転生するらしいのでチートを頼んだら自分で手に入れろと言われた件。   作:ゆらぎみつめ
<< 前の話 次の話 >>

9 / 13
原作壊始!
人物紹介 ※ネタバレあり


 

 

 

 

 

 主人公

 

 神様に転生させてもらえると聞いて特典を頼んだら自力で手に入れろと言われた転生者。

 

 良くも悪くも凡人の一般人だったが、ループを越えるうちに異常なメンタルと力を得た。

 

 神様から与えられたのは原作知識とアイテムボックス、ループの最中に築いた絆の相手専用の英霊の座らしきもの。

 

 前世の記憶はなく、死因は事故死。詳細は不明。

 

 ループ転生を繰り返したためか、英雄王が感心するほどの演技力を身に付けており、それを利用して色々な相手を骨抜きにした前科がある。

 

 目的のためにはどんな手段も非道も行うが、そうでなければ基本無害である。

 

 他者を素材的な意味で見たりするが、基本無害である。

 

 魔法少女リリカルなのはの世界に転生して一番の悩みは全力を出せないこと。大体は身体能力と技術でどうにかなるので余計に。

 

 願望機として非常に優れている。ドラゴンボール世界でドラゴンボールと神龍を、fate/stay nightの世界で聖杯を取り込み、他世界で神を何柱も取り込んだため、その力の及ぶ範囲は過去現在未来、果ては異世界から並行世界まで。死者蘇生から今ある世界を破壊し、全く別の法則が支配する世界の創造が可能。

 

 素の身体能力がドラゴンボール世界で最上位クラス。且つ無数のループを乗り越えたがゆえの技巧、経験を持つ為油断も慢心もない。

 

 隠し属性としてヒロイン属性アリ。

 

 尚、うちはカエデ(♀)として転生した場合、ヒロインルートとラスボスルートがあり、ヒロインとして攻略出来なければ自動的にラスボスとなって全ての転生者を記憶消去、特典略奪する。

 

 攻略難易度。

 

 イージー   非転生者

 

 ぶっゃけチョロイン。ただし非転生者に攻略された場合転生者はもれなく■■される。

 

 

 ノーマル   転生者(特典なし、又は望まぬ特典持ち)

 

 諦めずにアタックすればいずれ叶う。ただし他転生者はもれなく■■される。

 

 

 ルナティック 転生者(特典あり)

 

 諦めましょう。攻略するには、ザビーズ並のメンタル。兵藤一誠並の熱意。黒崎一護並の主人公補正。上条当麻並の女難。等のどれか一つが必要。失敗したら裏ルート「終末を待つ獣」が解禁されます。

 

 

 

 

 

 神様

 

 全ての元凶。

 

 常ににこやかだが、何を考えているか分からない。主人公に自力で特典を手に入れさせた犯人だが、真意は不明。

 

 転生者という存在に何やら思うことがあるらしく、通常の方法で転生させなかった。

 

 

 

 

 

 転生者1

 

 特典は霊視、マルチタスク、完全記憶能力。

 

 原作傍観派。霊視は好奇心から望んだが、今のところいい事はない。マルチタスクと完全記憶能力は将来どんな職にも使えるだろうという現実的な理由から。

 

 容姿は小さな岸波白野(女)。

 

 英雄王時の主人公に目をつけられている。愉悦的な意味で。

 

 

 

 

 

 転生者2

 

 特典は一方通行(アクセラレータ)のベクトル変換、魔力SSS、チョーカー型のストレージデバイス。

 

 原作介入派。

 

 ベクトル変換の反射により、少しの間主人公から逃れた転生者。

 

 時の庭園に侵入し、フェイト・テスタロッサを手中に納めようとしたが、プレシア・テスタロッサの予想外なしぶとさに手間取り、主人公に見つかり再起不能にされる。

 

 言動がどうみても最低系の踏み台であり、主人公に特典を使うのが勿体ないと思われ、素手でノックアウトされた。

 

 容姿は一方通行(アクセラレータ)

 

 

 

 

 

 転生者3

 

 特典は王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)、魔力SSS、ストレージデバイス。

 

 原作介入派→?

 

 典型的な踏み台転生者。

 

 ユーハバッハ、ギルガメッシュ時の主人公に二度負け、心折れた。

 

 今後出番があるかは神のみぞ知る。

 

 容姿はFate/stay nightのギルガメッシュ(小)

 

 

 

 

 

 転生者4

 

 特典は転生者感知、魔力Aランク、魔法関係の両親。

 

 原作傍観派。

 

 傍観系転生者。転生者感知の特典は転生者から逃走用。

 

 原作を知っているが危なくなった時以外は傍観のスタイル。

 

 容姿は涼宮ハルヒの憂鬱のキョン。

 

 

 

 

 

 転生者5

 

 特典はマルチタスク、完全記憶能力、学習能力向上。

 

 原作知識なし。サブカルチャーは話を合わせる程度。

 

 委員長気質の転生者。

 

 特典は全て将来に備えたもの。

 

 主人公と転生者の戦いを見たことで主人公を崇拝するように。

 

 自主的な秘書の真似事をしている。

 

 容姿はFateシリーズから、ジャンヌ・ダルク。

 

 

 

 

 

 転生者6

 

 特典は転生者感知、特典略奪、進化。

 

 原作知識なし。

 

 ミッドチルダの方面からきた転生者。

 

 最低系転生者であり、大勢の転生者から特典を奪い、手をつけられなくなった現時点でもっとも主人公に近い強さを持つ転生者。

 

 大量の特典を持つがゆえに万能であり、あらゆる攻撃に耐性を持つ。

 

 戦いなれており、実力もかなりのものだった。

 

 が、その万能性が仇になり、主人公の底を直視し、発狂。自爆特攻まがいの攻撃と共に散った。尚通常の処理は施された模様。

 

 容姿は新世紀エヴァンゲリオンの碇シンジ。

 

 

 

 

 

 転生者7

 

 特典は王の財宝、ニコポ、ナデポ。

 

 原作介入派。

 

 典型的な踏み台転生者。田中。

 

 主人公が精神干渉系の悪用を禁じたため、代わりに魔力Aランクとストレージデバイスに交換してもらった。

 

 アリサの救出イベントがあったが、主人公に突っかかっていたために気付くのが遅れ、王の財宝も魔法もそこまで使いこなせていないために探すことも出来ず、介入失敗。もし介入出来れば好感度がプラマイゼロになり、アリサルートが解禁された。

 

 尚、プロローグで八神はやてを囲んでいた転生者の一人。

 

 容姿はギルガメッシュ(小)。

 

 

 

 

 転生者8

 

 特典は魔力SSS、ストレージデバイス、ニコポ。

 

 原作介入派。

 

 典型的な踏み台転生者→踏み台擬き。山田。

 

 主人公が精神干渉系の悪用を禁じたため、代わりに身体能力強化に交換してもらった。

 

 田中とは同じ目的を持つためか仲は悪いが、主人公相手には素晴らしい連携が出来る。

 

 最近は諦めつつあり、むしろ踏み台を演じている節がある。

 

 隣のクラスの文系少女(非原作キャラ)といい感じに青春しているらしい。

 

 尚、プロローグで八神はやてを囲んでいた転生者の一人。

 

 容姿は銀髪オッドアイ。

 

 

 

 

 転生者9

 

 特典はヘルシングのアーカード、化物語のキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード、ジョジョの奇妙な冒険のDIOの全能力。

 

 原作傍観派。

 

 憑依系TS転生者。転生先は月村すずか。

 

 元男だが今は立派な女の子?な転生者。

 

 主人公が転生してくるまでに襲いかかる転生者達を応戦した結果覚醒した転生者。

 

 結果、人間性の希薄化、吸血衝動、吸血鬼の弱点というデメリットを負ったが特に日常生活には問題ないようである。

 

 が、精神が人外に片寄っているので人間の倫理観はあまり通じない。

 

 転生者仲間では蘇芳似の転生者とリップヴァーン・ウィンクル似の転生者とよく話している。それ以外の転生者にはあまり関わっていない為正体がバレていなかったりする。

 

 主人公を食料的な意味で狙っている。

 

 容姿は魔法少女リリカルなのはの月村すずか(無印)。

 

 

 

 

 転生者10

 

 特典はヘルシングのリップヴァーン・ウィンクルの全能力、銃器の投影、直感。

 

 原作知識なし。

 

 特典はランダム。

 

 色々あって殺しも慣れた転生者。覚醒者。

 

 月村すずかには初対面から何かを感じて一々突っかかっているが、そこまで仲は悪くない。休日に蘇芳似の転生者と月村すずかの三人で買い物に行くぐらいには。

 

 覚醒してはいるが特にデメリットはないため、平和になった日常を謳歌している。

 

 が、トリガーハッピーなのでたまに銃を撃たないと我慢ならない。

 

 容姿はヘルシングのリップヴァーン・ウィンクル(小)。

 

 

 

 

 転生者11

 

 特典は黒の契約者の蘇芳・パヴリチェンコの全能力、起源弾、気配遮断。

 

 原作知識なし。

 

 他の転生者に狙われた結果覚醒した転生者。

 

 デメリットにより感情が薄くなり合理的な思考に片寄ってしまったが、主人公にそれを補う物を与えられた。

 

 その恩返しのために作戦に参加するぐらいには律儀。

 

 月村すずかとリップヴァーン・ウィンクル似の転生者ぐらいしか関わり合いたくないため転生者関係の知り合いは少ない。三人の中のマスコット枠でもある。

 

 容姿は黒の契約者の蘇芳・パヴリチェンコ。

 

 

 

 

 

 

 以下サーヴァント風ステータス

 

 

 

 

 クラス キャスター

 

 真名  無銘

 

 地域  異世界

 

 属性  混沌・悪・星

 

 性別  どちらでも可

 

 イメージカラー 白

 

 特技  不意討ち 暗殺 工作

 

 好きなもの ハッピーエンド 少年漫画

 

 苦手なもの バッドエンド ループ 無理ゲー

 

 天敵  のはらリン ブルマ 雛森桃

 

 ステータス

 

 筋力  A

 

 耐久  C

 

 敏捷  D

 

 魔力  EX

 

 幸運  E

 

 クラス別スキル

 

 固有結界 EX

 

 その心象風景は世界の写し身。贋作のみが満たす世界に最早真贋は意味を成さず。陣地作成スキルと道具作成スキルの代わりにスキルとして昇華したスキル。

 

 神性   EX

 

 異界の神の集合体。神霊そのものであるために得たスキル。

 

 保有スキル

 

 異界の権能 EX

 

 NARUTO、ドラゴンボール、BLEACH、Fate/stay night、鋼の錬金術師の世界のスキルの集大成。

 

 歴史改竄  EX

 

 過去と現在、未来を見通し、思うがままに改竄するスキル。

 

 全能なる願望器 EX

 

 異世界で得た力から願望器としての機能を抽出したスキル。

 

 宝具

 

 輪廻は集束する(ループ・エッジ)

 

 ランク  EX

 

 種別   対人宝具

 

 レンジ  1

 

 最大捕捉 1

 

 五つのループを乗り越え、得てきた力の結晶。この宝具は常に彼の力となる。

 

 

 輪廻は蓄積する(ループ・キューブ)

 

 ランク  EX

 

 種別   対人宝具

 

 レンジ  1

 

 最大捕捉 1

 

 数多のループの間、集めてきたものを納めている宝具。無限に収納し、入れた物を永久に朽ちさせぬ蔵。王の財宝とは違い、射出は出来ないし、自動で収集する機能はない。

 

 

 輪廻は絆を絡めとる(ループ・エンゲージリング)

 

 ランク  EX

 

 種別   契約宝具

 

 レンジ  1

 

 最大捕捉 無限大

 

 数多のループにて絆を育んだ者の魂を刻んだ世界。要は英霊の座のようなもので、何時でも召喚したり、座に入り対話することが可能な宝具。尚普段は封印している為、使用するには令呪が必要。

 

 人物

 

 数多のループを経て強大な力を得た超越者。サーヴァントのクラス全てに適正を持つが、得た力により神霊へと至っているので召喚出来ない。このサーヴァントを召喚するには弱体化し、サーヴァントの枠に落とすしかない。が、大体の願いは自力で叶えられるのでそこまでして召喚される理由がない。召喚するためにはよほど気に入られるか、人理崩壊の危機ぐらいだろう。

 

 スキルにより、マスターからの魔力供給がなくとも現界し、全力戦闘が可能。一方的に契約を破棄し、マスターすらも必要としない。サーヴァントとしては外れもいいところであり、運用には注意が必要。たとえ通常の聖杯戦争に呼べたとして、聖杯よりも優れた願望機であるためその時点で願いが叶い、聖杯戦争そのものが意味を失う。

 

 

 

 

 

「問おう。俺のような外れサーヴァントを召喚した間抜けは誰だ?」

 

 

 

 

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。