える術が無い以上、遭遇は避けるべき」

 

 大将の恐ろしさを改めて耳にして、全員苦い顔だ。

 完敗した青雉と同格となると、今の自分たちでは敵わない。歯がゆいが事実なだけに、彼らは逃げる事を第一に考えた。

 その前に、疑問に思った事があったのか、ロビンがメアリーに問うた。

 

「ちょっと待って。何で来るのが黄猿だって分かるの?」

「ただの消去法。他の大将――青雉と赤犬はジョジョとの戦闘で深手を負っている」

 

 そう言われて、全員納得がいった顔をした。

 ジョジョが大将二人を退けた話は有名だ。ルフィの耳にも入っている程だ。シャッキーに教えて貰うまで知らなかったが。

 皆のジョットを見る目が、少し変わる。まるで、バグか何かのようだ。その視線にジョットはムッとした。

 

「あ! でもよ、それならジョットの近くに居れば安全じゃないか?」

「そうよね! 大将二人を退けたのなら、一人ぐらい――」

「悪いが、オレもそう何度も無理はできねえ」

 

 名案だと先程まで沈んでいた表情を明るくさせるナミとウソップに、ジョットが待ったをかけた。彼は、立ち上がると着ている上着とシャツを脱ぎ始めた。

 すると、彼らの目には痛々しい傷跡が映った。凍傷、火傷、打撲痕――オーラで治癒をしているが、それでもまだ完治していない。

 メアリーはその時の事を思い出したのか、そっと目を伏せ、ナミ達は息を呑んだ。

 

「正直、自分でも良く生きていると思っている――それだけの敵なんだ。大将って奴は」

「す、すまねえ兄弟……」

「いや……だが、もしもの時は戦うつもりだ。オレはこんな所で死ぬつもりはねえし、友達を死なせるつもりもねぇ」

 

 それに、大将と戦うのは慣れているしな。冗談を交えてジョットは言う。

 

 ――これで、彼らの行動は決まった。

 レイリーがサウザンドサニー号のコーティング作業を終えるまでの三日間。両海賊団は大将黄猿から身を隠して逃げ続ける。もし片方どちらかが危なかったら救援に向かい、時間を稼いでジョットを中心に撃退。

 他にも様々な予想外の出来事が起きた場合は、臨機応変に立ち回る。

 ざっくばらんに、メアリーは皆に伝えた。

 

「ん? お前らのコーティングはどうするんだ?」

「一応終えているけど、レイリーさんに見て貰って何か問題があったら直すよ」

 

 ルフィの疑問にそう答えると、他に質問があるか見渡した。

 無いようで、全員黙って頷いた。

 そうと決まれば早速行動だ。

 

「にゅ~。麦わら、ジョジョ。オレのせいで済まないな……」

「どうか無事でいてくれよ、お前ら!」

「気を付けてねルフィちん! ジョジョっちん! 皆!」

 

「さて、私も行くとしよう」

 

「ハチ達もな。……じゃあ、オレ達は一度自分たちの船に戻る。ギン達と合流しねえとな」

「おう! 分かった! ……ん? ギン?」

「ルフィ、その話は後でしてやる。――じゃあな、ジョット。そしてメアリーちゅわあん!」

 

 シャッキーやハチ達BAR残留組、レイリー、ルフィ達麦わらの一味と別れて、ジョットはメアリーと共にレッド・イーグル号を隠しているGRへと足を進めた。背中越しに聞こえるナミやウソップたちの声を聞きながら、ジョットはメアリーに問う。

 

「……良いのか。麦わらにエースの事を言わなくて」

「……うん。今知ると、大将に集中できなくなるから。それに……」

「ああ、言い辛いなら良い。オレが知らなくても良い事なんだろう」

「……ごめん」

 

 静かに歩み続ける二人。しかし、その沈黙に耐え切れなかったのかメアリーが呟く。

 

「ルフィは……本当は何で最初同盟を断ったのかな?」

「ん?」

「私が……隠し事をしているからかな?」

 

 本人が居ないからだろう。メアリーは、自分の胸の中にある本音を曝け出した。

 彼の前に居ると、自分の失敗を……許されてはいけない過ちを思い出す。そのためにジクジクと胸が痛んで、しかしそれ以上の痛みに彼らは襲われ……もしかしたらこの先でも、苦しめられるかもしれない。

 そう思うと、メアリーはどうしても自分の行動に自信が持てなくなる。

 これで良かったのか? 変えた方が改善されるのではないか?

 そう考えるだけで彼女は――。

 

「――考えすぎだ。麦わらはお前が心配する程弱くねえよ」

「……」

 

 そう言って、ジョットはメアリーの頭をクシャリと乱暴に撫で付けた。

 それにメアリーは幾分か救われた気持ちになって「ありがとう」と小さく呟いた。

 

「――っ! この感覚は、まさか」

 

 だが、次の瞬間ジョットの様子が一変した。

 振り返って遥か遠くを睨み付けて、酷く狼狽していた。

 ――何故、この気配が此処に?

 覇気を使えないメアリーは、ジョットが感じ取った気配が何なのか分からない。

 しかし、良くない事が起きている事は分かった。

 

「ジョジョ! 何が起きたの!?」

「ああ、待て。早く麦わらたちに――」

 

 メアリーに説明する時間も惜しいのか、ジョットは懐から電伝虫を取り出して――殺気に反応してメアリーを担ぐとその場を跳んだ。

 瞬間、爆発。

 彼方から放たれたレーザーが地面に着弾すると同時に、ジョットが落とした電伝虫が吹き飛ばされていく。

 回避したジョットは、ギロリとこちらに攻撃をした敵を――大将“黄猿”を睨み付けた。

 

「おぉ~……噂通り“覇気”を使うようだねぇ……星屑のジョジョ」

「なるほど、あれが噂の超新星か」

「てめぇら……!」

 

 感心した声を出す黄猿の背後から、何十体ものパシフィスタを引き連れた戦桃丸が現れた。

 いきなりかち合った大将に……いや、本来ならルフィ達と遭遇する敵にメアリーは動揺した。

 何故彼らが此処に居る? そう考えて、ジョットが居るからだと思い直す。

 海軍は、ジョットに流れる血を危険視して執拗に大将を送ってきた。天竜人に手を出したジョットを逃がす気はないのだろう。

 そう考えたメアリーに向かって、ジョットが普段聞かない焦った声で叫ぶ。

 

「メアリー! 今すぐレイさんの元へ行け!」

「え?」

「あの人なら、麦わらたちをカバーできる筈だ!」

 

 何を、言っているのだろうか?

 何故、ルフィたちを心配するのか?

 何故――危険なのはルフィたちの方だと言わんばかりに、ジョットは焦っているのだろうか。

 

「大将は――こいつだけじゃねえ!!」

 

 絶望の言葉が彼女の鼓膜を震わせた。

 

 

▲▽▲▽▲▽

 

 

「ああああああああ!?」

「サンジーー!」

 

 足を抑えて、サンジが苦痛の声を上げる。ウソップが彼の名を呼ぶが、いつもの皮肉屋な言葉は帰ってこない。

 ウソップは、目の前に広がる光景が嘘だと思いたかった。理解できなかった。だが――それは紛れもない現実。目を逸らす事が許されない事実だ。

 

 回避したものの、攻撃の余波で胸を焦がされた――ルフィ。

 レーザーの直撃で既にダウンしている――ゾロ。

 蹴り抜いた足が凍り、悶絶している――サンジ。

 

 王下七武海の暴君くまに似た謎の男を倒すと同時に、新たに現れた二人の男とパシフィスタ。彼らの力は常軌を脱しており、麦わらの一味主戦力の三人は……倒れ伏していた。

 

「あらら……随分と疲労していたようだな――麦わらの一味」

「パシフィスタ程度でこの様か……なぁ、ガープ中将の孫」

 

 地面を冷気によって凍らせる男――海軍本部大将“青雉”。

 触れた地面を溶かすマグマ人間――海軍本部大将“赤犬”。

 

 海軍の最高戦力“三大将”。その全てが此処シャボンディ諸島に集結していた。

 この日、この島に居る海賊たちは――地獄を見る。

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。