とある海賊の奇妙な冒険記【更新停止中】   作:解放したPNTマン
<< 前の話 次の話 >>

6 / 43
楽園編
主人公日記 五ページ目


 ■月○日

 メアリーから服を貰った。
 見慣れないデザインで、前世の学ランに似た服だった。あと帽子も貰った。結構しっくり来る。この世界はこういう服もあるのか。
 気に入ったのでありがとうとお礼を言うと、デレ来たー! といつものように訳の分からない言葉を叫んでいた。

 それと、海賊旗のデザインも見せて貰った。オレが今日貰った帽子を被った髑髏の後ろに十字架が描かれていた。素直にカッコいいと思った。
 褒めたら調子乗るから言わなかったけど。


 ■月△日

 親父が島を出てシャンクスの所へ向かった。
 もう教える事はないと言って、寂し気に……しかし満足した顔で言った。
 思えば、親父には男手一つでここまで育ててもらった。色々とだらしない所もあったけど、あの人がオレの父親で良かったと思う。
 見送る時、オレはちゃんと今まで通りで居られただろうか。……追い付かないといけない人が増えたな。

 そう言えば、出航するなら慎重にしろと言われた。何でも、これからしばらく東の海が荒れるから、と。どういう意味なのだろうか。


 ■月□日

 前々から分かっていた事だけど……親父は海賊だった。本人は驚かせるために黙っていたみたいだけど。今思えば、そのために新聞を取らせなかったのだろう。
 早速やらかしたみたいで、海軍と戦った後そのまま偉大なる航路(グランドライン)に入ったらしい。政府は二十数年ぶりに復活した最悪の海賊を絶対に捕まえると言っていた。
 親父、世界政府に凄く警戒されているじゃねーか。……まぁ、手配書のあり得ない額から察するに、想像もできないことをしたんだろうな。
 もしかしてその事を言いたくないから黙っていた……? いや、あの親父にそれはないか。

 さて、オレたちも準備でき次第出発だ。
 それまで修行のおさらいをしよう。


 ■月◇日

 今日、妙な奴らが来た。たしか、サイファーポールだったか?
 いきなりこの島にやって来たかと思うと、親父の事を聞いて来た。
 オレが質問に答えるといきなり指を突き出して攻撃して来た。確か、メアリーがガキの頃に叫んでいた『シガン』って奴だ。他にも妙な技を使っていた。
 とりあえず殴って気絶させて、オーラと覇気を使って全員投げ飛ばしておいた。運が良ければ何処かの島で救助されているだろう。

 ただ、メアリーが凄く怖がっていたから予定を早めて出発することにした。
 森の動物たちにも伝えておかないとな。


 ■月▽日

 島を出た。森の動物たちが別れを惜しんでくれていた。アイツらは強いから生きていけるだろう。

 メアリーと相談した結果、まずは船を探す事にした。
 改造しているとはいえ、流石に小舟で行けるほど偉大なる航路(グランドライン)は甘くない。船を売っている場所を見つけて買わないと。
 それと、仲間も見つけないとな。


 ■月&日

 メアリーにどんな星の元で生まれたの? と言われた。意味が分からん。

 今日、遭難者を見つけた。それもただの遭難者じゃない。
 かなり衰弱していて見つけるのが遅れたら死んでいたと思う。
 何とか薬と能力で毒抜きはできたが……。
 遭難者の名前はギン。ある海賊団に所属していたが、色々あって追い出されたらしい。

 これからどうするのかと聞くと、ギンも偉大なる航路(グランドライン)に向かうつもりなようだ。それを聞いたメアリーが仲間にスカウトしていた。まぁ、断られたけど。
 しかし、偉大なる航路(グランドライン)に入る前の島までは同行すると言っていた。助けてくれたお礼らしい。義理堅い奴だ。仲間にならないのが残念だ。


 ■月$日

 とりあえず島を経由しながら、造船している島に向かう事にした。
 小舟で行くには少々時間が掛かるし危険だからな。オレは能力者だし。
 メアリーは行ってみたい島が幾つかあるみたいだが……あのサイファーポールって言うのが気になるらしい。相変わらず怖がりだ。
 ギンはこの舟に乗っている間は従うとの事。


 ■月%日

 偶然、シロップ村に寄ることになった。
 平和な村で特に何も無いからすぐに出たが、ウソップが居ない事は何となく分かった。
 おそらく、何処かの海で元気にやっているだろう。
 アイツが海賊団を率いているのか、それとも誰かを支えているのか……。もし後者だったら一度見てみたい。オレの勧誘を断ったアイツのお眼鏡に適った人間に。
 まぁ、もし居たらの話だが。


 ■月‘日

 今、あまり穏やかな気分では居られない。早く島に……ココヤシ村に着かないのかと遅い船に苛立った。
 さっき新聞を見て知ったのだが、ココヤシ村を含むコノミ諸島がアーロンって言う魚人に支配されていたらしい。しかも、死傷者も出ていた。
 もしかしたら、アイツらも……。
 いや、変な事を書くもんじゃないな。取り合えずココヤシ村に着かないと。


 ■月*日

 すげえからかわれた。ベルメールさんとノジコに。
 何が「お姉さんの事心配してくれたんだ?」だ。年を考え……って書くとまた拳骨喰らうな。

 それにしても、無事でよかった。
 長い間辛い思いをしたみたいだが、生きてくれて良かった。
 たった数日の縁でしかなかったが、彼女たちは困っていたオレを助けてくれた恩人。だから、一番辛い時に助ける事ができなかったのが悔しい。それと同時に無事でホッとした。

 ……本人たちには絶対に言わないがな。またからかわれる。

 それにしても、麦わらを被った海賊か。
 何でも、腕が伸びる能力者で、偉大なる航路(グランドライン)の海賊に勝てるほど強いらしい。ギンも知り合いらしく、何処か穏やかに笑っていた。後、サンジとゼフさんとも知り合い……というか、前に所属していた海賊団が襲撃したとか。
 詳しくは聞かなかったけど、それが関係しているんだろうな。ギンが降ろされた理由は。

 ただ、メアリーは少し辛そうにしていたが……どうしたんだ?


 ■月=日

 ベルメールさんにオレが置いて行った財宝が返された。
 何でも、この宝のおかげでベルメールさんたちは今こうして生きていられる、と。
 まぁ、受け取らなかったんだけどな。
 ベルメールさんは足が動かなくなっていた。アーロンにやられたうえに、まともな治療ができなかったらしい。だから、この宝を使って治してくれと頼んだ。
 すると、何時かの日のようにお互い譲らず、半分に分けることにした。その時に、この前みたいな事をするなよ? と凄まれた。覚えていたのか。


 ■月?日

 ベルメールさんの怒声が懐かしい。
 横でメアリーが本当に良いの? と聞いて来たが……お互いに分かっていたことだから気にするなと言っておいた。

 それと、件の麦わらの海賊の顔を確認した。手配書に出ていた。三千万の賞金がかけられていた。横で見ていたギンが驚いていた。東の海でこの金額、それも初期手配が三千万というのは破格だと。
 それだけ海軍や世界政府が警戒しているとも言う。

 にしても、この麦わら帽子シャンクスのに似ているな。


 ■月!日

 ギンも大分調子が良くなったようだ。
 着いた島で鉄球が付いたトンファーで体を慣らしていた。
 組み手に付き合おうか? と尋ねるも断られた。
 海獣みたいにミンチにされるのはゴメンだと。
 オレはいったいどういう目で見られているんだ


 ■月~日

 メアリーが海賊に攫われた。帰りが遅いと思ったら誘拐かよ!
 親父にあれだけ注意されていたって言うのに。見てくれは良いから、攫われやすいのは当たり前だ。本人に言ったらどや顔するが。
 とりあえず、追いかけないといけねえ。
 ギンも心配しているしな。


 ■月<日

 現在、メアリーとメアリーを誘拐した海賊団を正座させている。
 あいつら、オレが駆け付けた時にはもう宴をしてやがった。メアリーを中心に。
 何が起きているのかと愚妹に問い質すと、何でもこの海賊団はメアリーに惚れ込んで、是非自分たちの一味に加えようとスカウトしたらしい。
 最初は断っていたメアリーだったが、自分を持ち上げる彼らにすっかり気を良くしてしまったらしい。
 何が「もっと私を褒めて!」だ。奥底にしまっている本音が出ているじゃねえか。
 まぁ、流石に冗談なのかしっかりと断っていたけど……しばらく反省してろ! という意味で正座させてい――


【これ以上は燃えていて読めない】



ギン「この日記、丈夫過ぎじゃないですか?」







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。