とある海賊の奇妙な冒険記【更新停止中】   作:解放したPNTマン
<< 前の話 次の話 >>

7 / 43
主人公日記 六ページ目

 ■月A日

 日記を新しく買う羽目になった。そう愚痴を零すと、クルー全員から「命が助かっただけでも良いだろ!」と言われた。

 さて、三日前の傷も癒えたので日記再開だ。
 そう言えば、メアリーに航海日誌も書いてくれと頼まれた。それをオレは断ってメアリーに書かせることにした。いや、だってこのままだとアイツすることが何も無いし。

 それにしても海軍にはあんな危険な奴が居るのか。少しでも海賊の気があれば、予め根絶やしにする……と。何とか退けたけど、もっと強くならないとな。覇気が使えても熱いものは熱いし、能力の発展に着手しなければ。

 しかし、何も悪い事ばかりじゃない。
 オレ達が求めていた船と仲間が一気に解決した。三日前のあの戦いでメアリーたちを勧誘した海賊たちだが、どうもオレ達と同じように最近海に出たばかりらしい。
 島で真面目に働くよりも、夢を求めて船に出た。そんなアホな……しかしオレ達と同じ志を持つ彼らは何時しか気が合い、一つの海賊――クルセイダー海賊団(メアリー命名)となった。皆カッコいいと喜んでいた。
 今では立派な船に海賊旗も掲げている。ようやく海賊らしくなってきた。


 ■月B日

 先ほど、別の海賊船に遭遇して戦闘になった。
 少し意外だったのが、船員たちが結構戦えることだった。オレがあのマグマ野郎と戦っている時は一目散に逃げていたのに。そう言うと、普通の海賊だったらアイツとは戦わないと呆れられてしまった。

 それと、ギンは完全に体調を取り戻した。オーラを流し込んで生命力を底上げし続けたおかげで、前よりも動きやすいと言っていた。
 ただ、最近ギンがオレ達と距離を取ろうとする。
 疑問に思っているとメアリーが「仲間になりたくなったんじゃないの?」と言っていた。
 だったらもう一度誘おうとすると、まだ前の海賊団に未練があるみたいだからそっとしておけと言われた。
 そういうモノなのかねぇ。


 ■月C日

 ギンが血相を変えて小舟で飛びだして行った。
 理由は新聞に書かれていたとある海賊団のことだ。
 クリーク海賊団とやらが島一つを襲って戦力を強化し、暴れているらしい。さらに海上レストラン・バラティエに報復しに向かっているとギンが言っていた。
 ギンはそれを阻止しに行った。自分を救ってくれた恩人の大切な場所を守るために。相変わらず義理堅い。

 という訳で、少し寄り道することにした。皆もオレと同じ気持ちみたいだったし。


 ■月D日

 ギンが仲間になった。もう未練は無いらしい。
 改めてオレの船に乗るからか、これからは船長と呼ぶとのこと。

 それと、クリークたちは全員縄で縛って。オレを追って来たマグマ野郎に押し付けた。大量に溶岩をぶっ放して来て一苦労だったけど。
 追って来なかったので、クリークを先に処理したのだと思う。数は多いからなクリーク海賊団。

 で、ギンの仲間入りを祝して現在進行形で宴をしている。メアリーはマグマ野郎から一刻も早く逃げるためにさっさと偉大なる航路(グランドライン)に入りたいと言っていたが、今では酒に呑まれて一緒に騒いでいる。

 さて、オレも参加するか。


 ■月E日

 メアリー他数名が二日酔いでダウンしている。加えて船酔いも。部屋の奥から呻き声がして軽くホラーだ。
 楽しいのは分かるが、もうちょい自制しろっと注意しておいた。するとギンに「いや、あんだけ飲んで平気なアンタがおかしい」と言われた。

 とりあえず、後で見張りと買い出しに分断しないとな。宴をしたから予想以上に食料が無くなった。酒はほとんど無いし。


 ■月F日

 一日引き篭もって元気が出たのか、メアリーが急にこんな事を言い出した。
 誰が副船長になるか、と。自分がやりたいという気持ちを前面に押し出して。
 しかし、自分から副船長をするって言うのが恥ずかしいのか、皆に問い掛けていた。すると、意見が二つに割れた。メアリーとギンに。

 メアリーを推しているのは、単純にメアリーが可愛いから、との事。紅一点に何かしらの付加価値が欲しかったのだろうか? それを聞いたメアリーが少しいじけた。何でも、冷静な判断力とか航海術とか医術とか……そういう能力が評価されると思っていたらしい。じゃあそれを言えよって話だろ。

 そしてギンを推している連中は、先日のクリーク海賊団との戦いで見せた漢気に惚れ込んだらしい。本人はケジメを付けただけだと言っていたが。

 で、その後は話し合いがヒートアップしてお互いに副船長候補の良い所を叫び合うという、二人にとっての公開処刑となった。結局恥ずかしさで死にそうな顔をしていた二人が拳骨して止めると、船長であるオレに決めてくれと言われた。かなり必死な顔で。

 こうして、頼まれたオレは副船長をメアリーに決めた。本人がやりたいみたいだし、ギンは副船長じゃなくて良いって言っていたし。
 そう皆に伝えるとメアリーが怒った。皆の前で言うな、と。


 ■月G日

 始まりと終わりの町ローグタウンで偉大なる航路(グランドライン)突入前最後の出航準備に取り掛かった。流石に偉大なる航路(グランドライン)前だから、みんな念入りに準備していた。ギンの脅しめいた警告があったからだろう。そのギンは留守番していたが。
 ローグタウンでは親父が言っていたログポースと幾つかのエターナルポースを買っておいた。これが無いとまともに航海できないみたいだし。
 それと、処刑台にも行ったんだが……海賊同士の抗争中に落雷が起きて壊れてしまったらしい。一度見てみたかったんだけどなぁ。

 あと、妙に住民たちから怖がられていた。オレの顔を見た途端驚いて、中には悲鳴を上げて逃げていく始末。飯食った時も「お代は結構ですから!」と委縮され、港に着いた時は人だかりができていた。オレが来ると蜘蛛の巣を散らすように逃げて行ったけど。
 メアリーたちに聞いても理由が分からず、オレ達は疑問に思いながらもローグタウンを去った。


 ■月H日

 リバースマウンテン。昇る海流とは凄い物が見れた。これが偉大なる航路(グランドライン)か。

 現在はクロッカスさんの所で休憩している。船員たちが絶叫し過ぎてグロッキーだったからな。クロッカスさんも今日は此処で停泊していけと言われた。その代わり飯を奢れと言われたが。

 早く行ってみたいが、焦ったら全滅するって言われたし。
 気長に進むか。


 ■月I日

 ローグタウンで住民に怖がられていた理由が分かった。
 オレ、どうやら賞金首になったらしい。船員たちが記念に部屋に飾ろうと騒ぎ出して、止める間もなく飾られた。こういう時は早いんだよな……

 それと、クロッカスさんは親父と知り合いだったみたいだ。その事が分かると笑顔で色々と教えてくれた。
 あと、オレの母さんも知っているらしい。どんな人だったのかと聞くと、親父から聞いていないのかと聞き返されてしまった。
 そうだと答えると、親父が言っていないのなら自分が言う訳にはいかないと話して貰えなかった。

 あと、オレが賞金首になった事で宴が始まった。
 こいつら、何かと理由付けて宴をしたがるな。
 まっ、オレもその一人だけど。


△▼△▼△▼△▼


 ジョットの部屋には、彼の手配書が額縁に収められた状態で飾られた。
 そこには――

『星屑のジョジョ 懸賞金1億ベリー』

 ――と、初頭手配としては異例の億越え。
 これが彼らにとって……そして世界にとってどういう意味なのかを、本人たちは知らなかった。




日記では分からない所を第三者視点で送るつもりなので、タイトルを少し変更しました。

この後、主人公日記を書くか他者視点を書くかは気分次第です。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。