日常の雑学(仮‥‥かどうかも怪しい)   作:室 蘭太郎
次の話 >>

1 / 2
初投稿の第一話。

すごく緊張します。

今回は理系向けの話となります。


理系その1 『レーザー』

渚「優さんや。」

優「何ですか、渚さん?」

渚「さっきの授業でさ、先生がレーザーポインター使ってたじゃん?」

優「使ってましたね。」

渚「あれ見てて思い出したんだけどさ、レーザーって、正式名称じゃないらしいよ。」

優「なら、何て言うんですか?」

渚「何だと思う?」

優「うーん‥‥。あ、レーザーエフェクト、とかですか?」

渚「残念ながら違います。」

優「それなら‥‥レーザーを『れえざあ』と呼んで、連続式映写座学用‥‥なんでしょう?」

渚「いや、それは知らないけど‥‥。まあでも、それも違います。」

優「何かヒントとかは無いんですか?」

渚「ヒントねぇ‥‥あっ、そうだ。」

優「何かあるんですか?」

渚「じゃあヒントを言うよ。レーザーの表記は英語に直すとLASERってことかな。」

優「余計分からなくなったんですけど。」

渚「まぁ、この問題にこれだけのヒントだけで答えまでたどり着けたら頭柔らかいとか、そんなレベルじゃないし。気にやむことはないよ。」

優「それで、結局答えは何なんですか?」

渚「ああ、答えね。正解は、『Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation』です。不正解、残念でした~。」

優「らい‥‥何ですか?」

渚「だから、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation。それぞれの単語の頭文字を取って、LASERになるんだよ。」

優「えっと、その‥‥らいとなんとかって、どんな意味なんですか?」

渚「これは和訳すると『放射の誘導放出による光の増幅』って意味になる。」

優「‥‥どっちにしろややこしい気がするんですが。」

渚「だろうね。」

優「それで、結局どういう意味なんですか?」

渚「いいの?」

優「へ?な、何がですか?」

渚「いやほら、優って文系じゃん?」

優「そ、そうですけど‥‥って、別に高校1年生に文系も理系もないと思うんですが‥‥。」

渚「でも、どっちかと言えば文系よりでしょ?歴史とか結構好きだって言ってたし。」

優「それは、そうですけど‥‥。」

渚「ちなみに、レーザーの構造について語り出すと量子力学的な考え方を使わないといけないから、なかなかめんどくさかったりする。」

優「‥‥分かりました。今回は諦めます。」

渚「うん、その方が賢明だ。」

優「‥‥なんか、悔しいです。」

渚「ははっ、そんなこと言うなって。ほら、次の授業って何だっけ?」

優「古典ですよ。」

渚「‥‥ここは逃げることが賢明な気がするよ。」

優「ダメです。ちゃんと受けてください。」

渚「‥‥‥‥はい。」



ちなみに、作者は理系です。