東方黒麗教 〜the Black Maiden.   作:rii11
<< 前の話 次の話 >>

34 / 63
イセスマ好きで何が悪い!!


東方忘却録〜be a forget to
第32話何かがおかしい。


「邪魔が入ったけど…出来そう?」

 

「です。でも、魔力消費が少ないのが何処か頼りないです」

 

「そう…頼りにしてるわ。リー」

 

そう言い、中へ戻って行く輝夜。私は今、満月に右手を開いた状態で向けている。幻想郷で見る月は大きくて綺麗です。と思いながら、右手を閉じる。月を偽者に代える魔法は、魔力消費が思ったより少なく済み、どこか頼りない。

 

 

 

「永遠亭一同、貴方に礼を言うわ。私達に協力してくれてありがとうね」

輝夜がそれを言い終えると、頭だけ下を向け、顔を上げる。それに合わせて、永琳と妹紅と鈴仙も頭をさげる。

 

「ダスビターニャ。です」

そう言い、此処から離れて行く。着いた所で、目を疑う事になるとは知らずに···。

 

 

 

此処は先程まで、炎で焼かれていたはずである。しかし、此処から見えるのは何処までも続く竹であり、焼けて開いた土地では無かった。

 

無論、そういう能力が有るのだろう。事実を隠せる様な能力···ですか。そう思いながら、神社までスキマで移動した。

 

 

 

目の前には、ただの空き地があった。神社があった筈のそこは、最初っから何も無かったかのように、目の前には森が見える。何か建物が立っていれば、少し位隠れるだろうこの光景は、完全にこの建物が無くなっている事を指していた。

 

sanチェック60→ 03 クリティカル

oh···.ファンブルの方が美味しかった。視聴者的にも、此処は発狂する流れだったと思うけど?リーちょっとダイス目腐って無いか?

 

えーでは貴方は、特に神社が無くなった事に対して思う事は無いでしょう。(さいっていだww)

どうしますか?

 

紫の家にスキマで行きますか···。自ら地獄の道へと(ボソッ)。いえ、何でもありません。

 

 

 

スキマで紫の家の玄関先まで来たリー。目の前には、懐かしい八雲邸があります。

 

目星70→36 成功

 

何かおかしいと思う様な事はありません。

どうしますか?入ります ?入りません?

 

入りますか。チャレンジャーですね。では、描写をします。

 

えー。まず、ノックをしたら、反応が有ります。

時間?今の時間は、馬3つ時位だと思う。

ああ、1:00~1:30までね。

では、目の前の戸が開かれて、紫がやって来ます。

貴方を見ると眼を細め、話かけて来ます。

「貴方、どうやって入ったの?立ち入り出来ないはずよ」

心理学ね。

心理学50→??

紫が、貴方に対して何かを疑っており、良くない方向である事も分かる。

アイデアで何かを思い出す事が出来ます。

アイデア90→50 成功

 

貴方は紫に、何時でも来ていい、と。言われていた事を思い出します。そして、何時でも良いのなら、こんな質問をしない筈です。そんな考えに浸っていると、紫がまた話かけて来ます。

「貴方は······外来人なの?」

そう、聞いて来ます。?能力はちゃんと今までの分はあるよ?話かけますか?では、RP(ロールプレイ)お願いします。

「私は黒麗漓夢。です」

まさか、自己紹介を紫にする羽目になるのですか···。

 

「黒麗漓夢···。やっぱり、外来人ね。能力持ちと考えた方がいいかしら?」

 

心理学50→??

では、嘘をついている様には見えませんでした。

 

「能力持ちです。では、確かめたいことがあるので、ダスビターニャ。です」

 

 

そう言って貴方は、この場を離脱するでしょう。何処に行きますか?···紅魔館、ね。

 

 

 

-紅魔館-

貴方は今、紅魔館の門近くの木で隠れています。どうぞ。

 

目星70→87 失敗

特に何も分かる所はありませんでした。

門に向かいます···か。

 

貴方が門に向かうと、美鈴が門に体を預け、寝ているのが分かります。

 

 

そんな事をするのですか···。いえ、構いません。描写をさせて貰います。

 

 

 

これまで、幾度と無くナイフを受けて来たが、この痛さは意識もままならない為、貴方の意識は、深くなります。

 

 

 

〜時間は少し遡る〜

美鈴に向かってナイフを投擲。腹部にですか。いいですよ。3本同時に?構いません。振ってください。

 

投擲70→38 成功

投擲70→31 成功

投擲70→33 成功

 

全部30台ぇ〜。ダイス目が凄いな。分かりました。では、描写をします。

 

リーがナイフを投げると、全て美鈴の腹部に命中します。

 

ダメージロール→10

ダメージが殺しに来てる。

con??→97 ファンブル

 

なんでや。01クリティカルの流れやったやろ。まあええわ。描写するわ。

 

では、ナイフを投げた腹部から、凄く血が出ています。

sanc 60→19 成功

1D2でどうぞ。2。

では、san値が93になります。

 

殺っちゃったのですぅ。




それでは、期待しないで待たないで下さい。
ダスビターニャ





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。