理の神様は何を見る   作:怠惰のクソ悪魔

132 / 545
第125話 所詮はモブ

月明かりに照らされる帝の屋敷内。そこではこれから惨劇が起ころうとしていた。

 

月兵「我らの底力見せてやる!!」

 

月兵「気をつけろ特にあの男には!」

 

月兵「わかってる!!」

 

今の俺は月の兵士達と対峙していたが、

 

理 「紫は左の兵士をルーミアは右を任せるよ」

 

紫 「でも名もない兵士って……」

 

ル 「大々一瞬で死ぬよね……」

 

等とメメタイ発言をしている。事実大体はそうなのだが。

 

理 「こらメメタイ話はそこまでだそんな事

   より目の前の戦いに集中しろ!」

 

紫 「そうね……」

 

ル 「でも何とも言えないわ……」

 

そんなことを言っていると兵士達はもう血管が浮き出るほど怒っていた。

 

月兵「誰が一瞬で死ぬだと!!」

 

月兵「ふざけるな!!」

 

月兵「死ぬのはお前らだ!!」

 

そう言いって月の兵士達は刀を構えながら理久兎達に斬りかかってくるが相手が悪過ぎだ。何せこの3人は1人は神隠しの主犯と呼ばれる八雲紫。そして1人は全てを飲み込む闇の妖怪ルーミア。そして最後は最凶の神なのだから。まずルーミアの場合はというと、

 

ル 「アハハ貴方は死ぬよ?」

 

キン!シュン!ザシュ!!

 

ルーミアは漆黒の剣で月の兵士の刀を弾く。刀を弾き飛ばされた月の兵士の懐はガラ空きになった。そこを見逃すわけもなくを弾くのに使った漆黒の剣で相手の心臓に黒い剣を突き刺した。

 

月兵「ガフッ!!」

 

月の兵士は口から血を吐き出し意識が朦朧とするなかでルーミアが笑いながら、

 

ル 「大丈夫♪後で私が貴方を食べるから無駄

   にはならないわ♪」

 

ルーミアのその一言を聞いた月の兵士は息をしなくなったのだった。

 

ル 「夜食ゲット♪」

 

と、ルーミアは楽しそうだ。そして一方で紫の方は、

 

月兵「死ね!!」

 

月の兵士が紫の心臓めがけて刀で突きをしてくるが、

 

紫 「それじゃワンパターン過ぎるわ……」

 

紫の心臓に刀が貫こうとした瞬間スキマが展開され刀の刀身はスキマの中に入っていった。

 

月兵「こいつ能力持ちか!」

 

紫 「今更気づいても…もう遅いわよ?」

 

月兵「あぁん?……それどういう……ガハ!!」

 

月の兵士は胸に痛みを感じその原因は何かと思い自分の左胸を見ると刀が左胸を貫いていたのだ。

 

月 「な……何で……」

 

月の兵士は後ろを見てみると後ろにも前と同じスキマがあった。そしてそのスキマから刀が出ていたのだ。簡単に説明をすると月の兵士の前にあるスキマと後ろにあるスキマは繋がっているのだ。前のスキマに刀を刺せば後ろのスキマから刀が出てくるというのがこの仕掛けだ月の兵士がやったのはいわゆる自滅だ。

 

紫 「残念だけど私の勝ちですわね♪」

 

月兵「ちき……しょ……う」

 

こうして紫の勝利が確定した。そして最後に理久兎に斬りかかった兵士の方は、

 

月兵「覚悟!!」

 

そう言いながら月の兵士は理久兎に斬りかかるが理久兎は即座に地面に刺した黒椿を引き抜いて目にも止まらぬ速さで、

 

パキン!!

 

相手の刀の刀身を真っ二つにして破壊した。

 

月兵「嘘だろ何で俺の刀が!!普通その刀が

   壊れるだろ!!」

 

月の兵士は驚いている普通なら刀身はるかに細い黒椿が壊れる筈なのに自分の刀が逆に壊されたからだ

 

理 「悪いがこの刀は少し特殊でねどんな事を

   しても壊れないんだよ」

 

月兵「お前ら本当に何なんだよ!!」

 

理 「そうだな……ただのしがない……」

 

そう言いながら即座に刀を抜刀のように構え相手の懐に入る。

 

月兵「なっ!!」

 

月の兵士はとっさのこと過ぎて体が動かない。だが理久兎の手は止まることはなかった。

 

理 「妖怪だよ♪」

 

ザシュ!!グサッ!

 

そして相手の腹を1回斬ってそこから派生で相手の心臓を刀で貫いた

 

月兵「こんな事が……申し訳ありま……せ……ん」

 

最後の台詞を残して月の兵士は息をしなくなった。こうして理久兎達の勝利となった。

 

理 「終わったな……紫!ルーミア!そっちは

   終わったか?」

 

理久兎は紫とルーミアに聞く。

 

紫 「えぇ終わったわ御師匠様♪」

 

ル 「もちろん!!」

 

理 「なら紫ここに転がってる全部の死体と

   あの船を早く俺の家まで運んでくれ」

 

紫 「わかりましたわ」

 

そうしてこの死体達と宇宙船はスキマを通じて理久兎の家に運ばれたのだった。

 

紫 「終わりましたわ御師匠様」

 

理 「なら俺らも手筈通り移動するよ速くしないと

   人間達が戻ってくるからな……」

 

紫 「そうね……なら早くいきましょう」

 

ル 「私も送ってよね!」

 

紫 「わかってますわなら先に貴女を送るわね」

 

そう言いって紫はルーミアの足下にスキマを展開した。

 

ル 「えっキャー~ーー!!」

 

そしてルーミアは見事にスキマ落としをされたのだった。

 

理 「そんじゃ俺らも行くよ」

 

紫 「もちろんわかっていますわ♪」

 

そして理久兎達も帝の屋敷から姿を消したのだったそして夜の静けさへと変わったのだった……


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。