このすば! ─カズマがいた異世界最初の街は王都にある王城です─   作:Sakiru
<< 前の話 次の話 >>

39 / 43
あとがき

 

 小説が好きです。

 種類は問いません。

 私は、小説が好きです。

 最初に本を読破した時は、小学三年生の夏休みだったと思います。

 奇しくも季節は同じですね。

 私が読んだのは、日本語訳版の「ハリー・ポッター」でした。

 そう、あの「ハリー・ポッター」です。

 何故かと問われると私も分かりません。

 ……あぁ、思い出しました。

 確か映画の再放送が上映されていまして、当時の私は原作がある事を知り、読んでみたいなぁと思ったのです。

 そこからは、本の世界に惹き込まれました。

 多分「ハリー・ポッター」の偉大な魔法が私に掛けられたのでしょう。

 当時小学生だった私に、本を買うお金はあまり多くはありませんでした。

 親に我儘を言う、という手段もあったのですがこればっかりは本当に分からないのですがそれをやらずに、小学校の図書館に毎日籠もっていたものです。

 小学四年生の時、自分が書いた「夏休みの日記」がとある冊子に載りました。ほらっ、ありませんでしたか? 小学生が執筆した冊子。なかったらごめんなさい。

 中学一年生、二年生、三年生の三年連続で読書感想文で賞状を貰いました。

 高校に入学すると、国語の成績が特に優れていて驚きました。私が通っている高校は五段階評価で評価されているのですが、現代文の成績は毎回「五」。

 今現在私は高校三年生なのですが、この成績はずっと変わっていません。何一つとして才能がない、ちょっとした私の自慢です。

 

 

 ──さて、そんな自分語りも程々にしまして。

 私が執筆した本作について言及したいと思います。

 まずは動機ですが、これは単純で、親友に「二次小説でも書いてみれば」と以前から誘われていたのです。その親友とは中学校からの付き合いでして、今でも付き合いは続いています。

 じゃあ書いてみるか! と奮起した私なのですが、実は私、過去にハーメルン様で二作品を投稿し、削除しているという黒歴史を持っていたりします。

 小説……特にネット小説という形の形態は、書籍とは全然違いますよね。

 特に悩まされたのが行の詰め方。

 もの凄く悩みました。

 その結果、現在のような形になっています。

 あっ、話が逸れましたね。

 通算三回目の挑戦を決意した私ですが、何を題材にするか、これまた悩みました。

 最初は「ソードアート・オンライン」にでもしようかなぁと思ったりしたのですが、私が川原礫氏のような細やかな描写ができるとは到底思えません。……いやまぁ、結局「ソードアート・オンライン」の方はキリトさんを主人公にして投稿していたりするのですが。

 次の候補に挙がったのが、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」です。《英雄》に憧れ、一直線に突き進むベル君のファンになった私ですが、「ソードアート・オンライン」と同じ理由で却下。

 

 そして次に挙げられたのが、「この素晴らしい世界に祝福を!」です。

 

 カズマさんやアクア様、めぐみんやダクネスといった面々で語られる物語はとても面白く、そして笑えました。学校でにやにや笑いをしてしまい、気まずい思いをしたものです。

 こほん。

  「この素晴らしい世界に祝福を!」を題材にするにして、誰をメインに取り扱うか。

 主人公はやっぱりカズマさん。これはかなり早くから決めていました。オリ主は私の中では論外。私のような軟弱者が創造したオリ主が、原作メンバーに絡むのが想像できませんでした。

 カズマさんを主人公にするとして、二次小説らしさを活かす必要があります。

 そこで思いついたのが、原作から外れた「有り得たかもしれない話」です。

 そして、「このすば! ─カズマがいた異世界最初の街は王都にある王城です─」の構想が練られました。

 ……今更ですが、題名長いですね。

 私自身、時々素で忘れたりします。

 結構本気で。

 アイリスをヒロインにしたのは、私が彼女の事を好きだからです。

 めぐみんも同じくらい好きですが、「カズめぐ」は原作で実質繰り広げられているので、見送りました。

 あっ、ロリコンじゃありませんよ?

 

 

 ──この二次小説は沢山のキャラクターが登場する訳ですが、そこそこオリジナルキャラクターが登場しています。

 

 その最たる例が、四大貴族の一柱であるアリアお姉さん。

 この女性のコンセプトは、「不幸な女性」です。

 容姿良し、性格良し、けれど不幸。

 その幸運のステータスの低さは、アクア様と競えるくらい。

 そんな彼女を描写していくのがとても楽しく、気に入っていただけたら幸いです。 結婚できる事を切に願っています。

 

 次はそうですね……レイン先生でしょうか。

 彼女もまた、半ばオリジナルキャラクターとして分類されるかと思います。いや、言い訳をするのなら……原作では圧倒的に登場シーンが少ないんですよ。この前発売された外伝では出ましたが、残念ながら今更修正が効く筈もなく……このような結果に。

 ですが後悔はありません。

 レイン先生は、カズマさんの理解者として表現しました。先生ですから。恩師ですから。

 だからカズマさんの正体にいち早く気づき、戦う事を最後まで悩んでいました。

 そんな先生を持ったからこそ、本作のカズマさんは原作よりも若干ながら悪事(これ以上の表現が見つかりませんでした)はそこまでしていません。

 

 そしてあとは……そうそう、ジャンヌ様!

 たった一話だけ登場した、水の女神アクア様と、幸運の女神エリス様の上司です。

 最初は感想欄でも「カズマさんにあげたプレゼント、大したものじゃない」と書かれたりしました。

 ですが首無し騎士(ベルディア)戦で一気に彼女に対する評価が決まったと思います。やっぱり女神ですからね!

 

 

 ──原作から変わっているキャラクターもいます。

 これに関しては特に述べる必要はないと思います。

 アクア様と聖騎士ダクネスですね。

 うん、ちょっと私自身、はっちゃけ過ぎて反省をしていたりしなかったり。

 

 

 ──めぐみんについて。

 さて、一番の問題です。

 これは感想欄でもあったのですが、「めぐみんルートだと思った」という方が沢山いまして、驚きました。

 いやいやいや、私としてはヒロインはあくまでもアイリスだったのですが。

 まぁ言われてみれば、確かにフラグが立ちそうなイベントはいくつかありました。うん、何も言い返せない正論です。

 本当にごめんなさい。

 ただ、醜い言い訳をさせてもらえば。

 レイン先生がカズマさんの良き理解者だとするならば、めぐみんは最高の仲間として表現しました。

 本作ではカズマさんの仲間は彼女だけです。

 臨時としてアクア様やダクネスが入ったりしましたが、本質は変わりません。

 だからこそめぐみんは上級魔法を取ろうか本気で苦悩し、また自分が愛する爆裂魔法でカズマさんを殺した事に罪を感じ、けれど、それでも仲間でいようと決意したのです。

 ──「最高の仲間」。

 よく耳にする言葉だと思います。

 カズマさんにとってめぐみんは、めぐみんにとってカズマさんは正にその言葉でしか言い表せない間柄でした。

 仲間のピンチの為なら馳せ参じるその覚悟。

 それが上手く表現できたかなぁ……。

 

 

 ──最終話について。

 ミツルギさん大活躍!

 冗談抜きでこの場で言いますが、彼とカズマさんを再戦させる事は、最初期から決めていました。

 ミツルギさんのコンセプトは、物語でも触れていますが好敵手。

 カズマさんが戦った相手の中で、一番上にランクインします。

 クレアとレイン先生については、葛藤です。

 戦いたくない。けれど戦わなくてはならない。

 そんな複雑な気持ちを上手く描写できていたら、嬉しいなぁ……。

 カズマさんとアイリスが駆け落ちする事は、ミツルギの件と同様、最初期から決めていました。

 伏線として一応、「キールのダンジョン」と、「デストロイヤーの研究者の手記」です。

 

 

 ──最後に。

 カズマさんとアイリスについては敢えて述べません。

 また、見通す悪魔(バニル)と交わした具体的な契約内容や、何故カズマさんが最後の方でエリス通貨を沢山集めていたのか、アクア様達とハンスの闘いなど……それも敢えて述べません。

 読者の皆様が想像してください。

 それが新たな可能性で、新たな世界の誕生なのですから。

 上から目線でごめんなさい。

 番外編は書こうと思ったり思わなかったりしますが……兎も角、本編は終了です。いや、その前にエピローグとしてもう一話を書こうか迷ったりしています。まぁそこは、気が向いたら投稿するかもしれません。

 このすば! らしくないシリアス展開が多大に含まれた本作。特に最後の方はその傾向が強く、中に「舐めてんのか!」と思う方もいたでしょう。

 そんな作品に最後まで付き合っていただき、本当に、本当にありがとうございます。

 

 また会える事を心の底から願っています。

 

 

 ──この素晴らしい世界に祝福を!

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。